■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【財政】政府最大財源は「借金」?:史上初、09年度は国債発行が税収を超す可能性

2009年04月28日 05:00

【財政】政府最大財源は「借金」?:史上初、09年度は国債発行が税収を超す可能性 [09/04/28]

1 :本多工務店φ ★:2009/04/28(火) 01:33:58 ID:???
政府が2009年度の経済成長率の見通しを実質でマイナス3.3%に引き下げたことで、
09年度は史上初めて新規国債発行額が税収を上回り、政府予算の最大の財源が「借金」という非常事態に陥る可能性が出てきた。

政府は09年度当初予算で、今年度の税収を46兆1030億円と見込んだが、この時点では経済成長率の見通しが0.0%だった。
政府は今後に編成する補正予算で税収の見積もりを下方修正するが、
単純計算で3.3%分のマイナスは約1.5兆円の減収に相当し、税収は44.6兆円前後に落ち込むことになる。

一方、09年度の新規国債発行額は、補正予算案で10兆8190億円を計上し、過去最大の44兆1130億円に上っている。
税収の減少分は新規国債の発行で対応するとみられ、最終的には新規国債発行額が税収を上回る公算が大きい。


http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090428-OYT1T00097.htm


関連スレ
【経済】GDP成長率が過去最悪に--政府見通しマイナス3%に下げへ [04/21]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1240253450/
【経済政策】赤字国債:3.5兆円発行へ・追加景気対策、補正予算の財源に…単年度として史上最高 [09/04/18]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1240006856/


3 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 01:40:30 ID:fskR1BH7
でも借金してでも経済政策した方が大方の国は回復した税収で得してるんでしょ。

日本の場合は外国が回復すれば勝手に国内の景況感も改善して復活するかもしれないけど。




7 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 01:58:20 ID:XuDRUn2f
>>3
回復しているっていう実証的なデータはほとんどない
何より、90年代のことを省みれば、無駄に借金を増やすだけ


13 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:15:16 ID:e2oQu/m1
>>3
90年代から財政出動しまくってる日本の借金はどうなってるかな。


14 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:15:49 ID:sQGJNWUa
>>7
90年代は規制緩和が不十分で、生産性で新自由主義路線のアメリカに離された。
今は新興国の追い上げで先進国も生産設備がダブついてるから、別の新産業を興す為に政府が金を出した方が良し
失業率が高くなると政府が仕事を作らないと消費が崩壊する



5 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 01:50:42 ID:lUaOkgsH
こんな国に税金はらいたくない
今後は山に籠もって自給自足の生活して
納める税金を最小限にするわ


10 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:07:21 ID:3fhdx1l1
他国追従が良いとは言わんが、景気対策に赤字国債大量に突っ込んでも構わないと思うが。
他に有効な対策はないわけだし。
10年不況の回復に二の足を踏んだ結果、ようやく回復した頃には世界的な好景気に
乗り遅れてた手痛い過去が日本にはあるからな。
結果として、国民が好景気を感じる間もなく、再び不景気になった。

今世界が回復の傾向を示してるなかで、また日本だけが乗り遅れて、
またチャンスを逃して、国民にも大きなデメリットになるくらいなら、
赤字国債発行してでも世界についてけ。
批判は必要だが、10年不況の時みたいな醜態を晒すくらいなら、国民から反発されてもドンドン行くしかないだろ。

国民は批判することで自分達でチャンスを潰してしまってることにも気付くべきだ。

同じ轍は二度踏むな。



12 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:14:13 ID:Zune/xVj
>>10
しかし財政出動しても景気回復しなかっただろ。
小渕のとき。


16 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:21:02 ID:e2oQu/m1
>>12
いや、そこは微妙で、
日経平均は2万円まで行ったし、実際に企業の業績も良くなってた。
日銀がゼロ金利を解除してぶち壊した。


17 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:21:44 ID:sQGJNWUa
>>12 13
穴掘りでもいいから仕事を作って消費を下げ止めるべき なんてのは
失業率を15%から5%にする効果はあっても
成長率を1%以下から3%には出来ない



55 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:19:13 ID:QjTqDF7E
>>16
その見解は間違ってるな
ゼロ金利解除後でも不動産は大して気にしてなかったし、低金利下ゆえの海外への投資も鈍っていない
社会全体をバブらせたかったというのなら話は別だが


74 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:36:43 ID:e2oQu/m1
>>55
不動産は別にバブルじゃなかったし、
0から0.25になったって他国より金利が低いのは変わらないから海外投資が減らなくても別に普通の事。
まあ日経平均2万円は確かにバブルだったかもしれんが
中央銀行がバブルに反応するべきかというのは決着のついてない問題だ。

今回の不況ではFRBがバブルを助長したという声が強いようだが、
あのときの日銀はすぐゼロ金利に復帰(量的緩和)するはめになったし、
デフレ下で利上げするのは間違ってると思うよ。


11 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:12:39 ID:TQJQ2RaH
公務員の利権だけはしっかりと守りつつ、あとは消費税の増税でよろぴくね
っていう感じだろ


15 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:19:15 ID:cu3IUU14
なあーにたいした事はない
将来実質的に貯金通帳からゼロが一つ減るだけだ


18 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:22:10 ID:v0CO0p01
今10代の人。それとこれから生まれてくる子供達へ。

この世は地獄だぞ。覚悟しろよ。



20 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:24:06 ID:sQGJNWUa
>>18
今21だが物心付いてからずっと不況だ
日本にサッチャーは出ないものか、瑞穂や土井はお腹いっぱいだよ


23 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:31:58 ID:Zune/xVj
>>20
平成生まれですか。いやはやw
昭和天皇崩御の日がおもいだされるね。
あれは土曜日だった。冬休み明けの授業開始の日。冷たい雨がふっていた。
ドイツ語の授業にいく朝に、あのニュースだ。
ちゃんと授業はあったよ。8時半から。おれもちゃんと出たし、先生もふつうに授業したね。


19 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:23:25 ID:D635Btq7
90年代以降の借金の増え方は半端ないな
目を覆いたくなるような落ちっぷり


26 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:33:46 ID:sQGJNWUa
>>19
日本の政治は官僚主導であって、官僚は脳動的に動けない
だから受動的に動いてマイナス成長にはならないけど、大幅なプラス成長も出来ない
ただ受動的な官僚よりも良い結果を出せる政治家も少ない。
右左派共にバブルに胡座を書いた様な甘ちゃんが偉そうに何もしなかったし、国民も危機感が無かったのが90年代


22 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:29:19 ID:/CfE+mZs
政治が全てにおいて収支バランス至上主義を持ち込む余り生活の根本に関わるような公的なものへの出資をも削減し、社会基盤を疎かにすれば、
いずれその微々たる自己満足的オナニー的節約など1日で水泡に帰するような出資に迫られることになる、と答えたのが今回の恐慌だと言える。


29 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:37:44 ID:e2oQu/m1
>>22
この不況時に緊縮財政しろとか増税しろとは言わないけど、
今回の恐慌は借金して消費しまくってたアメリカが原因だろ。


36 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:50:38 ID:e2oQu/m1
>>31
アメリカは収支バランス至上主義じゃなかったんだから
>>22は的外れだと思ったんだよ。
社会基盤を疎かにしちゃいけないのはその通りだと思うけど。


36 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:50:38 ID:e2oQu/m1
>>31
アメリカは収支バランス至上主義じゃなかったんだから
>>22は的外れだと思ったんだよ。
社会基盤を疎かにしちゃいけないのはその通りだと思うけど。


24 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:32:08 ID:3ZaoJXGa
国債整理基金の資金繰り状況等についての仮定計算 財務省
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/h21/sy2102b.htm

もう財務省が破綻宣言してるし。


25 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:33:25 ID:GdMwUujZ
若い人たちへ

上の世代が美味しいとこ食べてしまいました。残りカスと請求書まわします。

こんな感じだな、やってらんねー


28 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:34:29 ID:/CfE+mZs
サッチャーがどういうわけかサッチャーを知らない者たちの間で神話になっているのが驚きだ。
誰がそういうことを言いふらしたのだろうか。


31 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:44:40 ID:/CfE+mZs
そのアメリカの経済を手本にしようとし、アメリカの金融への依存度を強くする方向へ持っていったのが竹中路線だ。
だから日本はそのアメリカと金融において一体となるような政策をとった時点でアメリカとともに敗北が決定付けられたといってもいいと思う。
だから日本もアメリカと同じ罪を犯しており共に敗者だ。


35 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:50:36 ID:sQGJNWUa
>>31
金融を自前で持てればアメリカ金融に依存しなくて済むんだろうけど、円高が金融強化を促すかは怪しい様に見える

まぁ竹中は労働市場改革もセットでやるべきだったし、小泉は少子化対策をしっかりやるべきだった



33 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:45:31 ID:3ZaoJXGa
もうどうでもいいよ。

それより、2000何年に破綻するかが問題。
俺は2015年までと踏んでるが、みなさんは何年予想ですか?
この前まで2020年かと思ったら、この不況兼、さらに国債発行増しやがったので5年予測を縮めるわ。


38 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:54:04 ID:fskR1BH7
>>33
具体的な破綻シナリオってどんな感じ?
まず日本の国債のアホみたいな金利が上昇しても日本人はおろか外国人すら国債を買わなくなるわけだよね。

となるとまず国内産業、輸出産業とも共倒れしてる。税収激減でしかも老人の財産が相続されてもほとんど消費に回らないか外国に流れ、預金先の金融機関はリスク回避の為に外国通貨建て、かつ外国の国債を買っている。

さらに短期国債にすら手を出されない状況となると、やっぱ終わりの見えない戦争が絶対条件だな。
中国が九州あたりに駐屯とか始めたらあり得るな。


39 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:56:41 ID:sQGJNWUa
>>33
円高が続き、流動性は低いままで西欧市場を回復したアメリカに制圧され
中国は国内産業が根付いた所で保護貿易に走り、東欧中央アジアには手を出せずに外需を殆ど失う最悪の想定なら
2030年ってのはそれ程遅くないんじゃない?
金融恐慌の上英国病、少子高齢化が乗っかるパターン


43 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:05:13 ID:3ZaoJXGa
>>38
10年以内に、国債残高がさらに300兆円増える。
それに日本経済が耐えられれば、破綻しない。

耐えられなければ、国債が発行できなくなる>>自転車操業サイクルが崩壊
で、オワタ。

いろいろ影響はあるが、ともかく紙(紙幣・株券・債権)がただの紙になる時代になる。
現役世代のサラリーマンは何とか食っていけるだろうが、老人は餓死するかもな。

そういう意味で、究極の防衛は、農家になることか、農家に食い物わけてもらえる関係をつくっとくこと。
とくに日本は自給率が最低だから、今まで見えなかった国家にとって自給率が最大の防衛線 って意味が分かる時代。

世界経済にとっても重大時だから、人類にとって未知の領域。


47 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:11:26 ID:fskR1BH7
>>43
国債発行に"日本経済"が耐えられれば良いのか?
国家の財政及び国債発行は全て"信用"にかかっているんだが、例え国債が5000兆円になろうが
経済政策、財政政策が間違っていなければ日本の経済は何ともないぞ。普通に経済活動出来る。
ただ普通はさすがにやばいんじゃないかと信用がなくなって利率が跳ね上がって国債を発行しても発行しても利息に消えるようになるけどな。
それとその前触れで通貨の暴落が起きるが、円安機動になるとそのまま利益(決算だけじゃなくて)になる企業が多いからすぐには死なない。

ついでに株券は国際企業なら紙にはならんよ。


53 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:18:20 ID:3ZaoJXGa
>>47
1京円国債は発行できない。

100万しか金もってないやつに、200万よこせ って無理だし。
実体経済の保有可能な債権限度量に急速に近づいてるのは確か。
(銀行・生保の保有資産みても、今の2倍の国債所有には耐えられん。)

>株券は国際企業なら紙にはならんよ。
そう信じた人間は、めでたく戦後ぜんぶ没落しました。


56 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:22:39 ID:fskR1BH7
>>53
物の例えなんだが…5000兆円は今の国債残高と剥離してるんだから本気で言ってるわけないだろ。

債権限度量って新語作るなよ。国債を買えるのは日本だけじゃない。
100万持ってる人に200万よこせって言わないで200万で売るから10万持ってる人20人に売り込めばいいだけ。
まぁ日本が1京円くらい国債を発行するような経済規模になってたら別だけどなw

第二次世界大戦で紙になったのは国債で株券は潰れた企業とGHQに手出されたとこだけだぞ?
当時世界に誇る国際企業自体も少なかったけどな。




109 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 04:02:56 ID:spmWWjBm

GDPギャップを10%とすると一年度あたり約50兆円。
公的債務の対名目GDP比は今の日本では名目成長率4%以上なら低下してゆく。
潜在成長率は甘いといわれる内閣府の推計で2%あるんだが
GDPギャップを埋めれば実質成長率が潜在成長率とほぼ変わらなくなるから
すなわち実質成長率は2%まで上がる。
2年くらい続ければ実質成長率が3~4%まで上がるはずだ。


37 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:52:36 ID:hFjIe++R
かりかえさえ出来れば借金なんて怖くない。
何千年でも借り替えて行けばいい。


40 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:59:22 ID:cu3IUU14
金利さえ払える内は大丈夫だよ
元金は借り換えで回すだけ
そのうちハイパーインフレでチャラになるか?
そうなりゃ日本もお終いてか


41 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 02:59:57 ID:zs/T+eWb
去年、今年から道路財源は一般会計に組み込むといってたけど
結局どうなったんだ?


45 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:08:59 ID:sQGJNWUa
東京一極集中とか地方格差とかいうけどさ
都市に人口集中でいいんじゃないと思うんだけど、儲かるから集中するんだから
過疎化が進んだ地方の土地を買い上げてアメリカ式の集約農業すればいいんじゃない?
周りに人が居なくて商売出来ない土地なら安いでしょ
農家の所得は上がり、価格が下がって自給率は上がる、オマケに危険な中国産とはおさらば


52 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:16:56 ID:Zune/xVj
>>45
いずれ、生産性がおちてきている日本では、
人口の集中は、国家運営コストをおさえるために絶対不可欠だとおもう。
たとえば夕張なんか、可能なら住民全部を札幌なり旭川に移住させれば、
ずいぶん行政コストさがるでしょ。
長崎の軍艦島はそうやって無人島なったんでしょ。


49 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:12:48 ID:/CfE+mZs
いくら借金しようが兎にも角にも今を生きられなければ未来もないのは当然のことだ。
「未来にどれだけの借金を残すのか」なんてのは偽善者の言うことだ。




59 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:24:17 ID:NgewtDtW
借金と言っても外債じゃないから問題ない
いざとなりゃ金を刷れば万事解決


61 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:25:30 ID:HZpvZanL
あまりにも借金が膨大になったら日本脱出だな。



64 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:27:15 ID:tqCQuxPf
国家公務員で財政心配してる人なんていないよ。

国民と対照的だ。


65 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:27:58 ID:tqCQuxPf
もちろん連中が心配してない根拠なんて何もないんだけどさ。

いざとなれば徴税権を発動する以外には。


66 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:28:58 ID:fskR1BH7
>>64-65
自分の勤めている企業が潰れて「驚きました」なんて社員もいるわけだし、似たようなものなんじゃね。
分かってる人は分かってるけど口には出さないだけ。


68 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:29:51 ID:0pIRlP4X
国債乱発したり埋蔵金大放出したり…これって焦土作戦でしょ?
自民は今度の衆院選勝てないと踏んでるんだろうが、全く国民の事も
国家の行く末も子供達の未来も考えてねえ最低の連中だ。
景気を活性化する為に必要だというのなら、次世代の成長産業に繋がる分野
への戦略的投資をするべきなのに、やってる事と言ったら先細りの自動車産業
優遇政策に一時的な人気取りのためだけのばら撒き
 はよ解散せんかい


70 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:32:55 ID:y4m3U2LT
戦略なき組織に未来なし


71 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:33:00 ID:HZpvZanL
問題点の一つは、日本が人口減少社会だということだな。それもかなり激しい。
少数の人が膨大な借金を返さなければならない。
今の夕張だ。夕張が将来の日本の縮小モデル。
その夕張は人口減少に拍車がかかっているという。
当然だよな。行政サービスがどんどん低下して住みにくくなっているんだから。
それでますます人口減少→以下ループ。


75 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:36:52 ID:/CfE+mZs
人口が減少している以上、いくら小さく丸まっていこうが、国の衰退はまぬかれない。
恒星が縮小して矮性になり、中性子星になり、ブラックホールになって行くようにどんどん際限もなく国家が縮小していく。
その場合「山椒は小粒でもピリリと辛い」という国家を考えるのは幻想である。
そういうのは国民が全体として「若い」場合にのみ考えられることであって、
その実質がバチカン市国並みに縮小してしまった国家の構成人員がほとんどが老人だとすれば何をかいわんやである。

しかし、逆に人口が多ければ小さく丸まる必要もない。



78 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:39:16 ID:58H/NLto
なぜ国はこうまで安易に借金をしてしまうのか
http://www1.ntv.co.jp/zero/caster-blog/2009/04/post_205.html


80 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:40:55 ID:NgewtDtW
政府がいくら国債積み増そうが国家破産するわけじゃねーから
何故なら国はその気になれば、日銀券いくらでも刷れるから


81 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:41:56 ID:e2oQu/m1
>>80
それやっちゃったらハイパーインフレ起きるから


82 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:42:57 ID:m51tVpSi
資産デフレが収まらなかったんだから、小渕も小泉も麻生も同じ。

銀行救済しても資産デフレなんとかしないと無駄と言うのがバブル崩壊後の
教訓。米国はここいらわかっているかなw


83 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:43:14 ID:NgewtDtW
大丈夫今デフレだし


88 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:48:27 ID:e2oQu/m1
>>83
今はね。
でも財政赤字を日銀券刷って穴埋めなんてことをしてたら
いざインフレになった時に金融引き締めできずにインフレが加速する。


87 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:48:19 ID:tqCQuxPf
ま、子づくりする奴は馬鹿ですなw


89 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:49:55 ID:sQGJNWUa
>>87
小作りさせない政府が馬鹿



96 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:53:15 ID:HZpvZanL
>>87>>89
両方正解です。
子作りする奴に『子供を生んでよかった』と思わせる政府を作りたいですね。


90 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:50:22 ID:tqCQuxPf
その政権を選んだのは国民ですよ。


91 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:51:26 ID:NgewtDtW
まぁつまり国家破産は有り得ない


93 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:53:02 ID:985O8bkv
家庭内の麻雀の貸し借りみたいなもんだから大丈夫って言う話
最近聞かなくなったな。


94 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:53:07 ID:v0CO0p01
いよいよインフレが視野に入ってきたな
ぶっちゃけ借金返済するには、インフレ以外手段は無いと思うよ。

いいか。まだクレジットクランチすら起ってないんだぜ?
銀行すら潰れていないんだぜ?
CDSの償還残高は世界全体で5京8000兆円だぜ?
そんな金どこにあるんだよ?w





95 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:53:08 ID:sQGJNWUa
つ通貨安定証券

冗談は兎も角、ここ十年貸し渋りが問題で
解消には低金利だけでは不足だとわかって来たんだが
何か思い切った別の手は無いものかな



97 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:53:33 ID:Qlhd0Q38
ていうか日本以外の国も借金まみれ。けど、日本は金をかなり貸しているからね。
ぶっちゃけどうにもいかなくなったら戦争するんじゃねえの?


100 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:55:28 ID:e2oQu/m1
農地の集約が進まないのは
兼業農家が減っては困る農協および農水省の陰謀です。


102 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:57:19 ID:985O8bkv
今回のサブプラみたいになにかがトリガになって市場参加者の認識が変わるとあっという間に
金利はねあがるんじゃないの。


104 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 03:58:17 ID:tqCQuxPf
>>102
それはあるだろうね。

皆が問題を認識しつつも顕在化するまでは市場に反映されない。


106 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 04:00:19 ID:v0CO0p01
>>102
俺もそう思う。
金利上昇が一つの合図になる事だけは、間違いない。
金利が上がると、借金している企業は即死するよ。



121 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 04:24:26 ID:m51tVpSi
>>106
長期金利なら上がりつつあるし、短期金利は日銀は上げない。
資産デフレ警戒しているから。都市再開発によるバブル崩壊した
から上げる必要もない。資源と食糧が高騰していた時期が上げ時だったな。

赤字国債発行により収支のバランス崩れているから、
既に長期金利が上がり一般会計は返済金利が肥大化。
つまり予算は既に金利で圧迫されつつある。
財務省が増税に拘泥し財政出動に消極的な理由だろ。

経済では住宅ローンの固定金利が上がり資産デフレ加速させる。

国債は返済する元金よりも金利が問題だろ。元本は増発しない限りは増えないが、
長期金利は円安や財政不均衡でいくらでも上がるぞ。


111 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 04:03:25 ID:m51tVpSi
資産デフレが収まるまで公定歩合は現状維持。
白川が恐れているのはやはり資産デフレ再発-不良債権拡大
-与信制限-金融収縮-デフレスパイラル


113 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 04:07:38 ID:sQGJNWUa
赤字国債は返済が予算を圧迫して、他の支出を削れなくなる所までが実質的な限界では?
あまり詳しい事はわからないけど…
利払いで発散したら機能的に限界


115 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 04:10:39 ID:spmWWjBm
>>113
対外債務が多いと利払いのために通貨発行益を乱用する誘惑にかられやすい。
すなわち悪性インフレによる超過インフレ課税で国民から搾取するスキーム。

日本の場合は対外債務が少ないから単に札割れによる国債発行の天井があらわれる。


120 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 04:19:41 ID:sQGJNWUa
>>115 117
有り難う
一概には与謝野を叩けないわけか…
内債が限界で、末期医療的に外債で代用すると19世紀の植民地ルート行きかな

80~90年代に国債を垂れ流し続けた政治家を批判するべきか…



122 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 04:25:27 ID:uOBExdoH
>>115
だから政府は政府系金融機関を民営化したくないんだよね。
郵貯は民営化しても国債買うって規則を作って対処したみたいだけど。
不健全だよな。

あと、年金。みんな買わなくなっても最後まで買いそう。



123 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 04:27:10 ID:spmWWjBm
>>120
純インフレ率をゼロ%誘導から2%誘導するだけで状況はかなり改善されるかと。
あと所得税の累進をもう少しきつくして低~中所得層の可処分所得を増やすとか、
ベビーボーナス(子どもが多いほど控除が増える)制度で出生率上げるとか、
やりかたはいろいろあるだろうさ。


114 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 04:08:24 ID:qmhF80Nd
いや~日本人は本当に馬鹿ですねw
借金なんてまじめに返そうとするのは日本だけw
他国はルールを変えて終わりですよ問題にすらならないw
馬鹿ばっかりw笑えるわw日本人は本当に扱いやすい永遠の奴隷ですなw


116 :名刺は切らしておりまして:2009/04/28(火) 04:12:28 ID:M12XN0gL
>>114
日本人が国に金を貸してるんだから、返さないように出来るわけがない。
海外から借りてるならデフォルトでOKだが


スポンサーサイト
■このサイトはブログ村のBlogランキングに参加しております■
↓ご支援の為に投票頂ければ幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR] キャッシング カードローン 比較 申込 審査
[PR] 必見!安心・オススメのカードローン・キャッシング比較サイトはこちら
[PR] クレジットカード選びの決定版!クレジットカード比較サイトはこちら

ビジネスニュース,名刺を切らしておりまして,日本経済新聞,まとめサイト,wiki,キャッシング,カードローン,金融ニュース,銀行ニュース,cashing,経済ニュース,cardloan,ローンカード,クレジットカード,闇金,サラ金,消費者金融,ニュースまとめ,2ちゃんねる,ビジネスnews+,ニュー速+,ビ+,ビジ板,biz+,ビジネス板,金融情報,闇金融,経済情報,


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://diggindeeper.blog43.fc2.com/tb.php/850-879b3a60
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。