■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【金融/米国】金融界はけしからん! オバマ大統領、巨額ボーナス「無責任の極み」と激怒

2009年01月30日 13:57

【金融/米国】金融界はけしからん! オバマ大統領、巨額ボーナス「無責任の極み」と激怒[09/01/30]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2009/01/30(金) 10:45:04 ID:???
オバマ米大統領は29日、公的資金による資本注入が進むウォール街の金融機関で、
経営陣に昨年支給されたボーナスが推計総額184億ドル(約1兆6600億円)に
達したとの報道に触れて、「恥ずべきことだ」と非難した。
ホワイトハウスでガイトナー財務長官と会談した席で、記者団に語った。

オバマ大統領は「支援を求めているウォール街の人々には、抑制や自戒、責任といった
感覚を少しはみせてほしい」と指摘。国民の税金で経営再建に取り組みながら、世間の
相場とかけ離れた高額の賞与を受け取る感覚を「無責任のきわみだ」と酷評した。

この日の会談は、議会で審議中の景気対策法案に加えて、金融改革などを織り込んだ
包括的な経済対策を協議するため行われた。
大統領は、2004年とほぼ同じ賞与水準を手にする経営感覚に疑問を示した形だが、
金融機関をやり玉に挙げる批判方法を「ことを単純化し過ぎだ」(米CNBCテレビ)
と懸念する声も出ている。

オバマ大統領は、当選直後の昨年11月にも、金融機関の経営陣に賞与の辞退を求める
考えを表明。
「人員削減に取り組まざるを得ないのなら、せめて自らも犠牲を払うことを言明すべきだ。
それが責任だ」と述べていた。


http://sankei.jp.msn.com/world/america/090130/amr0901301025003-n1.htm






2 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 10:45:55 ID:53V05AiQ
そりゃそうだ。


4 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 10:47:36 ID:QadFvCFq
誰でもそう思うわな。
会社潰れ掛けてるのに、なんで賞与貰えるとか。


16 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 10:55:38 ID:/HXBMf+S
>>4,13
社内の規定だから、としか言いようがない。



149 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 12:36:37 ID:xl5JO0ps
>>16
だから、そんな会社一回潰そうってなるわけだがw



6 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 10:49:24 ID:6yudIEz3

リスクとって損したんだから、給料ゼロどころかマイナスでも良いと思うんだが。


7 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 10:50:55 ID:VnE2DzUb
日本の場合は
ゼロ金利ウマー
公的資金?はいはい返せばいいんでしょwww
の流れになったが、ボーナスはどの時点から出たんだろう。


9 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 10:51:33 ID:L1iWs8LG
税金で助けてもらいながら自分らのフトコロに入れてたんだから
そりゃあ小浜も怒るわな。(´・ω・`)


11 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 10:53:03 ID:JGVmhv03
もらった金差し出せまでは行かないのね。


13 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 10:53:40 ID:HlkRGxKj
>「ことを単純化し過ぎだ」(米CNBCテレビ)

極めて単純な問題じゃないですかね?
潰れそうな会社がなんでボーナス出すの?


14 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 10:55:06 ID:bDgyTl6V
破綻させるとまた国が傾くし、破綻させないと巨額ボーナスは受け取っちゃうし
う~ん


18 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 10:56:36 ID:lqZAi4ot
貧乏人から搾取してさらに貧乏人が納めた税金も懐に入れるとかいい商売だな


20 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 10:57:08 ID:P57D0BsE
そういうお前もアメリカ政府が巨額な赤字財政なのに給料もらってるじゃんw



25 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:00:33 ID:JGVmhv03
>>20
アメリカの大統領でたった3000万円だぞ。
仕事の重大さを考えれば激安だ。


21 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 10:58:50 ID:eBZT9jN5
オバマに限らず、こういう庶民感覚を忘れない政治のリーダーって
重要だなと思う。

金銭の多寡って話じゃなくて、いわゆる「常識的に考えて」ってところ。



26 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:01:32 ID:M7vf0WLs
オバマ、バカ丸出し

役員の報酬は役員が決める、当然の結果


40 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:09:33 ID:VPNewsU+
>>26
税金で300億ドルもの資本注入して、半国有化してるんだから、
国が大株主だ。
アメリカでは株主は神だぞ。


55 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:16:17 ID:hgo5KDBW
>>40

結局そういうことだな。普通株か優先株かでも法律上の発言権は違うが、
少なくとも資本増強で国の世話になってる以上は、国の代表=株主の代表である
大統領の批判を受け入れるべきだろう。




27 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:02:08 ID:Jm2vsKtm
日本では、誰も言わないよね
しかも、法人税を減税するくらいですから

早く金融機関税を創設して回収しろ!


29 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:06:31 ID:Og9zGsR7
低所得層の税金を銀行家のボーナスに充てるアメリカ。
公務員のボーナスを支払うために国債、地方債を発行する日本。
どっちも似たようなもんだろ。


34 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:07:37 ID:yNE/5F9E
当の株主が文句言ってないんだから仕方ない。


37 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:08:19 ID:4VxT5aMJ
米金融のトップなんてエリート中のエリートなんだから
優遇されるのは当然だろう。
衆愚の庶民感覚とやらででどうこう言っても駄目。
エリートを優遇しない社会は傾く。


39 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:09:19 ID:JGVmhv03
結局国有化するしかないんじゃないか。
不良債権を洗い出すのも、報酬を削るのも
今の経営陣では無理。


45 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:12:18 ID:K25s8K+o
>巨額ボーナス「無責任の極み」

そうだな。
日本の公務員達にも聞かせてやりたいな。('A`)



51 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:15:04 ID:MQ5ifTz0
もうそろそろ「経営責任」って言葉が死語になりそうだな
何せ真っ先に派遣切りをした企業の経営責任者ですらまだ経営陣に残ってるだし


83 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:35:42 ID:BOA2IMz4
>>51
派遣切りをするのは企業を守り利益を出すという「経営に対する」責任を見事に果たしてるだろw
巨額ボーナスは企業の株主=公的資金注入者への損害になるから無責任なわけでさ
っつかそういうのは「企業の社会的責任」という。


56 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:16:21 ID:IMe250VE
経営陣の人件費で会社の経営が悪化してるようなもんだ。


60 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:18:13 ID:vpd6muDH
当選したら言葉でなくて行動で示さないと。

巨額の報酬を得る連中を具体的にどうするの?


66 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:22:49 ID:hgo5KDBW
>>60
このままなら株主としての権利で経営陣解任だな。
オバマも順番を考えないと行けないことくらい分かってるはずで、
今は警告を発した段階だろう。




61 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:19:32 ID:m2IAmVSo
人から借りた金でギャンブルやって、買った分の1%もらえる。
負けてもノーリスク。そして来年同じ仕事があるかどうか分からない。
穴に賭けて一生分稼ごうとするだろ


63 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:21:23 ID:OWhRBgTs
>>61

勝てば一生遊んで暮らせる
負けてもクビになるだけ

そりゃー大穴に全額ぶちこむわな


64 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:21:33 ID:uMpaxiIu
経営や経済や論理の前に、倫理の問題として言ってるんじゃないの?
「恥」ってそういうもんだろ。


65 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:22:16 ID:QadFvCFq
つか、こう言う奴らって会社潰れる前に逃げ出すしな。


67 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:23:17 ID:oRU0TITX
リーマンブラザーズのCEOも資産が1000億ぐらいあったそうだ。
まあ会社は潰れたんですけどね


68 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:24:14 ID:5gljQktg
日本って昔は社長と平社員の給料があまり違わない国だったよね。


75 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:28:06 ID:m2IAmVSo
>>68
今も欧米よりはるかに差は小さいぞ。
少なくとも、出張全部を自家用機やファーストクラスで往復する社長は、まずいない。
ホリエモンブームの頃、
「日本は経営者になるインセンティブが小さい。だからプロの経営者が出てこないんだ」
とか批判してる学者もいたな。


81 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:33:13 ID:JGVmhv03
>>75
日本的経営なぞ幻想だからw
あんなのは戦後の特殊事情がそうさせたのであって日本的でも何でもない。
日本的経営も欧米流と同じくらい問題だらけだ。


82 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:34:54 ID:QadFvCFq
>>81
しかし、会社の状況に応じてダウンサイジングするのは当たり前だろ。
会社の規模縮めて給料そのままとかありえねえだろ?


89 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:38:42 ID:JGVmhv03
>>82
そのあり得ないをやってるだろ、日本的経営って奴は。
ノンワーキングリッチのクビにしたり、給料減らしてますか?
新卒採用止めるか、派遣切ってるだけだろ。


93 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:43:46 ID:QadFvCFq
>>89
今の日本の大手企業は欧米化されて日本的経営とはとても言え無いだろ。
まあアメリカみたいな馬鹿な贅沢してないって程度で。
大手じゃ日本的なんて死滅してるよ。


70 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:26:29 ID:7vq/TmOW
公的資金を注入する際には経営責任を問わないと
納得しがたい


80 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:33:07 ID:l+bLO/Nn
別に、高額の賞与をもらってもいいさ。
税金投入されなければ・・・・な。


86 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:37:17 ID:yDSmVcQe
銀行は預金者から金借りてるということ忘れてる。
金融は勝手に金融会社だけで金融市場を膨らましてはじけさせて公的資金を注入
中小企業に金貸さないし。経済の混乱を起こしてるのは金融。


92 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:43:47 ID:l69KAv3O
だったら一度潰せよ
社内規定あるから出さなきゃ出さないで裁判で揉めるぞ


95 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:46:03 ID:c/ms7tRQ
>>92
>社内規定あるから出さなきゃ出さないで裁判で揉めるぞ
裁判やったら、赤字で公的資金導入してる金融機関の役員にボーナス出る
その社内規定が無効ということになるよ。


94 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:44:10 ID:QBWVQEa5
単に国民感情を沈静化させるためにポーズをとってみただけだろ。


108 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:56:23 ID:nclREY/F
日本の首相や国会議員にはいないタイプ

日本も首相ポストだけは国民の投票で選ぶべきだな

老害のはびこる日本の国会は見苦しい


110 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:57:29 ID:NyufrT23


リーマンの奴らはあと二年分の給料潰れてももらえるらしいな。2億円


113 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 11:59:27 ID:Zpb3pLHM
公的資金を入れた段階は、国有化とはいえないかもしれないけど
政治的には、実質国がオーナー。
経営権は、国に乗っ取られた状態と思わないのが厚顔無恥なところ。

取締役会だけで給料を決められると思うところが
常識外れ。


114 :*:2009/01/30(金) 11:59:35 ID:17UH31ZS
夕張市の公務員を思い出した。

夕張市の公務員は粉飾決算で巨額の赤字を隠蔽していたから、
もっと、たちが悪いけどね。


115 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 12:00:41 ID:oRU0TITX
まっとうに考えれば、経営のスリム化なら役員報酬なんて一番に削るトコだよな。


136 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 12:18:26 ID:CG0zS5V4
>>115
削りたくないんだよ
分かってやれよ


120 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 12:08:41 ID:PJhOPQph
アメリカの投資家、株主って結局証券屋と格付け屋の馴れ合いに騙されて
何の価値もない紙切れつかまされたような哀れな人間ばかりなんだな
そして時価総額100兆円単位で吹っ飛ばした取締役どもにいまだに1兆円もボーナスとられて


122 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 12:09:11 ID:+3iK3kK1
国民に対しての口先での御機嫌取りだわなww

ビッグスリーに対しても何か言えよ、実行しろよwww


124 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 12:10:17 ID:rnJ3NjVO
>>122
確かに。製造業は額に汗してるからイイ!ってことなんでしょうかねw


123 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 12:10:04 ID:X1wnRYq5
「社内の規定だから高給を貰うことは正しい」
「潰すには大きすぎるから政府は我が社に公的資金を注入すべきだ」

こんなこと言ってるからアメリカ国民に叩かれるんだよ


129 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 12:13:35 ID:K25s8K+o
>>123
「公務員の給料は人事院の規定だから正しい」
「公務員の給料が払えなくなったら、税金を上げればいい」

日本も同じですねwww


125 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 12:10:59 ID:9JKTO1RD
今まで何十年も 当たり前の様にして来たから
怒っても分からないだろ

資金注入しても中身が変わらなきゃ意味なしって事も
これからアメリカが経験していく事になるだろ

利権も絡んでるから失脚と暗殺もあるかもね
日本でもある位なんだし


138 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 12:19:27 ID:AhpmDWBR
金融機関の不明瞭な実態に鍵を掛けて門番を置く最初のチャンスだな。
おそらく、抵抗出来ないだろう。


141 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 12:22:06 ID:AhpmDWBR
金融機関から逮捕がでないのは今の内だけだよ。
騙されて損した奴、いっぱい居るんだから。
とにかく、これが最初の取っ掛かりだ。


158 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 12:44:28 ID:JMWweTAH
税金投入される身であるからね
つぶしてよいならそうするんだが、影響が多方面に及ぶからつぶせないだけ
金融や自動車など巨大産業はすでに株主のモノという立場を離れて社会的なもの
そういった立場であるなら、カラスの勝手は許されない

という論調が増えてきたな




159 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 12:45:48 ID:nclREY/F
あいつらが怖いのはロサンゼルス暴動のように行動力あるからな
自殺ばかりの日本人とは行動力が違う。




160 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 12:46:01 ID:+UF4z3dI
アカウンティングの教授がもういい年なんだが今辞めたら株にしてる退職金がとんでもないことになるから絶対に辞められんと言ってた
アメリカってそういう奴ゴロゴロ居るんだろうな
投資してリタイアメントに備えない奴は馬鹿と言ってた外資系の社員とかもどうしてるのだろうか


166 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 13:00:13 ID:ylZirqcp
医師と政府系金融業は似ていると言われる。失敗しても収入があるという点だ。
もちろん、どちらも資格や操業免許を得るには
相当の努力が必要なのは間違いないが、
医師は、患者を死なせてしまっても、治療費を請求できるし、
政府系金融業は、枠内にいる限りは、庶民をどんなに犠牲にしても、金が入ってくる

当然のことながら、いくら金が入ってきても忘れてならないことがある。
金は、技術の代わりにはならないということだ。

技術が衰退してしまえば、いくら大金を持っていても意味がない
最悪の場合、以前なら金さえあれば得られたサービスが、
今は、どんなに大金を積もうが、世界中どこ探しても受けることができない、ということになる。

人は生きるために競争する。勝ち上がるために金を貯め、力を得る。
しかし、朽ちていった者達は二度と帰ってこない。敵であれ味方であれ、
失われた技術が蘇ることはない。金の力で再現できるのには限界がある。
もし、残すべき技術を、金の力で潰したのなら、その罪は自ら、血の涙を流して償うべきだ。

金なんて存在しなければよかったのだ。どっちにしても技術が消えれば文明は消える。
金が消えても技術があればいい。しかし世界の長者達は技術よりも金を選んだ。
自ら技術を磨くことをせずに、人を競わせ、あるいは敵を作って、技術を滅ぼしたのだ。
どんな偉そうに良いことづくめの言い訳を並べ立てても、その言い訳で過去の技術が
涅槃から舞い戻ってくるようなことはないだろう。

いつか分かる。今日の100円は、明日の100万円よりも強いということが。
時間稼ぎして民衆を老いくたばらせ、穏々と暦をめくりながら収入の日を待ちわびるだけの、
その浅ましく図々しい、無限に傲慢なる態度が、いつか目の前を焦土に変えるだろう。


167 :■経営責任を問わないからこうなる■:2009/01/30(金) 13:00:27 ID:yk2eINnH
>1
金融機関をやり玉に挙げる批判方法を「ことを単純化し過ぎだ」
(米CNBCテレビ)と懸念する声も出ている。
→何がどう単純化しすぎなんだ?

そもそも公的資金を注入する段階で経営者の首を全部切るべきで、
賞与の額とか言っていること自体がナンセンス。
(経営者責任問うと公的資金拒否されるとか、関係ない。
 だったら一度潰して国有化すれば良いだけ。経営者の泣き言に
 いちいち付き合うから理があるように見えるだけで、そんなものは皆無だ)


172 :名刺は切らしておりまして:2009/01/30(金) 13:08:17 ID:yXjbxyiR
汗水流して働いてる人の上で踏ん反り返ってるようなものだからなあ。
形を変えた奴隷制度みたいなもんだ。


スポンサーサイト
■このサイトはブログ村のBlogランキングに参加しております■
↓ご支援の為に投票頂ければ幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR] キャッシング カードローン 比較 申込 審査
[PR] 必見!安心・オススメのカードローン・キャッシング比較サイトはこちら
[PR] クレジットカード選びの決定版!クレジットカード比較サイトはこちら

ビジネスニュース,名刺を切らしておりまして,日本経済新聞,まとめサイト,wiki,キャッシング,カードローン,金融ニュース,銀行ニュース,cashing,経済ニュース,cardloan,ローンカード,クレジットカード,闇金,サラ金,消費者金融,ニュースまとめ,2ちゃんねる,ビジネスnews+,ニュー速+,ビ+,ビジ板,biz+,ビジネス板,金融情報,闇金融,経済情報,


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://diggindeeper.blog43.fc2.com/tb.php/712-770671f6
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。