■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コラム】金融危機の嵐に直撃されなかった日本経済が、今ほかのどの先進国よりも急速に縮小している(英エコノミスト)

2009年01月28日 03:10

【コラム】金融危機の嵐に直撃されなかった日本経済が、今ほかのどの先進国よりも急速に縮小している(英エコノミスト) [09/01/28]

1 :本多工務店φ ★:2009/01/28(水) 01:02:54 ID:???
日本の近年の出来事の中で、1990年に始まった、信用インフレから生じた
不動産および株式バブルの崩壊ほど人々の記憶に深く焼きついていることはない。

しかし昨年秋以降の日本の工業生産と輸出の急激な落ち込みは、
ほぼ間違いなく、バブル崩壊後に起きた数回の景気後退局面が穏やかなものに見えるような、
未曾有の大不況の到来を物語っている。

バブル崩壊後最悪の年だった1998年に、日本経済は2%縮小した。
しかし大半のエコノミストは、2008年の第4四半期だけで日本経済はそれ以上縮小したと考えている。
ゴールドマン・サックスは2009年の日本のGDP(国内総生産)成長率が3.8%のマイナス成長になると予測している。

戦後最長となった約6年間の景気拡大期を経て、日本は早ければ2008年第2四半期から景気後退局面に入ったと見られている。
しかし、当初はかなり緩やかな景気下降だったものが年末の2~3カ月間で、
信用危機の嵐のただ中に巻き込まれた国々が味わっているよりもはるかにひどい不況に姿を変えた。

11月には、輸出額が前年同月比27%落ち込んだ。
状況は悪化する一方で、12月にはマイナス幅が35%に拡大した。
輸出急減の主因は米国の景気後退で、対米輸出は前年同月比36.9%減少した。

世界的な景気後退が今度はアジアのサプライチェーンに打撃を与え始め、
12月に日本の対中輸出は35.5%減少、アジアの「虎」(香港、シンガポール、韓国、台湾)向けの輸出は対米輸出以上に落ち込んだ。

輸出は日本の工業生産のほぼ半分を占めるため、鉱工業生産も統計を取り始めて以来、過去最大の下げ幅を記録している。
11月の鉱工業生産は前年同月比16%減少した。
12月には、景気の先行指標である工作機械受注額が前年比72%減少した。

BNPパリバ証券のエコノミストの白石洋氏は、
鉱工業生産は昨年12月時点で既にバブル後最低だった2001年の水準まで落ち込んでおり、
堅実な回復とされていた過去6年間の成長分が吹き飛んだと見ている。

不況が終わるまでに、生産高は1987年の水準にまで落ち込むと白石氏は予測する。

2002年以降の日本経済の回復を牽引してきた輸出需要が、
自動車と消費者向けハイテク製品という極めて限定された産業に支えられていたことも裏目に出た。
この2業種の落ち込みは特に激しく、自動車メーカーは生産台数をほぼ半減し、
結果として鉄鋼、半導体、化学品メーカーにも大きな影響を与えている。

>>2に続く

ソース:JBpress
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/501
ソースのソース:The Economist
Japan Early in, early out
An economy not hit directly by the financial storm is shrinking much faster than any other developed one



2 :本多工務店φ ★:2009/01/28(水) 01:03:12 ID:???
>>1の続き

今回の不況で恐らく最も予想外と言える要素は、日本国民が受けている心理的打撃だろう。
そもそも日本は米国や大半の欧州諸国と異なり、信用の過剰供与問題は全く存在しなかった。

近年、日本の企業は借り入れを増やすどころか負債を圧縮し、家計は多額の貯蓄を維持した。
金融システムも概ね、不良資産や不良債権に汚染されておらず、地方銀行は公的資金注入の申請に動き出したようだが、
大手都市銀行については当面はその必要はないと見られている。

それなのに、6年間の景気回復期にも決して強いとは言えなかった消費者の需要が急速に冷え込んでいる。
12月の自動車販売台数は前年同月比で2割以上減少し、百貨店売上高は10%近いマイナスとなった。

1月20日に内閣府が公表した12月の消費動向調査では、消費者態度指数が3回連続で過去最低を更新。
同調査の結果は、深刻な不況がサービス産業に波及したことを示している。

揚げ句、日本は追い払ったとばかり思っていた亡霊、すなわちデフレの再来に直面している。

今夏までに物価は再び下落し始めるだろう。
これが昨年来のエネルギー価格下落を反映する程度なら有益ではある。
しかし、それ以上にしぶとい物価下落は、金融政策の失敗と言える。

日銀は昨年12月に、政策金利をゼロ近くまで引き下げることを余儀なくされた。
2006年の水準への回帰である。

1月22日、日銀は買い入れの対象をコマーシャルペーパー(CP)だけでなく、社債にまで広げる方針を打ち出した。
最近まで政府の経済財政諮問会議の民間議員を務めていた東京大学の伊藤隆敏教授は、
日銀はさらなる施策を実施する必要があると考えている。
物価上昇率をプラスにする目標(インフレターゲット)を明確に示すなどの施策だ。

悲観論を押しとどめる根拠も存在する。
家計には今でも多額の貯蓄があるし、企業に対する銀行融資も増加している。
ただし、融資増加の大部分は、干上がってしまった資本市場から直接供給されていた信用を置き換えるだけのものだが。

重要なのは、先の不況の際には苦境に陥った企業でもなかなか手をつけようとしなかった
余剰人員や過剰な生産能力などの領域で今回は急速に調整が進んでいる点だ。

過小評価されていた円の実効為替レートが急騰して適正な水準に近づき、資金調達がいよいよ難しくなったことで、
低利資金と円安のおかげで長らく生かされてきた「ゾンビ」企業の破綻が急増している。

また、派遣契約や臨時雇いの労働者を急激に増やしてきた10年間が過ぎ去った今、企業はこうした労働者を解雇し始めている。
在庫調整のために生産も削減されている。
こうした動きは、これまでの日本経済にはなかった柔軟性を示すものである。

現在の失業率は3.9%だが、バブル崩壊後で最も高かった5.5%の水準にまで戻る可能性がある。
ただ、日本の労働者の構成がその痛みを和らげるかもしれない。

>>3に続く


3 :本多工務店φ ★:2009/01/28(水) 01:03:37 ID:???
>>2の続き

日本では、景気回復局面で人口の多くを占める団塊の世代に定年後も会社にとどまるよう求めていた。
しかし今後は、この世代の多くの労働者が、雇用期間を延長することなく退職して年金で生活するようになるだろう。
労働力および在庫の迅速な調整により、日本経済はほかの先進諸国よりも早く立ち直る可能性がある。

しかし、経済がいつ、どれほど力強く回復するかはまた別の問題である。
日本企業が、かつて借金漬けの米国人の需要を満たしていた生産能力をどれだけ迅速に削減するにしても、
日本の経済構造そのものは外需に応えることに向いていることに変わりはない。

そうした日本の戦後モデルはもう破綻した。
このモデルを築き、導いてきた政治システムも同様である。
半世紀の間、ほぼ政権の座を降りることなく政治権力を握ってきた自民党は、その存在意義を失い、
今後数カ月以内に行われると見られる国政選挙で大敗する恐れに直面している。


高齢化する人口と劣化する政治の中で

政治の機能不全は、今や日本経済にとって最大の問題になっていると言っても過言ではない。
政策立案者は、高齢化と人口減少が進む社会で内需を拡大する策を議論すべきだ。

例えば、医療分野や高齢者向けサービスでは、サービスの受け手よりもサービスの提供者の方を手厚く保護している規制を撤廃したらいいだろう。

しかし政府は今、2兆円(220億ドル)という比較的小規模な景気刺激策を巡って、野党とばかりか、与党内でも不毛な争いを繰り返すばかり。
しかも、このカネの大部分は、使われることなく消費者のポケットに収まることになる。

JPモルガン証券の菅野雅明氏は、今の需要減に対抗するには、生産性の向上を目的とした4倍の規模の刺激策が必要だと考えている。

政府が大胆な刺激策を打ち出せないのは、バブル後に急増した国の膨大な債務が背景にある。
日本の純債務はGDP比90%以上に達している。
しかし金利は極めて低く、このため債務の利払いコストも非常に小さい。
そのうえ日本の国債保有者はほとんど日本人で、移り気な外国人ではない。
リスクを考えれば、より積極的な行動を取った方がいいはずである。

中央銀行についても同じことが言える。
もともと慎重な日銀だが、政治からの指針の提示や議論がないため、その傾向が強まっている。
例えば、日銀は明確にインフレを目標とするだけでなく、
株式を買い取って商業銀行の自己資本――その多くは価値が下がり続ける保有株式から成る――を
増強するといった手段だって正当化できるかもしれない。

それにしても皮肉な話である。
米国をはじめ、日本以外の先進諸国が必死になって日本のバブル後の経験を避けようとしている時に、
当の日本はお粗末な政治のせいで、重い足取りで他国の後ろをのろのろとついて行く羽目に陥っているのだから。


7 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:05:40 ID:pIeUx3pC
負け惜しみ?


8 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:05:46 ID:4pCGsD2K
輸出依存のキャリートレードの巻き返し
以上


11 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:06:57 ID:UjLNBMta
日本人は悲観的になり杉
他国はもっと悲惨だぜ


29 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:12:00 ID:NphMt2X/
>>11 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:06:57 ID:UjLNBMta
>日本人は悲観的になり杉
>他国はもっと悲惨だぜ

ここもと発表されているアメリカ企業の決算を見る限り、アメリカはそんなに悪くないように見える。
むしろ日本企業の落ち込みっぷりがすごい。
マジありえんくらいに。



31 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:12:58 ID:WytCkPDl
>>29
10年ほど前に消滅したビジネスモデルを日本企業はやってますから


43 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:17:42 ID:jcXUFrLE
>>29
ほんとその通り
このコラムの内容はは数字でてるもんな


51 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:20:56 ID:EUxq3itR
>>29
偏見かもしれんがアメリカの決算って胡散臭いんだよなw


101 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:39:03 ID:fslirZyx
>>29
アメは銀行の損失をまだ全然確定させていない
さらに企業があれだけレイオフすれば失業率跳ね上がる
サブプライムだけじゃなくプライムローンも焦げ付き始める
職が無ければ今までのようにクレカを使えなくなる
不良債権はこれでまたどんどん増えーるw


12 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:06:58 ID:G98/xEn+
金融は助かったけど輸出製造業が死んだってことだな。


13 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:07:16 ID:1pQHNcr3
日本は、失われた10年の教訓から、過剰反応してるだけ。
しばらくすれば実力発揮で、再びナンバー1になる、ってか、なってしまう。


17 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:08:20 ID:tLsCRy40
2007年の日本株みたいなもんで、下げが始まるのが早いんだろう。


18 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:08:31 ID:h8hXIVus
正規社員が減少し続けてる限り、日本の中産階級の復活は無い。
終身雇用に戻るべき。


20 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:09:01 ID:BpO9dOf6
自動車関連がかなり効いてるよな


20 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:09:01 ID:BpO9dOf6
自動車関連がかなり効いてるよな


22 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:09:58 ID:jdpGenSC
海外に売ってる国だからな
売る所無くなったらそりゃ萎むよ


25 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:11:33 ID:1pQHNcr3
100年に一度などというのは、金融亡者の懺悔と過剰反応が言わせたもの。
世界の経済実態は変わっていない。この擬似経済危機は、速やかに回復する。


26 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:11:37 ID:AiZMh6G7
日本人はマイナス思考だからな
昔はそのマイナス思考ががんばるバネになったんだけど
今は単なる景気のマイナススパイラルになってるだけ


27 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:11:48 ID:Ra96WpM6
欧米は
縮小という過程を経ず
一気に木っ端微塵になっちまったしな


33 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:14:28 ID:9YqZL7+z
円高が進み、国内については金融も正常。
本来この状況なら、国内で回しているだけでもそこそこなんとかなるはずなんだが。
だがしかし、内需や一般国民の安定した生活基盤をここ10年で崩壊させてきてしまったせいでどうしようもなく。


41 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:17:07 ID:2ubO67wc
>>33
「内需=土建屋甘やかし」ですね。わかりますw



36 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:15:41 ID:ODTInAjO
マスコミが不景気煽ってるから


37 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:15:53 ID:1pQHNcr3
物づくりをやってる限り、上昇下降は、高々数十パーセント内で収まる。
だから、日本は安心してよい。下手にあがくと、変な渦に巻き込まれちゃう。


38 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:16:07 ID:WOzBDoag
不安を煽るマスゴミと二次補正を通さない民主。
今まで自民に早く出せとさんざん叩いていたよなあ?
何で出せないかほとんど言わずに。


39 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:16:25 ID:EJ+KPOvl
バブル崩壊後、内需が盛り上がったためしがない
特に97年に消費税を上げてからは終わってるね


149 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:51:49 ID:/qfx/G1n
>40~50兆円のバラマキが緊急に必要だ。

政府紙幣発行ですか。
一人当たり40万ほどの政府紙幣ですか
いいですなあ。
報道2001でも政府紙幣を一人あたり20万発行するべき、とか言ってたな



44 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:18:04 ID:WOzBDoag
円高還元せずに懐温めてる奴も要るよなあ。
結局消費意欲が伸びんでてめえのクビ絞まるだけだからかまわんが


46 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:18:48 ID:teXaCvMx
もともと低成長な家電・自動車に依存してるのがダメ
もっと成長性の高い、新しい産業が育たないと今の状況は続く


47 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:19:11 ID:gI9wxzJx
日本は円安バブルだったから
結局他国と同じように不景気まっしぐらになってるんだろ


48 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:20:14 ID:EJ+KPOvl
一般の日本人が思ってる以上に状況は酷い
たった数ヶ月でここまで壊滅状態に陥った事なんて
過去無いな
数字だけ見たら戦争で空襲を受けたんじゃないかと思うほど


53 :TBSは潰れろ:2009/01/28(水) 01:21:43 ID:palrokCO

非正規雇用を増やしすぎて、もうどうにもならん。
内需も期待できね




55 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:22:35 ID:C74KvizG
国外で売る為に国内を搾取してボロボロにした
そして今、国外で売れなくなった
ただそれだけのこと


56 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:23:01 ID:up/YG1wn
非正規中心のビジネスモデルに移管するため、大淘汰が必要になる。デパートはいらね。


60 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:24:20 ID:EJ+KPOvl
 トヨタでは今も減産が止まらず、幹部が恐れていたシ
ナリオに近づきつつある。その名も「ワーストケース」。
一部の関係者しか知らないこのシナリオによると、販売
台数は700万台を大幅に下回り、「部品メーカーにとっ
ては考えられない恐ろしい数字」(大手部品メーカー社
長)という代物だ。


62 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:24:47 ID:TM+D0fGF
不況だ、ってマスコミが言うと本当に不況になるんだって学者が言ってたな。



72 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:28:56 ID:EUxq3itR
>>62
消費に関しては俺も心理的な要因が大きいと思うね
だから消費は正義みたいなプロパガンダ放送を延々と流し続けたら
どんな結果になるか試してみたいとよく思うw


63 :本多工務店φ ★:2009/01/28(水) 01:24:51 ID:???
>>1のソースのソースの部分で、URLが抜けていました。
正しくは、以下の通りです。
原文をお読みになられたい方にはご迷惑をお掛けしました。

ソースのソース:The Economist
Japan Early in, early out
An economy not hit directly by the financial storm is shrinking much faster than any other developed one
http://www.economist.com/finance/displayStory.cfm?story_id=12998246


66 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:26:13 ID:TE+o4Wqj
輸出に頼っていた経済がいかにもろいか。
そんな経済ができるのは発展途上国だけだが日本はもうその時期を過ぎてしまった。

食料とエネルギーを輸入せざるをえない日本が、
輸出を弱め、内需で生きるには何をすれば良いのだろうか。。


67 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:26:19 ID:1pQHNcr3
日本も世界も安心して良い。

失業者の増加は、雇われ経営者が過剰反応してリストラしてるだけ。
株安は、ヘタレ機関投資家がビビッてるだけ。
円高は、他国もプライムレートを下げただけの、ギャンブル・ゲームの残滓。
実体経済は十分に堅固。


68 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:26:44 ID:GHgOy0C8

そのダメダメな日本の通貨円が他の全ての通貨に対して上昇しているのは何故でしょうか?



71 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:28:28 ID:EJ+KPOvl
>>68
金利差が縮まったから


75 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:29:12 ID:u2RsPxNd
急な対応が取れたのは余裕があるからなんだよね


78 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:30:38 ID:bb5yBpkZ
>2002年以降の日本経済の回復を牽引してきた輸出需要

はい、ダウト


81 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:31:22 ID:CbtYCjRf
2兆円程度の経済対策にすら文句を言う民主党に言ってくれ



82 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:31:36 ID:yUmaQmEJ
日本は本来潰れるべき企業を、無理に生かし過ぎたんだよ
自転車操業が維持できなくなって、そのツケがこれから一気に来るだろうね
まぁ仕方ない、日本はそれを選んだんだろ


83 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:31:50 ID:EJ+KPOvl
つい最近までは
金利は
アメリカ>>>>>>>>>>>>>>>>>日本
だった

今は
日本>アメリカ

アメリカの方が金利が低い
相対的に日本の金利が高くなったんだから、
円高になって当たり前
今まで極端な超低金利政策をとって円安誘導し、
日本の製造業を儲けさせる政策が完全に破綻した


94 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:36:07 ID:0vGPA5q/
確かに日本経済は、かなり悪いかもしれない。
ポン様は、たった半年で半分以下(対円)になりました。
でも英国ってポン安になったからって輸出産業が栄えるって国じゃないし
輸入物価が上がって大変なんじゃないの?


95 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:36:49 ID:B876iRNu
新卒一括制度をなくし、新しい雇用体制を築こう。


そうした日本の戦後モデルはもう破綻した。
このモデルを築き、導いてきた政治システムも同様である。
半世紀の間、ほぼ政権の座を降りることなく政治権力を握ってきた自民党は、その存在意義を失い、
今後数カ月以内に行われると見られる国政選挙で大敗する恐れに直面している。


96 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:37:11 ID:6Gtpc4ny
まあ、日本のメディアの発信する情報を信じれば、そう見えるわなぁ


111 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:41:30 ID:5nnjxxrQ
>>96
メディアじゃなくてデータ。

数ヶ月でここまで落ちるってのは、尋常な事態じゃない。
しかも、国民は不況鳴れの狼少年状態。




97 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:37:31 ID:up/YG1wn
設備投資は金があるときに暇つぶし&自己満足税金対策でやるもの。
懐が寒くなったらやる意味がない。


98 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:37:44 ID:NRYN0vp+
このまま円高が続いていくなら経常赤字が慢性化するから
10年程度を目処に日本も金融立国して世界から金を集めていかないと終わるんだけどな
その結果今回の欧米みたいな信用崩壊が15年後ぐらいに起こるかもしれないけど


100 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:38:52 ID:KXVu/Xut
下手に金持ってるから何処も貯めこうもうとしてるんだろう
アメ公みたく莫大な借金抱えたら嫌でも動かざる終えないけどさ
個人と同じように企業が自己防衛始めて金が回らなくなるのが一番ヤバイ


105 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:39:53 ID:1pQHNcr3
雇われ経営者は、企業防衛に過剰反応する。

当期のバランスシートを無難にこなせばOKと考えてる。
だから、過剰なリストラ、過剰な設備投資の抑制、賃金抑圧などをする。

実体経済は健全なのに。


110 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:41:25 ID:wVjs0N7I
金融ばかりで製造業衰退、ロイヤルバンクオブスコットつぶれそうなのに何言ってんだか。
アメリカ以上にイギリスは悲惨なことになるよ


112 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:41:51 ID:Mjl/Caz7
日本は今は大変だけど、環境やエコ技術のレベルは世界のトップ級だから
いつか復活する。
 日本の一番の問題は今の経済危機ではなく少子高齢化、単純に
考えて生まれる子供が少なくことは優秀な子供の数も少なくなることだ
から技術力が落ちてくるのは避けられない、さらに人口減は市場の縮小
につながる。
よって、優秀な頭脳をもった外国人にもっと日本に来てもらったり、
移民を奨励すべき。


118 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:43:18 ID:gAVH5tmE
>>112
日本の場合は格差是正→結婚率アップ→出生率アップなんだろうよ


113 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:42:32 ID:yUmaQmEJ
素材関係は頑張る所だが
製品レベルだと今の日本のモノは過剰性能なんだよな

もう中国、台湾産で十分な時代
最低ラインさえクリアすれば高い日本製より安い製品のが良い

日本の技術は凄いけど別にいらないよって時代


126 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:46:21 ID:/qfx/G1n
そもそも、経団連とその商売人に買収させられえ政治によって
輸出産業に重きをおきすぎた結果、大衆が安く使われ、金が無くなり
内需が弱くなった。
これを90年代の体制までもとに戻さないとだめだな
公共事業推進と法人税改悪の撤廃、労働法改悪の撤廃、などなど


132 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:48:00 ID:ILkgJuiD
イギリスのメディアのほうが日本経済の現状認識が正しいとは泣けてくるな。
最も急激に底割れしてるのは日本だ。
連鎖倒産、大失業、恐慌状態にいちばん近いのは日本だ。
政府も世論もおまいらも認識が甘い。動きが遅すぎる。
40~50兆円のバラマキが緊急に必要だ。


143 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:50:45 ID:5nnjxxrQ
>>132
俺もそう思うんだよね。実は。



135 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:49:02 ID:lWNfz3O9
この国はとにかく老後が不安すぎてどうしようもない
公務員の共済年金は優遇されすぎて反則だろ
その分国民年金がゴミ扱い
消費なんかできるかよ、まして家なんてありえない
政治家がなにもしないからな


136 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:49:17 ID:wzelUF7t
輸出系メーカーの声が大きいだけの話
もうカラクリはばれている。


137 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:49:23 ID:gAVH5tmE
日本は資産の1%を消費にまわせば年成長率プラス3%なんだけどな


156 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:53:55 ID:eCB6c0it

>>137
>>日本は資産の1%を消費にまわせば年成長率プラス3%なんだけどな

国富を食いつぶすだけだろ。

富の蓄積たる国富と、フローたるGDP両面から見ないと。


139 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:49:48 ID:RKQyRfeV
すべての元凶は政府の膨大な借金
国民すべてに将来を悲観させいつまでたっても消費を冷え込ませる
大胆な景気対策も少子化対策もできない。
どうにもならない重い足かせ


141 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:50:33 ID:VyPPJuNc
まじで日本危ねえよ 
団塊の世代はバカだしジュニアは無気力だしどうにもなんない


152 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:52:34 ID:r8ubxRHh
>>141
俺、ニートだけど、どうにもなんないと思うんだ。


144 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:50:52 ID:KXVu/Xut
でも今何を経済基盤にするかすら見えてないだろう
環境事業なんて大量生産大量消費するものものじゃないし
今更車にしがみつこうとしてる事に資本主義の終焉を感じるんだけどな


147 :黒騎士:2009/01/28(水) 01:51:32 ID:vVXajW61
この記者さんに聞きたいな。


日本以外に車関係やっているところ、他にあるかと。(生産とか有名とか規模とか)

元々政治のゴタゴタはずっと(安倍さんから)続いていたこと。
この3-5年間で「自民に食べさて貰っていた人たち」が「自立しなさい」になったのは小泉の頃からでしょ?(建設業者が農業やったとか)

で、お金が「黙ってきた頃(税収入)」には考えなかった「その人がいなくなる(収入ゼロ)」になって「自立じゃなかった」に気づいた。

これらのことは「金融危機」よりも「見せ掛けの自立」に本人が気づいたと言うことでしょうね?

派遣だってなんだって、「職業として育てる気なんかさらさらなかった」と言う点では問題多すぎだが。


それらを「考えること」を捨てていないだけ外国よりマシかもな?
(暴動起きていない国って日本だけでしょうよ?)

マスコミ自体が「人材鎖国主義」で外の世界に情報出せる人がそもそもいない。(作る気すらない)

だから、こういう人にきちんとしたこと説明する人も「いないのは道理」なんだな。
(もっとも、そんな人材いたら殺されますけどね?俺より立派になるなと言って)



158 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:54:42 ID:ggswqNLJ
正直、どう考えても世界恐慌は起こらないと思うのだが・・・
第一、状況が、あの時とは全く異なる
あの時は各国での連携もとれず、英国がポンドの利上げなんかしたせいで
暴落に拍車がかかったが、今では情報環境が整備されて有り得ない
さらに金融システムや救済システムも整っている

頑張っても80年代の悪夢の再来じゃないんか?
そして、これは断言できる。コレで一番に抜け出した国が次の大国になる


175 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:58:52 ID:DU8iLxH3
>>158
それらの対処が及ばなかったら起こるだろ。
詰みあがった信用マネーが1京円越えてる。
CDSも米国債暴落もまだだ。
各国、ブロック経済化の二の轍は踏まないよう申し合わせた
アメリカ本人がブロック経済化を始めてる。
学者も「当時と状況は異なる」しか言わない。
心の底では戦争が起こる事を確信してるよ。
ただ、メディアでそんな事言ったら干されるし、無用な混乱を招く。
念仏のように大丈夫と言うだけだ。


188 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:00:50 ID:/qfx/G1n
>>175
オバマ見て思ってが、就任したのにあんまり嬉しそうじゃないように見える
なにが起こるのか知っているのかもしれない。
パウエルもなにか言ってたようだな


192 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:01:57 ID:palrokCO
>>188
急にシリアスになったというか、暗くなったよなw




159 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:54:48 ID:ODb7GZZt
ゴールドマン・サックスは2009年の日本のGDP(国内総生産)成長率が3.8%のマイナス成長になると予測している。
↑GSまだこんな格付けまがいのことしてんの・ただの銀行になったんじゃないのか


176 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 01:59:00 ID:VHAp9yeE
Revealed: The day the banks were just three hours from collapse
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1127278/Revealed-Day-banks-just-hours-collapse.html

イギリス金融は崩壊まで3時間だった


186 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:00:37 ID:UKd/fG3e
いい加減、技術力を過信し過ぎるのは止めた方がいいよな。

具体的に何が優れているのかよくわからないけど、
とにかく日本製品は技術が優れているんだ優れているんだって
熱く語る奴が多いような気がする。


198 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:03:05 ID:5nnjxxrQ
>>186
同意。売れなきゃ意味ねえんだよ。アップルにもってかれた
糞ニーを見りゃ分かる。




207 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:04:41 ID:1pQHNcr3
>>186
日本の技術力を過信などは無用なこと。
日本は、ただ愚直に、需要を見定めて物づくりをすれば良いということ。
それで成り立つ以上のことは、求めなくてもいいだろう。


187 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:00:43 ID:w/I0RIRc
破綻した企業が会社更生法や民事再生法で営業続けさせるのはやめろよ
それでなくても供給過剰なのが問題なのに
破綻して身軽になった企業が破綻せず踏みとどまってる企業より有利なんておかしいよ
破綻した企業は清算して供給過剰をなんとかしてほしい


190 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:01:04 ID:WY+VO3GO
消費しないのなら貯蓄税作ればいいじゃない


197 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:03:02 ID:ldFQuLqW
そもそも金融危機の直撃を受けていないという認識からして間違っている。十分被弾している。
そして、単に円安でかさ上げされていただけなのに浮かれていた輸出企業がざまぁな状態になっている。
もともと経済が弱かったところに危機が到来したのだから、もともと強かった海外に比べて落ち込みが激しいのは当然。
日本の技術力云々も、ビジネスとして収益を上げられる状態ではないし、そもそも本当に高いのかも疑問。
研究開発費へのつぎ込みが日米で天地だし、研究環境は明らかに米国の方が整っている。


199 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:03:06 ID:kGVid8Dt
結局金融がもっとも被害を及ぼしたのが製造業なんだよね。
イギリス国内でも(残っている)製造業が桁違いの下落率で
今日になって公的資金注入を決定したもんな。

今の企業は多くの内部留保を抱えているし、円高に乗じて
M&Aを世界中に展開しているので、体力あるし将来性もあるので
そう短期的に焦る必要は無かろう

日銀もCP購入を決めて企業を支える体制になってきたし、地味だけど
他国のようにとにかく注射を打ち込むような狂ったやり方ではない。


214 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:05:33 ID:gs34iKHq
雇用の流動化を言いながらまったく流動性がない件
つまり退職後に同一条件の転職可能性がまったく不十分

しかしマクロ経済学者も政策責任者も経営者も華麗に連続スルー


243 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:12:23 ID:up/YG1wn
>>214
そんなに簡単にやめて次があったら見せしめにならんだろう。


235 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:10:14 ID:Vl8gn0Ct
米国
リーマン破綻、金融機関に公的資金、ビッグ3に公的資金

日本
派遣切り、トヨタ・ソニー他が赤字

米国よりはマシだと思うけどなぁ


242 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:12:10 ID:B876iRNu
>>235
年功序列、新卒一括採用、終身雇用

この辺はやめたほうがいいね


244 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:12:30 ID:qVFIt52q
>>235
アメリカはFRBがドルを刷りまくってるから
流動性の罠が逆流すればハイパーインフレが起こるしな。
ひょっとするとアメリカがデフォルトするんじゃないかと思ってたが
アメリカの借金はドル建てだし、ハイパーインフレで借金返済するのかもね。


268 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:18:24 ID:Ixi/yRho
>>244
おもちゃのお金で返済できる、ってすごいシステムだよなあw
まあ紙幣自体がユダヤの発明らしいが


236 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:10:43 ID:UKd/fG3e
日本の需要が盛り上がらないのは日本国内の経済問題でしょ。
はっきり言えば、年寄りに金が集まり過ぎる仕組みを作ったのが失敗。
一番消費したい世代に金を渡さず消費が盛り上がるわけが無い。


238 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:10:57 ID:RKQyRfeV
外需が成功したおかげで
この先進国並みの生活レベルを維持できて膨大な社会保障費を出せるのに
内需なんかw


274 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:18:46 ID:d687w+5j
>>238
高度成長時代の頃は国内市場より圧倒的に世界市場の総所得が大きかったのだから、
日本人の貯蓄性向の高さがまさに輸出産業の投資の減資になり、
企業も安い金利で日本国内から資金を捻出でき輸出しまくった。
しかし、今や日本人の総所得は世界的に見てもかなり大きい。
当然、大きくなった国内総所得を消費に向けるようにすべきなのだ。
いつまでも貯蓄してても、投資の向かう先は無いのだ。


247 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:12:39 ID:ILkgJuiD
サブプライム→輸出不振という図式で語ってる奴が多いが違うんだよ。
輸出も急減してるが、それをずっと上回って内需が壊滅している。
だから日本が最速ペースで悪化してるんだよ


249 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:13:02 ID:KjjHAbDF
終戦の1945年が夜明け、昼過ぎのバブルを経て今は黄昏時、
これから迫る夕闇そして漆黒の長い長い夜、団塊がくたばって団塊ジュニアも死んだ後、
小さいきれいな人口ピラミッドで日本は再生する、今から50年後


250 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:13:46 ID:7uPrvZti
アメリカの企業っていつも株主からケツを引っ叩かれているから必死になって利益を獲得しようとしてるんだよね
利益も配当にジャンジャン回すから内部留保もたいしてない。だからいつも稼いでないとすぐに新でしまう。
それが間違った方向にいくとエンロンとか今回の金融危機になるんだけどさ。その分駄目なところはポシャるし、
新しいのも生まれてくる。


255 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:15:20 ID:Vl8gn0Ct
>>250
会社でかくすれば潰れずに済むらしいよ


256 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:15:31 ID:0UE88ijw
「日本企業は贅肉を落とし強靭になった」とはしゃいでいたけれど、
需要を根底から殺して足元から崩れていくこの愚かさ。


266 :名無し三等兵:2009/01/28(水) 02:17:25 ID:qzDCLSIi
>>256
外需前提であれば、その考えで正しかったんだろけどな。
外需が崩壊したら、残ったのは贅肉をそぎ落とした内需だけというのは皮肉なもの。



259 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:16:30 ID:APo7pSTt
長期的には住環境の構造変えない限り個人消費は基本変わらない。
耐久消費財を置く場所がないからだ。
車も売れないし家具も売れない。
ここ30年軽薄短小からしかヒット商品が生まれてないではないか。


271 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:18:29 ID:SO6JIP/Y
>>1
対米一辺倒だからこうなるんだよ
欧は当然、産油国や
ブラジル、それも奥地までセールスに行け!
LGもそうやってシェアのばしてきたんだぞ


273 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:18:37 ID:9TQNwQJu
>高齢化する人口と劣化する政治
これはわかる
しかし劣化する政治の元凶は憲法と官僚だ。
あのシステムでは誰が政治家になってもやれることはほとんどかわらん。


281 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:21:55 ID:t6JPXRD7
円高過ぎる為替と海外の購買意欲の落ち込みが原因
それに伴う企業業績悪化懸念でリストラ、採用手控え、減産、株安となり
一般家庭の消費マインドもおのずとネガティブになるってこったな

使ってない金を国内で盛大に回せば内需でなんとかなるのかもしれん
国の裏金を一人当たり50万ぐらい撒いたほうがよっほど
景気対策になるんじゃないか
1万や2万のはした金じゃ配る経費がかかるだけで効果もイマイチだし
なんのためにするのかわからんくらい意味ないぞ



284 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:22:26 ID:RKQyRfeV
高齢化社会にともなって
膨大にあった個人資産も急激に目減りしてるだろ
どこに消えてくのかは知らないが


290 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:23:35 ID:8nYsDsr/
ハッキリ言おう、大企業の経営者はアホだ。
バブルの記憶に脅えて、人員カット、減産に励んでいる。
大量の内部留保を守り凌ごうなどと本気で考えている。
日本は唯一金融危機の直撃を避け、企業の体力があるのに
今勝負に出なくて何時出るつもりだ??
これは戦後最大のチャンスでもあるのに、自らそれを放棄し
穴に潜ってしまった。
馬鹿なマスコミは大型台風の襲来と同じテンションで不況を煽る。
それがそのまま自分達に返って来るのにも関わらずな。

いいか、経営者どもよ!
金融危機は暗黒の10年を吹き飛ばす神風なのだ。

恐れて動かねば死ぬぞ、飛べ!飛んでから考えろ!


295 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:25:02 ID:EJ+KPOvl
>>290
野村が勝負に出て死にかけてるだろ


300 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:26:41 ID:0UE88ijw
>>290
つーかね、製造業も日本円を稼ぐ企業にならんとしょうがねえんだよ。


314 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:28:50 ID:8nYsDsr/
>>295
嵐の中を飛んでいるんだから怪我して当たり前だ。
世界のJPMやGSが同じ事をしてたら即死だった
生き残って嵐を抜けた後の野村はもう次元の違う
存在になっているだろう。
それがここ一番の勝負ってやつだ。


293 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:24:42 ID:JKdj99oW
日本は貯蓄がうごかんからお金が流れんってこと?
どうすりゃ流れるの金?


299 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:26:36 ID:qVFIt52q
>>293
政府がインフレを起こさせて貯蓄してたら
資産が目減りするようにしてやればいい。


302 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:26:46 ID:gAVH5tmE
>>293
だから単純にお金を使えばいい
個人資産1500兆円のうち15兆円消費に回ればプラス3%成長なんだって


310 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:27:51 ID:htyMIdFM
>>293
政府が金を使う
日本では経済音痴が阻止する


313 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:28:48 ID:d687w+5j
>>293
> 日本は貯蓄がうごかんからお金が流れんってこと?
> どうすりゃ流れるの金?

マイルドインフレ(正確には期待インフレが上がれば)になれば動かざるを得ない。


294 :名刺は切らしておりまして:2009/01/28(水) 02:24:51 ID:gs34iKHq
外需と内需のバランス変更を構造転換的にとらえるから話がヘンになる
景気や集積対分配の中期的な周期的変動で捉えないと


スポンサーサイト
■このサイトはブログ村のBlogランキングに参加しております■
↓ご支援の為に投票頂ければ幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR] キャッシング カードローン 比較 申込 審査
[PR] 必見!安心・オススメのカードローン・キャッシング比較サイトはこちら
[PR] クレジットカード選びの決定版!クレジットカード比較サイトはこちら

ビジネスニュース,名刺を切らしておりまして,日本経済新聞,まとめサイト,wiki,キャッシング,カードローン,金融ニュース,銀行ニュース,cashing,経済ニュース,cardloan,ローンカード,クレジットカード,闇金,サラ金,消費者金融,ニュースまとめ,2ちゃんねる,ビジネスnews+,ニュー速+,ビ+,ビジ板,biz+,ビジネス板,金融情報,闇金融,経済情報,


コメント

  1. | URL | -

    v-31そうやって日本に対する嫉妬から、過去延々と馬鹿げた的外れの日本評価を世界中に垂れ流すのに必死だった奴ら、相変わらず口だけは達者のようだが、てめえらの糞国家などは末期がんの患者同然で、第二のアイスランドになるのがもう目の前まで迫ってるんだから、そろそろ身辺整理でもしとけや。

    北海に沈んで鯨と戯れてろ、ハハハ。

    ほーらよ、プレゼントだ。とっととくたばりやがれ!そして二度と俺達の前に姿現すんじゃねーぞ、赤豚どもが。v-8v-40v-202v-37v-26

  2. | URL | -

    国民の殆どは経済の知識に乏しいから、
    マスコミが不況だ不況だってうるさいとあぁ不況なんだなって思ってしまうのだろうね。
    日本人は不況だって言われるととことん節約して消費に回す金を減らしちゃうところがあるし。
    国民気質がラテン系みたいだったらこんな状況にはなってない気がするよ。

  3. あ | URL | -

    ヘルニア再発

    日本を悲観するよりも円高を有効につかうことをかんがえようぜ。
    せっかく回ってきた恐慌だ。シャバが揺らいでる隙に世の中の屑をあぶりだそう。
    そういえば、どっか大手マスコミがとぶらしいなw。恐慌も悪いことだらけじゃないよ。
    あと、地方公務員は無駄だから事務系からバスバスコストカットしないとな。だって恐慌だしな。

  4. サンゲリア | URL | -

    不況の実感は、あまりないですね98年に正規社員で働いて、十年過ぎたけど
    同僚も世帯もちが沢山居るけど、皆良い顔しながらはたらいてるよ。
    某製粉会社の請負会社の社員だけど

  5. サンゲリア | URL | -

    ちなみに、この不況での塵芥の炙り出しは賛成ですよ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://diggindeeper.blog43.fc2.com/tb.php/709-c8823274
この記事へのトラックバック



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。