■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【経済政策】中国経済、指導部の足並みの乱れが表面化

2008年12月28日 16:33

経済政策中国経済、指導部の足並みの乱れが表面化[08/12/26]

1 :依頼587@汗かき恥かきφ ★:2008/12/27(土) 12:44:06 ID:???
  景気後退が秋から一段と加速するなかで、経済政策をめぐる党・政府内の足並みの乱れが目立ち始めている。
改革の加速をめざす胡錦濤国家主席と安定維持を最優先する温家宝首相の微妙な“温度差”が、国務院(中央政府)と
地方政府の政策対立やあつれきを生んでいる。中国では経済の悪化が権力闘争に転化することが多いだけに要注意だ。

 年初来の中国経済の減速状況は毎月の本欄で紹介してきたが、9月15日のリーマン・ブラザーズ倒産以降の失速ぶりは
まさに“つるべ落とし”だ。9月まで2ケタ増を続けた工業生産が11月には5・4%増と、1999年1月以来の低い伸びにとどまった。
D3907BB1.gif


 ■成長率5%以下に
 同月の輸出は2・2%減と7年半ぶりに減少に転じ、12月以降はさらに大幅な減少が確実視されている。発電量は9・6%減と
過去最大の減少幅を記録した。これらの統計から11月以降の経済成長は5%以下に落ち込んでいることがほぼ確実だ。

 中国では毎年2000万人以上の新規労働力が発生する。2ケタ成長でもその半分しか雇用できなかった。
社会の安定維持には最低7%の成長が必要とされるが、すでにこれを大きく下回っているもようだ。

 秋からの各地での民衆の抗議行動や暴動の激増はその表れとみることができる。政府は4兆元(約57兆円)の景気対策を発表したが、
公共事業による浮揚効果は経済発展につれて次第に低下しているだけに、決して楽観できない。

 経済の悪化は政争の火種になりやすい。1988~89年のインフレ・物不足は天安門事件の一因となり、趙紫陽総書記が失脚した。
アジア経済危機最中の99年には朱鎔基首相の辞意表明情報が流れたが、大事には至らなかった。

 ■広東省との対立
 今回は温家宝首相をめぐるさまざまの観測、憶測が絶えない。第一に汪洋・広東省党委書記との政策対立だ。胡錦濤主席の権力基盤である
共産主義青年団(共産党の青年組織)出身の汪書記は、胡主席の唱える産業高度化政策を年初から広東省で大々的に推進した。

 繊維・玩具・製靴などの労働集約型産業や非鉄金属、製陶、建材などの環境汚染型産業の淘汰(とうた)や省外移転を促し、
バイオ(生物工学)、医薬品、情報通信などのハイテク産業の育成、振興を図ろうとした。

 しかし折からの世界景気後退と重なり、広東省の中小企業倒産が激増する一方となった。同省は2700万人の出稼ぎ農民を
雇用してきただけに、失業者の急増が社会不安を招く。

>>2-に続きます


http://sankei.jp.msn.com/world/china/081226/chn0812261937003-n1.htm


2 :汗かき恥かきφ ★:2008/12/27(土) 12:45:16 ID:???
>>1の続き

 事態を憂慮した温首相は広東省に2度出向いて中小企業を支援するよう指導したものの、汪書記は「立ち遅れた企業は救えない。
広東省はわが道を行く」と公言して従わない。胡主席を“後ろ盾”にした汪書記の言動は温首相の指導力の弱さを印象付けた。

 ■農地改革で食い違い

 農地改革をめぐる胡主席と温首相の食い違いも取りざたされている。10月の党中央委員会第3回総会(3中総会)は農民の
土地請負経営権(使用権)の移転(売買や賃貸など)を認め、農業の大規模経営を促す方向を打ち出した。

 しかし胡主席が農地改革に強い意欲を示すのとは対照的に、温首相は改革支持を明言していない。それどころか重慶市が
「(土地請負経営権を元手に企業を創設する)股田制」という具体策を進めようとした際には、中止させたほどだ。

 すでに政府の強制収用などで土地を失った農民が5000万人とされる。農地の移転を促進すればこの流れに拍車がかかり、
社会不安を増幅する恐れがあるためとみられる。

 中小企業対策や農地改革問題での温首相の懸念には十分な理由・根拠があり、知識人の支持も少なくない。
しかし温首相は党・政府内での権力基盤が弱いため指導力に限界がある。加えて家族の金銭問題が取りざたされている。

 党内の保守派は温首相が自由・民主・人権などの人類の普遍的価値を認め、政治改革に積極姿勢を示していることに反発を強めている。
経済は温首相の責任分野なだけに、景気悪化がさらに進んだ場合の去就が早くも取りざたされている。

<以上>


4 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 12:47:02 ID:pj5CuroH
中国もいよいよ高度経済成長が終わったな
日本と比べるとかなり中途半端な水準のまま安定成長時代,そして高齢化に入るのか
かわいそうに


5 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 12:50:15 ID:e4/RYtnp
>>4
日本の時と比べると
韓国も中国もなんか微妙だよね
韓国なんか一回破産してるし

日本はラッキーだったのか実力があったのか


20 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 13:01:26 ID:Sn+vf/ba
>>5
社会を構成する民族(人間)の性質が基本的に違っているから、どうしても頭打ちになっちまうのさ。
民度が低いから手っ取り早く儲ける事が出来るコピー商品にばかり手を出す。
じっくりと金と時間と手間が掛かる新規開発なんてのは彼らにとっては皆無。
折角それをしても先進国なら権利もある程度保障され、先行者利益が見込めるからベンチャーも
育ちやすいけど、連中の場合それらの新規産業の芽を自らの民度でぶっ潰してしまっているからな。

何時までたっても先進国のモノマネに終始する国。 そりゃ何時まで経っても追いつけないわさw


59 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:26:47 ID:XOuY+BCk
>>4
中国の成長は始まったばかりだよ。
今回は日本でいうところの鍋底不況みたいなもの。
日本の場合と同じようにその後に飛躍がある。
そこで中国は日本を完全に抜き去り世界の超大国として確立する。


63 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:31:57 ID:pj5CuroH
>>59
何をわけのわからんことを
飛躍といっても,自動車や家電製品が普及し高速道路つくり鉄道つくり,
もう8割がた開発は終わってしまったのだから


68 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:35:54 ID:s+fbHvyp
>>59
欧米への輸出のおかげで儲けてたんだろ?
欧米が買ってくれなきゃどうしようもないだろ。
内需?1億人の内需で貧しい12億人を支えられるのか?


97 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 15:50:18 ID:bqYK67+P
>>59
金が沸いて出てくるとでも思ってるのかね。お笑い種だw
中国の問題は人口が多すぎることにある。

資金はいまや貿易によって海外からかき集めてくるしかなく、
世界経済が堅調に発展してくれることがその前提として存在する。

人民元を切り上げればよいとかいう問題じゃないんだよ。その為の経済力が
中国にはまだ足りなさ過ぎる。せめて今の3倍近いGDPが必要。もちろんPPP換算でなくてね。
この根拠は単純に日本の約40年前の一人頭GDPの水準を適用したもの。

ただし世界経済が数年内に息を吹き返し、ここ10年のような成長を繰り返すというなら
中国に輝ける未来はある。

そうでなければ国家政策として敢えて国を分割し、管理責任のある人口を強制的に
減らすことでも強い成長を続けることが出来るかもしれない。戦争するよりはそちらの
道を選ぶだろう





7 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 12:52:06 ID:rTNMTysP
中国も角栄や自民党のやり方を真似しているつもりだったのかもしれんが、
民主主義を導入しないとただの腐敗、利権主義だからなぁ


9 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 12:54:02 ID:+PjFDDrB
だれか2025年には
中国はGDP今の10倍になるとか
言ってなかったか?
なんだかなあ、、、


123 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 17:41:29 ID:z09fhY3r
>>9
まー、日本もバブルのときは「来年の日経平均は8万円」
とか言われてたからw
ちなみに、言ったのはアメリカの誇るGS


124 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 17:43:55 ID:f3xoc9vD
>>123
ちょっと前は原油が170ドル行くって言ってたぞ>GS



もちろん、原油が140ドルを超えた頃な。
そこから一気に雪崩れて、今37ドル付近。
さすがだなw


127 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 17:47:03 ID:YPHIRzki
>>124
あれ?
俺はGSが年内200ドルって言ってたと覚えてるけど
まだ3営業日あるし200ドルになる可能性あるよね


12 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 12:54:38 ID:dkXcVKsx
マイナス成長の国が増える中、7%超の成長率なんだからさ・・・

突っ込む場所が違うだろ


14 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 12:56:29 ID:pj5CuroH
>>12
だから5%以下は確実だって書いてあるでしょうが
中共の発表をそのまま信じるアホがいるか


30 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 13:20:24 ID:Kg7Gcevk
>>12
そもそも、いまの経済成長を実現してた中国の裕福層なんて
半数どころの騒ぎじゃないくらい低い。
農村なんて未だに年収を日本円で1万円に満たない地域も多い。
現在の経済規模からの7%成長じゃマイナスが大きすぎて、
実質マイナス成長なのだよ


81 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:54:12 ID:Ntqs7OQl
>>14
金利考えたら既に実質成長率マイナスになってる可能性すらあるけどな。


17 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 12:57:25 ID:C6dgrhkb
>発電量は9・6%減

ここは聞き捨てならんな、これが実際の経済動向でしょう。
つまり下半期はゼロ成長付近とw


71 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:41:43 ID:Ny0Z52Yv
>>17
1年で電力消費効率を17%ほど向上させたんだな。きっと。


23 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 13:01:48 ID:9Qa0I60s
こうした状況を陰で見ている毛沢東派。
中国の大混乱がもうすぐそこ。


25 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 13:04:30 ID:QGGblu4V
温派と故派で中国二つに割ればいいじゃん。でかすぎるんだよ。


26 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 13:06:51 ID:+PjFDDrB
共産管理社会じゃ自由な競争が出来ないから
まあ、いくら共産党が号令掛けて
引っ張っても成長は見えてるけどな、
自由の無い社会には自由な発想の発明は産まれないよ
命令されて動くだけのロボットに
自発的成長はない、共産思想と矛盾したことやってるよ、中国は


28 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 13:14:05 ID:rIVbpU9W
まぁ、まだちょっと分からんね
大雑把に言えば世界の下請工場として伸びてきた
当面はそのスタンスでの伸びがどこまで続くかだろう
中国なんてこれまでも高付加価値産業でそう伸びてたわけじゃないし
そっちのコンテキストで語るのはちょっとおかしい
逆にそういう競争が出来るようになったら、そりゃもうとんでもない経済大国になる


31 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 13:24:31 ID:MMYUG6FR
いまはライバル国も多いし技術も高度だし大変だわな


102 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 16:36:56 ID:hXKi0Vgu
>>31

水問題と電力不足問題、外資流出、対外債務の急増がとどめw

この4つがある限り、中国は没落していく。






32 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 13:25:14 ID:VCRE9C5y
俺が死ぬまでに中国の分裂が始まりますようにア~メン


34 :因幡の白兎 ◆3.61668012 :2008/12/27(土) 13:34:13 ID:ITBrR4h8
>>32
よく中国分裂すればいいと思ってる人よくいるけど、戦国時代みたいな分裂はありえない。
極めて一部の中国人(上海人など)以外に得する人はいない。

五万歩ゆずって、仮に分裂したとしたら、
それは核ミサイルと陸走戦車で武装した超DQNで
経済的にも極めて不安定な国家が6つも7つもできるってことで、
すなわち世界の終わりの始まり。


33 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 13:27:58 ID:pj5CuroH
日本で言うとオイルショック時,
韓国だとオリンピックバブル崩壊時とほぼ同じ状況なのだろうな


36 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 13:37:20 ID:5E9cqyFP



53 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:12:14 ID:bRKE1t6p
>>36
その区分で新三国志時代幕開け


38 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 13:39:28 ID:O7PxHJDz

急成長ありきで資金需要もウナギのぼり、そこえ急激なブレーキ。
ジャンボなら離陸途中で失速したような感じじゃないの?

中国国内だけならともかく、世界同時不況による世界経済萎縮。
世界中を見渡しても物が売れない。
急加速中の急ブレーキは、何か悲惨な香りがする。


40 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 13:42:27 ID:0SrCcs9e
一人っ子政策なのに人口が増えてるんだな


41 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 13:44:30 ID:57d9HBIV
土地の売買認めるだけで、かなりの経済効果が見込めると思うが。


43 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 13:52:53 ID:CQCd7xvY
この人口で一カ国に収まってるのが無理な話

三ヶ国に分断しても まだ少ない


45 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:00:28 ID:rbte1/eF
>>43
三分割案は雨の戦略レポートにも有るが
中国の注意点は軍区によって宗教的温度差がある事と
沿海州と内陸部の経済格差が酷い事だよ。
まず内陸部の貧民が1000ヶ所以上で暴動を起こしている訳だが
強権で押さえ込んでいる現状に指導部がいつまでもつか見ものだよw




44 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 13:58:50 ID:0EtiIwiq
党内の保守派は温首相が自由・民主・人権などの人類の普遍的価値を認め、政治改革に積極姿勢を示していることに反発を強めている。


46 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:00:42 ID:Fs/9RM04
今の体制の限界が近づいてるってことかな。
温家宝は少しずつ民主化に向かおうってことか!?
それにしても中国は外交には強いが内政問題には弱い歴史を繰り返すのかな。
民主主義を知らない国が民主化できるとは思えない。革命でも起こさないと。


47 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:03:43 ID:tCkaynSW
内陸部の格差は2005年頃から
物流を止めることで顕著になったからな。

内陸への輸送費が出ないんだって。

本当はこのころからすでに崩壊していたともいえる。


51 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:09:48 ID:VzNDiYzv
ただ国がでかすぎるのか、先進的なのは極一部なんだよな
地方行くと相変わらずの暮らしだしさ

ここまで地方と都市部の差がついちゃうと同じ国とは思えないし
これから苦労するんじゃねーの?w

中国人に聞いた話だと
上海、北京の1ヶ月の駐車場代=地方農民の年収の3~5倍
こんなの長く続く訳ないし内乱起こるんじゃないかな・・・


55 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:17:57 ID:VjbJfBEQ
>>51
六本木ヒルズでいまインドの現代アート展みたいのやっているけど、
1ルピーで死んだ少女の話を書いた用紙と1ルピーで電話が利用できますよという広告を
対比させた作品があったな。

中央と地方の貧富の差かぁ。



56 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:19:09 ID:ZPzBVeUx
ロシアも日本車輸入禁止とか、保護貿易化の流れになってるよな。
中共は、文革の内紛をよく知ってるから、そうひどいことにはならないのだろうけど、
コピーばっかりせずに、技術を磨いて先進国が認めるようなものが出てきて、
保護貿易主義をやめなければ中国は永久に発展しない。


64 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:32:18 ID:iHGR3w5w
支那人が得意とする低価格のタオル作り・靴つくり・その他雑貨品が
主力で良いじゃない 細かいこと考えるのは出来ないだろうし
中国ブランドなんて「安かろう危なかろう」であり
ある意味、贈り物としてもらっても屑篭に放り込むくらいの価値しか無いんだから


66 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:34:09 ID:isfg0HB8
>>64
正直、衣料品とかベトナム製に戻って欲しい


67 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:35:34 ID:7EoDUOTN
>>64
経済成長すれば人件費は上がる(実際に上がってる)。
人件費が上がれば自慢の低価格も難しくなる。

彼らとしては焼き畑式に工場を内陸部に移転して欲しいだろうけど
そうしたら輸送コストがかかって外資に美味しくないからね。


69 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:37:37 ID:vyxV/Sek
国が大きいからアメリカみたいに移民を受け入れないと
発展しない。



73 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:44:42 ID:hXKi0Vgu
>>69
広州界隈行ったら分かるだろうが、もう、アフリカ人街が普通にあるくらい、外国人労働者も入れてるよ。
黒人がゴロゴロいるよ。
でも、ダメだったんだよ、中国w


72 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:43:41 ID:2RvYOjlj
環境汚染型産業の淘汰氏との対立が激化したのか。


74 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:46:06 ID:67PzcYML
足並みが乱れるって、最初から足並みなんてそろっていないだろ。
中国人は自分の事しか考えない、自分さえ良ければ周りの人の事なんて知ったこっちゃないからな。
約束も平気でやぶるから外資が撤退するんだよ。



75 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:47:50 ID:f3xoc9vD
やっぱり孔明は偉大だな。
ここは天下三分の計しかないだろ。


76 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:48:31 ID:pWzEdz5j
まさに天安門事件前夜ですね。 確か来年は天安門事件から20周年…歴史は繰り返されるのか。


77 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:51:06 ID:5wfhlGWM
中国分裂するのはいいけど、沿岸部の連中だけはある程度無事で残っててくれないと
日本としても旨味が無くなるわな


78 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 14:53:26 ID:dsTbnH5T

内陸部は北朝鮮と同じ


136 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 18:28:21 ID:I5bQd52B
>>78
日本すごいなw
東京だけでイギリス一国の消費電力ってだけの事はあるな


85 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 15:04:26 ID:+xE0JqPt
アメリカの中国経済学者が言ってたが、
57兆のうち、真水分は30兆ちょっとで、少なすぎるそう
GDPとか財政規模的に4年100兆円の財政出動をやれといってたな。
アメリカ政府としても、中国が財政出動しないと
マンデルフレミング効果でアメリカの財政出動効果が中国に流れるから
もっと景気対策やれといいたいんだけど、
じゃあアメ国債売ってやりますと言われるのが怖くて言い出せないらしい



86 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 15:07:49 ID:1FLlUokq
しかしまぁ あと十年以内に中国が民主化しないとすると
人類の進歩も高が知れてるね。ついでに北もまだか。


92 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 15:29:38 ID:O6t/BBTz
中国が5%成長に落ちても、日本経済は抜かれるだろう
アメを抜くかどうかはわからんが


93 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 15:42:03 ID:1FLlUokq
抜くとか抜かれるとかじゃなくて
人口が十倍以上もあるのにGDP
がどうのといってる未開の国が近
くにあったら却って居心地悪いで
しょうに。


96 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 15:47:13 ID:hcdiPBpl
ウチの会社に入ってる情報じゃ、上海周辺だけで
今年は6万社以上倒産してる。
しかも、倒産件数は増加中。
日本を抜く前に三国志が始まるでしょ。


98 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 15:57:13 ID:vyxV/Sek
なんでも中国は出した数字にマイナス10%がほんとのとこらしいよ。



100 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 16:04:59 ID:QBT73Whe
なんで日本だけ比較的、金融危機の傷が浅いんだ?

中国や韓国やイギリス(全部反日国家)は大打撃受けてるのに。


117 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 17:29:12 ID:544GUKD9
>>100
ずっと不況だったんで日本は金融機関がサブプライムに
ほとんど投資してない世界唯一の国に。
だからダメージが少ない。

また経済が不況シフトなんで弾けるバブルがあんまり無い。

ダメージがでかいのは、この10年間マネーゲームで
好況だった国。
下朝鮮は思いっきりアメリカのサブプライム市場に突っ込んでた。
シナは内実のあまり無いバブルに欧米の不況が直撃、
物を作っても売れなくなって倒産が続出。
イギリスも実態の無い金融だけの好況をこの10年楽しんでた、地価は超バブル。



103 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 16:39:30 ID:/JtNmHKN
急いで日本の首相に靖国参拝してもらいたいだろうね中国はw


105 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 16:51:50 ID:5wfhlGWM
>>103
クリスチャンの麻生じゃインパクト弱いから
ここはぜひにも小沢先生に靖国参拝してもらいたいのでは??ww


104 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 16:44:42 ID:tN+keeAh
今回は反日に摩り替える意味があまりないような
商品を売りたいんだったら逆に媚びないと


110 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 17:18:56 ID:dsTbnH5T
今や紙切れと化した金融派生商品に突っ込んだ総額
欧州 300兆円
米国 100兆円
日本 0.3兆円

そら超円高にもなるわ


114 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 17:24:35 ID:hXKi0Vgu
>>110

欧州って、対外債務も元から韓国以上だし、通貨暴落で債務激増だしなw
お先真っ暗


115 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 17:27:14 ID:dsTbnH5T
このスレ的に問題なのは中国もこのディリバティブに洒落にならないぐらい突っ込んでることだな。
外貨準備高の半分以上が紙屑になってる恐れがある


131 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 18:09:39 ID:cJGsoS+U
中国経済は外需主導で、「世界の工場」とは聞こえは良いが結局は多国籍企業の低賃金生産拠点
にすぎない。だから、世界不況が来ると一巻の終わり。

既に外資を貪る中国のやり方にこりて、工場がどんどん逃げている。媚中派のトヨタでも赤字決算を
理由に、工場建設を中止してしまった(トヨタ恐るべし!)。

結局、安定成長の鍵は国民の消費主体の内需主導の先進国型の経済に変更すること。
そして、中国の問題は国民が貧しすぎること。国民に消費させようとしても、カネがない。

いくら時代が違うとはいえ、人口や国土が10分の1以下の日本が、明治維新以来、150年以上かけて
「国土の均衡発展」「教育立国」して獲得した「国民が等しく豊かである」状態を達成するには今の中国
でも100年以上かかるといっても過言ではない。

さらに、「一点豪華主義」の人民解放軍の軍備や新幹線や高層ビルを建設することよりも、はるかに
時間とカネ、情熱が求められるのが国民のレベルを向上させることだが、「大国」のメンツを大事にする
中国の指導部にとって、実は、「人民の貧困」に直面することは苦手だし最も嫌がる。



137 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 18:31:38 ID:SkCDn+2a

 「ペキン中共」vs「国務院」ってか、「与党」と「政府」が対立しているって簡単な話ではない。
「アソーさん」の背負う苦労とは比べ物にならない。ってかニホンの場合は「与党」内がただ
「バラバラ」なだけだったりする・・・・・・。
 ってか、中国は、国家の中央政府である「国務院」よりも上に「権力」が存在する。それは
「国家の方針」を全て決める存在である「ペキン中共・党中央」の「最高意思決定機関」である
胡錦濤(アサヒ新聞的よみ"フー・チンタオ")ペキン中共・党中央委員会総書記」(国家主席)
を筆頭に「ペキン中共 序列3位」の「温家宝(アサヒ新聞的よみ"ウェン・チアパオ")ペキン
中共・党中央政治局常務委員」(国務院総理=首相)も含まれる9人の常務委員で構成される
「党・中央政治局常務委員会」の存在が大きい。中央行政府のトップである国務院総理はその
メンバーの一人にしかすぎない。


144 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 18:51:25 ID:41cVj/02
[20081226 0040] NHKスペシャル アンコール 激流中国「病人大行列~13億人の医療~」 (NHK総合).ts
今見たけどよくこの格差で暴動が起こらないなと思うわ。いや起こってるか。
どうなるんだろうな支那は


151 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 19:15:10 ID:+Jbf2yFX
双方に軍閥がついて
内戦始まったら良いのに


152 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 19:15:31 ID:f3xoc9vD
>>148
金融業と保険屋が困るのが、インフレと出資者減。
でもマイルドインフレは新規産業の勃興を促し、
出資者減は実体経済への資金シフトとなる。

つまり、そいつらのポジトークばっかり聞いてると、
実体経済がおろそかになるんだよな。
そうなった結果の後始末@中国が>>1ということ。

産業に出資は必要だが、出資側の態度がでかくなると
出資側の足元が揺らいでしまうというパラドックスを抱えた賭博だよ。
金融とか保険ってのは。



156 :因幡の白兎 ◆3.61668012 :2008/12/27(土) 19:23:51 ID:ITBrR4h8
とにかく一連の胡の『強い中国』政策は勘弁して欲しいが、もう遅い。
どっかの国の首長と違って一代で上り詰めた人だけに、バカではないから、手は打つと思うが、
巨艦の舵はそう簡単には元には戻らない。
事実上の帝政だから、トップすげ替えによる政策変更も不能。
革命もありえない、デモは毎日だが、民衆と軍隊の戦闘力が違いすぎる。
さらに国民はみんな洗脳されてるから分裂もありえない。

年末から年初にかけてとんでもない数の会社が潰れ、金融危機に拍車をかけること必定。
おそらく中国経済はとんでもないダメージを受け、元に戻るには何十年もかかるだろう。



158 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 19:36:52 ID:LZOMMXwt
温家宝のほうが割とまともな人間なのかな?


168 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 19:56:43 ID:cJGsoS+U
今、中国が考えているのは、「海亀族(中国に地縁・血縁を持ったまま華僑として移住する人々)」を
日本に大量に送り込むこと。

日本にとっては言い面の皮だが、日本で稼いで、労働者なら送金、成功者なら大陸に投資させる。

先進国で国際国家の日本でチベットみたいなことをするのはさすがには無理だが、ひょっとしたら、
経済と政治の実権を握って、シンガポール、マレーシアみたいにしたいとは企んでると思う(油断大敵)。


186 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 20:44:01 ID:sd9oubvr
日本でこんな報道なら
中国内の状況って既にリアル北斗の拳か?


187 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 20:48:16 ID:fGSDaNpi
>>186
南部の方は洒落にならんと、中国帰りのビジネスマンにこの間聞いたばかりだ。


196 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 22:05:15 ID:RusONWy3
中国経済に陰りが見えた途端、ハリウッドが露骨に中国人を悪役として扱い始めたのはワロタ


203 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 22:24:36 ID:f3xoc9vD
海破北京在   上海破れて北京あり
天高底値深   上値高ければ底値深し
感時黍濺累   時に感じてはトウモロコシにも関心を濺ぎ
恨美越驚心   アメリカサブプライム問題を恨んではベトナムにも心を驚かす
落火不知底   下落は何処まで
家証低損金   家も株も失ってしまった
白頭掻更短   白頭 掻けば更に短く
渾欲必勝金   なあに、こんどは金相場で必ず勝つ



204 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 22:29:10 ID:pA2ppqZC
しかし、中国が内紛を繰り返せば、挙句の果ては軍部が力を持つ。
軍部の経済政策とは、日本の対中援助強要だろう。
そういう覚悟はもっておいたほうがいい。
何も、中国の「穏健派」を立てろと言ってるわけではないが。


205 :名刺は切らしておりまして:2008/12/27(土) 22:37:09 ID:41cVj/02
軍事政権ってだいたい物資切れて自滅するのがオチだろ


223 :名刺は切らしておりまして:2008/12/28(日) 13:11:02 ID:lKmUXYPG
日本企業の排斥がかなり前から始まってるからマスゴミに踊らされて進出した企業は
みぐるみ剥がされ状態。
とうのマスゴミは手の平返して知らぬ存ぜぬの痴呆症。


スポンサーサイト
■このサイトはブログ村のBlogランキングに参加しております■
↓ご支援の為に投票頂ければ幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR] キャッシング カードローン 比較 申込 審査
[PR] 必見!安心・オススメのカードローン・キャッシング比較サイトはこちら
[PR] クレジットカード選びの決定版!クレジットカード比較サイトはこちら

ビジネスニュース,名刺を切らしておりまして,日本経済新聞,まとめサイト,wiki,キャッシング,カードローン,金融ニュース,銀行ニュース,cashing,経済ニュース,cardloan,ローンカード,クレジットカード,闇金,サラ金,消費者金融,ニュースまとめ,2ちゃんねる,ビジネスnews+,ニュー速+,ビ+,ビジ板,biz+,ビジネス板,金融情報,闇金融,経済情報,


コメント

  1. yutakarlson | URL | .BcbyNME

    ■厳冬の中国経済-中国は本当の共産主義を実践すべきだった?

    こんにちは。中国経済本当の厳冬期に入ったようです。それにしても、現状では格差があまりに大き過ぎるため、いわゆる一般庶民(もう日本ではいなくなりました)が大変になると思います。こうしたことを見るにつけ、改革・開放の道筋は誤っていたと思わざるを得ません。30年前に小平氏が日本にやってきて、日本の経済の実力をまざまざとみせつけられたようですが、実はそのころの日本は、純粋な共産主義といってもいいくらいの社会・経済を構築していたということが見逃されたと思います。中国は、日本型共産主義を参考にすべきだったと思います。しかし、これからでも遅くはありません。来年からの中国の動きに期待したいです。詳細は是非私のブログをご覧になってください。良いお年をお迎えください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://diggindeeper.blog43.fc2.com/tb.php/674-ad8b8e1c
この記事へのトラックバック



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。