■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【金融/銀行】惨憺たる3メガバンク決算 株式持ち合いで損失拡大 自己資本比率規制に抵触の恐れ

2008年11月24日 12:33

【金融/銀行】惨憺たる3メガバンク決算 株式持ち合いで損失拡大 自己資本比率規制に抵触の恐れ[11/20]

1 :昼行燈φ ★:2008/11/23(日) 21:06:10 ID:???
惨憺たる3メガバンク決算、保有株式下落で増資へ

10月末、三つのメガバンクグループが相次いで今期業績見通しを下方修正した。
市場運用や投資信託の販売手数料などが低迷し、銀行の本業の利益を表す業務純益が減退。
さらに、景気後退による与信関係費用(不良債権処理費用)の増加と、株式減損処理の拡大が響いた。

今年度の上期、三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下MUFG)は傘下2行合算で与信関係費用2450億円、株式償却1400億円が発生。
みずほフィナンシャルグループ(以下みずほFG)も傘下3行で与信費用1300億円、有価証券減損で1400億円を計上した。
三井住友フィナンシャルグループ(以下SMFG)も与信関係費用2200億円、株式償却220億円が発生した。
その結果、MUFGの上期純益は前年同期比61・0%減の1000億円に縮小。みずほFGとSMFGも大幅な減額を迫られた。そろって通期見通しも修正したが、再度の減額もありうる。

株式持ち合いがネック

邦銀は欧米銀行と比べて、サブプライム関連の損失は少ない。しかし株式の持ち合いがアキレス腱となっている。
1990年代の不良債権問題から続く2003年春までの株価下落で、各銀行とも保有株の怖さを思い知り、減らしたはずだった。
しかしその後、再び増加局面があった。融資競争が激しい中、株式を保有していることが融資にプラスに働くため、政策投資株を減らせなかったのだ。
会社法改正の前後には、買収防衛策として事業会社から保有を頼まれる場面も多かった。

9月末時点では株式評価損益はプラスと見られるが、12月末と来年3月末で日経平均株価が8000円台となれば、MUFG、みずほFGは微妙だ。
株式評価益の減少は、銀行の資本規制上の自己資本比率を引き下げる。評価損の状態ともなれば、Tierl(中核的自己資本)比率が下がってしまう。

こうした状況に立ち至り、MUFGはコストの高い9900億円の資本調達を余儀なくされた。
うち、3900億円は生保など機関投資家からの優先株調達でメドがついているが、6000億円の公募はいつ実行できるかはっきりしない。
アコムの連結子会社化へ約1530億円、米ユニオンバンカルの完全子会社化で約3500億円、
米モルガン・スタンレーへの出資で9000億円という巨額投資により収益の上積みを狙う一方で、希薄化を招く増資。
これが報道されるやMUFGの株価は一段と下げた。

みずほFGやSMFGも増資はしておきたい局面。荒れ相場でコストがハネ上がる中で、調達を迫られる悪循環に再び陥っている。

http://www.toyokeizai.net/business/industrial/detail/AC/fc12574fd2c585724115a3fb674548f1/
200808150009o1.jpg


関連:【投資】金融危機による株価急落、一般企業の含み損は7兆円 持ち合い拡大が傷口広げる…10月末時点[08/11/23]



4 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 21:10:12 ID:2jBAqO/a
株式持ちあいはやめるんじゃなかったのか?

なんで前回の不景気の時に、日銀や国は銀行から株式を優先的に買い上げてやったの?
なんでわざわざまた株式買ってるの?

ばかなの?
あほなの?
戦犯なの?


5 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 21:10:50 ID:6IwYYaMg
時価に頼る馬鹿に救いは無い。


9 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 21:13:06 ID:rN1ZqW5n
日本の企業は株式持ち合いが大好き。いくらダイエットしても
すぐにリバウンドで肥満してしまう人と同じ。



12 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 21:13:39 ID:MerXMwSp
また税金で救済されるのか
今は世界的に流行っているから誰も文句を言うまい


31 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 21:35:27 ID:4nU+QGHb
>>12
これらの銀行が潰れることと日本経済の崩壊は同義。
もしも破綻する可能性があるのであれば有無を言わさず即時税金投入か半国有化。
で、同時に責任を問えばよいだけ。

前回の日本バブル時、税金、年金、健康保険、労組費等々、何の努力もなく金が集まってくる
ところは全部バブルで踊り狂ってた。
でも、それが崩壊したとき、政府・官僚の軟着陸政策のために誰も責任を取らなかった。
ずるずると徒々時間を稼ぎ、真実を語らず、未来に借金を押し付け、唯ひたすら逃げただけ。

これ以上、日本国のモラルを崩壊させてはならない。



14 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 21:16:52 ID:NLYscUc1
むしろこの程度で済んでいることが奇跡的


18 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 21:19:07 ID:XuEk1h8L
メガの時代は終わった
これからは地銀の時代?
大手都銀は縮小される一途だろう



24 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 21:28:05 ID:DYSBO0bk
>>18
地銀てw


22 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 21:23:25 ID:YmgFFBmf
他スレにもあったけど、時価会計やめろよ。
売る気の無い株の株価なんて意味無いだろ。

逆に、大して収益が出てなかったり大赤字だったりするのに、
それが表に出ないこともあるんだろ。


30 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 21:34:59 ID:LY61M6g4
揃って貸し渋りして銀行株を買い支え
で、決算は赤字でした、か…

何も考えてない、考えてないよ銀行


32 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 21:36:42 ID:852WPVWx
銀行マンは給与へらせ、今回も税金投入とかありえねーし。


33 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 21:37:08 ID:Azx10dnL
BIS規制

世界の金融会社ルール守ってる?


36 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 21:40:20 ID:i5k0G/rD
>>33
白人の都合のいいようにBIS規制はころころ変わるからな・・
守るだけ損なんだよな


38 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 21:41:58 ID:jMJ4xQ9x
また税金投入かw
こんだけでかいと簡単に潰せないし、投入後は分割でもして足切りしたほうがいいんじゃねーの


39 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 21:43:50 ID:uDgLVzRD
なんだなんだ預金封鎖か?国有化か?公的資金投入は絶対すんなよ


41 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 21:47:55 ID:LUbW/8Co
前の分が終わるとまた税金投入ですか


43 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 21:53:17 ID:CtMS57mx
今の今までバブルのツケよと低金利で我慢してやったのに、また仕出かしおって!!


45 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 21:55:14 ID:YmgFFBmf
自己資本比率規制なんて、もうどうでもいいじゃん。
いまや世界中ルールなんて完全無視だろ。
今の日本は、元寇を前に一対一の勝負を挑む鎌倉武士のようなもん。

銀行は、今持っている金で好きなようにやれよ。


46 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 21:57:53 ID:fNMKlCKn
サブプライム危機始まって以降アメリカ式の経済たたきまくって日本式経営マンセーしてた結果がコレだよ


51 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 22:00:59 ID:3CxZwryS
持ち合いしてるからこそ増資も出来るのに何言ってるんだろう。

たぶん持ち合いしてなかったら
「米国式経営を取り入れ、株主の言うがままに株式の持ち合いを解消したことで金融機関や生保間の結びつき
がなくなり、資金調達も困難となった。」

とか言ってそうだ。

持ち合いしてないで増資引き受けたら株価下がった瞬間に株主代表訴訟起こされ兼ねないけど
持ち合いしている状況だとあくまで保有資産の救済という名目が出来る。

日本企業を積極的に潰したいならともかく、今回は持ち合いで救われたケースだろ。
まぁ時価会計が厳しすぎるところもあるが。


53 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 22:02:35 ID:MspjomuU
>自己資本比率規制に抵触の恐れ

その規制って今でも何か意味あるのか?


58 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 22:13:09 ID:24EXhVSA
>>53 米国から押し付けられたBIS規制
国内決済BK4% 国外8%以上
国外決済BMが自己資本比率4%でよいなら
極端にいえば、倍 貸し出しが出来る。
それに未達な場合は 貸しはがすんだよ




59 :はじめまして:2008/11/23(日) 22:25:07 ID:fpsT8CRN
>>53
その規制を主導した連中こそ,今がたがたになっていますよね。


61 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 22:28:26 ID:CtMS57mx
二度目で反省もせずに、またバブルに飛びついたんだよな。そして体力回復のために低金利政策・・・
反省も学習能力もないようなら。潰せばいいじゃん。もういらんわ。こんな貧乏神。


62 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 22:28:58 ID:opcYyJUx
しかし、サブプライムなんて天災みたいなものじゃないか。
バブルの時とは訳が違う。
銀行がミスしたわけじゃないだろ。


63 :肉棒さん@お口いっぱい ◆/7UDmaPUeY :2008/11/23(日) 22:29:03 ID:X2xmdWZb
終身雇用と株の持合いが
日本の強さの源泉だったのに
それをアメリカが外圧で葬ったと
報ステ古舘あたりがホザいてたけど、
硬直した時代遅れの日本の典型だのと
散々批判しまくって煽り倒したのは
ニュースステーションの久米だったな。

今じゃ欧米がテメェで引き上げた自己資本比率やら
引き下げ検討したり、時価会計を凍結しとるわけだが、
東洋経済はちゃんと風を読んで報道しとるのか?
欧米はすぐに自己都合でルールを変更するんだぞ?


74 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 22:49:22 ID:4nU+QGHb
憎しみに駆られてはいけない。
税金を投入し、責任を問えば良いだけの話。
監視機関の設立、現経営陣の刷新、徹底的なリストラ等々。


94 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 23:19:58 ID:hzYzMo1n
>>74
> 税金を投入し、責任を問えば良いだけの話。
それが日本とアメリカの大きな違い。 バブルが弾けた後の日本では実質的に
だれも責任をとっていない。 太平洋戦争の責任も日本人は真剣に検討していない。
国民性なのかも知れんが、2度あることは3度以上ありそう。 

誰が言い出したか分からんが、メガバンクって言うよりメタボバンクって言いたい。 

ときに都市銀では、りそな銀行だけは未だ公的資金の返済が完了してなかったな。




116 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 00:00:39 ID:2jBAqO/a
>>94
>それが日本とアメリカの大きな違い。 バブルが弾けた後の日本では実質的に
>だれも責任をとっていない。 太平洋戦争の責任も日本人は真剣に検討していない。
>国民性なのかも知れんが、2度あることは3度以上ありそう。

経営陣に責任をとらせるのは株主の役目だよ。
国は優先株(議決権なし)の出資しかしてないから、銀行の経営陣に対して責任を問うことはできない。
まぁ道義的にはできるかもしれないが、法的には国に何の権利もないに等しい。

本来なら経営陣に物申すはずの株主だが、実はメガバンクの株主の多くは相互に株式を持ち合っている金融機関や事業会社だらけ。
なので取締役の責任問題に発展しない。

翻ってアメリカだ。
アメリカの場合、まず絶対に株式の持ち合いなんて許されない。
少なくとも企業統治を危うくするような行為をやったら賠償責任モノだから、取締役はそんなことをしようと考えすらしないだろう。
だから、業績が悪くなれば株主に追い出される。
これがアメリカ流責任のとり方、とらされ方だ。


つまり、何が問題かっていうと、
企業統治を危うくするような「株式持ちあい」こそが問題なのだ。
これを解決しなければ、日本では結局誰も責任をとることはないのだ。


129 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 00:13:37 ID:gIqX5uJ0
>>116
もともと我が国の経済は財閥からスタートした面が大きいからね
戦後も、まず最初に復興したのは解体を免れた旧財閥系の銀行だし
そのために、つながりの深い企業が結びつくのも仕方ないよ
メインバンク制も関係するし

あと金融面でも戦後は人為的に金利を低く設定していた為に銀行は
あまり多くの資金を貸し出さないために(というよりも資金が恒常的に不足していた)
限られた企業にのみ貸し出していたために関連企業が中心になってしまった

そういう時代背景があるから・・・


134 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 00:21:36 ID:4WrSoKC/
>>116 なんか香ばしいのハッケーンw

今まさに現在進行形で起きてるアメリカ発の金融危機を前にして、
この期に及んで盲目的にアメリカ企業マンセーってどんだけおめでたい思考回路してたらできるだ?w(・∀・)ニヤニヤ

アメリカのコーポレートガバナンスがまともに機能してるなら
こんなサブプライム問題に端を発した金融危機なんて起こるわけないだろwm9(^д^)プギャ-


136 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 00:23:56 ID:gIqX5uJ0
>>134
米国の会計基準やコーポーレートガバナンスの国際基準神話なんて
ワールドコムやエンロンの不正会計で崩壊しとるわ


144 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 00:33:09 ID:4WrSoKC/
>>136
そういや今に始まったことじゃなかったねw

結局、そういう不正会計に経営陣を走らせるのも、
過度の株主至上主義、成果主義がもたらした弊害だろうね┐(´д`)┌


75 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 22:49:55 ID:FGb7CIxB
赤字じゃないから良しとする?


76 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2008/11/23(日) 22:50:00 ID:OokLUvC5
てか、どうせ国が面倒をみるんだから、BIS基準とか止めても良いんじゃないの?


78 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 22:51:07 ID:ke9DMDmK
メガバンクの役員は今も痛くも痒くもないぜ。
どうせ、派遣切ったり、下っ端正社員切ればいいとしか思ってないからな。
GMと同じだ。



79 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 22:52:03 ID:yj3+TGPi
しっかしこれでまた国営化銀行が生まれるような事態になるのかな
ゆうちょを民営化しといて民間は国営化とかアホかと


80 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 22:57:52 ID:3CxZwryS
>>79
今の状況でどう転ぶと国営化になるんだよw

それに日本の場合は一次国有化しても長銀みたいにさっさと外資に売り払うお。
国営化なんてしない。


85 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 23:08:49 ID:yj3+TGPi
>>80
今度はさすがにあんな担保割れ特約条項なんかつけられない
それで果たしてどこが買うのかね?
893絡みの地銀やあおぞら新生、内実はかなりヤバいだろ
今度は国営化しても当分塩漬けにしかできないと思うぞ


92 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 23:16:31 ID:3CxZwryS
>>85
国有と国営は違うんだが…
国営だと基本的に行員は公務員になるか公務員が行員をやるんだぞ。
単に株式半分持ってたら国有銀行であって国営銀行ではない。


82 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 23:02:02 ID:ke9DMDmK
公的資金、ガンガン入れてんだから実質国有化なんだがな。
まあ、結局金融機関の大きいのは国が面倒見るしかないの。
潰れたら、日本潰れちゃうでしょ。


89 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 23:13:15 ID:xiCSE8Sr
>>82
メガバンクはもう公的資金の返済終わっているよ。
こないだの金融機能強化法改正案は、地方の中小零細企業への貸し渋りを防くことが
目的だから、対象は地域金融機関だし。


91 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 23:16:29 ID:QhFNlDzJ
>>89
返済終わればいいって問題でもないんだけどね
普通の企業だと公的資金なんて受けたくても受けれないんだから
まあ今回もまたピンチになったら銀行は公的資金ってことになるだろうけど


101 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 23:33:11 ID:xiCSE8Sr
>>91
決済システムなどの公共インフラを持っている銀行は、普通の民間企業とは
同じ扱いはできないのかもね、金融庁のHPでもそう説明されているし。


84 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 23:06:41 ID:24EXhVSA
国家にたよるなよ  詐欺でも粉飾でも貸し剥がしでも
何でもして生き延びろ、でもちくられたり、ばれたりして衆目の
知るところになれば、退場です。
それが 自己責任です。 

雪印・ヒューザー・東横イン・赤福・船場吉兆・
京都の鳥インフルエンザ業者・うなぎ偽装・
ミートホープ・・・もっとあったが忘れた。

自己責任で たくさん つぶれました


86 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 23:09:01 ID:oIzBoXn3
どうせボーナス満額出るんだろ
世の中競争だ、自己責任だと煽ってる連中に限って絶対の安全地帯に
いる連中だからな、だまされちゃいけない。


87 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 23:12:29 ID:4nU+QGHb
銀行を過度に叩くと、それを理由に銀行は、一切、公的監視を伴う公的援助を受けなくなる。
これではいけない。
何かあれば有無を言わさず公的資金を投入し、責任を問うべし。


90 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 23:15:35 ID:Th5gQ/m1
未だにメガバンに公的資金が入っていると思っているなんて
どれだけ情弱なんだよ。


96 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 23:22:52 ID:4nU+QGHb
時価評価見直し等の基準緩和はやってはいけない。
この同時世界的不況化下、日本には引っ張っていくエンジンが何もない。
自動車等等が売れなくなるのは明白。
日本人は正直である、嘘をつかない、約束を守る・・・それだけが財産。


103 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 23:40:34 ID:y6SU+Cbg
メガバンの社員給与はバブル崩壊後の公的資金注入からかなり下がってるよ
弟がこのニュースのメガバンの一つで働いてるから間違いない
リストラしまくって、コストカットのために安い給料で雇用してる人間もメガバンの中にいるし

バカなのは経営陣


118 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 00:02:55 ID:KID0FZAC
>>103
みずほ銀行あたりだと2~3割減って聞いたなあ。


122 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 00:06:35 ID:3/QdwTjs
>>118
昔は、普通の行員でも、30歳で年収1000万円とか言われてたけど、
こないだプレジデントに出てるのを見たら、いちばんの出世頭でも
35歳で800万円だった。正直、ちょっと驚いた。


113 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 23:57:39 ID:wFOzZAmE
ってか、シティとかBIS規制はどうなってるんだ?
あの会社の方が怪しいだろ
もう8%はおろか4%切ってるんじゃないのか?


115 :名刺は切らしておりまして:2008/11/23(日) 23:59:56 ID:Ztx0J3uD
春の頃、持ち合いがハゲタカ外資から会社を守る手段だとか抜かすバカがいっぱいいたな

株価が下がって損出したから持ち合い解消したのに復活させるなんて学習能力は無いのか?と言ってもスルーされた


ざまぁw


117 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 00:02:06 ID:Ztx0J3uD
公務員の汚職と言っても世界的に見れば先進国の中でさえ清潔なほうだぞ。だから許されるってわけじゃないが。

もう少し外国というものを知ったほうがいいな


120 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 00:05:10 ID:56W70TXo
アメリカは株式制度と共に沈んだ国だよ。
日本は株式持合いと共に成長した国だ。
株式制度自体が間違ってるんだよ。
買収以外に使えない制度だ。


121 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 00:05:15 ID:LrD2E1W1
もう今の低い株価で会計上は認識しとけばいいだろ

下がったときのみ減損処理するってことでいいじゃん


124 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 00:07:57 ID:h/TwQACa
>>121
会計上の認識で自己資本比率決めるだろ。


126 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 00:11:42 ID:dDAV2rTM
>>124
だから今後上がっても益を認識しなければ、株価に振られにくくなる
低く見積もる分には大きな問題はないだろ


125 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 00:09:25 ID:dAnfAfLH
1~2000億円の損失で済んでるなら、世界規模でみると勝ち組じゃないのか?


127 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 00:12:20 ID:+I1YuyFt
>>125
ヒント:9月末までの倒産件数、株価とそれ以後を比較してみよ。


132 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 00:18:20 ID:5Og1P2GI
BIS規制そのものが、不安定な要素をはらんでいる。
ここで持合を解消すれば、より多くの株が市場に出回り、
買い手不在となる。


135 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 00:23:20 ID:+I1YuyFt
>>132
そういう理由で、前回の不況時には国と日銀が各銀行から保有株式を買い取ってやったんだけどなw

せっかく国や日銀が買い取ってやったのに、またぞろメガバンクは株式保有を増やしやがったw



140 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 00:28:44 ID:dDAV2rTM
>>135
まさかキャピタルゲインとか議決権狙いで保有したとか思ってる?


141 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 00:30:08 ID:IwaDm1Rn
外資に投売りにされるよりマシじゃねぇかな
だいたい日本が一番被害軽いのに無理やり批判するなよ


145 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 00:33:12 ID:i/Yl9485
確かに。メディアは批判するために、紙面を埋めるためにネタを
探してきてる感があるな。


151 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 01:10:33 ID:9DfxnmZY
銀行って公的支援がなければ、成り立たない仕事に成り下がってますよね。
①中小企業への貸出リスクは、信用保証協会モチ(信用保証協会の赤字って凄い事になってるんじゃあ?)
②モラルに問題あるサラ金の子会社化を認められている。
③超低金利で日銀より資金調達して国債を怒涛の買い。ただで儲けさせて貰ってる。
そういう政治的支援がなければ、日本の大銀行ってやっていけないんじゃないの?
アメリカのGM支援どころではない支援を日本政府はずっと銀行にしてやってるんじゃねーのかな。


156 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 01:20:04 ID:9DfxnmZY
中小企業には資金需要はありません。などときっぱりと言い放った幹部がいた銀行どこだったかな。
税金も払わずに隠れ支援を受け続ける銀行って、存在意義がホントにあるのかね。


175 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 05:29:14 ID:PcbTMrJc
損失批判しとるが

損失してない業種てあるんか?


176 :名刺は切らしておりまして:2008/11/24(月) 05:30:03 ID:lRP6yjnc
保険屋もひどいだろうね


スポンサーサイト
■このサイトはブログ村のBlogランキングに参加しております■
↓ご支援の為に投票頂ければ幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR] キャッシング カードローン 比較 申込 審査
[PR] 必見!安心・オススメのカードローン・キャッシング比較サイトはこちら
[PR] クレジットカード選びの決定版!クレジットカード比較サイトはこちら

ビジネスニュース,名刺を切らしておりまして,日本経済新聞,まとめサイト,wiki,キャッシング,カードローン,金融ニュース,銀行ニュース,cashing,経済ニュース,cardloan,ローンカード,クレジットカード,闇金,サラ金,消費者金融,ニュースまとめ,2ちゃんねる,ビジネスnews+,ニュー速+,ビ+,ビジ板,biz+,ビジネス板,金融情報,闇金融,経済情報,


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://diggindeeper.blog43.fc2.com/tb.php/624-922348b6
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。