■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三井住友銀子会社の元社員を出資法違反等の疑いで逮捕!業務外の融資を仲介

2008年09月18日 12:37

三井住友銀子会社の元社員逮捕 業務外の融資を仲介

 新潟東署は18日、金融機関社員の立場を利用し、業務とは別の融資を仲介したとして、出資法浮き貸し等の禁止)違反の疑いで、三井住友銀行の子会社「SMBCビジネスサポートの元社員を逮捕した。

 調べでは、容疑者は同社の新潟法人営業部融資担当だった昨年三月ごろ、顧客の会社社長(62)に対し、新潟県新発田市の会社社長(68)から個人的に借り入れた現金1500万円を貸し付けた疑い。
また、昨年8月ごろ、同じ新発田市の社長から会社社長(64)への現金七百万円の貸し付けを仲介した疑い。

 県警は、佐藤容疑者が不正な利益を得ていた可能性もあるとみて調べている。佐藤容疑者は3月に懲戒解雇された。
[source by MSNsankei]
401(k)_corrupt_collusion_wa.jpg

金融機関の職員がその地位を利用し、自己又は当該金融機関以外の第三者の利益を図るため、金銭の貸し付け、金銭の貸借の媒介又は債務保証をすることを「浮き貸し」といい
金融機関の信用を損なったり資金を危険に晒す行為のため、出資法により禁止されています。

三井住友銀行はそういえば、過去も同じようなことがありました。

○事例

1988年~1990年頃、住友銀行(現 三井住友銀行)の支店長がその地位を利用して、支店の顧客らに対し、ノンバンク等から借入れてその借入金をもってして、仕手筋「光進」の代表らに仕手株等を8~10割もの高い掛目で担保あるいは無担保で10億円ないし50億円という巨額の融資をするよう勧誘した。その結果、顧客らと仕手筋の会社等との間で11回にわたり金銭消費貸借契約を成立させ、銀行の業務としてではない融資の媒介をした。事件発覚後、支店長は逮捕され、その後、懲役1年6月(執行猶予3年)の刑が確定。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://diggindeeper.blog43.fc2.com/tb.php/469-b76f0271
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。