■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大手銀行、新人が増えすぎ教育間に合わず…行内に塾や学校設置。

2008年08月18日 02:26

行内に塾や学校 大手銀、大量採用で新人教育に苦心
[source by asahi.com]

 大量採用を続けるメガバンクが、「新人教育」に頭を悩ませている。各地の支店に配属し、現場で学ばせる「オン・ザ・ジョブ・トレーニング」が間に合わないためだ。金融の基礎や接客術を教える専門の学校を開いたり、塾の形式で訓練をしたり、各行とも工夫を凝らしている。



discipline550.jpg
三井住友銀行では…今まで数百人だった新人採用を今年、来年と2000人前後に増やしており従来のマンツーマンの指導では難しくなり、リテール(個人向け金融)部門の社員に向けて「SMBCリテールバンキングカレッジ」という育成学校を開いた。

同じように、来春2000以上新入社員を採用したみずほ銀行でも行内に中堅社員を教師とする「みずほ塾」を設けた。

バブル崩壊後に不良債権処理に苦しんだメガバンクは人員を大幅に絞った。それがここ2~3年は、人手不足を解消してリテール部門などの強化に乗り出そうと、新卒者の大量採用に転じている。ただ、現場では保険など新しい商品が増えて仕事は複雑になっており、新人にも量と質の両立が求められている



「仕事は支店に放り込まれ、現場で怒られながら覚えるものなのに」と中堅行員には不評らしいですが、、最近の金融業界はちょっと前とちがってシステムや商品も複雑になってきており、体系的にしっかりと身に着けてもらう為には仕方のないことかもしれませんね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://diggindeeper.blog43.fc2.com/tb.php/415-f6a09b49
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。