■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原油・原材料高騰対策として、金融機関が独自の貸付開始! [支援策]

2008年08月17日 02:56

長野県内金融機関、原油・原材料高で支援策
[source by NIKKEI]

 長野県内の金融機関が取引先企業の原油・原材料高対策の支援に乗り出している。八十二銀行は原油や資材の仕入れ資金を低利で提供する独自ローンを18日に発売する。


oil-on-water.jpg

信用金庫などは県の制度資金の利用を積極的に促しており、不足部分は一般貸付の上乗せで対応する動きもある。
原油・原材料高が中小企業の業績を圧迫するなか、金融面から経営立て直しを支援する。
 八十二銀の独自ローンは「原油・原材料高緊急対策支援資金」。18日から2009年3月末まで全店舗で取り扱う。
仕入れ価格の急騰に直面する中小企業や個人事業主を対象に運転資金を融資する。金利は年1.975%―2.375%で、「一般貸付より低く抑えた」


昨今の原油の高騰、穀物など原材料の高騰は様々な業界で広く影響を与えています…
例えばもし、ものを売っている商売のところがあって原材料があがったらそれに伴い商品の値段も上げる事が出来るところはいいですが…
そういったことが出来なず、提供の価格の引上げが著しく困難で長期的に状況の安定が見込まれているのならば一時的に融資を受けて時期を凌ぐはとても有効的な施策だといえます。

原油・原材料高騰対策の融資を行っている金融機関は多いですが
融資条件が「一時的に経営の安定に支障が生じている原因が、投機的な不動産・株式等の取引等ではないこと。」であること等が最低条件とされています。そりゃそうですな…
スポンサーサイト


コメント

  1. ひかり | URL | -

    リンクありがとうございます。これからよろしくお願いします

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://diggindeeper.blog43.fc2.com/tb.php/411-5932522f
この記事へのトラックバック



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。