■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【出版/知的財産】図書館貸し出し猶予を…小説家が巻末にお願い

2011年02月26日 13:08

出版/知的財産図書館貸し出し猶予を…小説家巻末お願い[11/02/25]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/02/25(金) 17:01:52.63 ID:???
気鋭の小説家、樋口毅宏(たけひろ)さん(39)が、25日発売の「雑司ヶ谷R.I.P.」の巻末に、
公立図書館での貸し出しを、新刊の売れ行きに影響が大きい刊行から半年間、猶予するよう求める一文を
掲載した。

図書館がベストセラーを大量購入して貸し出す現状については、複数の作家が「無料貸本屋」と
異議を唱えてきたが、作家が自著に、このような一文を載せるのは「おそらく前例がない」
(版元の新潮社)という。

樋口さんは「さらば雑司ヶ谷」で一昨年デビュー。
続編となる新作は、昨年1年の大半を執筆にあてた力作だが、定価1600円で初版6000部のため、
印税は96万円。
一方で、昨年12月刊の自著「民宿雪国」が、ある図書館で44人もの貸し出し予約が
入っていることを知り、それが今回の行動のきっかけとなった。

日本文芸家協会は、図書館の貸し出し実績に応じた補償金を著者へ払う制度の導入を国に求めているが、
実現していない。

樋口さんは
「(増刷されなければ)僕の昨年の労働の対価は、印税の96万円だけ。このままでは、皆が卵(本)を
ただでもらううち、鶏(著者)はやせ細り、死んでしまう」と話している。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20110225-OYT1T00650.htm?from=main1



図書館戦争 BOX 【初回限定生産版】 [Blu-ray]
角川映画 (2010-12-22)
売り上げランキング: 5847

3 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:04:02.32 ID:6RAGBFqQ
金儲けしたいなら本なんて書かなければいいだろ


4 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:04:53.22 ID:+1kbd7Jr
何回も読める本なら買うよ。


5 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:06:18.25 ID:b2G8YMp0
図書館に置くのは、巻末に一口100円の寄付のお願いをした方が効果があるのではないか。


7 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:10:15.72 ID:qssVtQZK
巻末なんて甘い
巻頭に書くべし!


8 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:14:07.72 ID:Bipli2gi
これ、「図書館」じゃなくて「マンガ喫茶」だったら、また周りの見方が違ってくるんだろうなぁ。


9 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:16:38.14 ID:Dr4AyHAm
刊行後10年くらいまでは「有料貸し出し」でいいんじゃないの。
無料でみたいやつは館内閲覧でざっと見、
金払ってもいいと思ったら借りる。
財政赤字だし、有料にすれば図書館にかける税金分が浮くわけだし。


10 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:19:37.55 ID:ckeVxJKa
あ、自分の本に書いたのか、漢だなあーw


11 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:20:01.97 ID:sE24D1D3
逆に図書館が買ってくれる事で助かってる出版社や作家も
大勢いると思うしむしろ多いと思う


12 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:23:59.06 ID:90yReWaz
図書館での貸し出しは著38条4項で認められている。
公衆が作品にふれる機会をただで作って貰ってるのに金しか興味無いのか。
新刊効果が無くなったらクソ本化するって自分で言ってるようなもんじゃん



13 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:24:09.92 ID:fAB22mD1
当たり前だ。図書館は書店で手に入れに本か、全集ものとかを中心にしろよ。


14 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:25:42.49 ID:6cr5/HWA
図書館で借りるような奴はもともと本なんて買わない連中だろ。
予約が入っている分、買ってもらえるように営業すればいいのに。


15 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:26:14.15 ID:ZuyyNdfl
図書館でも無ければ、読んでもらう機会が激減する作家だって多かろうに。
44人の貸出予約つったら、結構待つような気がするけど。
各館そんなに割り当てられないと思うけどね。この人の本なら1冊じゃないか?


16 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:27:00.64 ID:M79qXoU1
初回印税100万になるように価格調整してるんだから図書館は関係ないだろ

なんだよ1600円て。もっと売れるもん書けよ


20 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:31:38.84 ID:UrXmxo+s
>>16
>もっと売れるもん書け

全くその通りだよ。
売れないのが本人の実力不足じゃ無くて『図書館のせい』という
「責任転嫁」が醜いね。


17 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:28:03.47 ID:JhZmMWMm
難しい問題だねえ。
図書館が買う場合は印税半分位にするとか出来ればいいのか?



18 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:29:25.70 ID:90yReWaz
こんなクソ作家の本は半年も待ったら誰も読みもしないと思われ


24 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:34:43.06 ID:nwJD01rp
>>18
まぁ確かに出たばかりの新刊を図書館で貸し出すのはどうかと思うけどな
金払う気のない貧乏人は待ってろと言いたくもなるか

しかし44人も待ってるのかよ…
そこまでして買いたくないのか?w


19 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:31:29.60 ID:fAB22mD1
なんも難しくないよ。図書館が本来の役割に戻ればいいだけ。
新刊を大量に買って貸し出すなんて、図書館のやることでない。
あとでだれも読まなくなったら、保管するスペースが無駄になるだろ。


21 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:31:53.56 ID:9bbBX6sO
図書館で同じ本を何冊も買うという運用をすることには大きな問題があるが、
1冊を貸し出すことはそういう制度だと諦めてもらうしかない
図書館の負担=税金が上がるから賛成するやつが少なすぎる


22 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:32:43.01 ID:mpYVd7Mc
まぁ、レンタルも何ヶ月かできない期間があるんだからいいんでない?
半年は多少長いと思うが、本当に読む価値のある本だったらそれくらい経っても余裕だろう。
三ヶ月ぐらいが自分的には適当だと思うけど。


23 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:34:37.82 ID:FARby/tg
ネット時代に税金で維持する程のものでもないだろうし、いっその事廃止でいいと思うよ、図書館。
作者は図書館購入を規約で拒否れ。


28 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:41:05.87 ID:6cr5/HWA
>>23
ネットで国史大系読むのは非常につらいものがあるんだが・・・


26 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:36:56.77 ID:PT0gtYek
東野圭吾は買わないで図書館で借りるけど米澤穂信は買う

前者は私が買わなくてもみんなが買うし、後者には生き残ってほしいから


27 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:37:45.80 ID:2f0d+C8E
売れない物に価値無し
売れない物を書き、生きていけないとほざくのは如何な物かと・・・
生きていけないのなら、売れる物を書け!

誰もこの人に「小説家になって下さい」と頼んだ訳でも無かろうにw


31 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:42:36.38 ID:UrXmxo+s
>>27
>誰もこの人に「小説家になって下さい」と頼んだ訳でも無かろう

だよな。
自分の本が売れない事を『意図的に』文化の衰退と
すり替えてるのが「卑怯」だな。
三流文士が良くやる手だよ(´・ω・`)。


40 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 18:00:37.33 ID:JooVHcKL
>>27,31
只で読ませる為に書いてるんじゃない、本くらい買えよ
日本のアニメの権利をのっとったシナ人の場合でも
同じように考えるのか?


41 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 18:04:01.62 ID:UrXmxo+s
>>40
>只で読ませる為に書いてるんじゃない

厚かましいなぁ・・・
だったら『買ってもらえるような本を書け』よ!!


41 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 18:04:01.62 ID:UrXmxo+s
>>40
>只で読ませる為に書いてるんじゃない

厚かましいなぁ・・・
だったら『買ってもらえるような本を書け』よ!!


42 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 18:04:45.26 ID:1w5M2buD
>>40
図書館はれっきとした法律に則ってやってるんですが……


29 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:41:41.69 ID:1w5M2buD
勝手に死ねよ
おまえが死んだって書き手はいくらでも沸いてでるわw


30 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:41:44.91 ID:ZuyyNdfl
半年も経てばブックオフに並んでるだろ。
半年なんて期間設けたら、図書館に寄付する人も出てくるだろ。


32 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:42:37.19 ID:1hBlqRmB
>定価1600円で初版6000部のため、印税は96万円
10%か、まあまあじゃないの、6000部ってことは売れてないってことだな
ただ再版時の税率80%(五木寛之だか誰かが書いてた)は可哀想だな


33 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:42:41.76 ID:ipPpnTaN
いまどきの図書館なんてジジババの居場所
老人から税金を多く徴収して余分に著作者に金払えばOK


34 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:45:04.54 ID:EPDMo54g
>昨年の労働の対価は、印税の96万円だけ

そんなの知ったことかよ・・・
毎月一冊書けばいいだけのこと


35 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:45:07.16 ID:bI7lq2qA
こいつの本は絶対買わない


36 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:47:32.40 ID:onzRRszO
ネットや電子書籍が問題になったり注目を集め始めてるときに図書館ですか・・・
時代遅れ過ぎて何もいうことはない


38 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:54:01.15 ID:Z+RiwA2j

米国だと紙の本の出版をビジネス的に支えているのが図書館

図書館が買ってくれるので米国内でかなりの部数が上乗せされる。これがないと
でなくなる本多数。マイナーな本だけじゃなくてエンタメ系でも

まぁ図書館はあんまベストセラーとか山積み系の本はやらんでいいよと
個人的には思うけどな。確かにその手の本は貸本屋状態になりがち


192 :名刺は切らしておりまして:2011/02/26(土) 02:51:54.41 ID:2h/qHteg
>>38
あっちの国は再販制度がないから、日本よりも作家事情は厳しいと思われ。


39 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 17:55:42.50 ID:FvbIQV0Z
図書館の大量購入 → 貸し出し、これはやめた方がいいね
旬を過ぎたら誰も読まなくなり棚を圧迫、次のが入れられないから廃棄処分
税金の無駄だよ

せいぜ1、2冊程度にして2,3ヶ月は館内閲覧のみでいいと思う
雑誌の最新号は既にそうしてるところが多い


44 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 18:16:18.75 ID:GubsssH6
>>39

これはそう思う。
ひどい場合には一館に10冊ぐらいあるからな。
一冊は置くべきだろうけど。



45 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 18:18:13.82 ID:PD6aeUq+
先ず握手やサインして直接売れよ
今時、人任せで食えると思うなよ


46 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 18:22:30.70 ID:1w5M2buD
ま、文句があるなら図書館法の改定でも訴えて選挙に出てみろってこったw


47 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 18:27:50.57 ID:u8I9xCjN
図書館に小説なんて必要ないような気がするんだが。
あっても青空になってるぐらいの古いので充分だろ。


48 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 18:29:16.94 ID:c6p2NKol
国会図書館に行けば何でもあるからな・・・・


49 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 18:54:50.40 ID:+ux/Y2J5
図書館に置くなではなく
猶予期間を作ってくれってだけだから
そんなに叩くことでは無いと思うが


50 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 18:56:53.76 ID:H0eJ/bPl
図書館の現状を知らない人のために,大田区の例だけど

ネットで検索して予約できて,区内のすべての図書館の蔵書を
翌日には最寄りの図書館で借り受けることができる.借りられるのは10冊まで.

人気のある本(例えばIQ83)を予約すると,500人待ちとかになる
本は複数あるけど,順番が来るまで1年待ちくらいはザラ.
順番が来るとメールが来て1週間以内に取りに行く.行かないと次の人へ回り権利がなくなる.
借りたら2週間以内に返却する.

複数巻構成だと,後ろほど挫折する人が多いから,1・2巻がそろって回ってきたりすると
両方2週間で読み切らないとダメなので,嫁さんが苦労してる


51 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 19:01:11.33 ID:co3Dqt7m
図書館の現状を知らない人が多いな
無料貸本屋になっているとか、貧乏人はいつまでもいつまでも待っているという
半年も過ぎてからベストセラーを読んで何がうれしいのやら


52 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 19:16:40.78 ID:W/7H3HBK
そういやネットで長文を読むのってすげー苦労するけど
紙媒体で読むのはそんなに苦にならないんだよな

記者キャップ持ってた頃に一度新聞の小さいコラム欄を転載してみようとしたんだが
すげー小さい記事なのに1万バイト以上になって当たり前のように「長すぎ」って言われた
不思議で仕方が無いわ


54 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 19:24:08.02 ID:8x+2Dxd2
このスレ、馬鹿ばっかだな。
先進国で、図書館に課税していないのは日本くらいだ。
図書館利用者はタダで借りられるけど、
著者は印税(売れた印税より安いが)を受け取れる仕組みに
するのが常識だろうが。
でなけりゃ、本当に日本の著者は首括ることになる。




55 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 19:26:56.66 ID:UrXmxo+s
>>54
>日本の著者は首括ることに

『自己責任』だろうが。
何で「売れない小説家の生活保障」する必要があるんだよ(´・ω・`)?


74 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:17:38.66 ID:GubsssH6
>>54

公共図書館は税金で運営してるのに課税?
何訳のわからんこと言ってんだ?

課税されてんのは、金を取る民間図書館だろ。



56 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 19:27:47.41 ID:tGOEaTdH
図書館の貸し出しは半年待ってくれって意見は妥当だろうね。
でもまぁ、
6000部しか売れてない本は図書館の貸し出しが半年後でも部数は変わらないだろうし、
図書館の購入にタイムラグが生じるなら、
むしろ部数が減りかねないけどね。


57 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 19:29:35.11 ID:onzRRszO
世界で最も本が売れ、多様な市場を誇る日本の現実を見ないで
生活保護をねだるヤクザのようなことを言い始めた人がいますね。




58 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 19:30:03.71 ID:W/7H3HBK
印税って確か発行部数を元に算出するものであって
売上部数とは関係無いんじゃなかったっけ?


64 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 19:50:02.98 ID:FsZAfwLz
>>58
初版6000部も売るような一般向け書籍について
そういうのはあまり意味がないと思うよ。
売れ残りが出ると思ったら部数を減らせばいいわけで、
逆に言えば、6000部も刷るのはそれだけ売れる計算があると言うこと。
2000部しか売れないと予想されてるのに6000部も刷ることはない。

学術書なんかだと、売れないとわかっていても
本として最低限の部数を刷らないといけないから、
売り上げと発行部数が大きく乖離することはよくあるけど。


64 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 19:50:02.98 ID:FsZAfwLz
>>58
初版6000部も売るような一般向け書籍について
そういうのはあまり意味がないと思うよ。
売れ残りが出ると思ったら部数を減らせばいいわけで、
逆に言えば、6000部も刷るのはそれだけ売れる計算があると言うこと。
2000部しか売れないと予想されてるのに6000部も刷ることはない。

学術書なんかだと、売れないとわかっていても
本として最低限の部数を刷らないといけないから、
売り上げと発行部数が大きく乖離することはよくあるけど。


59 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 19:37:51.00 ID:hq6qziWT
図書館への販売拒否ってのできんのかな
音楽の著作権は鼻歌にさえ課税する勢いだってのに
なぜ図書は認められんのか
違いがわからん


60 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 19:43:41.11 ID:W/7H3HBK
少なくとも出版社は図書館にぜひとも買って欲しいと思ってるんじゃないかな
そりゃある程度以上売れてる人なら図書館ですぐ貸し出すのは売上が落ちるから勘弁と思うだろうけど
ほとんどの本とその著者はそんなに売れるはずも無いでしょ
そうなると図書館というのは売れない本も買ってくれる超お得意様ってことになる

何千円もする学術本なんてとても買えないからねえ・・・


61 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 19:45:34.00 ID:LDioAhSX
図書館という名の脱法行為を今すぐ禁止するべきです。
図書館員と図書館利権に しがみついている天下りどもは今すぐ全員死んでください。
(正直者が得をする社会を望む日本人全員より)


63 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 19:47:24.24 ID:3RPUTaDM
貸出猶予はいいと思う。
ベストセラーをたくさん買うより、種類をそろえてほしい。
買える本は買うから、
絶版・品切本のバックアップとして機能してくれると助かる。


65 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 19:51:08.54 ID:RymTo6zn
つか、補償金出てなかったんだ…?
出てるものとばかり思ってた


66 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 19:59:08.88 ID:onzRRszO
クレジットカードも作れないほど不安定で、派遣労働者より将来の無い三流小説家
生むような事態は避けたほうがいいと思うけどね。北朝鮮に援助するようなものだし
小説家のためODAは健全な業界の発展を阻害するよ


67 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:03:47.36 ID:qd+o73Pz
売れりゃいいだけ、とか言ってる人は
その時売れるものだけが存在すればいいと思ってるってこと?
「売れるもの」でソートされた書物だけが選択肢ってのは自分はやだけど


68 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:04:14.49 ID:re5Cys/1
書けば儲かるわけじゃない
書くだけなら誰でも出来るけど、書いて儲かるのは才能が必要ってことだね


69 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:04:40.08 ID:DBza1mYQ
自分でEPUB作れて、Amazon.co.jpで個人出品・配信出来るようになれば
Amazonの取り分2割か3割を除いて、あとは全て自己収入になるわけだし。

1冊200円で売ればいいんじゃないの。
それなら、作家の手取りはだいたい90万円程度になる。

そのくらいの金額なら、図書館で借りるより、個人的に作家を支援したいから
Amazonで買うでしょう。

1600円はボッタクリすぎ。1400円分が確実にぼったくられている。


116 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 22:05:44.71 ID:vsLnh2Tg
>>69
1年かかって書いた本で90万円しか儲からないんじゃ、結局死ぬか廃業するしかないだろ


122 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 22:20:32.81 ID:GubsssH6
>>116

ぶっちゃけ、それだけしか収入がないなら、
単なる「売れない作家」だよね。
買ってほしけりゃ面白い作品書けっての。



70 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:09:38.10 ID:lcrbnZul
本を買わないど貧乏な奴が本を盗んだり落書きしたり
図書館を仮眠場所にしてるんだよな

図書館は有料にすべき


71 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:10:58.08 ID:fCjxjYTk
売れない原因は図書館じゃないのに、何情けないこと書いてるんだ、この作家は。


73 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:11:53.27 ID:oyV2Ezp0
図書館が貸し出し止めて欲しいならと購入をしなかったら
その分だけ売り上げが落ちたりしてねw


75 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:18:22.16 ID:YmCvm0wc
他の見るだけで買わないよ


76 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:30:31.13 ID:OeGAASxW
確かに図書館で新刊を貸し出すのはおかしいな
新刊の小説なんて苦学生の役に立つわけでもないから置く必要性もまったくないだろ
むしろ新刊の参考書や専門書なんて禄にないくせにベストセラーばっかり置くとかマジでジャップの図書館はバカだな


77 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:31:35.29 ID:hq6qziWT
地域の図書館は役目を終えた


78 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:31:39.91 ID:3xdfhpCd
いや売れない原因は、あらゆる無料のものだよ。
当然図書館もそう。
都内で新刊予約なんて200件超入ってるのもあるもの。


84 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:47:19.38 ID:W/7H3HBK
>>78
結局のところ個人単位としてはお金も時間も有限なんだから
無料のものが無くなっても必ずしも有料のものには向かわないはずなんだけどね

と言ってもやっぱ新刊小説の貸し出しは意味を見出せないか
図書館の利用人数が減ると怒られるとかあるんかな?


87 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:51:15.23 ID:qc5nxmWR
>>84
「納税者のニーズを満たしてない」とクレームが入る。
図書館の評価が、貸出数を基準にされてることもある


96 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 21:02:43.82 ID:W/7H3HBK
>>87
なるほど
そうなると図書館側としても辞めるに辞められないな
ってことは図書館にお願いする以前に市民にお願いしなきゃダメってことになるかな


79 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:39:07.91 ID:R7HIwUT1
図書館戦争の始まり


80 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:40:05.12 ID:bD5IxpfJ
新刊が図書館で借りられるのがおかしい
BOOKOFFで100円の本を図書館側が購入しろ


81 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:41:26.03 ID:exgOz8ky
だが断る


83 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:46:52.19 ID:6unhr5wy
森博嗣のファンだったんだが、こいつと同じこと言い出したんで
それ以来、本も買わないし、読まないようにしてる。



85 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:48:24.65 ID:90yReWaz
金の為に書いているのか、読んで貰うために書いているのか。。
こいつの先は見えたな


86 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:49:41.72 ID:touclUxg
単行本はともかく図書館が定期購読で買い続けてくれなければ廃刊になる雑誌は多数ある



86 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:49:41.72 ID:touclUxg
単行本はともかく図書館が定期購読で買い続けてくれなければ廃刊になる雑誌は多数ある



91 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:57:27.45 ID:ThPROih3
>>86
ひとつの図書館が同じ号を毎月数十冊も買ってるの?
1号~2号だけしかかわないというなら、他の新刊も同じように
1~2冊しか買わないようにすべき。



102 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 21:12:56.45 ID:touclUxg
>>91
区内に10の図書館がありそれぞれ一冊づつ定期購読している雑誌がある。
ほかの区市町村も買っているはずなのでこれは大きい



88 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:53:45.11 ID:AlUIKUDP
たしかに図書館で無料貸し出しはおかしいね。

・新刊は、1年くらいは貸し出さない。
・図書館で同じ書籍は複数購入しない。

あたりは最低限守るべき。



89 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:54:45.15 ID:ThPROih3
学術系の本だけでいいんじゃね?
小説なんて自分で金だして買えよって思う。


90 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:55:56.78 ID:b2G8YMp0
活字離れを防止したいのか、進めたいのか、こういうスレを見ると、分からなくなる。
作家もいろいろ矛盾を抱えているんだね。


92 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:57:37.50 ID:mfUxo6cX
俺も何となく半年と言わず一年ぐらいは新刊は図書館に入れりゃ駄目だと思う


93 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 20:59:34.92 ID:j/xbVF2f
ぶっちゃけ新刊本の貸出規制しても意味ない。
ベストセラー本だと出版から3~5年経っても、
図書館によっては常時貸出待ち人数が50人越えるとかザラだから。
そういう極端な常時貸出待ち状態にならない本だと、
そもそも作家の収入に全く影響与えないだろうし。


94 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 21:00:53.23 ID:90yReWaz
金が欲しけりゃ自分でサイン会でも開いて地道にファンを増やす努力しろ
苦労すれば図書館のすばらしさが体感できるだろう


95 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 21:01:36.25 ID:r5ZnRmlv
返品された本だけにすればいいだろ。


97 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 21:03:19.30 ID:YqAuqAng
本なんか要らないし税金漬けの図書館も要らない
書きたい人と読みたい人のマスターベーションにつきあわせないで


101 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 21:12:46.53 ID:D62+myHe
これって行政サービスに文句言ってるってことでしょ
そんな簡単に翻るもんか?
つか、あとがきにこんなこと書かれたら、買いたい人間まで躊躇するんじゃねえの


105 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 21:20:51.61 ID:dCyAA3Ok
半年と言わず特許公開と同じ1年半でいいだろ。
本はデジタルデータにして保存すれば場所取らないし。
問題はそのデジタルデータを1部から製本するマッシ~ンが無いってことだけど。


202 :名刺は切らしておりまして:2011/02/26(土) 05:53:06.56 ID:r5w80B7q
>>105
都内だか神奈川でそういうマッシーンがある本屋があるよ。
一冊だけ作って売ってくれる。


106 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 21:22:00.43 ID:fAB22mD1
ちょろい本なら立ち読みですませることもできる。
税金で新刊の貸本屋やる意味まったくなし。


107 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 21:22:10.95 ID:DjEyHXZf
本来、図書館って、お願いしておいてもらったり、
自分から進んで寄贈したりするもんだと思ってた。



108 :名刺は切らしておりまして:2011/02/25(金) 21:22:32.07 ID:D62+myHe
こういうのって出版社が代弁するべきでしょ
新人だって、仮にも小説家のセンセイなんだからさ
貧乏臭く思われたら誰も本買ってくれないよ


スポンサーサイト
■このサイトはブログ村のBlogランキングに参加しております■
↓ご支援の為に投票頂ければ幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR] キャッシング カードローン 比較 申込 審査
[PR] 必見!安心・オススメのカードローン・キャッシング比較サイトはこちら
[PR] クレジットカード選びの決定版!クレジットカード比較サイトはこちら

ビジネスニュース,名刺を切らしておりまして,日本経済新聞,まとめサイト,wiki,キャッシング,カードローン,金融ニュース,銀行ニュース,cashing,経済ニュース,cardloan,ローンカード,クレジットカード,闇金,サラ金,消費者金融,ニュースまとめ,2ちゃんねる,ビジネスnews+,ニュー速+,ビ+,ビジ板,biz+,ビジネス板,金融情報,闇金融,経済情報,


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://diggindeeper.blog43.fc2.com/tb.php/1774-72c010c7
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。