■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コラム】日本国債格下げ、「日本は“必ず”破綻する」に根拠は無い

2011年02月05日 15:25

コラム日本国債格下げ、「日本は“必ず”破綻する」に根拠は無い[11/02/04]

1 :JD@かしゆかさんφ ★:2011/02/05(土) 08:30:34 ID:???
皆さんもご存知のようにS&Pの日本国債格付けが下がったことで、日本の公的債務残高に対して再び注目が
集まっている。気になるのは「1000兆円の借金など返せるわけが無い、日本は既に実質破綻している」
という扇情的な言説がよくみられることだ。国家が破綻する過程は複雑で、破綻するかどうかというのは
それほど単純な話ではない。よく言われることだが、日本の累積公的債務は先進国中でも最悪レベルだ。



国の経済規模の2倍近くまで公的債務がつみあがったら悲観的になるのも当然である。しかし、例えば
現在深刻な財政危機に苦しむアイルランドは公債残高がGDP比で46%しかないのだ。その他にも最近
実際に破綻(デフォルト)した国家の当時の公債残高をみてみよう。

アルゼンチン(2001年):53.7%
ロシア(1998年):68.1%

詳しいメカニズムの説明は避けるが(Federico Sturzenegger and Jeromin Zettelmeyer
”Debt Defaults and Lessons from a Decade of Crises” にまとまっている)、公債残高が低くても
国家としての信用が毀損すれば財政は破綻する。

しかし、これらの事例は「債務残高が低くても破綻することがある」といっているだけで、「債務残高が
高くても破綻しない」ことの事例にはならない。そこでもうひとつ、借金大国から復活した事例をあげよう。
読者諸氏もご存知のアメリカとイギリスだ。



ということで、イギリスにいたっては1800年初頭のナポレオン戦争のときにGDPの約260%まで公債残高が
つみあがったが、その後100年かけてほぼ完済のレベルまで達している。

もう少し精緻に「金融危機は予測可能か」(※財戦破綻だけではななく、民間金融機関の取付けや通貨危機を含む)
ということを検証した論文を紹介しよう。Golostein (2000)は1970年から1997年の間に金融危機に陥った
25カ国のマクロ経済のデータを検証した。面白いことに格付け機関やスプレッドなどの“マーケットの声”は
危機を予測するのに役に立たなかった。Goldfajn and Valdes (1998)も格付けは金融危機を予測するのには使えない
と主張している(格付けが無意味ということを意味しない、念の為)。

金融危機と最も強い相関を示したのは実効為替レートで、これが上昇するとその後に金融危機となる可能性がある。
これは実効為替レートがファンディメンタルズを反映しており、過剰な上昇はその国が過剰評価されている確率が高い
と考えると分かりやすいだろう。次に輸出の急減、通貨量の増大、外貨準備高の減少などが続く。肝心なことは
リスクにさらされている新興国ですら、代表的なマクロ経済の指標を全て合わせても危機を予測できる確率は低いことだ。

>>2以下へ続く

http://news.livedoor.com/article/detail/5320853/



2 :JD@かしゆかさんφ ★:2011/02/05(土) 08:31:11 ID:???
>>1の続き

当たり前だが通貨が急激に高くなっても、輸出が急減しても必ずしも危機につながるわけではない。
例えば政治的な理由で危機のトリガーが引かれる場合もあり、そのようなケースは原理的に予測することが極めて難しい。
よく「予言の自己実現」といわれるように危機が起こるとみんなが思えば実際に危機がおこる。
根拠なしに「日本はもうすぐ破綻する」などというのは流言の類で国益を損ねていると言っても過言ではない。

もちろん、以上をもって「日本は大丈夫だ!」などと無責任なことを言うつもりは毛頭ない。イギリスとアメリカの
事例を引用したが、現在の日本とは社会状況も人口動態も全く異なる。むしろ私は日本の状況に強い危機感を持っており、
一日も早く持続可能な体制に移行する計画を立て、実行しなければならないと考えている。多くの方が言うように、
タイミングはともかくプライマリーバランスは黒字化しなければならない(GDP成長率と実質利子率が等しいと仮定)。

ここで私が申し上げたいのは2つ。ひとつは国家の財政破綻というのは非常に複雑な要因で起こり、決してGDP比の
公債残高だけに依存するものではない。「日本は“必ず”破綻する」「日本は“実質“破綻」というのは
実証データからは根拠の無い主張である(直感に従ってそう信じるのはもちろん個人の自由だ)。

もうひとつは気長に考えることが必要だということだ。仮に政治改革が行われ債務残高が減少サイクルに入ったとしても
これだけつみあがった公的債務を“まともに”返そうとすれば少なくとも何十年、場合によっては100年以上かかるだろう。


http://news.livedoor.com/article/detail/5320853/


3 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 08:34:27 ID:7/5Xqsf1
たしかに根拠は無いんだろうが、破綻しないっていう根拠も無いからな。
先は誰にも見えない。


4 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 08:35:01 ID:PWk1Fj7v
>「日本は必ず破綻する」に根拠は無い

民主党が政権持ってるというのは、ものすごい根拠なのだが…


83 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:19:26 ID:6B5PZ00b
>>4
結論


5 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 08:35:47 ID:8BmLvk8a
増税したいから、破綻すると言ってるだけだろ


40 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:26:56 ID:ms3vcyAR
>>5
それはあるな
財務省は増税と緊縮財政の亡者だから
しかしそれがデフレ不況をさらに悪化させる


6 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 08:35:57 ID:izQNDO1Q
>>1
>詳しいメカニズムの説明は避けるが~

これが全てだろうに避けてどうすんだよ・・
難しくとも説明しなきゃ誰も信じようとしないよ
それを理解できるかどうかはまた別問題



234 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 14:30:59 ID:G6W4iHV/
>>6
引用論文を読め、ということだろ。
紙幅が無ければ確かに説明はできない。

短くまとめたら本質を逃す性質の説明は、確かにあるからな。

その典型的な例が、「日本の財政は、例えるなら収入が400万円なのにサラ金に1000万円借りている!」
という類の言説。これは明らかに間違いで、こういうのに説得されてしまうのも単なるバカ。


7 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 08:37:43 ID:obmZgOZd
まあ、言いたいことはわかるが、言葉遊びの範囲の話だな。
年間数十兆の赤字財政の現状、破綻に向かって進んでるのは間違いないだろ?

もちろん、未来は確定したものじゃないから何らかの要因で破綻を回避できる可能性はあるってだけ。


8 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 08:39:34 ID:PMRfS4/A
そうですね。でもそんなことはおれでもいえる。
必ず破綻しない根拠もないよ。


11 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 08:44:41 ID:VmzxcwL4
日本国債格下げ、「日本は“必ず”破綻する」に根拠は無い』に根拠は無い


12 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 08:44:45 ID:HhlBwLmr
赤字に見せるのも黒字に見せるのも

特別会計を使えば思いのままさ


13 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 08:44:47 ID:+KmAT1UL
日本の株価が持ち直し始めたたからってどこぞの貧乏格付け会社が
下心ありありでほざいた戯言まともな投資家なら信じませんがな

すべては事実と金で動く


14 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 08:47:24 ID:vemC8uJL
改善、回復の光明がまったく見えない
政官のシステムが画期的に変わらん限り
いずれ破綻だよ


15 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 08:47:42 ID:f4j1DOok
ごちゃごちゃ言ってないでさっさと円預金を使い切ってくれよ。
特に年寄り。

円の預金が預金封鎖されたり、紙くずになる前に。
デフォルト詐欺は飽きた。



16 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 08:48:39 ID:vR8bsRt6
根拠があれば破綻するわけではないが
今まで「日本は“必ず”破綻する」といってた破綻論者は
うそつきだというのは分かった。


23 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:02:05 ID:SIFAIrNm
>>16
オメエ、まだ結論だすのは早いぜ。

歴史を確認すると、
必ず起きると予言されてることは、多少時期がズレても必ず起きる。

アメリカのサブプライム破綻も、起きると予言されてから10年かかって起きている。


17 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 08:48:44 ID:lqICRhJF
そうやってバブルもはじけたんだけどね


18 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 08:49:07 ID:nmjYi7OZ
普通は経済って相互依存なんだけど、中国韓国はじめ日本を破綻させることが国策なやつらがたくさんいるわけです。
ですから、その想いがいつか叶うので、日本は必ず破綻します。


19 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 08:49:16 ID:uaiXBH/P
ラビ・バトラ
アメリカのバブル経済が爆発的に崩壊した直後には、 日本も自国のバブルが
崩壊したとき以上の大きな打撃を受けることは覚悟しておかなければなら
ない。 2005年頃からはよくなるだろうが、最初の5年くらいは、状況が
かなり悪くなるおそれがある。
日本も他の国々も、アメリカ市場に依存しすぎたのだ。どの国もアメリカと
同じ問題を抱えている。 しかし、アメリカの人たちはすすんで借金をして、
生活水準を維持しようとしてきた。 アメリカの人々は借金に対するおそれを
忘れてしまったのだが、ほかの国の人たちはそれをまだ失わないでいる。
逆説的に言えば、それがアメリカが世界経済をこれまで生き延びさせてきた
原動力だったのだ。
いずれにしても、バブルがついに爆発した直後、世界の状況は掛け値なしに
悪くなるだろう。 しかし、「プラウト」の理論に従うならば、日本経済は
他の国々よりも早く大恐慌から立ち直ることができるだろう。 そして、
日本人の新しい価値観が世界中の人たちから注目されることになるだろう。


20 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 08:55:51 ID:FuOWKG3H
そらインフレにしたら借金は即完済できるわな
一部の国民と金融機関は破滅するがな・・・


21 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 08:58:20 ID:FVwM5/K1
中国もインフレで人件費が暴騰している。工場が日本にどんどん帰ってくる。

もう少しの辛抱だ。


28 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:06:10 ID:ExXliGSn
>>21
中国の次の工場建設で狙われてるのは、ブラジル、ベトナム、タイ辺りと聞いた


28 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:06:10 ID:ExXliGSn
>>21
中国の次の工場建設で狙われてるのは、ブラジル、ベトナム、タイ辺りと聞いた


24 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:04:19 ID:04+EhwqY
円高で不景気、国債を大量発行を

円安で好景気、国債を償還に変更すればよい。

日銀法を改正して、国債を日銀引き受けにして円を刷ればよい。


円高でデフレで不景気そして仕事がない状態から

円安でインフレで好景気に変更すればよい。


国債に集中しているリスクを為替に移転せよ。そこが核心だ。


71 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:01:24 ID:sS75HmyM
日銀が長期国債を買い切れば良いこと
>>24は正しい
日銀保有の国債に利払い問題は生じない(国庫から日銀が受け取る利子は国庫に戻る)
カネを刷る(通貨を発行する)ことは国の主権に等しい
国民の努力の対価となるべき通貨量をふやさない日銀が悪い
日銀はバブルも作りデフレも作った
デフレである限り投資は回収しにくい(予定した値段で売れなくなる)
だから新しい技術も製品も日本では陽の目を見なくなる
円高も円が少ない(日銀がすり足りない)から起きている
日銀のせいで日本では産業が成長できない
売りたいモノの総量-買える購買力の総量 が30~50兆あると言われている
いくら作り手が頑張っても日銀がカネを刷らなければタダ働きになる
日銀が政府に出資して(国債買い切り)デフレ解消するまで国民手当とかばらまけばイイ
一人月2万で2年,月5万で1年
それでやっと50~60兆 半分貯蓄されても結構効果が出るだろう
逆にコレ以下の数兆の政策では効果ははっきりわからない誤差の範囲になる
そんな「やるやる詐欺」をしてきたのが日銀大本営
日銀は東大法卒でできていて経済学を十分知らない(財務省も)
マスゴミ政治家の理解はもちろんそれ以下
カネを刷って借金を軽くするのが悪魔的っていうなら,刷らずに縮小再生産で借金を重くするのは死神的wだろヨサノよ
こういう普通の議論ができない法卒支配が現代日本の敗因orz



26 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:05:32 ID:hB2+qLc3
あたし日本の腐女子だけど、破綻願望ある


27 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:05:49 ID:PpDAlK48
ま、全て、自分達の公約(詐欺)の為に国の借金を増やす民主党のせい。
民主党を今すぐチュニジアの様に倒さないと日本は良くならないという事ですね。


31 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:11:13 ID:8ScsPsgv
よく小説やドラマで国民が大本営発表を信じていなかったという描写があるが、

あれは大ウソだと思う。

この国の国民は底ぬけにおめでたい


33 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:12:35 ID:hB2+qLc3
赤字の原因の一つは公務員の人件費だから、公務員、元公務員の資産を没収すればいいんじゃね


34 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:18:19 ID:v4aIFipe
破綻したギリシャとか
国がなくなったりしてないし、
どうでもいい。

破綻論者は、恐怖を扇って消費税上げたいだけ


35 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:18:43 ID:+2FQJtRV
アメリカとイギリスの例をだすという事は
日本に戦争をして復活しろと言っているようにしか聞こえない


39 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:23:38 ID:04+EhwqY
好景気で円高または不景気で円安なら問題ない。

不景気で円高な現状は大問題だ。

日本は昭和恐慌時に金輸出解禁にこだわり、デフレ政策を実行傷口を広げた。

その後円安とインフレ政策により復活した。


採用すべき政策は円安とインフレ政策だ。


41 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:28:02 ID:YJwSlryB
破綻するかどうかではなく、どうやって返済するかだ。
空前の好景気や大増税が期待できないなら、破綻せ
ざるを得ないだろう。


42 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:28:13 ID:chfqHTin
日本が潰れたら、お札はどうなるんだろ?


50 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:38:15 ID:7sAWJb4K
>>42
現在の紙幣は兌換通貨ではないので、
信用が無くなると、紙切れになります。

インフレになって、ガソリンがリッター1万円になり、
1ドル=1万円くらいになっても
安定すればなんとかなる。

ヨードの採掘と金鉱の探索と外貨準備を活用して
ハイブリットカーを作って外国に売り外貨を稼ぎましょう


43 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:30:01 ID:bRFPW25U
国は破綻しないよ、国民が破綻させられる。よって日本終了。


44 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:32:15 ID:7sAWJb4K
ちなみに今騒がれている、スペイン国債がAAで日本より上、
数年以内にスペインが国債の借り換えに失敗したら
S&P壮絶プギャー

てか、リーマンブラザーも倒産まで高評価だったので
格付け会社の信憑性に疑念が持たれているのも事実




45 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:33:46 ID:+a6r0pfl
>>1
昔の例とか出してるけどアホか。
これからは高齢少子化の時期であるということを
全く考慮してない論文だ。


59 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:47:35 ID:+a6r0pfl
>>48
>>45
> 状況が違うから楽観視はしていないって本文に書いてあるじゃん

「楽観視してない」は実は何も分かってませんというのを
ごまかすときの言い方だよ

あんがい人口が増えてる国だけ助かるのかもな


46 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:34:27 ID:9gXSN9Rg
家庭に置き換えれば簡単。
税収が夫の給料。給料は激減。
国債ローンが膨れ上がり、
ローンをエプソンのプリンターで・・・。


49 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:38:14 ID:04+EhwqY
皆さん国の財政が赤字であることにびびってるらしい。

では赤字にならないように税収に見合った額に予算を縮小したら

何がおこるか。

世の中にまわるお金が減って仕事はなくなり、さらに税収は落ち込む。

悪循環にはまるでしょう。


民需が弱い時に国が財政出動するのは当然だ。借金ゼロにこだわって

街に失業者があふれるのはよくないんだよ。


51 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:39:40 ID:TsIAbrM+
彼の言いたい事はよくわかる。
日本人はすぐ極端に走る。危機感を持つ事は必要だがすぐに結果を求めるな。
いつ破綻するかはいえないが、この局面での増税は必ず日本に致命的なダメージを与える。
井上準之助が命がけでおしえてくれたことだ。
増税しても税収が増えず景気悪化により国民が政府への信頼が無くなったら、
この国は本当に破綻する。
信頼しているから国債を保有しているのだからね。


53 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:39:57 ID:m76uISFM
要するに、何が起こるか分からないと言う事を、理屈をひねくりまわして言っている様に見える。
それなら、
諸行無常、無常迅速。


53 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:39:57 ID:m76uISFM
要するに、何が起こるか分からないと言う事を、理屈をひねくりまわして言っている様に見える。
それなら、
諸行無常、無常迅速。


54 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:40:52 ID:K/PxBjya
「必ず」破綻すると思っている人は具体的にどう行動しているの?



57 :名無し募集中。。。:2011/02/05(土) 09:46:33 ID:fjSdEKj2
>>54
オレは支那共産党やら欧米金融機関からのお小遣いを振り込む口座を日本の銀行に開いて積み立ててるよ。


55 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:43:30 ID:04+EhwqY
国の借金と個人の借金はまったく別物だよ。
なぜって国にはお札をすって借金をチャラにする能力があるのだから。


58 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:47:33 ID:Blm0Ji/u
日本は破綻する。根拠はまだ無い。
どこで借金を返せるかとんと見当がつかぬ。
何でも薄暗いじめじめした所で日本国債格付けが下がった事だけは記憶している。
日本はここで始めて隣国というものを見た。
しかもあとで聞くとそれは韓国という隣国中で一番獰悪な国家であったそうだ。
この韓国というのは時々我々を目の敵にして起源を主張するという話である。
しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。


60 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:48:19 ID:pXQcAE06
これだけ言わせてくれ、日本が一年に積み上げてる
国債は40兆じゃない、128兆だ。


62 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:53:04 ID:04+EhwqY
現在の政策を続ければ、いつかは破たんするでしょう。
破たんしてどうなるか。
ハイパーインフレがおこり兆円安、借金チャラとなり。
円高ハンディのなくなった日本経済は大復活ロードを歩むでしょう。

わたしの希望は破綻をまたずに政策的に円安インフレ政策を採用し
とっとと日本復活してしまうことだ。


63 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:53:32 ID:c9kIjYji
>例えば政治的な理由で危機のトリガーが引かれる場合もあり、
>そのようなケースは原理的に予測することが極めて難しい。

民主党だからなぁ
ねじれ国会調整できず混乱して予算案失敗っていうケースも
その場合は一時的にも支払いできないっていうケースもあるかもしれない
いくらがお金あっても、国会承認取れないとお金動かせないから


68 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:58:28 ID:MghbW3MF
日銀が円刷って一桁位のインフレ起こせば国債に関しては解決してしまう問題なんだよな。
米のドルと欧州のユーロが刷りまくって日本の円が1人だけ刷らないから円高になってる状況なんだから
ドルとユーロに合わせて刷って円を守るのも破綻を防ぐ一つの手なんじゃないかな?


69 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 09:59:55 ID:fGpjO989
格付けは破綻する可能性を論じているのであって
必ず破綻するんだったら誰も国債なんて買わないだろ


73 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:04:11 ID:FLexWAzv
政府が1500兆円紙幣を一枚作って日銀に持っていけばいいだけ
破綻なんてするわけない


82 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:17:45 ID:9yoR+sJY
>>73
名目の破綻を回避すれば済む話ではないよ
例えば債務をチャラにした所でこれから先も毎年100兆円近くの一般歳出は変わらないだろ、穴埋めする為に紙幣を発行し続ける?果たしていつまで持つかな

根本的な問題を解決しない限り結果として更に脆弱な仕組みを生み出すだけ何じゃない?



74 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:04:33 ID:c9kIjYji
格下げの要因も、高齢化で国債消化を支えてる貯蓄が減れば将来的に
不安定要因が増えるっていうのが今までの状況だったのが、
今回は民主党の財政政策に一貫性がない、国会運営能力が無い、
だから不安定要因が増えたっていうのを新たに加わったからと


75 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:05:54 ID:uHFsSt4w
アメリカの国債発行高には負けるだろ。
どうして誰もアメリカの破綻のことを口にしないの?



76 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:06:48 ID:9yoR+sJY
この先も断続して維持する事ができないシステムであるという事だけは断言できる

終わりは10年後なのか3年後なのか
もしかしたら明日なのかまでは分からんが


78 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:08:35 ID:M2+rD+KW
国債買いきりとかインタゲとか正しいのだろうけど業績のあるマクロの経済学者の人の大半は
積極的に支持してる政策なのか


79 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:12:52 ID:+a6r0pfl
円を刷りまくると中国が日本債を買い占めて乗っ取るだろ
で円安に持ってって通過統合すれば財務省要らなくなるな。



80 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:13:08 ID:c9kIjYji
>>75
単にアメリカは日本より人口も経済規模も大きいから
>>1のグラフを見る限り、発行高大きいといっても現在のところ所詮GDPの70%程度の負担
日本はほぼGDPの200%
日本が破綻するかどうかはともかく負担自体は日本に比べて1/3程度


81 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:17:34 ID:bVexZ1+u
銀行 保険会社 証券会社は民間だから、保有しているキャシュ以上は
原則的には買えない。FRBみたいなインチキはできないのだ。
政府発表の企業も含めた資産額 1450兆円 負債は約200兆
政府と自治体の債務総額が900兆円突破 差額の約350兆円
これが全部銀行口座にあったと仮定する 銀行は三割
郵貯でさえ、預金残高の七割を国債買い入れにあてるのが
限界。単純計算でも、3-6年がリミット。
来年から国債発行ゼロと仮定しても、二十年国債の
利率は1%でさえ、10兆円近く債務残高は着実に増える
戦後数年の国家詐欺のやり方か、戦争をおっぱじめるか
しなけりゃチャラにはならない。
これで破綻しないといえるのか?


91 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:28:24 ID:TsIAbrM+
>>81
この国は経常収支黒字で海外から稼いでいるので富が増えないと
仮定するのは不適当かと。


84 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:21:35 ID:qYCo18/M
やっと普通の経済評論家がこういうことを言うようになったか

時代は変わったな


89 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:26:43 ID:0Mk6iprA
>>84
釣れなくなったんだろ
そのうち絶対大丈夫って論調ばっかりになるんじゃなかろか


87 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:25:16 ID:bH4GZ7Vn
日本国債は国内でまわせてるうちは不安論なんて一蹴できるけど
最近それが怪しくなってきたってだけだ

時計の針が着実に進んでる政治経済が行なわれてる


88 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:26:42 ID:NObrJXXQ
日本国がデフォルトするか、日本人の資産が紙屑みたいになるか、どっちかだろ。
じゃあ、どっちも実質的には変わらん。
借金の返済原資である生産年齢人口が減少している日本には、この先100年かけても完済なんて無理。
結局、日本は外圧でしか変われないんだから、一旦、デフォルトしてIMFにリストラしてもうらうことになりそう。


90 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:28:23 ID:9GZijja1
日本国は破綻しない。ただし日本政府は早晩予算が組めなくなって社会保障費や
公共事業費の大幅削減か、もしくは増税に追い込まれる。
財政均衡を目指している党が政権にいる限りその可能性は限りなく高い。

財政均衡なんてどだいムリなんだから放り出しちゃえばいいんだ。日本が借金
の重みでつぶれるなんてあり得ない。その前に米国やEUや中国が事実上のデフォ
ルト起こして、「国の借金」の言葉の意味が丸ごと変わる可能性の方が高い。

日本はもっと国民のために金を使うべきだ。使途制限できるんなら社会保障費
でもいいし、未来への礎になる事業があるなら建設事業や研究開発に金をジャ
ブジャブ使ってもかまわないと思う。

とにかく景気を良くしないと、銀行に貯めこんだ日本の資産が凍りついたまま
では、日本人は将来莫大な紙切れを抱えたまま餓死しかねない。


129 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 11:13:20 ID:bVexZ1+u
>>90

確かに増える。 しかし、ユニクロ コマツ 日産 ホンダ
以上の中国で成功して増設や多店舗展開するのに
現地の利益も再投資にあてている。それ自体は
健全だけど、直接には日本経済を刺激する富にはならない
悲しさがある。
日本の口座に入れるより、インド ブラジルに再投資した方が
長期的に儲かるし


95 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:33:15 ID:XpeEUljN
今後の最大の不安要因は低所得高齢者の増大だよ。

だいたい、今年金貰ってる爺さん婆さん連中は、自分が払い込んだ金額以上に貰ってるだろ。

賦課方式つったって現役の人口が減ってきてるのに、自分が払い込んだ分以上に欲しがるから、社会保障費が足らなくなるんだ。

一番金がかかる世代から吸い上げて金のかからない世代にフローが渡っている。

これは、公的資金を個人が資産化していることになるんじゃないのか?

こういうことを言うと、すぐに財産権の侵害だのなんだのと言うが、だったら高齢者に渡った過剰資産部分に課税することを考えた方が良い。


96 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:34:10 ID:+a6r0pfl
ドケチな日本の富豪団体が日本債などに金を出すとは思えない



97 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:35:26 ID:9nyEQEG/
民主党なら3年以内に日本を崩壊させて
中国の属国にするぐらいやってのけるだろうな


100 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:41:21 ID:ECg/hzqr
そもそも日本国債よりもNTT債の方が格付けの高いって意味不明すぎるだろ
大株主がが誰か知っているのか?


104 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:46:43 ID:c9kIjYji
>>100
菅内閣とNTT経営陣がそっくり入れ替わったら、格付けもそっくり入れ替わると思う
今回の格下げは菅内閣へのダメ出しってはっきり言ってたから



105 :名刺は切らしておりまして:2011/02/05(土) 10:47:24 ID:1niwUZ1A
日本に、金の無心にくる国ばかりだから、「破綻しそうなんです」と
広告活動しているだけだよ。
経常収支が未だに大黒字で、ほとんど内債の国が破綻するなら
他国はとっくに破綻している。


スポンサーサイト
■このサイトはブログ村のBlogランキングに参加しております■
↓ご支援の為に投票頂ければ幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR] キャッシング カードローン 比較 申込 審査
[PR] 必見!安心・オススメのカードローン・キャッシング比較サイトはこちら
[PR] クレジットカード選びの決定版!クレジットカード比較サイトはこちら

ビジネスニュース,名刺を切らしておりまして,日本経済新聞,まとめサイト,wiki,キャッシング,カードローン,金融ニュース,銀行ニュース,cashing,経済ニュース,cardloan,ローンカード,クレジットカード,闇金,サラ金,消費者金融,ニュースまとめ,2ちゃんねる,ビジネスnews+,ニュー速+,ビ+,ビジ板,biz+,ビジネス板,金融情報,闇金融,経済情報,


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://diggindeeper.blog43.fc2.com/tb.php/1727-b729c4b5
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。