■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コラム】「日本の生産性」は、なぜこれほどまでに低いのか バラマキで企業が抱え込む「社内失業者」が原因?

2011年01月02日 22:50

コラム】「日本の生産性」は、なぜこれほどまでに低いのか バラマキ企業が抱え込む「社内失業者」が原因? [10/12/29]

1 :@@@ハリケーン@@@φ ★:2011/01/02(日) 01:52:28 ID:???
 先日発表された「労働生産性の国際比較2010」(日本生産性本部)によると、日本の労働
生産性はさらに低下し、OECD加盟33か国中22位となってしまった。

 「俺は一生懸命頑張っているのに!」と憤懣やるかたない人も多いだろう。というか、僕
自身、日本のサラリーマンほど真面目に働く労働者を知らない。では、なぜ日本人は一生懸命
働くにもかかわらず生産性が低いのか。

バラマキ企業が抱え込む「社内失業者

理由は簡単。頑張っている人がいる一方で、そうじゃない人がいるためだ。“ノンワーキ
ングリッチ”とか“ただ乗り社員”とか“窓際正社員”とか、いろいろな名で呼ばれるが、
ここでは「社内失業者」と呼ぶことにする。

彼らは、職場にまぎれていることもあれば、事業部全体が巨大な社内失業者の塊であるこ
ともある。完全に貢献度ゼロの人もいるが、それぞれの従業員の中に広く薄く散らばって存在
していることもある。誰だって自分の担当業務の中に「これって意味あるの?」と思っている
仕事が一つくらいはあるだろう。

以前も書いたように、日本国は社会保障を民営化して企業に丸投げしているので、社内失
業者を失業者として社外に放り出させるわけにはいかない。よって、雇用調整助成金等のバ
ラマキで、100万人分以上の社内失業を企業に抱え込ませている。

これが、日本の労働生産性が低迷する理由だ。

社内失業者も失業者も、どちらも同じ失業者じゃないか」
と感じる人もいるかもしれないが、決定的な違いがある。

なったことのある人は分かると思うが、後者は再就職のために涙ぐましい努力をする。
リーマンショック後に外資をクビになった人の中には、この不況期にあっても留学等で着実
にキャリアアップにつなげようとする人が少なくない。

一方、社内失業者はどうだろうか。彼らは目立たないように息をひそめ、“ノンワーキン
グリッチ”とか“城繁幸”とかいったキーワードを目にするたびに、びくっとしているだけ
だろう。

まあ、中には頑張っているという人もいるのかもしれないが、突き詰めれば彼の言う頑張
りは「自分の仕事はとても有意義だ」と装うことに費やされているはずだ。

よって、いつまでたってもあまり大きな進歩は見られない。

ソース:J-CAST
http://www.j-cast.com/kaisha/2010/12/29084733.html


2 :@@@ハリケーン@@@φ ★:2011/01/02(日) 01:54:24 ID:???
>>1のつづき

■できる人は十字架を背負うな、新陳代謝を促せ

さて、こういった状況下で、常に一生懸命頑張っているA氏がいたとしよう。社内にはず
っと赤字続きの事業部やノンワーキングリッチがいて、組織全体でみれば生産性はとても低い

当然、人件費が安いことに加え、「社内失業者?なにそれ?」という新興国企業との国際
競争が激化するにつれ、さらなる残業によってカバーするしかない。A氏の残業は増える一方
だろう。

ただし、新規採用による人員増加は望めない。日本が終身雇用を取る限り、そして日本経
済の先行きが不透明な限り、企業は新規採用より既存社員の残業で対応しようとするからだ。

こうして、「仕事のできるサラリーマンA氏」の両肩には、“低生産性”と“日本経済の
先行き不安”という2つの十字架が重くのしかかる羽目になる。

あなたがA氏の立場の人間なら、すみやかな転職をお勧めする。日本国内にも、事業内容
や従業員の処遇を常にチェックしている企業は探せばたくさん存在する。

そうやって多くのA氏がいなくなった組織は立ち行かなくなるだろうが、JALのように
いっぺん底まで落ちることで、一気に再生に舵を切ることになるはずだ。

それもまた、新陳代謝の一環である。




4 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 01:56:32 ID:hRRn41Ev
ただ乗り社員多すぎ


5 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 01:57:07 ID:sh/MJYo6
合理化に励んだら生産性も合理化してしまった





371 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 14:13:16 ID:FWpJxy/C
>5
あるある。早期退職募集とかやるとA氏がまっさきに行くもんなw


6 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 01:57:26 ID:9qgba59w
中小零細にバカな経営者が多いから


7 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 01:58:43 ID:KkkANgw2
原因はサービス残業。

週40時間労働を義務付けて、残業を認めなければ自然と生産性は上がるよ。
労基署を増やすのは本末転倒だから、罰則を厳しくして(懲罰的罰金や禁固、懲役刑)
労基法違反時のリスクを高くすれば簡単に解決する。


37 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:20:01 ID:BNsrg9os
>>7
>原因はサービス残業。

これは無視できない大きな要因だろうな。
日本の場合、収益につながらない無駄な雑務による残業も少なくないし、
単に残業しなくてはならないという空気で残業が目的になってる企業も少なくないだろうし。
そうであれば、残業によって労働時間が長くなったところで、その分リニアに収益が増えるわけもなく、
増してやサービス残業であれば、労働者=消費者の所得は増えず、また残業によって消費する時間を奪われ、
消費も増えない=企業の収益機会も増えないの悪循環。


226 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 08:58:00 ID:Y+9oju43
>>37
残業しなければならない空気って何?
   
  1残業している=がんばっている
  2残業している人がいるのに先に帰宅するやつは低評価。の事実と空気
   残業しなかったことによる低評価を回避するため後ろ向きの残業
  3長い労働時間と少ない果実。そして、低評価回避という大きな果実?


373 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 14:17:45 ID:FWpJxy/C
>226
空気については分からんが、企業側にとっては一人人を増やすより既存の人間に残業させた方が時給が低くて美味しかったりする。
サビ残させればタダだしな。
引き継ぎコストもかからず(企業にとって)効率的。

引き換えに士気を削ってるとも言えるが、そんなもん見えないうちは無いとみなして構わない(企業にとって)。


8 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 01:59:29 ID:bPSzUdTf
ほんと暇そうにウロウロしてるだけなのにエバッテイル奴多すぎ


9 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:00:19 ID:96hBE5UE
でも首切るの難しいじゃん?
失業者出したらなかなか再雇用されないじゃん?


11 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:01:35 ID:OWbGkcZy
ドルベースで生産性を比較してるんじゃないの??

そしたら円高で生産性が悪くなったことにされてしまうのは当然では???

いいがかかりでしょ。


12 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:02:03 ID:BNsrg9os

日本の生産性」(日本全体としての生産性)が本当に低いなら、
こんな長期間デフレスパイラルに陥るわけも、ましてや円高になるわけもないと思われw


14 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:02:53 ID:zyASxs2j
http://activity.jpc-net.jp/detail/01.data/activity001013.html
■ランキング
ルクセンブルク …118,230ドル(1位)
ノルウェー ………106,217ドル(2位)
米国………………98,773ドル(3位)
日本………………65,896ドル(22位)

■米国との比較
・製造業……70.6%
・卸小売……42.4%
・運輸………52.3%
・飲食宿泊…37.8%
・電気ガス…55.0%

これを全部「社内失業」のせいにするには無理があるんじゃねーの?


45 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:28:42 ID:JMXPJd+o
>>14
それ、2010年の資料ではあるけど、実際に統計とったのはもっと前だから、
為替の影響考えればもうちょっと差は縮まるよ。

まあ、経営のせいだろうけど。中小はとくに酷い。


52 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:32:58 ID:DmsN7Oh/
>>14
日本ってアメリカの製造業の70%もあったの!?


96 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 04:21:57 ID:OzT7YkKk
>>14
日本もルクセンブルグを目指せばいいんだーw
わーいw


15 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:03:47 ID:eIOjSguV
確かに残業しまくり休み時間も削って有休を取らずにがんばってるにもかかわらず欧米のやつらのほうが生産性が高いよな
あれはなんでなんだろうか


19 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:08:42 ID:N3YGo9ep
>>15
日本は残業する事自体がある種の目的になってるからじゃね?
残業しなくても終わらせられるだろうってことでも残業しなきゃいけない空気あるやん


16 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:04:28 ID:cG2niaHM
>>1
んなこと言ったってしたたないだろ。
そういう人間は常に存在しちゃうもんじゃね?
蟻の実験みたいにさ。

それをうまく使ったりして、業績を伸ばすのが経営者の評価すべき能力ではないだろうか?



17 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:07:41 ID:dWX4XBIr
上の人間の責任逃れで稟議に手間と時間を使いすぎ。
ある程度、部下に決定権を持たせれば、効率はぐんと上がるよ。


21 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:11:21 ID:gCpWbnO3
最近の首都圏の17時台、18時台の電車の混み方は異常。
余程仕事がない、定時で上がれるサラリーマンが多いんだろうな。


27 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:14:07 ID:fS8jYBdD
>>21
俺もそれ感じてたわ
5時台なのに7時台、9時台か?と思うような混み方

乗ってる人間の顔見てても大して仕事してなさそうな感じ


22 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:11:43 ID:fBPem5cq
アメリカではホワイトカラーは解雇されないように死に物狂いで働いている。


23 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:12:41 ID:po6OXYZA
助成金って生保にまわせばいいよ
企業は怒るだろうが クビキリ権もあげたらいい

すっきりすべきなんだよ


26 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:13:39 ID:eXL7mvQX
日本の会社員は本当に仕事してるのか、
それとも仕事のふりをした儀式をしているのかよくわからない。
わざと仕事薄めて残業して、その残業がサービス残業。
ちゃんと仕事して定時に帰ればいいのに。


28 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:14:52 ID:IoEyZNjI
問題は単に株式の公開情報に労務管理いれてないだけだろ。
10の結果出すのに11使ってる会社と6で済ませてる会社の見分けがつかない
ことやめればいい。


29 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:15:26 ID:hRRn41Ev
日本の企業は正しく人事評価するのが苦手だからな
どうしても残業してる者=頑張ってる奴になる
人や成果を見抜く目がない


32 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:17:24 ID:T4Nu+KeG
>>1
日本のマスコミの生産性(マイナス)ほど悪くはないがな。


33 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:17:49 ID:teYrsjV+
企業は当然、効率化を図ろうとするよ。でもそれを組合が阻止する。
その結果が現在の日本の産業だ。


34 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:18:02 ID:NEc2fRFV
政府が生産性の低い所に金突っ込んでるから、以上。


36 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:19:06 ID:DenYd02N
>「俺は一生懸命頑張っているのに!」と憤懣やるかたない人も多いだろう。

頑張ったとかアホな概念じゃなくて、稼いだ金で評価しろよ。


39 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:20:53 ID:VOaikIDa
全てのコンビニが一斉に9時から9時の12時間営業にすれば
おそらく売上はほとんど変わらず労働時間は半分で生産性は突然倍に!


59 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:41:15 ID:BNsrg9os
>>39 >>41

そういう部分も大きいだろうな。
端的に言って日本は過剰サービスし過ぎ。
そしてその過剰サービス分を値段に添加しない・できない分、
一般的な意味での「生産性」は低くなってしまうという。



173 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 07:06:31 ID:ADUOFOln
結局>>39がすべて


180 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 07:17:00 ID:RTv4ckKR
>>39
というかコンビニは十分生産性がいいと思うよ。暇な時間は時給を低くし店員を減らし、
忙しい時間は時給を高くし店員を増やしてる。
企業の生産性を上げるならやっぱり暇な社内失業者を減らす必要があると思うよ。


40 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:24:37 ID:F35wq0mc
サビ残や雇用の流動性の低さってことに起因してるだろうけど、
根本として、お客様は神様ですなんてアホなことを続けてるかぎり、
サビ残もなくならないし、生産性など上がるはずもないと思う。


41 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:24:45 ID:F71H/XKE
労働にある程度規制かけた方がいいんじゃないか?
なんでもかんでも24時間やってる職業とかさ、最低でも週一で店休日とかなんか決めて。
365日稼働させちゃ駄目でしょ。


94 :ぴょん♂:2011/01/02(日) 04:12:21 ID:VzEZLDul
>>41
キリスト教で週末は閉店な欧州みたいだな。


42 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:25:52 ID:nqtHJxv2
社員より株主の利益評価を優先するような経営者が増えているのも一因でしょう!?


44 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:28:31 ID:fBPem5cq
>>42
株主よりも社員の利益を優先してきたから生産性が低い。それを今、改善しようとしている。


46 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:28:52 ID:DenYd02N
>42 そんな会社にしがみついてる社員がバカなんじゃないの?


51 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:32:53 ID:N3YGo9ep
>>46
その意見は一理あるよな
現状は、日本では転職回数はネガティブな印象を持たれるから、DQN企業でもなかなか辞められない
採用面で企業側が強いのも問題のひとつかもしれん
これは別の見方をすれば、解雇面で従業者が強いとも言えるけどね
つまりは流動性が弱いの一言だね


309 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 11:29:59 ID:qzsPqXn7
>>51
でも解雇規制を緩くしたら、たちまち経営者側の都合のいいように派遣や非正規社員が増えて首斬られる奴が続出すると思うよ。
これまでの派遣解禁から現在に至るまで様子を見ると…




43 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:27:01 ID:Ss4m/L3p
社会保障給付総額がGNIの25%
年金がGNIの13%
医療費7%
福祉4%
http://www.stat.go.jp/data/nenkan/pdf/z20-1.pdf
国民所得のGNIの49%がこれらに使われている。
積み立てた金の運用利回りを考慮しないから実際は減るけど。
これで消費を増やしたり、経済発展させろというのが無理。

高い税金のせいで国民の可処分所得減

物が売れなくなる。

それを補うためにサービス残業

生産性低下。


47 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:29:08 ID:vGllD7UW
残業バリバリ→有能
定時退社→無能

だからだろ?



47 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:29:08 ID:vGllD7UW
残業バリバリ→有能
定時退社→無能

だからだろ?



49 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:31:26 ID:0e5wwGSc
成果主義の結果、見せかけの管理に逃げ込む管理職が多数だからだろう
責任取らず判断も含めて部下になすりつけ、成果は部下からの搾取か捏造



50 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:32:18 ID:vGllD7UW
上司より先に帰るとは何事だ!
という会社が多いからだろ



53 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:34:02 ID:2N6wHiNx
一番は工場を潰すことだね。
これが生産性を上げる。

斜陽の産業と発展の産業が混ざっている。
伸びてない産業が足を引っ張っている。

全部救うような必要瀬はない。
ドンドン潰そう。残った奴は強い
そんだけ。


58 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:40:05 ID:pPxYaEya
>>53
それやってると、日本は失業者がどんどん多くなり、その結果、市場としての
価値もなくなり、結果として、非常に貧しい国になると思う


95 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 04:20:25 ID:2N6wHiNx
>>58
それは間違い、

工場は2種類ある。
派遣ができるスキルなしの工場と
スキルが必要な向上。

製品も二つある、100斤で売ってる製品と
贈り物に使う製品。

組み立て工程のみのライン工はこの国では必要ない。
技能の無い所に高付加価値は存在しないし高賃金はない。
当たり前だ。
一方高付加でも必要な所はいつの時代も残る。
いないと困るからな。

ないと困る製品はいつでも残り続けるしキャッチアップできない所
生き残りがある。また高く手も買う製品、つまり100斤じゃない製品は
層の製品は残る。たとえば100斤で財布は売ってるだろ。
ヴィトンの製品100斤では売ってない。ヴィトンの製品が100斤になるか?
といえば100斤にはなるわけは無い。つまり生き残りとはそういうこと

高値安定で競争は別な所の競争であり価格競争ではない。

たた家電は捨てた方がいい。プロダクトは日本でも可能だが
生産と組み立ては完全に海外が基本だ。半導体ならブラックボックス化して
中身中身が流出しないか中身を読み出せないようにするだけでいい。


55 :アメリカ在住:2011/01/02(日) 02:36:50 ID:QW1gXNhP
「生産性」の計算方法ってどうやってるの?
それによって違うでしょ。

欧米型見地からみれば日本は生産性が低いかもしれないが
日本は日本でいいんじゃないの?放っておけばいいだろ

どうして日本人は日本独自の文化を悪い、悪いといって捨てようとするのかわからん。



57 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:39:23 ID:2N6wHiNx
>>55
コストでしょ。人件費込みの。
人件費を削ればいいだ。

撤退して業種を変えるか違う製品を作る。それだけだ。


56 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:38:08 ID:2N6wHiNx
基礎材料は日本で作っている
本来日本で作ったほうが安い。
高いのは人件費で、世界に輸出するる場合。
所得に低い層を相手にしている製品なら撤退する方がいい
作っても無駄、もし生産するなら完全自動化だ。

世界で何を売りたいのかを考えて、その商品のマーケットと
所得の層を考えて決めるべきだな。


60 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:42:03 ID:kSGAE1fC
G7で一番生産性高い国は確かドイツ
ドイツは労働時間もG7で一番低い



61 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:43:11 ID:N3YGo9ep
労働時間が長いってことは、お客でいる時間が短いとも言えるんだよね
BtoBの企業はともかく、BtoCに企業にとってはそれは損でしょう
経済にとっては、働く事ももちろん重要だが、消費する事も大切なんだよね 
そもそも消費せんと仕事の需要ができないわけだし


62 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:47:11 ID:fnMylWfu
社内失業者を社外に放り出せばよい。


63 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:50:36 ID:GmgHzY/H
毎年1%くらいの社員は無条件で整理解雇できるように法改正すればいいのに。


64 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:51:28 ID:kSGAE1fC
日本の完全失業率の低さは世界優秀

労働者の待遇良くして、失業者を大量に生み出せば労働生産性が上がる

逆に労働者の待遇低くして失業者を極力減らすか

どっちが幸せか


67 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:54:38 ID:bJbkhiIM
>>64
この労働生産性がいい国は富をあまり生み出さない企業がバンバン
潰れて失業者が溢れてる国の方が上がりやすかったりするので
高いからと言って喜べない側面もあるのです


71 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 03:09:10 ID:LdJATS11
>>64
社会主義は必ず破綻する。

支那のようなぺてん師経済が通用してしまうから、資本主義が永遠に続くとは言わないが差をつけて(競争して)自動調節機能を働かせなければならない。

資本主義が破綻する原因は、ルールを無視したぺてん師経済ではないか、と最近考えている。

原因は共産社会主義が破綻し、ルール平気で無視するゴロツキどもが資本主義経済でデカイ顔をしだしたからだ。

サヨク・リベラルの連中は世界共通の社会のガンだ。





65 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:51:36 ID:Ftc/tueT
低賃金長時間労働なだけだろw


66 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:53:12 ID:23i/d5xk
無駄メシ食いといえば公務員をおいて他にない


68 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 02:56:35 ID:nqtHJxv2
日本は大財政赤字なのに、
税金で収入を得ている人を筆頭に間接系の人数と一人当たりの人件費が増えすぎているのも原因では。
税金返せー!


69 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 03:03:54 ID:kTV4+oWF
経団連や商工会の代表のジジイ達が、
政府に雇用を増やすよう求めていた。
自分達が企業の合理化でリストラ増やして自分達だけは助かるようにしておいて、
アホだと思った。
ああいうのが元凶だろう。
やり方の検討が、ああいう老害の弁護につながらなければいいけどさ。


70 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 03:06:55 ID:0bfb5G/O
これでいうと、こだわって作ったアニメとか異常に生産性ないことになるぞ。


73 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 03:16:40 ID:eToL2TPl
就職後の甘えが「新型ウツ病」、就職前の甘えが「ニート精神障害説」という甘えの合理化
を推進するの風潮というのは日本社会を破壊する恐ろしい風潮だ。
心因性なんちゃらとか適応障害とかの診断書1枚で長期休暇を簡単にとれる風潮は如何なも
のなんだろう? 従来型のウツ病は理解できる。責任感が強い人が真面目に仕事をし、努力
をしているのに結果が出ないことからウツになる事例などは痛ましく同情もできるが、何ら
の自助努力をせず、職場にいると病状が出るが、体調不良で休むと決めた直後から一切病状
が出ず、むしろ爽快感さえあり、休暇を楽しんでしまう新型ウツ病があるという。
以前言われたピーターパンシンドロームの様に自分で努力せず、結果が悪いのは他者のせい、
環境のせいにして、まるで世界は自分中心に回っていないのは、上司や同僚や組織が悪いと
本気で信じている奴がいる。「自分が」という反省は一切ない。
そういう人間に対して自助努力や毎日の業務を通じてのスキルアップが将来の自分に対する
投資であることを諭しても、それがパワハラだと信じてしまう。
こういう人間は、以前なら社会に対する寄生であり、ぶん殴ってでもまっとうな道に先輩が
導いていたはずなのに、最近は、腫れものに触る様に甘えを許している。
他者が忙しく努力しているのに新型ウツ病と称する奴は「努力から逃れる」ことが「治療」
になるという奇妙な風潮がある。今やニートに対してさえ、甘えることを許す後付け理屈を
発明しようとしている。一生懸命ガンバル人間がいなくなれば、ニートや長期休業者が寄生
して生きることを可能にしている根幹がなくなり、日本社会は崩壊する。日々の努力を続け
ることで人間が磨かれていくことを再度確認し、甘えの合理化など危険なことは即刻やめる
べきだ。


76 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 03:23:41 ID:kTV4+oWF
>>73
日本に限らず、世界はヒステリックだ。
「船頭多くして船山に登る」ということわざがあるが、
行政の過度な八方美人ぶりが現状を生み出したとも言える。
当然、癒しと甘えを勘違いした考えや、より多くに支持されようとして
節操なく批判側・被害者側になろうとするマスメディアにも責任がある。


74 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 03:21:05 ID:szLnes/C
バイトに仕事投げすぎ。アルバイトが一斉に2,3カ月ほど休めばどうなるんだろ


77 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 03:23:45 ID:DmsN7Oh/
>>74
系列他店の奴隷が応援に駆けつけて仕事するだけ


75 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 03:23:22 ID:Y6ydyYkj
国際的に競争を強いられる製造業の労働生産性は高い
問題はその他のサービス業、ホワイトカラーの生産性が低いことで
その理由は仕事の仕方にあるんじゃないかと思っている






78 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 03:24:12 ID:eToL2TPl
給料に見合わない仕事しかできない人は、給料をダウンすべきだと思うが、現実世界では労基法で禁止。
病気・事故等で以前の能力を発揮できない場合は仕方ない。
企業はセーフティーネットの役目も負っており、そういう人の給料ダウンはしない方がいいし、雇用も
回復するまで継続するが、そうではない、寄生虫の様な人もむやみに解雇できない。
生産性をうんぬんするなら、不要社員の退職や給料ダウンができる労基法にするのが先じゃないか?


78 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 03:24:12 ID:eToL2TPl
給料に見合わない仕事しかできない人は、給料をダウンすべきだと思うが、現実世界では労基法で禁止。
病気・事故等で以前の能力を発揮できない場合は仕方ない。
企業はセーフティーネットの役目も負っており、そういう人の給料ダウンはしない方がいいし、雇用も
回復するまで継続するが、そうではない、寄生虫の様な人もむやみに解雇できない。
生産性をうんぬんするなら、不要社員の退職や給料ダウンができる労基法にするのが先じゃないか?


79 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 03:26:13 ID:s/KLFl3m
怠け者を切ったらまた怠け者が出来るだけって話良く聞くけど
簡単に生産量の規模にあった人数に調整できないのが問題だよね


80 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 03:27:16 ID:Oqjp1KQV
首切りの容易化と、サービス残業の厳罰化をセットにすればいい。
役員報酬と株式配当の制限もセットに加わると完璧。


82 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 03:28:02 ID:j8nBWs/A
時間厳守(通勤のみ)、サビ残、下っ端にも責任押しつけ、など無茶苦茶やってやっと欧米と張り合える程度だからな
どこかしらなにかしらおかしいんだろう
思想・文化面の違いから来てるのか種族的な違いから来てるのか能力レベルの違いから来てるのか


84 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 03:34:21 ID:qDXG8Mtu

昔、松下幸之助氏存命中に、時の総理大臣が失業率の低さをあたかも自分の功績であるかのように
自慢した所、幸之助氏は、我が社には社内に1万人の失業者を抱えていると言って叱咤した事があり、
そのニュースが、海外でも紹介された。
諸外国は、この事が日本型の経営の特質、会社に対する強い忠誠心の源泉だと賞賛した。

この会社社会主義、会社型福祉政策は、80年代までは、非常に上手く働いた。




85 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 03:36:11 ID:szLnes/C
ていうか、そういう人に付いて行きたいものだろ普通は


87 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 03:40:44 ID:TQYzyf9G
シャッター商店街とか、生産性にカウントされるんだからツライ



89 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 03:48:30 ID:P+OB/4mE
最近思っていたのは、
”稼げる事務ってどんなんだろう?”
って事。人件費以外で何が出来るんだろう?

たとえば、パソコンを1人2台運用に変えたら
20%~30%上がるんだろうか?
紙を減らせば紙のコストより、プリンターまで
歩く時間のコストのほうが減らせるんじゃないのか?
とか、、、

稼げる事務をやっている会社は何処が違うんだろう?


90 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 03:50:15 ID:nqtHJxv2
日本での議員弁護士公務員大企業正社員などの人件費が諸外国に比べて高くなりすぎているのではないのか
日本の中でも格差社会になっているのではないのか


97 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 04:22:38 ID:S/opF7VI
>>1
この日本の生産性の低さについては、これまで何度も解説されてるように、
何の心配も懸念も必要ないだろう。

日本は、他国に先駆けて「無用の用」という価値観を企業が理解している
だけのことである。

社内に“働きの悪い”人間がいることで、“良く働く”人間は安心して働けるのである。
確か、中国の荘子が言ったこういう挿話がある。

「いや、無用なりゃこそ、用の足しにもなるんだよ。地面にし
   たってそうだ。人間が立つためには、足をおく余地さえあれ
   ばいいわけだが、さて足をそばだてて、その廻りをみんな奈
   落の底まで掘り下げたとして見たまえ。それでも足下の地面
   が何かの役に立つだろうか。」





170 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 06:59:57 ID:RTv4ckKR
>>97
派遣に丸投げしてるだけなのに?


240 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 09:40:04 ID:ivNoUoX4
>>97
労働貴族を作っているだけなのに?


98 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 04:25:46 ID:2N6wHiNx
生産は全てが成り立たないわけじゃない。
買う人間を選んで製品を作れば残れる。

アジア人や新興国が使う精密ドライバとか
工具セットを日本で作っても意味はないといっている。


99 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 04:28:30 ID:2N6wHiNx
一番残るのは基礎材料、
高学歴なら素材関連の大学に行くべき。
素材関連の日本の世界シェアは100%は多い。
特殊なものに対して未だに100%シェアはある。
そんな所なら食い逸れぐれはないし
世界からでも高いニーズがある。

素材関連は高い技術と調べても製造方法不明な場合が多い。
そのため他の国が追随できない。


102 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 04:31:25 ID:MTk4aQY0
生産規模に合わせて人員調整するのではなく
その余剰人員分を次の革新にまわすという考えが昔はあったと思うが

今は必要になったら持って来れば良いという経営者の都合の良い考え方が
逆にトータル、長期的な生産性を低下させてると思う



103 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 04:34:20 ID:2N6wHiNx
たとえば鉄。
調べれば鉄と簡単にわかかる。
鉄と分るが異郷に高純度の鉄になると
性質が変わって錆びなくなる。

作ろうにも簡単に作れないだろ。

日本の売りは過剰技術、家電製品だと嫌がれるが
素材関連だと高い安定性がある。

海外は作動確認は少しでも動けばOKの世界であるが
耐久性に欠ける、それは安かろう悪かろうという形でる。
素材関連ではそれは許されない。だからバクくれないわけだ。

日本に特化した部分でやれば生き残るすべは一杯ある。

争いとはおなじレベルでしか生じない。同じレベルの事はしない事だな


104 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 04:38:10 ID:2N6wHiNx
×異郷
○異様

たとえば携帯電話の製造撤退する。
設計と専用チップ、デザインを日本で行ってそれ以外を海外移転する。
Appleがやってるのと同じ。そうするとコスト割合でも、世界と競争が可能になる。
世界で売れる製品になる。それは同じような価格帯で作れるわけだ。

勝方法いろいろあるわけだ


105 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 04:42:11 ID:scnaBbpd
確かに日本の会社って儀式が多いよな
エクセルの表計算でやればいいのに何故か電卓でひたすら叩けと言われたり
逆に非生産的な作業をして長引かせる事で人員が必要だから雇用を守ってるみたいな
手段と目的が入れ替わる事が多々ある

結局適正な量の仕事になったら人を切って残業させようとする欲張り経営が結果的に損してるってだけなんだけど
日本はさっさとサビ残の処罰厳格化と監視をするべきだわ


106 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 04:44:09 ID:+qQ6E7+B
生産性を上げるもしくは改善する可能性がある提案をしてもたいていの場合却下されるよな
上から下まで事なかれ主義の現状維持の責任持ちたくないやつだらけ
ITとかでもそんな感じだし何が最適なソリューションだw覚えた単語使いたがるの無能集団wと我ながら思う


107 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 04:45:05 ID:OzT7YkKk
これ、労働者一人あたりの生産性を比較する指標なのかね?
すくなくとも「社内失業者」とやらを検出するのにはまるで役に立たない
指標だと思うんだけどよw

同一産業の同じような規模の会社で比較した場合、
ルクセンブルグのサラリーマンは日本のサラリーマンの二倍の速さで働くとw
あるいは、ルクセンブルグの会社には不採算部門がないとw
そこまで言い切れるとおっしゃる知性が素敵w
そういう労働者や部門の「作業成績」比較したいのだったら、別の指標を使うべきだと思うんだけどねえ…。
(あるいは別の指標や調査をあわせて使うべき)

こいつ、本当にコンサルタントなのか?
この生産性数値の参照法は、5年くらい前に終わった話題だと思うんだが…。


108 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 04:45:29 ID:Gz5MrKX0
派遣で入った企業でもあった。客から返品された商品が全国の営業所から送られ、それを全て神戸支社に送るのだが、最初から神戸に送れば輸送代や人件費も節約になるのではと聞くと、言葉を濁していた。わざわざ田舎に集めて神戸に送り返す意味がわからなかった。


109 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 04:46:58 ID:9Twwo7Ox
経済の専門家が言っている「生産性」は、世間の「生産性」とは
微妙に違っているようである。
前者はどうも労働者一人当たりの粗利や付加価値をベースにした
数値のようである。

簡単に言えば企業にとっては労働者一人当りの「儲」と解釈できる。
つまり「生産性」が高い企業や産業とは、儲かる企業や産業である。
そして通常このような企業や産業は、利益が大きいだけでなく、
従業員の給料も高い。

しかし一般の人々の理解は、どうしても単位時間当たり一人当たりの
生産量、あるいは作業の効率が「生産性」と言うことになる。

「生産性」と「セイサンセイ」の話
http://adpweb.com/eco/eco221.html


110 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 04:47:06 ID:2N6wHiNx
日本のやる事は携帯電話の製造から撤退する事。
電子マネーの規格を減らす事、特許料を下げる事
これを行ってから世界で通用する電話を海外他社と同じ価格帯で行えば
電子マネーシステムのシェアも取れる。

これがビジネスだ。こうやって世界に攻めるのさ。
いままでこれすら出来ないからうまくいかなかった。
それに少子化もある。景気がいい悪い問題じゃない。
売れないのは少子化、買う層の老人になって減ってる。
だからモノが売れない時代になってる、
しかし海外の年齢層は別だ。だから日本は世界に出て攻める事だ


110 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 04:47:06 ID:2N6wHiNx
日本のやる事は携帯電話の製造から撤退する事。
電子マネーの規格を減らす事、特許料を下げる事
これを行ってから世界で通用する電話を海外他社と同じ価格帯で行えば
電子マネーシステムのシェアも取れる。

これがビジネスだ。こうやって世界に攻めるのさ。
いままでこれすら出来ないからうまくいかなかった。
それに少子化もある。景気がいい悪い問題じゃない。
売れないのは少子化、買う層の老人になって減ってる。
だからモノが売れない時代になってる、
しかし海外の年齢層は別だ。だから日本は世界に出て攻める事だ


111 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 04:49:23 ID:qDXG8Mtu

社内に失業者をどの程度抱えておくかは経営判断であり、国が直接コントロールしても無駄。
仮に企業に無駄な人材をすべてカットさせても、反ってコスト高や体力の損耗を招く恐れがある。

国の政策と、企業の経営戦略は別に考える必要があるだろう。
国の政策としては、国内経済の活性化であり、そのためには日本に投資する事、日本に拠点を置く事が魅力的にする必要がある。
中国の目覚ましい経済発展の要因の一つは海外の投資を積極的に利用した事。
日本は、排外主義的であり、外国資本の利用に極めて消極的。
海外に投資する日本企業よりも、日本国内に投資する外国資本の方が、日本経済の発展につながる。
国籍を問わず日本が企業にとって魅力的な環境にする必要がある。
そのためには、人材の得やすさ、企業に取って魅力的な行政サービスや制度などの拡充が急務。
外資系企業にとって魅力的な事は日本企業にとっても魅力的。
これらのことは、先進諸国では、かなり前から行なわれているが、日本ではほとんど無視状態。





112 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 04:51:49 ID:yOXaTpDU
>>1
日本は離職率が低い分、管理職の査定がむずかしい気がする。



113 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 04:51:53 ID:OzT7YkKk
労働生産性の国際比較 2010年版
http://activity.jpc-net.jp/detail/01.data/activity001013/attached.pdf

2. 製造業の労働生産性は米国水準の70.6%、OECD加盟主要22カ国中第6位と上位を維持。
日本の製造業の労働生産性水準(2005~2007年平均/購買力平価換算)は米国の70.6%。OECD加盟国でデータが得られた22カ国中第6位。主要先進7カ国でみると、米国に次ぐ第2位であった。

3. サービス産業の労働生産性は、卸小売(米国水準比42.4%)や飲食宿泊(同37.8%)で大きく立ち遅れ。
サービス産業の労働生産性水準は、卸小売で米国の42.4%(OECD主要21カ国中第17位/2005~2007年平均)、飲食宿泊で同37.8%(同20カ国中第15位)と、米国の4割程度の生産性水準にとどまっている。
運輸(米国水準比48.4%)やビジネスサービス(同50.8%)も米国の半分前後の生産性水準であり、
郵便通信(米国水準比73.2%)など一部を除き、サービス産業の生産性は米国を大きく下回る。
こうしたことからすると、サービス産業分野の労働生産性は、国際的にみて高い水準とはいえない状況にある。
サービス産業分野の生産性の立ち遅れが、日本全体の労働生産性水準がOECD加盟諸国で中位にとどまる
状況にも影響を及ぼしていると考えられる。


115 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 04:55:05 ID:2N6wHiNx
国内マーケットで景気がよくなることは今後ない。
少子化で消費する年齢層を全部含めても毎年減っているからだ
ただ、消費する層のターゲットを増やす戦略なら改善策はある。

なぜ売れないのか、誰に売るべきか?
それを考えて行動すれば脱却できる。

体育会系での戦略では無理で分析と調査のフィードバックが最優先ということ



116 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 04:55:10 ID:+qQ6E7+B
飲食の生産性あげるって店員減らして昼と夕方しか営業せず
チャージ料とって基本10分で追い出してそれを超える場合は延長料金発生しますがよろしいですか?ってキャバみたいにするのか?


118 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 04:57:53 ID:2N6wHiNx
いい製品を作れば売れる。
これは嘘。

必要なかったら売れない。

少なくともよく言われた事は間違いだ。
入らないものは入らないが鉄則。
いるものを見つける事が大事だ。


119 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 05:00:57 ID:Jc4jqqv3
生産性なんてどうでもいいだろ。
なんで失業者を増やすことしか考えてないのかね。


120 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 05:02:12 ID:xg6x02Aj
必要な場所に必要な人員配置しないんだから当たり前w
特に最近の馬鹿なTOPは英語使いたがるが英語に独自の意味を持たせる
馬鹿が多い単語知ってっても意味理解不能な単語1個で社内方針徹底
とか言うからな馬鹿丸出し
社内に方針とか意味徹底したいなら意味不明な独自理解の英語使わず
日本語で正確に伝える努力しろ社内用語を英語化とか言ってる馬鹿も
同じで意味がない上に日本語より大雑把な為にマニュアル等では意味が
解らなくなる事さえ理解してないからな



122 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 05:06:51 ID:u0GVI9Yj
日本の労働生産性が低いのを労働者だけのせいにしてもな。

一人当たり労働生産性=付加価値÷人数
時間当たり労働生産性=付加価値÷労働時間

付加価値が低すぎるというのもある。

で、

付加価値=粗利

粗利が低いというのは、要はデフレと過剰な競争。
安値競争になっていることや、取引先からの値下げ要求が厳しすぎ。
儲からない市場にしがみつきすぎ。

働き方の問題よりも、戦略がない、情報を活用していないという頭の悪さの問題だろう。


134 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 05:49:52 ID:LVhDnh8X
まあ名目上の数字はどうでもいいが、自殺する人を減らしたいもんだな


139 :名刺は切らしておりまして:2011/01/02(日) 06:00:25 ID:dk6Likfd
生産性より少子化
昔から問題になっているのに
政権交代や小沢対菅の問題ばかり。



スポンサーサイト
■このサイトはブログ村のBlogランキングに参加しております■
↓ご支援の為に投票頂ければ幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR] キャッシング カードローン 比較 申込 審査
[PR] 必見!安心・オススメのカードローン・キャッシング比較サイトはこちら
[PR] クレジットカード選びの決定版!クレジットカード比較サイトはこちら

ビジネスニュース,名刺を切らしておりまして,日本経済新聞,まとめサイト,wiki,キャッシング,カードローン,金融ニュース,銀行ニュース,cashing,経済ニュース,cardloan,ローンカード,クレジットカード,闇金,サラ金,消費者金融,ニュースまとめ,2ちゃんねる,ビジネスnews+,ニュー速+,ビ+,ビジ板,biz+,ビジネス板,金融情報,闇金融,経済情報,


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://diggindeeper.blog43.fc2.com/tb.php/1647-b670761e
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。