■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【半導体】いつまでも"職人芸"では海外メーカーに勝てない--日本の製造装置はなぜスループット、稼働率が劣るのか

2010年09月26日 06:50

半導体】いつまでも"職人芸"では海外メーカーに勝てない--日本の製造装置はなぜスループット稼働率が劣るのか [09/25]
img_4fc9006b3c967413b4a23057949d75be39636.jpg


1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/09/25(土) 21:10:34 ID:???
2001年以降、アジアでの露光装置の売上高が急拡大している。それと同時期に、
露光装置の世界シェアで長らく1位に君臨し、「装置業界の帝王」と呼ばれていた
ニコンに代わって、オランダのASMLがシェアトップに立った。

急拡大したアジア市場で露光装置のシェアを独占したことが、ASML躍進の原動力に
なっている。すなわち、ASMLは台湾TSMCや韓国サムスン電子といった半導体メーカー
と「共進化」したのである。

露光装置とは、写真の技術を応用して、シリコンウエハ上に塗布した感光性樹脂
(レジスト)に光を照射することにより回路パタンを形成する装置である。
解像度の進展とともに、装置価格が高騰しており、「ArF液浸」と呼ばれる最先端
露光装置は1台50億円、次世代のEUV(Extreme Ultra Violet)露光装置は100億円を
超えると言われている。

露光装置は、人類が生み出した最も精密で高価なマシンであると言える。東芝の微細
加工の責任者である東木達彦部長は、「まさに兵器だ」とすら述べた。半導体の量産
工場には、「兵器」のごとき露光装置が数十台並ぶ。この兵器をどのように使うかが、
半導体デバイスの性能、品質のみならず、コストにも大きく影響する。



http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/4501



6 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:13:24 ID:PBP5pdsD
そりゃ、生産を海外企業に任せてる限りは勝てないだろ。
工場自体が海外にあるのはいいけど、それを自社でやらんと
何の意味がない。
よくわかってるのが、自動車メーカー。
判ってなくて、利益追求しすぎたのが家電メーカー。


9 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:20:18 ID:PBP5pdsD
日本の自動車メーカーがいまだにそこそこ売れている理由は
肝心の部分を海外メーカーに出さないことだべ。
あまり重要じゃない部品は下請けに任せるけど、コアの部分
は一切外に出さない、だからいまだにブランドを維持できる。


11 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:28:01 ID:rF2lKQ3S
>>9
そうか?
自動車部品なんて欧州メーカー品多数使うぞ。

コアの部分を向こうから買ってきたりしてるぞ。


70 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 01:01:39 ID:agrucPQE
>>9
金型メーカーが海外に買われる事にリスクってそういう事なんですね。
将来的には自動車もやばいんかな。


10 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:25:43 ID:wQkAYYU5
これって電子産業およそ全ての分野で多かれ少なかれ当てはまることだと思う
携帯電話しかり、パソコンしかり・・・
でも未だに2chでは韓国電子メーカーのこととなると
上から目線で、見下したようなコメントばかりで危機意識が感じられないんだよな


12 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:31:35 ID:hbOfYsTS
同じことしてもなぁ…と思う


14 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:32:54 ID:xOBwuViQ
ドイツも同じような感じだが
省エネ基準、環境を配慮した部品調達
製造時の化学薬品使用時の法律、フロンガス
鉛使用制限
PSE
いろいろ法律のほうが面倒になっている
かろうじて国内メーカが対応できているだけ


17 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:40:25 ID:rF2lKQ3S
>>14
本来は、RoHSやREACHのように表は消費者のためをうたい、裏では参入障壁として雇用を守るようにしないといけないのにね。


20 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:41:25 ID:/GAZ9PH2
>>14
それは良いな
日本もやろうぜ


33 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:55:18 ID:9JH1EdG3
>>20
やりすぎると非関税障壁でまたアメの制裁くらっちゃう、
80年代みたいに政治問題化

自国の防衛をアメに依存させてる日本と、核はレンタルあとは自前のドイツじゃ
発言力とか扱いが違うのはあたりまえー


19 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:41:19 ID:6EWzNsES
Vista失敗でメモリ価格暴落、
半導体製造装置のニコンもメモリ検査装置のアドバンテストや横河電気も
やっぱ半導体系を直接扱ってる企業は大変だな。
シリコンウエハやプリント配線基板で強いメーカーだけか
多少の不況にも余裕で耐えられる利益率の高い会社は。


21 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:42:04 ID:NsD71g6V
自動車メーカーがかろうじて生き残ってるのは、
家電が自分が欧米に仕掛けたやり口で、アジア勢に
虐殺されたのをつぶさに見て、そこそこ安かろうの
製品を必死に作ってるからだろ。


22 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:42:20 ID:cVVhTnu3
日本も省エネ基準はトップレベルで、アメリカ車メーカーが難癖つけてきてるだろw


23 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:43:34 ID:CzAK538X
職人を守らない。だから負ける。
営業マンが糞なだけ。


24 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:45:03 ID:1yJXumX1
お前らが勤勉すぎるから円が買われるんじゃボケ!!!!!!!!!!!!
もっと怠ければ円が安くなるんじゃボケ!!!!!!!!!!!!!!!
こんなにがんばれる国なんだから円は大丈夫と思われすぎて円が買われるんじゃボケ!!!!!!!!!!
頑張って安い製品作るからすごいな日本って思われて円が買われるんじゃボケ!!!!!!!!!!


25 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:46:20 ID:k+hcD6rF
その職人芸をまねてるわけだが(笑


26 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:46:36 ID:tgearHni


当たり前だろ
日本の設備は不良品を下流へ流さない仕様だから

どっかの国の装置みたいに不良品を下流へ流してもOKじゃねーんだから




27 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:47:01 ID:/pRzU7AJ
人件費の問題じゃね~の?


27 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:47:01 ID:/pRzU7AJ
人件費の問題じゃね~の?


28 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:48:24 ID:tJbwUAxA
>>27
つまり円高が問題。


29 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:49:51 ID:7oQ1MigB
サムスンがASMLを使い出したのは13年ぐらい前だったか?
当時からスループットが良いと言ってた。
サンフランシスコのセミコンでもASMLは鼻息が荒かったのを覚えている。
サムスンの強さはターゲット→デバイスの市場投入時期をまず決定それに合わせてマップを遡る。
日本的には目茶苦茶ムリなスケジュールを突貫工事で驀進。
各担当はスケジュール死守。
勝つために当たり前の事を当たり前にやるから勝つ。
日本企業のように組織が眠たくないハングリー。


32 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:53:00 ID:6EWzNsES
貿易額の問題もあるかもね。
韓国や台湾って対日貿易赤字凄いじゃない。
赤字を減らすために、日本からの輸入を蹴って
他国への依存に変える面もあるんじゃないの。


34 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 21:57:30 ID:ulp1HxCP
>その後10年以上に
>わたって通用するプラットフォームを構築したことにある。

>つまり、ASML社の今日の隆盛は、最初の「極めて卓越したアーキテクチャ(設計思想)」
>によるところが大きい。
 日本のメーカーがソフト開発で弱いのもこれ。その場しのぎの設計をやっている。



38 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 22:11:42 ID:pCUEtNaK
技術が広がってくると、職人芸より量産化のシステムのほうが重要になる。

前の大戦の兵器の推移をみると、職人気質が強い日本やドイツは、
量産につよいアメリカやロシアに対して完全に劣勢になった。

日本人の気質が、安物量産に向くかどうかは疑問だがな


39 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 22:16:13 ID:mfECHXlW
>>31
この場合は現実が>>1の発言と一致しているから憶測ではなく、事例ベース推論
だろ。冷戦期にアメリカの軍事技術者がソ連の最新兵器の不確定情報や、たった
一枚の不鮮明な写真からいろんな性能の情報などの仮説をたてて分析した。
また、NASAの研究者たちは他の惑星に行って直接調べたわけでもないのに、地球上
のデータを使って分析し、遠くの宇宙の状態を仮説的にだが知ることができる。
それと一緒のことだろう。



42 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 22:48:42 ID:qYvI7z1l
あまり知られて無いけどアメリカもハイテクや軍事で強い部分は
日本の職人がまったく歯が立たないような優秀な職人を擁していたりする

そいつらだけメチャメチャギャラ高いのと、(←これ重要、他の工場要員は超安い)
完成品を含む技術自体を他国に流出させることに心理的障壁あるみたい
日本の勘違いした団塊世代みたいに節操無くホイホイ出て行ったりしない


65 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 00:46:25 ID:Xbpl7SSs
>>42
たしかに、親戚が某戦闘機の開発に関わってるけど、給料がめちゃくちゃ高い・・・


43 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 22:50:19 ID:8mzwwZ62
単にスループットが悪いのは装置だけの問題では無いと思うが。

日本のように承認の為の稟議書をちんたら回すので効率が悪い。オペレータも
適当な兄ちゃん捕まえて採用しているからレベルが低い。

いい加減にやってる外国の現場の方がスループットが高いって情けないぞ。



45 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 22:54:54 ID:5aYyIHOx
i線の露光装置なんてラフ工程なんだから中古で十分
新品を立ち上げのリスクを冒したあげく、金だして買う必要はない。

号機間差が無い露光機など存在しない。
仮に100%本体が同じだとしても(ありえないが)、設置位置による
引き回し等の誤差は必ずある。


47 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 23:07:49 ID:E0Cj/inW
>>1
それが日本の強みであり、弱みであるんだが・・・

モノの作り方の思想が欧米と日本では全く違って
まさにASMLとニコンが良い例だよ。

欧米の場合、設計と製造が完璧に分離してるんで、図面の指示は
公差から何から非常に理詰めでされてるし、製造時も3シグマ、5シグマ
と統計取って不良品も許容する。
ところが日本では公差が入ってようがなんだろうが、上が10.000mmで
作れと言えば下請けは10.001mmも不良扱いにするから、欧米の推進する
グローバルスタンダードのGPSも普及しなかったりする。

ここまでは日本人にとっては常識レベルだけど、更に面白いのは
製品の性能と精度は欧米製品を凌駕しているのに、何と各部品の精度は
欧米製品の方が上なことが多い(GMの方がトヨタより部品精度が良い!)。
つまりこれは、日本のモノづくりは設計の理詰めではなく、現場でモノを組み立てて
最終的に性能が発揮されるように阿吽の呼吸とか職人の勘で作られているということ。

だから日本の作り方はシステム化に弱いという弱点があるが、それを捨て去ると
劣化した欧米の製造業になっちゃうんで悩み所。日本刀みたいな存在だな。


50 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 23:24:31 ID:00402x7f
こんな話を思い出した・・
WWⅡの当時の日本ではまだ計測技術が進んでいなくて部品公差の概念がなかったので、三八式歩兵銃でさえA工場で作られたものにB工場の部品は使えなかった。故に稼働率も低かった。
当時のアメリカは技術力そのものはドイツやイギリスと比べても劣っていたが、計測技術が進んでいて部品公差もきちんと割り出されていたので結果としてあらゆる兵器の稼働率を上げることができた。




51 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 23:28:39 ID:rF2lKQ3S
>>50
大戦末期、ドイツからライセンスした日本製エンジンはまともに稼動しなかったヨ。
製造技術の差。


55 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 23:58:59 ID:E0Cj/inW
>>51
そもそも工作機械をドイツとアメリカから輸入してたんで
製造技術の差もあるけど、公差が管理されていなかったのもまた事実。
>>50の言うようにゼロ戦だってパーツが合うのと合わないのがあった。

ただし、公差を厳しくしたり5シグマにすれば良いかっていうと、そういうわけでも
ないのが面白い所で、ドア周りの部品がBMWの場合例えば±0.01の範囲で
作られていて、トヨタは±0.1で作られていたとしたら、10年後に雨漏りするのは
トヨタと思うけど、現実は雨漏りするのはBMWだったりする。
最終的な製品が良ければ細けぇこたあいいんだよ!とボトムから考えるのが
日本流。欧米人技術者には受け入れがたいし理解しがたい発想らしいが。


56 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 00:01:51 ID:hRqmBXbu
>>50
WWⅡの話を出すなら、当時の日本軍は銃ごとに弾のサイズが違ったので、
例えばA銃の弾が切れたからといって、余ってるB銃の弾で補充することが出来なかった。
一方の米軍は弾を共通化していたので使い回しが出来た。

現代の話で言うなら、自作PCってマザーボードや電源の規格がメーカーに関係なく全部一緒だけど、
あれぞまさにアメリカ式の発想。
数年間アメリカに住んでいて気がついたのだけど、向こうではカーテンレールやブラインド、便器の形式なんかが
メーカーに関係なく共通化してあるんだよね。あれは合理的だと思った。
日本だとメーカーごとに規格を作って囲い込むけれど。
もし世界で一番最初に自動車を量産したのが日本だったら、たぶんタイヤやガソリン給油口なんかの規格も
メーカーごとにバラバラになっていたんじゃないだろうか。
スレと微妙に違う内容になってスマン。



57 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 00:06:25 ID:TC7rjWIr
>>55
自動車脳はなんかおかしいな。
ゼロ戦のパーツが、って見てきたようなことを言ってるけど
所詮70年も前のまた聞きでしょ?
それにドアの公差10ミクロンとか100ミクロンとかよりも、
ガスケットゴムの取り回しのほうが雨漏りには決定的だろjk


57 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 00:06:25 ID:TC7rjWIr
>>55
自動車脳はなんかおかしいな。
ゼロ戦のパーツが、って見てきたようなことを言ってるけど
所詮70年も前のまた聞きでしょ?
それにドアの公差10ミクロンとか100ミクロンとかよりも、
ガスケットゴムの取り回しのほうが雨漏りには決定的だろjk


58 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 00:10:07 ID:dYYwQWR9
>>56
日本製品は住設部材とかで困るよね
とくに水回りとか

暖房用の温水パネル、電気蓄熱暖房機とか高くても良いからスウェーデン製やベルギー製、ドイツ製にした方が
あとあと安上がりだよ。何十年経っても新品の補修部品が手に入るから。
日本製品だと15年くらい経って機器が壊れても数百円の補修部品が手に入らずに
数十万円する機器全交換とかよくあること。

あとシャワーフックの規格が変わって、穴の位置も違うから浴室の壁に穴が空いたままになったりね。


61 :読者の声:2010/09/26(日) 00:24:19 ID:vSDuzYM3
>>56
それがまさに日本が勝てない理由なんだけどねw


77 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 01:39:05 ID:WmvWovT2
>>58
技術の進歩の激しい時代だから、10年ごとに買い換えた方が安上がりにならないか?

そういう意味では、半導体製造装置も10年前の製品なんて使い物にならないくらい
進歩してしまえば、日本のメーカーの勝ちだな。


80 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 01:43:35 ID:6sDyZ1+j
>>77
半導体製造装置ってのは古くなってもかならずそれを使う用途が存在する
だから中古市場も活発だし、一番最初のモデルもまだ動いてるんじゃなかったっけ
逆に最先端機使ってるのはインテルくらいだ


87 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 02:03:58 ID:WmvWovT2
>>80
それなら10年前の性能を1/10の価格で提供するビジネスが成り立つねえ。
確かに日本企業には無理そうだ。


52 :名刺は切らしておりまして:2010/09/25(土) 23:55:11 ID:F5vCka9t
技術もあるけど、問題があっても相手に見せずに解決する事がステータスだ信じてるからな。日本人の国民性って。
作る方は相手方に修正させれば解決できるとしてもスーパーテクの個人技で黙って実現させて、黙って納品する。
要求する方も自分の要求通りに作られる事が当然だと思ってるから受け取ったらそれ以上何も考えない。

だから別の地点から不具合の報告があっても、自分達には非は無いとしか認識しないから何処が問題なのかお互い理解できない。
んで最終的には只管プラスマイナス幾つって所だけ切磋しようとする。


62 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 00:29:31 ID:AbuVxu5n
日本製の優秀な工作機械を導入すればバカでもそこそこの製品は作れる。
あとは製造ノウハウや機械の職人的活用で生産効率や品質を向上するくらい
でしか差がつかない。


63 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 00:32:32 ID:AlLEbsOS
もうね、止められないのよ。一度走り出したら。
日本型のモノ作りは変えられない。コテンパンに負けるまで。


66 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 00:46:47 ID:1hwbVOQ/
スループットと書いてるけど何を比べてるのかな?
単体機能ICとLSIでは同じウェハーでも工程が全然違うのだから
稼働率と数が違うのは当たり前だよね。


68 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 00:54:28 ID:kfB+qckC
円高ユーロ安だからシェア順位が入れ替わっただけなのにね


111 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 04:54:33 ID:Vyccxxtd
>>68
ASML=65%、ニコン=23%
ASMLがシェア伸ばしたのはユーロが怒涛のごとく高くなってた時期
円高ぜんぜん関係ない


69 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 00:57:31 ID:agrucPQE
付け加えるなら、微細化も突き詰めればコストの問題だから軽視するのはありえない。
エルピーダに至っては装置更新せずに50nm級のパフォーマンスを65-XSnmというプロセスで実現したり
半導体メーカー側での努力はむしろ国内だよ。


73 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 01:18:23 ID:WmvWovT2
日本の半導体メーカーと韓国および台湾半導体メーカーは同じモノを作っているのか?

日本の半導体メーカーが微細性と精度の必要なモノを作っていて
韓国および台湾半導体メーカーが、それほどの高性能ではなくてもいいモノを作っていたら
当然、装置に対する要求が異なってくるけれども。

記事では日本の半導体メーカーの過剰品質だとしているね。


75 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 01:34:54 ID:rdEuU6cL
趣味の製品以外のものは、モジュール化、オープン化に必ずやられる。
数値で表現できるようなものは全部いずれはモジュール化されていくと
思ってればいいのだろう。スループットなんかその最たるもんだ。

趣味に関しては、人の好みはオープン化もモジュール化も難しい
からなかなか粘るがな。


82 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 01:48:29 ID:1XlIPKeC
新興企業が欲しがる製品を作るのは重要だろうな


82 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 01:48:29 ID:1XlIPKeC
新興企業が欲しがる製品を作るのは重要だろうな


83 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 01:53:49 ID:tsuNMhVk
日本は精神論で勝負ですから。


86 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 02:03:06 ID:dc5Ezcq8
新しいシステムを作るのが苦手なんだろうと思うな。
本当に日本人ってそういうのが向かない。というか、そういうのに卓越してるヤツをあんまり見かけない。


88 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 02:04:48 ID:Z6odC4mN
>>86
作られないっていうか作らせないんだろうね。周りの人間が


92 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 02:15:42 ID:agrucPQE
>>86
簡単に洗脳されすぎですよ。
ステッパ(露光装置)以外で世界でトップクラスのシェアって半導体製造関連は国内多いです。
むしろ特異な例と呼べるステッパをわざわざフォーカスした記者に疑念を持ちます。
確かに装置価格は高いですけど。


94 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 02:18:36 ID:QpigKNUf
時代が最終製品も中間生産物も製造装置もコストパフォーマンスが必要とされとるゆうことやね


105 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 03:17:16 ID:Taqc/6+r
職人芸より一発芸か


106 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 03:19:20 ID:rdEuU6cL
ウェット技術に関しては日本が強いな。

CVDとかスパッタ、ドライエッチングとかは案外簡単にコピーできるが、
洗浄とかCMPなどのウェットは面倒なノウハウがあってコピーしにくい。
薬液処理って面倒なとこもあり、参入障壁が高い

こっちの分野で頑張るべきだろうな。



110 :名刺は切らしておりまして:2010/09/26(日) 04:49:05 ID:HyQWYaaI
ま、事実は「売価を下げたくない(上げたい)製造機器メーカーが、無駄に
値段を吊り上げる策として低高率な開発体制を維持し続けている」ってのが
真相ですよ。
出来ないんじゃなくてあえて「しない」んです。
どうでもいい取り付け部のネジひとつ削り出しで作ったりw
数円で済むところを数千円もふっかける。
国内では横並びの談合がまかり通ってるんで他社のテリトリーには
滅多なことでは踏み込まないので価格競争も品質競争も起きません。


スポンサーサイト
■このサイトはブログ村のBlogランキングに参加しております■
↓ご支援の為に投票頂ければ幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR] キャッシング カードローン 比較 申込 審査
[PR] 必見!安心・オススメのカードローン・キャッシング比較サイトはこちら
[PR] クレジットカード選びの決定版!クレジットカード比較サイトはこちら

ビジネスニュース,名刺を切らしておりまして,日本経済新聞,まとめサイト,wiki,キャッシング,カードローン,金融ニュース,銀行ニュース,cashing,経済ニュース,cardloan,ローンカード,クレジットカード,闇金,サラ金,消費者金融,ニュースまとめ,2ちゃんねる,ビジネスnews+,ニュー速+,ビ+,ビジ板,biz+,ビジネス板,金融情報,闇金融,経済情報,


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://diggindeeper.blog43.fc2.com/tb.php/1456-118100c0
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。