■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コラム】「国の借金」意味分かって使ってる? 家計簿的発想で「国家のバランスシート」を見るなかれ

2010年08月22日 05:25

【コラム】「国の借金」意味分かって使ってる? 家計簿的発想で「国家のバランスシート」を見るなかれ [10/08/17]
graph001.jpg


1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2010/08/21(土) 12:28:06 ID:???
 日本の財務省やマスコミ、評論家、それに政治家などは、好んで「国の借金」という用語
を使用する。その割に、彼らはバランスシート(貸借対照表)について全く理解していない
わけだから、実際、困ったものである。

 借金とは「人から借り入れた財産」を意味し、バランスシートの負債項目に計上されるべ
きものだ。「国の借金! 国の借金!」などと騒ぎ立てるのであれば、常識としてバランス
シートについて理解していなければならないはずだが、現実はどうも違うようだ。


■誰かの負債は、誰かの資産
 今回は、まずは2つの「原則」をご紹介したい。

 1つ目は「この世の誰も覆せない絶対原則」。資産と負債の関係についてである。

◆原則1:誰かの負債は、誰かの資産。誰かの資産は、誰かの負債

 誰かがお金を借りているのであれば、誰かが貸している。誰かが貸してくれない限り、
誰もお金を借りることはできない。当たり前である。

 ところが、マスコミなどで「国の借金」について語っている方々の多くが、どうもこの「
絶対原則」を理解していないように見受けられるのだ。

 続けて、2つ目の原則である。資本主義国である限り、この原則を覆すのも、これまた相当
に難しい。(と言うよりも、現実的には不可能である)

◆原則2:「国=政府」ではない

 かつてのソ連や中国などの共産党独裁国家は知らないが、少なくとも資本主義国において
は「国=政府」ではない。すなわち「政府の借金=国の借金」ではないのである。

 日本銀行は統計をとる際に、「国」の経済主体を主に5つに分類している。すなわち「政府
」「金融機関」「非金融法人企業」「家計」「NPO(民間非営利団体)」の5つである。本稿
でも日銀に倣い、「国の経済主体」を上記5種類に分けて考えたい。

ソース:日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20100816/215789/




5 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 12:30:43 ID:FzBZDiEX
悠長にコラムなんぞ書いてる暇があったら・・・


20 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 13:59:43 ID:9c97pdV2
>>5

ちゃんと参議院に立候補して落ちてるよ


6 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 12:34:02 ID:GKKqt2Fd
でもこれって世代間の格差構造の要因になるんだよね?

新社会人に有無を言わせずに老人世代に

900万円奴隷奉公しなきゃいけない社会ってなんなんだよ?


9 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 12:45:53 ID:FnvhVR7o
>>6
> でもこれって世代間の格差構造の要因になるんだよね?
> 新社会人に有無を言わせずに老人世代に
> 900万円奴隷奉公しなきゃいけない社会ってなんなんだよ?
-------------------------
ネズミ講年金廃止&政府紙幣による掛金払い戻しで

ハイパーインフレ/ハイパー円安にして、自動車や家電を輸出しまくる
という手もあると思うんだよな

で、新たに、「本人が掛けた金額+運用益だけ返ってくる」まともな
年金制度にすればいいよ



10 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 13:09:47 ID:PMWiszA7
政治家も公務員もマスゴミも増税したくて仕方ないからなw


12 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 13:15:54 ID:ZaMNcnB5
日本人はマゾヒストだから、
政府が増税したいための国の借金論法が大好き☆


13 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 13:30:00 ID:C5f6BASd
この人の理論は典型的な話のすり替え。
返済や利息の支払いが滞るような債権は、損失をもたらすということを言わない。
だれかの負債は誰かの資産だから問題無しというなら、
バブル崩壊後の問題も存在しないはずだし、リーマンショックも存在しない。

それと、デフォルトは有り得ないから大丈夫も間違い。
問題なるのは、債権価格の下落による金融機関の損失が問題になる。
こいつは、バブル崩壊後に担保の不動産価格の下落により、損失を拡大させたのと同じ。
ギリシャ問題も、デフォルトそのものよりも、債権価格の下落による損失が真っ先に問題になった。
紙幣を増刷すれば問題解決しないのはそねため。
デフレを見込んで国債を買いまくってるのに、そこに債権価格の下落を起こすインフレ
を発生させたら、金融機関は大きな損失を被る。
財務省や日銀が恐れているのはそれ。


34 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 18:14:02 ID:497CW9W7
>>13
前半は言っている意味が良く分からんが、
後半のインフレによる国債価格のの暴落論は、
インフレによる影響は国債に限らず全ての債権に対して平等に作用するので、
国の保障で確実に元本と利子が支払われる国債だけを危険視するのは妥当な見解ではない。


14 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 13:36:18 ID:mYEd4afT
リーマンショックはますますアメリカ国債は値上がり(金利低下)させる
契機になってるから三橋の主張を補強する材料にしかなってない

また、インフレ転換で保有債券から損失が発生しても他の資産(株式・不動産)
の値上がりで相殺できるので財務省は困っても金融機関は困らない


17 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 13:46:06 ID:wYeWChuA
一般人が借金背負ったみたいに報道するあたり
増税の流れを作りたい官僚どもの思索が見て取れるな。
デフォルトされて死ぬのは低金利預金を利回り1%の国債で回している
銀行だったりするわけだし。
まあ銀行が死んだら俺達の預金は(ry
結局「金」だったり「不動産」なりにしておいたほうが一番無難だと思う。


19 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 13:55:38 ID:Yr6kR7Hs
国は借金が実は大したことじゃないことを認めたくないんだよ
だって、認めると地方の借金を全部国が肩代わりすることになって
そうなると予算による地方の支配ができないじゃん



23 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 14:41:30 ID:boM1SDBa
よくわからんのだけど、
バランスシートだけじゃなくて、P/Lとかキャッシュフローも見ないと
国の財政事情については間違った解釈も出るということ?
三橋氏の言いたいことはたぶん国の借金=国民の借金じゃなくて、国民の債権ということだろうけど
それのどこが間違ってるのかもわからん・・


24 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 15:00:45 ID:SOsJfwru
別にマスコミだって経常黒字だっていってるじゃん。


25 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 15:12:37 ID:C5f6BASd
日本の金融機関、特に郵貯は国債の値下がりを、
他の資産の値下がりでは相殺できない。
郵貯などは運用の八割ほどが国債だからだ。
日本国内で消化をほとんどしてきたことは、日本の金融機関の、
資産構成が国債に偏ってることを意味している。
だからあまり相殺できない。

それと、日本国内で消化をほとんどしたこともネックになってくる。
国債の買い余力があるうちは、低金利で資金調達できる便利なシステムだったが、
買い余力がなくなると、買い手不在の暴落相場になりやすい性質がある。
サブプライム債権とかも、実は狭い市場が飽和状態になり、そこに売りが集中した時に大暴落となった。
暴落相場になると、金融機関は僅かな期間で損失が拡大する。


26 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 15:20:48 ID:htq+nPep
つまりだな、国は国民に借金して
道路を作り橋を作り公共事業で金をばらまく。
その金が民間企業に回ることで給料が上がり
その人たちが車を買い家を買うことで景気がよくなる。

民主党はそれを止めてしまった。だから工事が止まり下請けが倒産し
派遣がクビを切られ、金が回らなくなり不景気が加速している。

国の借金はどんどん増やすべきなんだよ。
政府と国民は別ものだからな。


27 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 15:22:47 ID:R4kt+3cp
どうせいつか踏み倒すんだろ
せめて森林再生とか有意義なことに使ってくれ


31 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 17:46:54 ID:IVEdChPa
展開としては、デフレが続いていよいよ国民の金が無くなって
預金残高が激減してから金融機関が国債を買う余裕が無くなって
国債が売りに出始めて国債価格が暴落し始めて更に国債が売り出されて
暴落相場になったところで政府が日銀に無利子無期限の国債を
2000兆円買わせて、その資金で政府が国債を償還して
残った金を定額給付金と同じルートで国民に配って
額が大きいから半分くらいが消費に回ってちょっと景気が回復し始めて
その頃になって国債暴落の影響で円安になってたことが幸いして
輸出企業の業績も回復してGDPが上がり始めて良性インフレに成り始めて
日銀白川が金利引上げてデフレスパイラルになって日本終了。


32 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 18:06:24 ID:C5f6BASd
国債をあんまり発行すると、ますます景気が悪くなるんだよな。
国債発行して巨額な資金調達してしまうと、銀行は企業からの融資を引き上げ、国債購入に走る。
いわゆる貸し剥がしが横行する。
公共事業が行われても、土建企業の維持にしか役立つこともなく、
雇用も一時的な雇用しか生みださない。
長期間の雇用を創る、成長産業の育成にお金が回らない。
これが失われた20年と円高・デフレを招いた。
本来は海外投資などで為替を円安にするはずの資金が国内に留まったから。
衰退産業の維持だけでは、雇用の安定がないので消費は伸びない。
ただ、それにも限界はやってくる。
国債の消化が上手くいかなかった時は、短期間でガラリと状況が変わる。
その犠牲になる人も多いだろう。


33 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 18:13:02 ID:fZz0oX+Z
>>32
土建企業に行ったお金はその場で消滅しちゃうんですか?
税収にはならないんですか?
銀行口座へ行って銀行が再び国債を購入する原資にならないんですか?

土建企業の人達は給料で食品も家電製品も車も全く買わないんですか?
雇用が増えても失業者は減らないんですか?

軍需産業を封じられてる日本で公共投資よりGDP増大に貢献する産業がどこにあるんですか?


37 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 18:27:00 ID:YqAPl9yt
>>33
>土建企業に行ったお金はその場で消滅しちゃうんですか?
税収にはならないんですか?
銀行口座へ行って銀行が再び国債を購入する原資にならないんですか?

この理屈なら個人に100万づつばらまいた方が早いな。w
土建屋を通す理由は?


35 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 18:21:51 ID:4NXVQfH3
日本の銀行の対民間融資が貸す時は杜撰、
借りた後は銀行からのアフターフォローがなさすぎて、
借り手側が後に大損こくから、不況が続いたほうがマシ。


36 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 18:23:53 ID:80jpS48S
金持ちにとってはデフレの方がうれしいでしょう。
お金の価値が相対的に上がるからね。
だからわざとデフレにしているんじゃないの?w


38 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 18:27:11 ID:boM1SDBa
財務内容が良くなるからデフレのままっていうのもなんか納得できそうな意見だな
実際のとこどうなんだかよくわからんけど
日銀がなんでデフレを放置してるのか有名経済学者さんさえわからないようだし・・・


40 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 18:30:38 ID:4NXVQfH3
>>38
財務省にしろ日銀にしろ、
「今抱えている仕事だけでもしんどいのに、
さらに余計な仕事を自らの手で創り出したくない」
という、マックス・ウェーバーが納得しそうな渡世意識です。


43 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 18:33:48 ID:YqAPl9yt
>>38
インフレにしても低賃金のままだから低所得者層が崩壊する

物価上昇率に賃金の上昇がついてこないからインフレにしてもあまり意味がない


59 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 18:56:14 ID:boM1SDBa
>>43
インフレにしても低賃金のままなのは決定的なんだ?
大企業は賃金上昇するかもしれんけど、中小下請けまでその恩恵が回ってくるかどうかはわからないのは確かだけどね。
もう昔の取引上の信頼関係なんか崩れてもはや敵同士に成り下がってるらしいしなぁ・・


69 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 19:11:53 ID:YqAPl9yt
>>59
インフレにして
物価上昇率に低所得者層の賃金上昇率がついてくると考えている方が不思議


74 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 19:20:32 ID:boM1SDBa
>>69
海外に逃げた仕事もインフレで国内に戻ってきて雇用が増えれば必然的に賃金全体の底上げになるんじゃないの?
需要が増えるのに対価が同じって、それ資本主義じゃないでしょ・・


41 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 18:30:52 ID:64AXmch9
金持ちはどちらでもいい、インフレなら資産増やすために動ける

デフレでうれしいのは老人
所得が年金に限られるので、物価はいくらでも安いほうがいいし
貯蓄はなるべく目減りしないほうがいい



44 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 18:36:09 ID:36AeDYhf
要するに国民は国家の財産であると。
だから国民のお金を流用することは借金じゃないよ~っと。


51 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 18:45:09 ID:4NXVQfH3
道路やダムや堤防や橋梁の補修更新は、国や県が発注せんと無理だろう。


54 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 18:50:24 ID:OBIkVhHv
いつごろから財務三表で国家や地方公共団体が語られるようになったんだ?
その発想がおかしくね?


60 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 18:59:54 ID:A1g02JxI
これは、ほぼ国内で国債を消化しているから問題ないっていう話でしょ。
それと、今現在の話であって、一番の問題である国家予算の半分を赤字国債に頼っていることを無視している。
雪だるま式に赤字が積み上がり、日本の経済がしぼんでいく中で国債の消化がままならないと
金利が跳ね上がって借り換えもできなくなるっしょ。


78 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 19:29:48 ID:64AXmch9
まあこの不況の直接の原因は建築基準法の改正だしね
これで建設関連が一気に冷え込んだ


79 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 19:31:21 ID:eSiuPkS5
今時無借金経営なんてありえんの?


86 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 19:38:45 ID:wH6J1IpX
最頂点の国家というのはあるようでない存在だから
破綻しようがない。
最末端の個人も形的には破綻はあるが命消されるわけではない。
破綻で消滅するのは最頂点の国家と最末端個人の間の
法人、団体である。

国=国民の集合体であり自分の右手で左手に貸してるようなもの。
子供が親にお金貸してるようなもの
あくまで数字遊びの世界と全く同じである。


87 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 19:38:50 ID:64AXmch9
問題なのは、国よりも地方の財政なんだよね


92 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 19:45:06 ID:boM1SDBa
>>87
思ったほど問題じゃないかも
もし問題だったらとっくに地方公務員の給料は下がってるから
破綻したって町がそっくりなくなるわけじゃないし
地方債だって起債できるし、嫌なら外に出ちゃえばいいし、夕張みたいに。


90 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 19:44:08 ID:eSiuPkS5
問題は地方公務員の人件費だよな
退職県債とか発行してるしさ


93 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 19:45:55 ID:jTSneHra
現実逃避&問題の先送りは、日本人のお家芸w

増すごみと政治家に踊らされる有権者が一番悪。


94 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 19:47:08 ID:eSiuPkS5
公共事業は民間企業を圧迫しては駄目
あくまでも公共事業じゃなくちゃ
だから箱物は駄目なんだよね


98 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 19:51:04 ID:xOG4UAri
やってみればわかる話
誰かが負債を背負うことになる訳だが
誰だ?誰に負債を押し付けるんだ?


102 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 19:53:19 ID:cfyZU1pK
公務員の給与が高すぎるからさげろ見たいな話をよく聞くが、一部例外を除くと
高すぎることはないと思う。
バブルのころは逆に公務員の給料安すぎるって言われてたし。

会社員の給料が公務員よりよくなるよう景気をよくしてくれ。。てのが正しい気がするが


116 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 20:06:17 ID:boM1SDBa
>>102
地方公務員法には大抵、人件費について情勢適応の原則と均衡の原則を盛り込んでるんだけど、
原則だから守られてないね
高すぎるとは思うよ
だから公務員の方の給料を民間に合わせるべきというのが正しいよ


103 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 19:53:58 ID:ciGOOD9D
金は天下の回りもの、これを感覚的に理解出来るか否か


104 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 19:54:34 ID:peZYwMqt
新たな借金>収入となる前ならともかく
そうなってからこんな事を言われてもなぁって感じ


108 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 19:56:17 ID:cYq5BhjK
国のバランスシートは大きな問題ないよ。心配なのは国債の買い手が足りなくなったとき。
国民の貯蓄率が下がり、そのうち、団塊世代が貯金を取り崩し始める。
買い手が不足したときが破綻の始まり。


109 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 19:57:50 ID:fZz0oX+Z
>>108
その取り崩したお金はどこへ行くんですか?


112 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 20:05:07 ID:YtNif6Fe
>>109
一部は海外へ行くだろうね
今使ってる生活用品で海外生産してる分の労賃やらなんやらは向こうに行ってるわけだし
外から買うお金も稼げなくなったら危ないよ


117 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 20:12:20 ID:fZz0oX+Z
>>112
そうなれば円高で高止まりしている現状を解消できるわけだ


110 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 20:00:04 ID:eSiuPkS5
破綻しないように経済成長せねばならんのに
デフレキープはないだろ?


111 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 20:04:54 ID:C5f6BASd
金利が上がったらどうなるか?
電卓で計算してみればわかるよ。
こんだけの低金利でも、税収の25%くらいが国債利払い。
そこに毎年新規国債と借換債が100~160兆円もある。
仮に金利が3%程度になったら、どれだけ毎年負担が増えるか計算してみるとよい。
なんで政府・財務省・日銀が長期金利を気にするか、
円高・デフレを放置してるかが見えてくるぜ。


マイルドインフレ政策はいまとなっては手遅れ。
やるなら小泉内閣末期から阿部内閣の頃にやるべき話。
もう、限界まで国債を買ってもらうしかないだろ。
大丈夫と国を信じるか、信用しないで円高のうちに国際分散投資するかは
自己判断するしかない。
マイルドインフレ政策なんて、食事療法みたいなもの。末期がんには効果がない。こんだけ国債残高がある上に、新規国債が税収よりも多い状況ではかえって危険。
せめて新規国債発行を大幅に抑制できてからでないと意味がない。


119 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 20:19:14 ID:64AXmch9
>>111
>仮に金利が3%程度になったら、どれだけ毎年負担が増えるか計算してみるとよい。

どうなったら金利が3%になるの?
それが分からないとその仮定は意味がないと思う


207 :名刺は切らしておりまして:2010/08/22(日) 00:08:53 ID:8CN67VCN
>>111
その分日銀が円を発行すれば用だけの話。なんの問題もない。
ていうか国債の金利とシニョリッジ以外に日銀の発行した円
を市中に配る方法があるのか?

明治時代と今は比べるまでもなくどっちが通貨の量が多いかなんて一目瞭然。
別の言い方をすれば資本主義である限り中央銀行は供給を増やす義務がある
と言い換えてもいい。

日銀が通貨の供給をサボっているからデフレになってるんだろ



207 :名刺は切らしておりまして:2010/08/22(日) 00:08:53 ID:8CN67VCN
>>111
その分日銀が円を発行すれば用だけの話。なんの問題もない。
ていうか国債の金利とシニョリッジ以外に日銀の発行した円
を市中に配る方法があるのか?

明治時代と今は比べるまでもなくどっちが通貨の量が多いかなんて一目瞭然。
別の言い方をすれば資本主義である限り中央銀行は供給を増やす義務がある
と言い換えてもいい。

日銀が通貨の供給をサボっているからデフレになってるんだろ



113 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 20:05:10 ID:1LXqDG6A
国債発行額が多すぎることは、実体経済より国民の見かけ上の債権保有額だけが膨らんでいることを意味すると思う。

国債を買っていた人たちが、国債を売り払い、
それを実態のある財・サービスに変換しようとしても日本にそれだけの価値を創出できる能力はないということ。


118 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 20:18:40 ID:tEbjIf8B

>原則1:誰かの負債は、誰かの資産。誰かの資産は、誰かの負債

いいことを言ってくれるね。 借金が900兆円もある。タイヘンダ。タイヘンダ。財務省が喚き散らしマスコミが呼応して財政再建の
大合唱だ。戦前がまさにそうだった。朝日新聞は米国と戦争すべし・・煽りに煽った。東條英機は内乱を恐れて開戦。この判断は
間違いだが、東條の心境が分からないわけではない。

いまそうじゃないか。新聞、テレビはすべて財政再建・消費税増税一色だ。昔戦争、今増税だ。全部が一方に偏るのは危険だ。
少数意見だが「財政出動」が正論なんだよ。

冒頭にあるように国の借金は国民の資産なんだ。資本主義経済とはこういうものなんだ。

無借金は格好いいね。しかしだれもが無借金を想像できるか? そんな社会はない。


120 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 20:22:49 ID:uGci+Ndi
>>118
資産は増やしてROAにして返す必要があるだろ?
借金を居直るのはただ厚かましいだけなんじゃね?


132 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 20:39:21 ID:zkWBv2lY
>>120
>資産は増やしてROAにして返す必要があるだろ? 

名目ROAな。

だからこそ、インフレが必要なんだ。

実質ROAが保証されるなら金持ちはずっと金持ちでいられるってことだが、世の中そこ
まで甘くあってはいけない。


122 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 20:27:05 ID:vFFeZ5T3
>>1
公務員の平均給与が年収800万円とかって、ドンだけ超一流企業レベルなの?
年金不払いや100才以上の高齢者の行方不明者数を見ても、とてもじゃないが、まともに仕事をしているようには見えないが。



124 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 20:28:47 ID:p4cXheT0
公務員人件費の話になるとバブルの頃は~って言い出す人いるけどさ
バブルの頃も公務員の方が民間より高かったよね
結局公務員がもっとよこせ言ってるだけなんだろうな
死ねばいいのに


126 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 20:32:37 ID:CiAY7pDZ















また日本人を騙して国債を買わそうとしてるのか?




127 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 20:33:02 ID:C5f6BASd
どうなったら長期金利が上がるか?
簡単だよ、国債が今までみたく国内て消化できなくなった場合。
国内消化できずに、海外に買い手を多く見つける必要が出てきた場合、
長期金利は確実に米国国債以上にはなるな。
そうなると、確実に3%は越える。

だから、昨年秋くらいから、いつまで国債で消化できるかが論じる意見が出初めた。
金利は急に下がりもするが、条件次第では急に上昇もする。


129 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 20:35:25 ID:OHUKaGWr
毎年の国債の利払い、アホらしいと思わないのか?


130 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 20:36:50 ID:eSiuPkS5
金利上がるなんて昔からいわれてんじゃん
そして誰も当たらない
相場やってるやつのポジショントークだよ


134 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 20:43:07 ID:boM1SDBa
なあ、よくわからんのだけど、
政府の負債が1000兆円だろ?
で、家計の資産が1400兆だろ?
金利が0.5%としてさ、
家計の資産の1400兆円全てを政府の金利支払いが食いつぶすとしても軽く180年はかかるから
国債の買い手がいなくなるときってかなり先だけど、これで合ってる?


138 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 20:55:56 ID:fZz0oX+Z
>>134
1400兆円は個人の金融資産だけの数字だから国債の原資はもっと沢山ある。

それに金利を支払ったところでそのお金が突然消滅するわけじゃないから
食料や石油みたいに食いつぶすというのは原理的にありえない


144 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 21:14:30 ID:boM1SDBa
>>138
ああそっか、原資は極端な話5000兆円あるんだよな(金融機関+一般企業+家計の資産)
毎年の国債発行額40兆円として単純計算で125年もつってことでいいのだろうか・・
てか、政府以外の資産が増えないとは考えにくいからもっと持つか・・
ところで資産合計がずっと増え続けるというのは実際的にありえるの?


152 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 21:36:09 ID:fZz0oX+Z
>>144
資産が増え続けているというのはギリシャがいい例だな。
ギリシャはドイツやフランスから借金して国内にばら撒いてたわけだから。

一方日本は国内で政府から民間、民間から政府へとグルグル回ってるだけ

資産を増やすには借金をする必要がある。
日本のバブルの時なんかは民間の資産が増え続けてたけど、同時に借金も増え続けてた。
今は民間が借金を増やさない、それどころか借金を未だに返済し続けている。
だから政府が借金して滞ったお金の流れを正常にしなければならない。


159 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 21:41:30 ID:boM1SDBa
>>152
実は日本って国は世界的にも奇跡的なくらい経済的にうまく国家を運営してるんじゃないの?w
よく叩かれる官僚や政治家の手腕なのか?
なんかわからなくなってきたわ



162 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 21:50:06 ID:fZz0oX+Z
>>159
1995年ぐらいまではバブル崩壊があったけど比較的上手くやってたと思う
97年あたりからの本格的なデフレ不況に突入してから迷走しっぱなしだけど。

橋本政権下なんてデフレなのに国債発行を減らして緊縮財政をして、
さらに増税までした(菅のやろうとしてる事にソックリ)。
そのせいでさらに不況が深刻化して現在に至る。


135 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 20:45:39 ID:eSiuPkS5
日銀が買えばいい
通貨発行権持ってるから無限にかえるよ


137 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 20:54:21 ID:C5f6BASd
政府負債は元本が毎年40兆円以上増えている。
というか、元本自体が増え続けてることを、
本当に知らないのか?


142 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 21:09:51 ID:fZz0oX+Z
>>137
それだけ日本経済は巨大で資金需要がまだまだある、という何よりの証拠だ。

それだけの額を使っても全然デフレからインフレにならないんだからw


139 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 20:58:36 ID:eSiuPkS5
だから家計簿じゃないんだってば


140 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 21:05:45 ID:TCWfNLgs
あれ?じゃあ公務員の給与削減も議員定数の削減も公共工事の削減も必要ないんじゃ?


141 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 21:09:22 ID:zkWBv2lY
>>140
>あれ?じゃあ公務員の給与削減も議員定数の削減も公共工事の削減も必要ないんじゃ? 

逆。

公共支出のうち必要のない部分を削減するんであって、必要な公共サービスならそれなり
のコストをかけてでも提供しないといけない。


145 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 21:25:18 ID:DBhprxXH
国の借金がってのが、いかにバカな話か分かるよ
貸してる国民側も借りてる国側も
いやいや貸し借りしてるわけでなく投資だからね

では、今すぐ国の借金をゼロにしてみな
国民は利息収入を求めて国外に貸すだけ。
それでその国がこけてみな。どうなるかw


146 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 21:27:58 ID:DBhprxXH
国=国民だから、自分で自分に貸し借りしてるだけで
どっちがどうなろうと全く関係ない。


149 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 21:34:33 ID:eZAS6Jnr
税収内で予算作れよ
国債発行ゼロにしろ
そこから外れるのはイカサマ、ゴマカシ、スリカエ、不健康、邪道
ユーロの実際はともかく、ユーロが作ってる規律が不要って言ってるのか?こいつは


157 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 21:41:08 ID:tK7oLjF7
>>149
そのユーロ圏の規律(財政赤字GDP比3%)をずっと破ってたドイツとフランスが今一番調子いいのはある意味皮肉だけどね
ましてやアイルランドとスペインなんて財政の優等生だったのに


150 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 21:34:50 ID:eSiuPkS5
ばらまき先は低所得者にしたほうが効率的でしょ?
所得が多く金を使わない公務員にばらまいても無駄


153 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 21:38:11 ID:eZAS6Jnr
国債は未来世代からの借金


158 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 21:41:25 ID:4PY3Uvuf
>>153
借金しないと、未来の世代は産まれてこないんだけど。


161 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 21:48:24 ID:QkIPw6JE
自分も非常に不思議に思っていたんだけど、テレビで経済の専門家を
自称する人が国民一人当たり700万の借金としたり顔でいう。
”その借金を誰に返すの?”と聞く人が誰もいない。
誰でもない、国債持っているのは日本国民なんだから、国民が国民に返すだけ。
金利も同じ、例え増税で利払いや借入元本の償還をしたところで、その金を
受け取るのも国民。国民から国民に金が動くだけ。つまり、全くニュウトラル
であって、何故将来世代に負担になるのかさっぱり分からない。
現在も未来も、払うのも国民で全く同額の金利や償還金を受け取るのも国民。
どこがどう負担になるの?って聞きたくなる。
勿論、国民が引き受けられない額に達したら、問題だけど、世界中の殆ど
全ての国が対外債務を持っている。日本のように純債権が250兆もある国は
全く無い。となると、日本の財務状態は世界で最も安全に見えるのだが。



167 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 22:01:02 ID:uIVPko6y
GDPに貢献する為、以前からも言われてたけど、電線の地中化は是非進めて欲しい。
観光に力を入れている地域でもあのくもの巣のような電線は見苦しい、
また狭い道路では電柱は歩道の邪魔になっている。
ぜひ観光立国先進国の実力を見せて欲しい。
公共事業のイメージが土建屋の談合体質とか箱物をイメージさせるけど、
公共事業が悪いわけではなく、談合体質やいらないものを作る
無駄使いが悪いのであって公共事業自体が悪いものではない。


192 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 23:04:02 ID:5aoJslr1
>>167
地下に電線埋めると脳みそカラッポの土建屋がショベルで簡単に切断してしまうから駄目らしい


172 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 22:13:02 ID:C5f6BASd
勘違いしてるアホがいるな。
財政出動して企業が儲かっても、全てが国に税収として還ってくる訳ではない。
だから国債残高が増え続ける。
金が還ってこなければ、債権者への返済が難しくなる。
こんな当たり前の理論が理解できないのか?
投資したから、必ずしも回収できるわけではない。
財政出動しても、出動分が全額は還ってこない。
だから赤字が累積する。
財政出動分の税負担を企業にできるか?



172 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 22:13:02 ID:C5f6BASd
勘違いしてるアホがいるな。
財政出動して企業が儲かっても、全てが国に税収として還ってくる訳ではない。
だから国債残高が増え続ける。
金が還ってこなければ、債権者への返済が難しくなる。
こんな当たり前の理論が理解できないのか?
投資したから、必ずしも回収できるわけではない。
財政出動しても、出動分が全額は還ってこない。
だから赤字が累積する。
財政出動分の税負担を企業にできるか?



174 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 22:18:01 ID:fZz0oX+Z
>>172
ここ10年ほどの銀行の預金残高の推移を見てみな


173 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 22:16:38 ID:tK7oLjF7
基本的に時価評価(満期目的が大半だから、売買目的だと時価だが)をしないし国債担保にいくらでも日銀、レポ市場を通して金を調達出来るから損失はそれほどない
株式、土地下落の評価損、不良債権の方がよっぽど深刻



176 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 22:20:44 ID:1FD5jfGC
>>173
なるほど。


175 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 22:19:33 ID:YJI6MNMd
国債発行額>税収が当たり前な感じで経済縮小傾向しか見えてないではどうしたってねぇ

先に行くほどリスク高まるし
色んな策での借金踏み倒しとかもしっかり混乱あるし
国債以外でも更に借金する方法も模索もしだしてるし
不安論が出ても仕方が無いのが現状


178 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 22:29:00 ID:y0/Spch4
>誰でもない、国債持っているのは日本国民なんだから、国民が国民に返すだけ。
>金利も同じ、例え増税で利払いや借入元本の償還をしたところで、その金を
>受け取るのも国民。国民から国民に金が動くだけ。つまり、全くニュウトラル
>であって、何故将来世代に負担になるのかさっぱり分からない。
>現在も未来も、払うのも国民で全く同額の金利や償還金を受け取るのも国民。
>どこがどう負担になるの?って聞きたくなる。

今銀行預金=国債を持ってる老人が、未来の納税者=若者、子供から金を返してもらうというシステムなんだがw


184 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 22:41:24 ID:QkIPw6JE
>>178
国債と云うのは、最上級の資産です。当然相続されていきます。


179 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 22:30:57 ID:y0/Spch4
>自分も非常に不思議に思っていたんだけど、テレビで経済の専門家を
>自称する人が国民一人当たり700万の借金としたり顔でいう。
>”その借金を誰に返すの?”と聞く人が誰もいない。

なんで自分だけが特別馬鹿だという疑問を持たないのかw


180 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 22:32:50 ID:yX/zR+Mt
家計に例えるなら、夫婦共稼ぎで世帯収入ギリギリで維持できてるが、
浪費癖のある嫁が更に浪費して世帯収入超えようとしてるのが今の状態でしょ。


183 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 22:41:14 ID:zz3im1vt
借金しても問題ないなら、いっそのこと全ての国家予算を国債で賄えばいいのに。

無税国家が実現できることを、まず日本が証明すべき!
そして、すべてのニートにベーシックインカムを。(財源はもちろん国債)


185 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 22:50:01 ID:QkIPw6JE
>>183
紙幣を発行することも、硬貨を発行する事も借金です。
ただ、無利子で返済義務が無い借金なわけです。
だから、日銀に無利子、無期限の国債を買い取らせて、ばら撒くと
云うのはこの際有効でしょう。
現在、海外で魅力的な市場は新興市場しかないので、国外に流れる金は
知れてるからです。
行き場のない金は国内の資産市場に流れるしかない。


195 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 23:21:12 ID:boM1SDBa
内輪で回してる限り対外的にはなんの問題もないってことがよくわかったよ
金(税金・国債)使う側が相手にしてるのは、怖ーい海外のお兄さんたちじゃなくて、
マスコミでどうにでも操作できるロボット子猫ちゃんだもんな。
こういう仕組みがうまく行ってる限り、株価も暴落なんて有り得んし超絶円安もないだろうな
まぁ、日本はまだ当分しばらくは安泰ってことだな・・・


196 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 23:21:16 ID:dqcXuDx/
こういう生半可な知識がある奴がいい加減なことを言うから困る
バランスシートで負債、資産でバランスが取れているからとか詭弁すぎる
このままいけば、いや既にもう手遅れに近いが、国債の信用を失って資金調達できなくなる
一度でも国債の債務を踏み倒せば、二度とその国の国債を買うものはいないだろう
その時点で日本は資金調達できなくなり終わり

負債と資産のバランス? アホか! 実態社会を見ろ! 外に出ろ 頭でっかちのオタンコナス


200 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 23:32:49 ID:S/8bELzX
「死ぬ」ことで合法的に踏み倒せる個人と違って、借り換えによって
事実上、償還しなくていいからな。問題はファイナンスできる上限と
金利ってことになるわな。

国よりも信用が無い企業だって、基本的にはメインバンク等に借り換え
するから金利は払うけど事実上、元本を償還することは無いだしょ。
経営が健全な限り。


203 :名刺は切らしておりまして:2010/08/21(土) 23:35:02 ID:4/tIKuIR
破綻論者が必死で反論してる姿が見れるだけでも空気は大分変わりつつあるのがわかるw
いつまで狼が来るぞって言い続けられるのか見物させてもらうよ


スポンサーサイト
■このサイトはブログ村のBlogランキングに参加しております■
↓ご支援の為に投票頂ければ幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR] キャッシング カードローン 比較 申込 審査
[PR] 必見!安心・オススメのカードローン・キャッシング比較サイトはこちら
[PR] クレジットカード選びの決定版!クレジットカード比較サイトはこちら

ビジネスニュース,名刺を切らしておりまして,日本経済新聞,まとめサイト,wiki,キャッシング,カードローン,金融ニュース,銀行ニュース,cashing,経済ニュース,cardloan,ローンカード,クレジットカード,闇金,サラ金,消費者金融,ニュースまとめ,2ちゃんねる,ビジネスnews+,ニュー速+,ビ+,ビジ板,biz+,ビジネス板,金融情報,闇金融,経済情報,


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://diggindeeper.blog43.fc2.com/tb.php/1389-b83590d2
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。