■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【バイオ】食料がなくなる日--種子メジャーの野望、日本の無策

2010年07月21日 14:58

1ライトスタッフ◎φ ★:2010/07/20(火) 18:26:22 ID:???


今後、数十年にわたって、日本と世界にとって、最も深刻な問題は何でしょうか?

環境? 経済? エネルギー? 戦争?

異論はあるでしょうが、今週の「日経ビジネス」では、こういい切ります。

もっとも恐ろしい問題は、「食料」である、と。

ここ数年、「食料自給率が40%を切っている!だから自給率を上げましょう」という話が、
農水省を中心に政府から上がっています。一方で、「いやいや食料自給率なんて気にしても
意味がない、経済がしっかりしていれば食料は輸入できるんだから」という意見もあります。

けれども、食料問題は、日本国内のこんな牧歌的議論をふっとばす「危険水域」に来ている
のです。2009年時点で68億人の世界人口は、2050年には91億人になる予想です。
その最上位を占めるであろうインドと中国は、今の経済成長の勢いだとそれぞれの国民の
生活水準が大幅に上がります。つまり、より多くの人がより豊かな食生活を求める。

すると、どうなるか。

国連食糧農業機関によると、今より1.7倍食料生産量を増やさないと、この人口増大には
対応できない、というのです。すでに世界の食料供給は限界まで来ています。現時点でも、
アフリカなどでは深刻な食料不足を解消できていない地域がたくさんある。これ以上、
人口が増え、経済成長を遂げた新興国の食料需要が増大したら、人類みんなの胃袋を満た
ことはどう考えても不可能です。

では、どうすればいいのか? 

「日経ビジネス」では、今回大々的に食料問題を特集することにしました。この特集の
主役は、残念ながら日本企業でも農協でもありません。

世界の食料問題解決のカギを握る、いや、世界の食料問題の首根っこを押さえられる
技術を持った、アメリカの巨大企業です。

その名は「モンサント」。

おそらく多くの日本人は名前すら知らないでしょう。「食料メジャー」といえば、
「カーギル」のような穀物メジャーを連想するひとが大半のはずです。

このモンサントとは、何者でしょう?

創業は1901年。化学メーカーとして誕生しました。食料や穀物とは無縁の会社です。
大きくなったのはPCBやベトナム戦争で利用された枯葉剤の開発。それだけ聞くと
実に物騒な化学製品をつくってきたかのように見えます。

そんなモンサントの武器。それは、遺伝子組み換え(GM)技術です。75年にバイオ
ビジネスに注目し、化学技術を利用しつつ、M&Aで関連企業を買収、 90年代の
遺伝子組み換え反対の消費者運動をものともせず、害虫に強い、さまざまな自然環境下で
育成できるなど、GM技術で農家の需要に最適化した穀物を次々と開発し、いまや世界の
穀物市場の、文字通りカギを握るに至ったのです。

モンサントばかりではありません。今、食料市場に打ってでているのは、こちらも
化学の世界では超大物のデュポン。モンサント同様、M&A戦略と化学技術とを掛け
合わせて、GM技術を蓄積し、新・穀物メジャーに変身しようとしています。

※続く

●図表/2025年、人口は1.3倍に
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20100713/215401/zu.jpg

◎ソース http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20100713/215401/?bvr



3名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:32:47 ID:TPIb12UB


予算消化のみに尽力する無能官僚体制w



10名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:37:25 ID:e7E1GEKx


>>3
一部が何とかするべきだとは言っていても
それを全体の総意では受け入れているのが日本国民。



5名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:34:44 ID:aiP6isKO


人が増えるなら人を食べればいいアル



6名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:35:41 ID:sOM94gs4


レンホウが鰻の養殖が成功した研究の予算を削らなかった?




17名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:40:02 ID:FxsJk+CI


>>6
仕分けしたよ。
国産への道を潰そうとしたりして死ね。



35名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:57:22 ID:sJtSL1C6


>>17
養殖と対日輸出に中華系企業は沢山あるからね
コイツが日本のために働くとは思えないが
アカヒが首相にしようとしてますね



7名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:35:47 ID:QwAFRmbA


NHKでやっていたな地球規模での食料争奪戦「FOOD WAR」



8名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:36:45 ID:7n8HP/PM


自給自足すればいいだけ
できないなら金持ちになればいいだけ
実に簡単だ



9名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:36:58 ID:L44sjHdR


種子は90%輸入だったような



11名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:37:32 ID:B6+AU/ra


アフリカなんかで餓死してるのは食料の供給が追いついてないせいなのか?



85名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:04:36 ID:lpP4G/CD


>>11
生存率が低いからたくさん生んでいるだけ。それが餓死が多いと思われてしまう。



12名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:38:15 ID:gZbWI5sv


なーに、人口が過剰な国があるからいけないんだろ。
簡単だ、少し減らせばいい。




13名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:38:29 ID:5AxE3m8Q


実際、新品種開発してもあっというまに泥棒国家にパクられ、しかも手の打ちようがないというダメダメっぷりだもんな



14名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:39:01 ID:myiuHd8K


自給率を上げようと言うのなら街路樹を果物にしたらいいし、
山間でサルやクマが食い物求めてるんなら、さつまいもなどそこら中に植えたらいいじゃない



15名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:39:14 ID:gBM3mhsD


食料供給止まったら日本人はバタバタ死んで生きそう
自給できるようなバイタリティを持った人間が果たして現代に何人いるか



16名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:39:51 ID:AnLyha82


食糧危機になったら特許もなにも関係ないと思うんだが。
それともこの企業じゃないと種とか作れないのか?



18名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:42:07 ID:sQ7DEA+v


いまでもf1ばっかじゃねーの。
結局、金がなければ飢えるってことだろ。




19名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:42:24 ID:KdMKxlkJ


第三次世界大戦=経済戦争

第四次世界大戦=食料と水の戦争

おまいら自覚して、農民どもをいたわれよ。



20名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:45:42 ID:Kzn+S6tr


>>1
>今回、このモンサントを日本の雑誌メディアが単独で
>ここまで大々的に取材したのはおそらく初めてのことでしょう。

つまり、モンサントが日本に対してふかしたいことを
ノーチェックで垂れ流ししますってことだな

さすが日本のマスコミは日本の足を引っ張るのが上手いな



21名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:45:48 ID:B6+AU/ra


労わるなら農村に美人を派遣してよ
中国や東南アジアはもう嫌や・・・



23名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:46:00 ID:KvM8mc8I


>>1
サカタのタネは無視ですか?



42名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:04:40 ID:D7fzxNhW


>>23
日本の種苗メーカーは、アメリカの大手メーカーの代理店になったり、
世界競争力のない日本だけで通用するようなのを細々とやってるくらいだろ



24名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:46:39 ID:Zbq/ECRk


何で日本政府って何に対しても危機感ないの?
外国から日本の悪い所を突っ込まれる。



26名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:48:50 ID:Kzn+S6tr


>>24
てゆうか、おまいはもっとマスコミの報道のやりかたに危機感を持て

”外国企業がこう言ってます、日本政府はダメですね”
って、うのみにしちゃいかんだろう



30名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:51:20 ID:ao3YTdhB


>>24
日本政府は、海外では企業の自主性を尊重するんだよ。
あーそろとか、こーしろとか、言わないし、保護もしない。

逆に、国内では、規制をいっぱいつくって、自主性を剥奪するけどね。



25名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:46:55 ID:JoI0Z/AA


過去、農家は毎年、収穫した豆を乾燥させ、翌年、作付けする事を繰り返してきた。同一地域でも、皆が遺伝子的に同一品種の種を使用しているとは限らない。
数百年の耕作の継続の中では、雑種が混入している事が常識とも言える。もちろん、農家は近隣の農家の使用する種子と自家の種子を遺伝子工学で検査し、
一致したという結論を得てから、一々作付けするわけではない。
異なる遺伝子の種子が入っていた事が「ケシカラン」という事になれば、今後は、当然、作付けする種子を地域ごとに、全農家で遺伝子組換え種子企業に
依頼し遺伝子調査を行う事になる。それだけでも米国の遺伝子組換え企業にとってビッグビジネスになる。
そして、米国の遺伝子組替え企業のOKの出ない種子を農家は作付け出来ない事になる。事実上、米国の遺伝組換え企業による日本農業の「支配」の成立である。
さらに地域ごとに農産物のブランドを決定し、ブランドの統一を計るために種子を地域単位で「遺伝子的に同一にしよう」という事になる。
地域ごとに作付けする種子を統一するためには、遺伝子組替え企業に依頼し、「統一された遺伝子組替え種子を農民皆で共同購入」する事になる。
農産物のブランド化は、米国の遺伝子組換え企業による日本農業の「種子支配」を完成させる結果になる。
そして、もし、この地域ごとのブランド化に逆らい、自前の種子で自由に作付けする農家が居れば、それは「ブランド壊し」として地域から排除、
村八分にされるというファシズム体制、相互監視体制が出来上がる事になる。農家は互いに隣家が違う種子を使っていないか、「目を光らせ合い、
監視し合う」事になる。
農家に自主独立はなくなり、遺伝子組替え企業の提示する種子を「黙って植える」だけになる。農家の農業ロボット化である。ロボットのボスは、
米国遺伝子組換え企業になる。そして、その世界最大の遺伝子組替え種子企業モンサント社はロックフェラーとブッシュの企業である。
本来、1つの土地に複数の植物が生息し、1つの植物の排出する物質が他の植物の栄養源になるという、複数の植物による生態系サイクルを持っている
自然の摂理に、遺伝子組換え農業は「明らかに反している」。
日本の食品偽装叩きに続く「偽装農産物叩き」、そして偽装防止のための監視機関である「消費者庁」という新しい官庁を作ろうという動きは、
官僚の人員を増加させようとする官僚自作自演の雇用増進政策である。
そして、「地域農協による種子偽装」叩きは、消費者庁を使い日本の農業と食品流通の監視・支配を強化しようとする米国種子・穀物商社と、
日本官僚の結託した報道誘導=情報操作である。


ttp://alternativereport1.seesaa.net/article/88969656.html




27名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:50:42 ID:4QTpMZjI


確かに遺伝子組換え技術は大事だな
日本も研究レベルでは悪くないんじゃないかな
規制や監視は必要には違いないが、安全性が確認出来るまで数十年間見守ります
なんてやってたら道は絶たれるな
というか既に十年二十年レベルで離されてるだろうし終わってるかな



28名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:50:43 ID:wC7xIlzC


遺伝子組み替えアレルギーじゃないけど、
遺伝子組み替えを食べてまで長生きしたくない。俺はそれでいい。
モンサントは潰れろ。それとそれをありがたがってる雑誌も
潰れていいよ。



44名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:07:27 ID:JSSZwwQ7


>>28
別に天然でもバランス良く食べてれば長生きするよ?



29名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:50:54 ID:cxHrStAk


これの④です。

【財政破綻のシミレーション】
基本・・・・日本円は、ギリシャと違い単一通貨である。(つまり、ギリシャとは事情が全く違う)


① 郵便局・銀行・生保で日本国債を消化する事が出来なくなり、長期金利が上昇する。
② 日本円は信認を失い売られる。(猛烈な円安)
③ エネルギー、原材料、食糧の大半を輸入に頼っている日本は円の暴落によりハイパーインフレに襲われる。
④ 金融、経済の崩壊、食糧難により、、1億人程度が餓死する。


確認しておこう!  この国には人材しかないのである。  エネルギーも原材料も食糧もない。

長期金利が高騰し、国債価格が暴落し、、「日本円」が叩き売られたら、、、日本国民は死ぬしかないのである。。。



32名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:53:39 ID:CSciwUE0


>>1
>一方の日本では、世界で一番の遺伝子組み換え作物輸入大国であるにもかかわらず、
>遺伝子組み換え=危険、というレッテルが貼られ、この世界に足を踏み入れることは、
>企業も役所もタブーに近い状態になりました。

日経も特集やりまくって遺伝子組み換えは危険だ、認可するのはマジキチ言ってたんですけど・・・



33名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:56:48 ID:bOCYj/R/


すべての農家は毎年モンサントから種子を購入しないといけなくなる




36名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 18:59:00 ID:4QTpMZjI


>>33
そうなる前に日本でも遺伝子組換え技術を確立しないとな



37名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:00:36 ID:UBxPxlmE


日本での遺伝子組み換え作物の必要性って?



159名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:58:15 ID:5WQK3qLN


>>37
最近の豪雨とか異常気象見てないの?



38名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:00:42 ID:LdBH94xM


組み換えじゃない農作物を作ればいいんだよ。

遺伝子組み換えが作れなくて日本が儲からなくても、
損するわけじゃない。

自給率も、贅沢しなければ日本は大丈夫だよ
(肉の比率をぐっと下げればいいだけ)
休耕田が多く、作物をきちんと作って無いだけだから。

大体アレだけ煩い「機械・ブランド・映像・音楽」でさえ
中韓朝は平気で無視してるけど、国がなくなるわけでもない。
北朝鮮なんか「お札」だぞw



129名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:38:43 ID:20bPvZbE


>>38
肥料の問題は無視?
ほとんど輸入しているんだけれど。

昔は地産地消で循環型。
作物の成分はその土地の土に帰っていた。

いまは作物として都会へ行ったまま、下水を介して海へ流される。
だから、土地は痩せ、肥料が必要になる。

昔のように、列車で糞尿を運ぶかい?
ちなみに西武線は、糞尿列車として出発した。



137名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:45:16 ID:WrKjM+Mw


>>129
肥料の原料石であるリンが枯渇してるらしいね。
本当に枯渇してるのか知らんが・・・
誰かがリン鉱山を独占してるのかもね。

サンセットエヴァーのチャンネル:化学肥料大幅値上げと今後の農業
http://ch12255.kitaguni.tv/e571422.html

●肥料の需要増大の原因
①世界的な食料需要の増加
バイオ燃料需要
③中国がリン鉱石の関税を100%引き上げ
④ 尿素(窒素)・塩化カリ(カリ)も高騰



39名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:01:40 ID:gZbWI5sv


ま、食の安全の上に農水省の権益が乗っかっているから、
官僚への利益配分しだいで、遺伝子組み換えが突然安心に
なるんだけどな。




40名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:03:48 ID:Ab00efjE


地下室でLED照明の水耕栽培ならWBSでだいぶ前に見た



45名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:07:57 ID:F1pr3lMP


リン鉱石なんかの不足の方が日本にとっては問題だと思うが



46名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:12:40 ID:HQ1CgBX6


アホくさw

明日、いきなり人口が100億人になったってなら別だが
そうでない以上、順次対応できるもんだ。

こういう煽りまくり論調はもう飽きたわ。



87名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:06:09 ID:dboe9H8D


>>46
食料の奪い合いはもうはじまってるぞ。



47名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:13:33 ID:OQjXDRYs


ホームセンターの菜園エリアの種袋を見てみるといい。ほとんどが米国産だ。
家庭菜園レベルでこの侵食なら、農業レベルなら推して知るべしだな。



48名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:13:46 ID:p3E348A3


モンサントは前から危険視されていたからな。

それに中国、インドの富裕かと人口増加は巨大な需要を生み出す。
商売人ならどうする?  普通は大口の需要家を優先するよな?
つまりこのまま行けば日本は中国、インドとの食料争奪戦で買い負けするってことさ。
連中より高値を提示しないと優先的に食料を回してもらえなくなる。

また日本は購買力も同時に失われていくはずだ。 少子化、人口減少国家だから当然だ。




49名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:13:47 ID:4QTpMZjI


記事の論旨とは別の話になるが

食料自給率なんて言葉はまやかしに過ぎない
輸入に頼り切りなのはいざという時に危ない、だから自給率を上げよう
と言う人の論拠になっているみたいだが、そもそも作物を育てるのに必要な肥料、特に3大栄養素と
農薬の原料、そして何より重要な燃料が日本では産出出来ないので結局は輸入に頼るしかない
農家保護や補助金をやるような政策は結局やってる事は政治家の票稼ぎでしかない
小作農や兼業農家なんかはどんどん切り捨てて、大きな専業農家や企業にやらせて効率を上げた
方が何枚倍もマシ
中型以上の機械や施設の建設が難しい険しい山間部で趣味でやる人は好きにやらせれば良いが



50名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:14:27 ID:cHYZO/DA


この手のメーカーは作物から採れた種植えても作物出来ないようになってるんだっけか



53名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:20:16 ID:PCHdlxg4


モンサントといえば除草剤のラウンドアップ
しかもモンサントはそのラウンドアップに耐性のある遺伝子組み換え作物も作っている

つまりラウンドアップを使うと、後はモンサントの種子しか蒔けなくなるという仕組み



54名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:21:04 ID:TLh2K+8V


いつもこうやってモンサントとかカーギルとかやり玉に挙げられてるが、結局何が
本当だったのかってウヤムヤになって、訳の分からない対策だけが取られるんだよな。
地球温暖化問題と似た話だ罠。



55名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:22:19 ID:KA/Lmoi6


そう考えると貧乏な国に募金する必要ってなくね?



56名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:22:47 ID:p3E348A3


資本主義がいかに狂気じみているかよくわかる記事ではあるよな。

食料の生産性向上によって今度は農地の荒廃を誘発し、食糧不足に拍車がかかる時代が来るんだろうな。



57名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:23:32 ID:+R1Qy+Fz


働かないでメシ食ってるやつを始末すればいいだけのこと。
おまえらのことだよ。



58名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:26:41 ID:co0juKQL


もう種からじゃなくて細胞から作物を作ろうぜ



60名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:27:12 ID:6r2ags1V


日本の場合米をきちんと握っておけば問題ないからなぁ
遺伝子組み換えもこの記事が言うほど万能じゃないよw
例えばアメリカじゃ天敵バクテリアがつくる生物農薬合成する遺伝子組み換え作物作ったら
害虫が早速抵抗性つけて既にいたちごっこの世界にw



61名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:30:48 ID:7TXVWG8l


つーか日本のカロリーベースの計算法も相当変だろ
畜産や酪農製品は飼料が輸入品だと自給にカウントされないもんな
豚肉の国産率50%→自給率5%、牛乳90%→40%とか
意図的に自給率を低く計算しているようにしか思えんわ
それで誰が得をするんだろうな



70名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:39:09 ID:mhlMoCll


>>61
飼料の輸入が止まれば生産できないだろ。
自給じゃないじゃん。
つーか石油が止まっても即死だけどな



172名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:19:56 ID:xk6meHu4


>>61
何が問題なの?
輸入品の飼料で育てた家畜は自給できたとは言わないだろ。
輸入したら飼料を日本で肉や乳に変換しただけなんだから、元の原料が無ければだめだろ。
計算方法は何も問題無いと思うけどな。




179名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:25:58 ID:gZbWI5sv


>>172

>>61が書いているのは間違いで、正しくは、家畜の餌はほぼ輸入だが、
農水省が出しているカロリーベースの計算では、この餌も当然食料輸入に
加算されている。だったと思う。
豚育てるのには、豚肉以上のカロリーが当然いるよな。
価格ベースなら、この辺りが逆転するのかな・




62名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:32:12 ID:BlmJsHtT


日本の総人口は減り続けてるし
食料廃棄率は25%もあるし
農業の工業化の研究も進んでる

世界全体で食糧危機になったとしても
日本が食料危機になることはまずないと思うけどな



63名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:33:46 ID:J3PgQQKn


中国流自然農法で自給できる人類は少ない
日本に割り当てられる人口は30年後で3000万人くらい

中華試算だと一桁少ないがな w





64名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:34:58 ID:TLh2K+8V


日本が、原料飼料肥料から何からすべて完全自産自給できるってんならこの記事
の意義も分かるが、どれ一つとして満足に自産自給できてないしすることも不可能
なんなら、一体どうしろっての?ビンボー人は飢えて死ねってこと?



65名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:36:51 ID:p3E348A3


売れる物なら何でも売るのが商売人。  日本の貴重な食料を外国に売りさばく連中も現れるだろうよ。
様々な形で奪いに来る連中も現れるだろうな。  それが食料争奪戦ってもんよ。




66名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:37:13 ID:KA/Lmoi6


何で先祖はこんな狭い領土を日本にしたの?



100名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:20:08 ID:1vcW5dER


>>66
そのご先祖の子孫たる我々が2chに興じている
もう答えはいわなくても分かるな?
東の果てに行って引き篭もりたかったんだよ



67名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:38:14 ID:F1pr3lMP


そういや、アフリカで遺伝子組み換えのとうもろこしを植えて
期待した成果どころか、土地は荒れ果て全滅になったという特集を前にNHKで見たな



69名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:38:42 ID:/eojuiK6


食料自給率は重量ベースと価格ベースも参考にするべき
カロリーベースだけでは実態はつかめないよ



174名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:22:05 ID:xk6meHu4


>>69
何言ってるんだよ?
カロリーベースこそ実態を表してるだろ。
価格ベースなんかいくら高価になってもカロリーベースで数%なら実態を反映してねーじゃねーか。
カロリーベースが最も実態に即してるよ。自給率という意味ではな。

結局、お前は役所のやることになんでも批判したいだけだろ?




71名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:42:29 ID:BMZMq5pm


たしかに自給率の測定法は変だ。

小麦・大豆を80%に引き上げるには、耕地面積が四国の1.7倍面積が必要。

山脈丸々削って平らにするか~



72名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:49:36 ID:HZYxFCVq


民主は食料はすべて中国輸入にしようとしているから日本の自給率を下げるのに必死



77名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:56:27 ID:4QTpMZjI


>>72
自給率自体が幻想だって
国産だから何でもかんでも素晴らしいって訳では決してない
まあ中国産はほぼ全て糞だが



80名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:58:35 ID:yxXu2H1j


>>77
中国が食糧難に陥ると何が起こるか

戦争だよ、戦争



88名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:06:11 ID:OZKqj66E


>>80
制海権制空権を取られたら農業なんてできないんだから自給率に意味はない
制海権制空権を確保すればいくらでも輸入できるんだからやっぱり自給率に意味はない
第二次大戦では自給率三割のイギリス人は肥え太り八割の日本人は餓死者だらけになった
戦争に勝つには一に軍事力二に軍事力三四がなくて五に工業力
農業なんぞ近代戦には全く何の関係もない
スイスなんか自給率五割切ってるがスイス軍がそれを問題視したことは一度もない



75名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:53:04 ID:QBeEgpN0


くだらん。今も昔も大量に買ってるわけで、食糧問題なんて杞憂そのもの



79名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:57:02 ID:eJe3zr1i


>>75
最近は自国の消費が増えて輸出制限してる国が増えてきた
あと凶作の場合は普通に輸出制限する





83名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:01:55 ID:OZKqj66E


>>79
世界中で凶作になる確率なんて百万年に一度レベル
どこかで豊作になるからいくらでも輸入できることは間違いない
かりに百万年に一度レベルの天変地異で世界中凶作になれば当然日本も凶作になるわけで
食糧自給率なんぞ全然信用できない(凶作に本当に備えるのなら備蓄しかない)
っつーか十数年前自給率百%の米の不作で“戦後唯一の食糧危機”がおきたんだが



86名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:05:13 ID:eJe3zr1i


>>83
何年か前に小麦の凶作から世界的に小麦価格の高騰になったけど
あの時は高すぎて買えない国は苦労した
今の気候変動状況だと複数の産地で同時に凶作になる可能性もあると思うよ



91名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:09:34 ID:OZKqj66E


>>86
国産小麦はその“暴騰した外国産小麦”よりもはるかに高いんだが
五倍の内外価格差が逆転する確率がどれだけで、どーゆー状況なのか教えてほしいね
全世界で天変地異がおきるなら当然日本の農業なんて真っ先に全滅すると思うんだが
世界中凶作でも日本だけ豊作になるという根拠は?
備蓄以外に世界的天変地異に備える手段なんてないと思うがね



96名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:13:20 ID:gZbWI5sv


>>83
凶作の時の問題は、今の世界の経済構造なんだよ。
この前、マネーの行き先が無くなって先物になだれ込んだとき、
小麦の価格も暴騰し、市場で小麦不足が発生した。
この時、何が起きたかというと、豊作だった欧州で小麦の値段を上げるため、
小麦を捨てたんだよ。買えない低所得者がいるのに、倉庫で腐らせたんだな。
つまり、凶作で小麦が少ないと、まさにマネーゲームの材料にされ、
日本に入ってくる小麦の量も、その時の国力しだいになるんだろうな。




98名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:15:15 ID:OZKqj66E


>>96
そうだな
で、五倍もの内外価格差が逆転する確率なんて百万分の一もないからそんなくだらん心配のために血税を使う必要なんて全くないな



76名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:53:30 ID:9Iq7SREJ


争奪戦になったら値段も上がるだろうから
作る人が増えるんじゃないのかな



78名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:56:43 ID:OZKqj66E


>>国連食糧農業機関によると、今より1.7倍食料生産量を増やさないと、この人口増大には対応できない、というのです。
>>すでに世界の食料供給は限界まで来ています。
国連食糧農業機関の試算では今の五倍まで増産可能だそうだが?
国連食糧農業機関の最大の悩みは食糧の価格が“安すぎて農業投資が抑えられていること”なんだが
食糧の内外価格差は約五倍だが、国際相場が五倍どころか倍になるだけで農業投資は激増し人類全員メタボになっても消費できないぐらいになるだろう



107名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:23:31 ID:OZKqj66E


自給自足派の連中に聞きたいんだが、“世界中凶作でも日本だけは豊作”ってなんの根拠があるんだ?
世界的天変地異のために備蓄するというのならともかく、自給率をあげれば日本が凶作になることはないってなんで?
どんな根拠があって主張してるのかマジで理解不能なんですけど



108名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:24:20 ID:KA/Lmoi6


>>107
野菜LED工場作れば良いだろ



119名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:30:38 ID:gZbWI5sv


>>108
LEDで育てる水耕栽培じゃ、レタス程度の葉物しか出来ないらしい。
たまねぎフェチは、餓死するんだろうな。




121名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:33:58 ID:3+XGJgnU


>>119 植物工場の下っぱ研究者だけどうちは稲やってるよ まあハロゲンランプとかキセノンランプとかLEDとか色々あるけど本当に向き不向きがあるからね 難しいことは確か



124名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:37:10 ID:gZbWI5sv


>>121
稲もやってるんですか。専門じゃないから詳しくは知らないけど、
地面の中で育つもの。たとえばジャガイモなんかは、水耕栽培で
どうなんだろ?
これらが出来れば、植物工場の一貫生産で食糧自給の道も
開けそうな気がしなくも無いが。




118名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:30:37 ID:OZKqj66E


>>107
>>78
国連食糧農業機関の試算では地球の食糧生産能力は最大で360億人分
地球人口のピークは百億だから全人類が糖尿病になるほどの食糧を生産することも可能
国連食糧農業機関の最大の悩みは食糧の価格が“安すぎて農業投資が抑えられていること”で、
五倍もの内外価格差が逆転する可能性はゼロだね



82名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 19:59:12 ID:J+1h3pHs


食料の供給以上に人口が増える理由を教えて欲しい。





89名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:08:15 ID:p3E348A3


たくさん買ってくれるから外国の農家が生産し続けてくれるとは限らないのはバイオエタノール騒動で明らか。
大豆からトウモロコシに転作する農家を誰も止められはしない。 儲からない作物から儲かる作物への転作。
これは日本でも起きていることだ。
これからの農地は食料生産のためだけに使われるとは限らない。

食糧確保が生産者の都合に左右される事態は避けるべきだろうな。 



93名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:11:39 ID:OZKqj66E


>>89
高い値段で買えばいいだけ
内外価格差は平均五倍もあるわけでかりに輸入品の相場が倍になっても国産よりもはるかに安い
そして倍の値段で長期取引するなら世界中から日本人全員糖尿病になるほどの食糧がやってくる



99名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:16:39 ID:eJe3zr1i


>>93
自国の消費を優先するから売ってくれないと思うよ。
かつてアメリカも大豆の凶作で日本へ輸出制限して日本が結局欲しい量は買えないという/消費をまかなえない
ということもあったし。



101名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:20:14 ID:OZKqj66E


>>99
よその国から買えばいい
この広い世界どこかで凶作でもどこかでは豊作になる
世界中全てで凶作になる可能性なんてゼロに等しいし、
かりに世界的天変地異がおきたとしたら日本の農業なんて真っ先に全滅するわけで
自給率なんて何の役にも立たないね
それどころか“戦後唯一の食糧危機”は自給率百%の米の不作が原因なんだが



92名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:09:37 ID:o6cYbc04


卵だってアメから鶏飼わないと成り立たないんだろ?



95名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:12:37 ID:J+1h3pHs


短期的な凶作

食料がないのに人口が増える不思議な現象

がごっちゃになってる




102名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:21:27 ID:qJBljbcU


室内栽培&露地栽培できるオール電化・食料自給率の高い家 999万円より(消費税別)



103名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:21:34 ID:LZasEFY5


先進国の農産物輸出補助金をやめさせるのが先決



105名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:22:56 ID:eJe3zr1i


>>103
無理
自国の農業団体の政治力もあるし、国も食料を戦略物資としてるから。



109名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:26:11 ID:XMRr9t7d


アメポチでいるかぎり、おまんまの喰いっぱぐれはねエべー



114名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:28:55 ID:fpA8zup1


食料自給率をどんなに上げても無駄。
石油が入ってこなくなったらトラクターもボイラーもトラックも動かない。



116名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:30:25 ID:7x/iJ/dz


日本の場合はお金があったから何とかなっていたけどね。今までは・・・
中国、インド、その他の国に買い負けして食糧危機が来たらどうする?
たとえ買えても庶民が買えない値段になる。



135名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:43:29 ID:eJe3zr1i


>>116
実際鉱物資源では利権獲得も含めて中国にかっさらわれてる、負けてる
場合もあるしな。高くなったらどうしようもないな。買う量を減らすか。



123名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:36:58 ID:ZodlZt1U


なくなるのは困るけど減るのは問題ないかな?
今でも食べ残しや、小売店での消費期限ギレで廃棄しているし。
別に一日一食で十分。
戦争時の芋のつるだけなどはかなり厳しいけど・・・。




125名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:37:29 ID:WrKjM+Mw


この人たちって、農薬も作ってるんだよね・・・
当然、病害虫に何が効くのかもコントロールしている。
そこまで来たら、病害虫を作るのに何の抵抗もないだろうね。



138名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:45:18 ID:s4aKYH60


上場企業なので
株式を購入して利益を分配させることもできそうだが。



141名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:46:05 ID:0zueDLD6


頭悪すぎ

2050年の食糧事情とかw
日本がその頃まで生き残っていると考える記者の方が脳天気すぎw



145名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:48:21 ID:ZkDhLTl0


アフリカとかが食いもの足りないのは
灌漑設備が内戦で破壊されたり
内戦でまともに農作業できない事が大きい
だから紛争が少ない国だと降水量が比較的少ないところでも
それなりに食えてる



146名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:48:43 ID:eJe3zr1i


>南アメリカやサハラ砂漠以南のアフリカが中心であり、
これらの農地を有効に利用すれば世界全体で125億トンの穀物生産が可能だと考えられている。

水の確保とか肥料の確保と加どうするんだろうね。今でも水不足なのに、アフリカは特に干ばつで。



148名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:50:19 ID:OZKqj66E


>>146
ダムや感慨に投資してないだけ
降水量は日本の何十倍もある



152名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:53:19 ID:eJe3zr1i


>>148
降水量も不足して大きな湖も減少してるけど
http://www.eorc.jaxa.jp/imgdata/topics/2010/tp100414.html



164名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:04:17 ID:CFlH0/2X


>>152
その准教授の論文は降水量も加味されているようだけど。場合によってはブラジルの大豆プランテーションみたいに大規模に土壌から変えてきまう手法もあるかと。ちなみにそれをやったのは日系人、豆な。



168名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:10:21 ID:eJe3zr1i


>>164
引用してる360億に関しては降水量の設定に関しては明確じゃないな

この人の設定だと降水量の不足してるところは農地には向かないとあるし







173名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:20:34 ID:CFlH0/2X


>>168
水不足の土地を除外して360億だと何か問題でも?

>>170
そりゃそうだわ。



177名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:23:04 ID:eJe3zr1i


>>173
360億は国連の機関の試算で、その試算条件は書いてないということだけど。
場合によっては十分に水を利用して肥料を与えて管理してだけど水確保が困難なら
試算結果は変わるだろうし。



203名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:49:05 ID:CFlH0/2X


>>177
当然乾燥に強い作物中心という前提で、更にそれでも何も育たない程の降水量の土地をカウントするほど国連は無能で、尚且つその面積を除外するとキャパ360億が100億を切ってしまう可能性もあるとw

まあそうかもしれんね、是非そのソースを拝みたいもんだ。



181名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:26:25 ID:KA/Lmoi6


>>173
海の水を浄化する技術をもっとコストを安くする方法があれば良いのに。



187名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:30:40 ID:eJe3zr1i


>>181
海藻みたいに海水中で育つ作物を作った方が早いかも



188名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:31:46 ID:KA/Lmoi6


>>187
日本はそういう面でビジネスにすれば良い外交カードになると思ったの。
水不足でもそう言う浄水する技術があればそう言う国に売れると浅はかな考えだった?もしかして。



193名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:36:13 ID:WrKjM+Mw


>>188
東南アジアに売り込んでた人がいたな。
ただ、浄水器を配ってるだけで、ビジネスの仕組みになってないんだよね。



198名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:40:36 ID:eJe3zr1i


>>193
海水淡水化プラントは交換部品(逆浸透膜やフィルターなど消耗部品)で
あとあとまで稼げると思う。
実験室用の水精製の溶解不純物除去用のイオン交換樹脂も高いわ。



149名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:51:16 ID:ljunIbS8



ビル・ゲイツが進める現代版「ノアの方舟建設計画」とは浜田 和幸 2009年06月06日 10:00
http://moneyzine.jp/article/detail/154637

現代版「ノアの方舟建設計画」
「北極種子貯蔵庫」に巨額の資金を提供したゲイツ氏
「緑の革命」がもたらしたもの
種子を押さえることで食糧生産をコントロール
将来の宝の山が失われつつある現状







156名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 20:55:27 ID:3aOaF9WC


>>1
安全度の面から見たら、
紛れのある天然物より遺伝子組み換え物の方が安全なんだよね。
チェック項目が雲泥の差だしね…

でもそんな事はひた隠しにして、
「高い天然もの」と「安い組み換え品」と言う形で
「組み替え品はとにかく身体によくない!!」となってた方が
俺的にはありがたいw 安くで買えるからw



171名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:18:54 ID:ZkDhLTl0


アメリカは終戦直前にいもち病菌撒いて細菌戦しかけたんだぞ
いもち病菌は散布に向かない菌だったから誤差の範囲の被害しか出なかったがな



175名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:22:26 ID:3+XGJgnU


>>171 イラクもソ連も研究してたらしいね 将来ただでさえ食料ないのにアグリテロ起こされたらその影響ははかりしれない



178名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:24:31 ID:o407l2+r


何十年も前からモンサントなんて知ってるだろう
なぜ、このタイミングで名前が出てくるのか気づけよw




192名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:34:31 ID:WrKjM+Mw


>>178
いや、カーギルすらしらんだろ普通の日本人は。
ゴルゴとか読んでないと。



199名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:41:10 ID:TLh2K+8V


>>192
ひとむかしまえの高校の現代社会の教科書には“セブンシスターズ”とか載って
なかったっけ?それで、結局残ったのはカーギルとADMあたりだったっけな。



180名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:26:15 ID:OZKqj66E


ちなみに自給率を1%あげるのに数千億試算によっては一兆という説もある
それに対し海自と空自の予算はそれぞれ一兆強
食糧自給率とやらにかける予算があるなら海自と空自を倍増したほうがよっっぽど安全保障になると思うがね



194名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:36:31 ID:5lWX50Wh


>>180
無知乙。日本の自給率はカロリーベースだからイモの比率を少し増やせば簡単に1%動く。
全部の畑でイモ作れば自給率100%オーバー。



185名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:28:34 ID:thGzO15N


少なくとも日本での食肉のモロさは露呈したよね



186名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:28:41 ID:OZKqj66E


国地方合わせて五兆という農業予算を防衛費につっこめば海空ともに三倍増だ
安全保障云々するなら海空戦力三倍増のほうが遥かに安全確実なのは間違いない



189名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:32:12 ID:OQjXDRYs


>>186
先軍政治の北鮮は偉大だな。確かに国は安全確実だ。国民は餓死するけどな。



191名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:34:00 ID:fsAHUPMU


ぶっちゃけ日本は国内にあるものだけでも、そこから変態的技術力と発想で
日本人が食っていく分くらいはどうにかしちまうと思うけどな。
切羽詰った時の爆発力ってのはすごいものがあるし。




197名刺は切らしておりまして:2010/07/20(火) 21:40:10 ID:o407l2+r


農水省の次年度の予算に新しい項目ができたらこの話題もすぐ消えるよ
税金で成り立ってるお役所とその御用記事ばかりのマスコミがウマー


スポンサーサイト
■このサイトはブログ村のBlogランキングに参加しております■
↓ご支援の為に投票頂ければ幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR] キャッシング カードローン 比較 申込 審査
[PR] 必見!安心・オススメのカードローン・キャッシング比較サイトはこちら
[PR] クレジットカード選びの決定版!クレジットカード比較サイトはこちら

ビジネスニュース,名刺を切らしておりまして,日本経済新聞,まとめサイト,wiki,キャッシング,カードローン,金融ニュース,銀行ニュース,cashing,経済ニュース,cardloan,ローンカード,クレジットカード,闇金,サラ金,消費者金融,ニュースまとめ,2ちゃんねる,ビジネスnews+,ニュー速+,ビ+,ビジ板,biz+,ビジネス板,金融情報,闇金融,経済情報,


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://diggindeeper.blog43.fc2.com/tb.php/1326-8c927e69
    この記事へのトラックバック



    アクセスランキング ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。