■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【金融/司法】『過払い利息返還金』で債務整理を巡るトラブル多発―「手数料高すぎ」「広告と違う」

2009年07月31日 06:39

【金融/司法】『過払い利息返還金』で債務整理を巡るトラブル多発―「手数料高すぎ」「広告と違う」[09/07/30]

1 : ◆GOWESTCOpc @西進φ ★:2009/07/30(木) 23:10:53 ID:???
 年間1兆円規模で推移している消費者金融からの「利息返還金」をめぐり、債務整理を請け負った
一部の弁護士司法書士に、「手数料が高過ぎる」などといった苦情やトラブルが相次いでいる。
事態を重く見た日弁連が異例の弁護活動指針を打ち出したほか、消費者金融から「法曹の正義は
どうした」という批判まで飛び出す事態になっている。巨額市場に目がくらんだ一部の弁護士
司法書士が、ずさんな活動をしていることが原因のようだ。

 大都市圏の電車やバスに最近、「債務整理の無料相談」「いますぐ整理」「借金苦を解決」といった
弁護士司法書士事務所の活字が目立つ。地方テレビ局を中心に月1千本ものCMを流すところも
あるという。

 弁護士司法書士が掘り起こしに躍起となっているのが、過去に高い利率(グレーゾーン金利)で
消費者金融を利用したため、当時の利息の返還請求ができる人たちだ。

 日本貸金業協会によると、平成19年度に業界から返還された利息金は、利用者の借入金の
元本返済に充当されたのが約4200億円、現金で還元されたのが約5200億円の計9400億円。
20年以降は1兆円を超えているという。

 消費者金融にとって経営の根幹を揺るがす事態になる一方、返還手続きを請け負う弁護士
司法書士にとり“返還金バブル”となっている。手数料20%と仮定すれば、2千億円もの市場が
できた計算だ。

 ■

 突如出現した大市場に、日本弁護士連合会(日弁連)、日本司法書士会連合会(日司連)ともに
「統計はない」というものの、依頼者との間でトラブルが増えていることを認める。

 「面会もなく勝手に手続きを進める」「高い手数料を取られた」「広告に書いてある内容と違う」と
いった声が多いという。派手な広告で事務所の処理能力を超えた数の依頼を受け、事務が滞って
いるケースもあるようだ。債務整理で稼いだ2億4千万円もの所得を隠していた司法書士の存在も
明らかになった。

 6月には、中堅消費者金融のネオラインキャピタル(東京都港区)が司法書士団体などに、
「弱者保護の実現のため業界全体で(安価な)手数料体系の統一を検討してほしい」と、法曹の
正義感に訴えた要望書を提出。「高利息などで批判されっぱなしだった消費者金融が“逆襲”に
出た」と金融界で話題になった。

 ■

 相次ぐ苦情に日弁連は23日、債務整理を受任する弁護士に向けて「指針」を打ち出した。
弁護活動に関する指針ができるのは、極めて異例なことだ。

 指針では、「債務処理の目的は債務者の経済的更生にある」と明記。「依頼者(債務者)と
直接面談する」「『家を残したい』といった依頼の趣旨を尊重する」「再度の融資が難しくなるなど、
リスクを告知する」ことなどを求めた。

 指針作成にかかわった宇都宮健児弁護士は「弁護士として当たり前のことが行われなくなって
いるケースがある」と話す。日司連でも「広告表現に関するガイドラインの策定作業をしているほか、
報酬や手数料についても全国的な調査に乗り出す」(担当者)という。

 ただ、弁護士も司法書士も基本は個人業。「最後はそれぞれのモラルを信用するしかない」
(日司連)という声が出ている。

[この記事の続きを読む ]
スポンサーサイト

【不動産】08年の住宅・土地統計調査、8戸に1戸が空き家に=過去最高…地方中心に増加

2009年07月30日 11:18

不動産】08年の住宅・土地統計調査、8戸に1戸が空き家に=過去最高…地方中心に増加[09/07/28]

1 :依頼@台風0号φ ★:2009/07/28(火) 23:59:33 ID:???
 総務省は28日、2008年の住宅・土地統計調査(速報集計)を発表した。昨年10月1日時点の住宅数は
5759万戸となり、5年前の前回調査に比べて 6.9%増えた。一方で人が住まない空き家が756万戸と
5年前比14.6%増となり、住宅全体に占める空き家率も13.1%と過去最高を更新した。人口の都市流出に
悩む地方を中心に、使われない家屋が増えている。

 同調査は5年に1度、総務省統計局が実施しており、住宅や土地の状況を網羅的に調べるのが目的。
総世帯数は単身化や核家族化が進み4999万世帯となり、5年前に比べ5.8%増えた。総務省は「世帯増より
住宅戸数の増え方の方が大きく、その分空き家が生まれている」と分析。既存の住宅ストックが有効活用
されていない現状が浮き彫りになっている。

 空き家率を都道府県別にみると、最も高いのは山梨県の20.2%で、住宅数のほぼ5分の1が空き家
なっている。

CLMA012.jpg
[この記事の続きを読む ]

【地域経済】東京都、格付け依頼撤回 ムーディーズ基準見直しで格下げ

2009年07月29日 15:39

【地域経済】東京都、格付け依頼撤回 ムーディーズ基準見直しで格下げ[09/07/29]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2009/07/29(水) 11:20:16 ID:???
東京都は28日、米格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスに対し
都債の格付け依頼を撤回したと発表した。
ムーディーズが同日公表した格下げについて、都は「都の財政状況に基づかず、
説明があいまい」(財務局)と判断した。
格付けを取りやめる自治体は全国初という。
地方債市場に影響力を持つ都の対応は波紋を広げそうだ。

ムーディーズは同日、都や静岡県、大阪市など13自治体の地方債の格付けを、
それぞれAa1からAa2に1段階引き下げた。
自治体に対する国の財政支援能力を測る基準を見直したため。
ムーディーズの丹羽由夏アナリストは「国債より地方債の格付けが高い状態は、
極めて限られた場合だけ」と説明する。

石原慎太郎知事は都の財政は国より健全と強調してきた。
都によると09年度当初予算で一般会計の歳入に占める起債借り入れの割合を示す
起債依存度は、国の37.6%に対して都は5.7%。税収に対する起債残高の比率も
都は国より大幅に低い。
[この記事の続きを読む ]

【コラム】アメリカ経済: 「男の不況」マンセッションって何?

2009年07月28日 17:53

【コラム】アメリカ経済: 「男の不況」マンセッションって何?(Newsweek)[09/07/23]

1 :依頼@台風0号φ ★:2009/07/28(火) 00:40:53 ID:???
 リセッション(recession 不況)ならぬ「マンセッション(mancession)」という言葉を聞いたことがあるだろうか。
ある経済学者がこの春に作った造語で、女性に比べ男性の失業率が高く、かつその差が開きつつある状況を
表している。

 人種や年代を問わず、あらゆる男性は経済的に追い詰められる可能性があるという指摘は斬新で、人々を
驚かせた。

 たしかにアメリカの6月の失業率をみると、男性が女性を2.5%上回っている。これは第二次世界大戦以降
では最大の格差であり、専門家は製造業と建設業(従業員の約70~85%を男性が占める)における大量解雇が
原因だと指摘する。

 サウスカロライナ州に住むマーティ・アディソン(39)もマンセッションの犠牲者だ。元海兵隊員のアディソンは
通信機器メーカーで組立工として働いていたが、1カ月前に職を失った。彼は今、救急救命士を養成する学校に
通っている。「働き口がなくなることはなさそうだから」というのがその理由だ。

 アディソンのような男性たちが痛手を負う一方で、女性が我が世の春を満喫しているかというとそうでもない。
確かに女性は男性ほど雇用の減少に苦しんではいない。だがシンクタンクのアメリカ進歩センターによれば、
女性の給料は男性の78%程度に過ぎない。また女性の勤め先は小売業や教育、医療といった低賃金の
業界が多い。

 女性の仕事には諸手当や退職金、年金がついていない場合が多い。「女性の進出が進んでいる職場は
弱い職場でもある。女性の給与は低く抑えられている」と語るのは、女性政策研究所のハイディ・ハートマン所長だ。

◆妻の稼ぎでは食べていけないが

 マンセッションについて研究している労働経済の専門家(多くが女性だ)は、その「効果」に大きな期待を
寄せる。企業が女性の給与を引き上げ、ハイテクや金融といった高報酬の分野の門戸がもっと多くの女性に
開かれるのではないかというわけだ。

 男女間の賃金格差はこの10年、ほとんど縮まっていない。世帯収入の半分以上を稼いでいる女性は全体の
35%程度に留まっている。

recession-on-men_u2Kdt_17334_310x235.jpg
[この記事の続きを読む ]

【話題】富裕層、高い教育や人脈も引き継ぐ“2030年 親を超えられますか”

2009年07月27日 19:41

【話題】富裕層、高い教育や人脈も引き継ぐ (産經新聞“2030年 親を超えられますか”)[09/07/26]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2009/07/27(月) 14:54:22 ID:???



「自分は中学から私立に行かせてもらってよかったと思っている。だからこそ3人の息子にも
同じ経験をさせてやりたいと思った」

国内大手航空会社の国際線パイロット、伊藤和彦さん(42)=仮名=は中3の長男(15)と
中2の次男(13)を、かつて自分が通った東京都内の私立中高一貫校へ通わせている。
区立小4年の三男(10)も同様にするつもりだ。

年収は約2300万円。都区部で12年ほど前に8600万円で購入した戸建てに一家5人で暮らす。
自身は東京西部の地方公務員の家庭に育ち、大学も同じ私立の系列校へ進んだ。金持ちの子供が通う
「坊ちゃん学校」として当時から有名だった。

「公立小の子供とは何もかもが違った。私は小学校では学年で1、2番だったが私立にはさらに上が
たくさんいた。医師や社長の子供が多く、一番仲のよかった子は帰国子女で、家庭教師と塾で勉強して
東大へストレートで進んでいった」

公務員の父は自分を医師にしたかったようだが、夢だった機長になった。わが子も「パイロットに
なりたい」と言い始めているものの、「会社の同僚や大学の同級生を見ていると、やはり東大や一橋、
早慶のほうが出世している。息子たちには系列の大学で満足するなと言っている」。

子供3人の年間教育費は、中学の授業料が2人で200万円、三男の塾代が50万円。
ほかにテニススクールの受講料が3人で150万円かかり、計400万円。それぞれの子供が
受験を迎える年は塾代がプラス100万円となる。

20年後の息子たちについて、伊藤さんはこう語った。

「かつての日本は自分に明確なものがなくても、社会が拾ってくれた。20年後は単なるサラリーマンでは
厳しいと思う。医師でも弁護士でも、手に職をつけて自分にしかできない仕事を持ってほしい。
私は子供に見返りは期待しない。しっかりとした仕事に就くことで恩返ししてほしい」

-続きはソース-

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090726/trd0907260801006-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090726/trd0907260801006-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090726/trd0907260801006-n3.htm

IBM-XML-java-hierarchy 145 nodes 178 edges
[この記事の続きを読む ]

【コラム】「貯蓄から投資へ」の流れは終わったのか?

2009年07月26日 23:00

【コラム】「貯蓄から投資へ」の流れは終わったのか? [09/07/26]

1 :本多工務店φ ★:2009/07/26(日) 16:19:29 ID:???
【妻と夫の株ロマン・時々の話題を夫婦の会話でお届けします】

■なぜ、定期預金は増加傾向なの?

【夫】最近、貯金がまた増えているようだね。
【妻】そのようですね。最近の新聞で、「個人マネー、生活防衛色」「定期預金、7年ぶり高水準」と紹介されていました。
   最近の定期預金の残高は195 兆円程度に膨れているそうです。
   2007年の280兆円には及ばないそうですが、このところ160兆円程度で推移したことに比べると増加傾向ということのようです。低い金利なのに不思議ですわ。
【夫】そうだね。安全志向ということだろうね。株式のマーケットが荒れているからね。
【妻】『安全』という意味ですが、元本が保証されているから安全ということですか。
【夫】株や投資信託は、買った値段が保証されていないことは知っての通りだけど、
   じゃあ、預金が完全に保証されているかと言えば、必ずしもそうではない。
   預金1000万円までは、仮に、銀行が破綻しても、元本が保証されている。
   しかし、1000万円を超える分についてはそうではない。もっとも、一般個人には1000万円以上は、あまり縁のない話だけど。
【妻】私たちには関係なくても、お金持ちの方は、たくさんいらっしゃるわ。
   そういう皆さんは、仮に1億円なら1000万円ずつ10の金融機関に分けて預金すればいいのでしょ。
   あるいは、経営が超堅実な金融機関に預金を集中すればよいのでしょ。
   私も、一度でいいから、そういう身分になってみたいわ。
【夫】僕と結婚して60歳過ぎまで来たんだから、もう無理だよ。人間、諦めることも大切だと思うよ。
【妻】まあ、そういうことね。あなたの甘い言葉に乗った私がいけなかったのですから。来世に賭けることししますわ。
   だけど、不思議ですわ。定期預金とは言っても金利は高くないのに。
【夫】1年物定期で0.5~0.7%のところが多いね。1.3%程度のところもあるようだけど。
   それでも、昔、郵便局の定額貯金の金利が7~8%だったのに比べると非常に低い。
   それでも、株、投信の値下りリスクよりはプラスということだろうね。

■日本の『貯蓄から投資へ』は、まだまだ時間がかかりそう

【妻】政府が、『貯蓄から投資へ』、という政策を打ち出したのに逆行の形ですね。この政策は頓挫したのでしょうか。
【夫】まだ決めつけることはできない。
   昨年10月に日経平均が6994円と、バブル崩壊後の安値だった2003年4月の7603円を割り込むなどマーケットは不振が続いている。
   1万円を回復しているが、必ずしも先行きを楽観できるものではない。
   特に、トヨタ自動車など代表的な優良企業が大きな赤字を出している状況では、
   大切な資金を元本保証のない株や投信には回せないということだろう。
【妻】高齢化ということもあるのでは。
【夫】それも大きい要因だと思う。核家族化しているから、子供たちに面倒を見てもらうことはできない。
   もちろん、子供たちだって、自分たちの生活のことで一杯だ。年金の不安もあるし、医療費の不安もある。
   自分の老後は自分で守らなくてはいけない。個人金融資産の多くを持っている年配者はリスクは取り難くなっている。
   安全運転が第一ということにならざるを得ない。



【妻】一方で、長い目で見れば株式投資に関心が高まっていることも事実ですわ。
【夫】そうだね。ネットの普及で若い人の層が増えている。ネット取引なら自己責任もできている。
   この点は将来のマーケットにとって非常に重要な点だと思う。
   ネットは短期売買が中心にならざるを得ないが、今のネット層の方々も歳を重ねて行き、いずれは中長期投資へ移って行くと思う。
   そうなった時、日本の家計の金融資産の姿は定期預金偏重ではなくなっていると思う。
【妻】預金を受けている金融機関はどうなのでしょうね。
【夫】結構、大変だと思うよ。家計金融資産は銀行などの金融機関を介して企業の活動資金に回る。
   しかし、昔は企業の大型設備投資もあって資金需要はあったけど、今は小さくなっている。
   しかも、企業の経営環境が厳しくなっているから、軽々しく貸し付けることはできない。結局、『運用』するしかない。
   ところが、アメリカのサブプライム問題で世界の金融機関が運用に大失敗した。
   個人からの預金が増えるのは良いが、どのように運用するか。金融機関の腕の見せ所となっている。
   今度の話では、結論は出ないけど、日本の『貯蓄から投資へ』の流れは基本のところでは着実に進んでいるけど、
   年配者人口の多い日本では、定着までには時間がかかりそうだ。
   個人にとって、『自己責任社会』と『運用』はこれからますます大切になって行くと思われる。





investmentsavings.jpg
[この記事の続きを読む ]

【統計】国の債務超過、07年度は282兆円超え…財務省が貸借対照表を公表

2009年07月25日 08:35

【統計】国の債務超過、07年度は282兆円超え…財務省貸借対照表を公表 [09/07/24]

1 :きのこ記者φ ★:2009/07/24(金) 21:32:44 ID:???
財務省は24日、2007年度の国の資産と負債の状況を示した貸借対照表を公表した。

一般会計と特別会計を合算したところ、負債が資産を上回る「債務超過額」は282兆9千億円となり、
06年度と比べ3兆8千億円増えた。貸付金など資産が目減りするとともに、
国債の発行残高が増えたことなどが響いている。

07年度の資産は前年度に比べて9兆6千億円少ない694兆9千億円。
保有外貨証券が増えたものの、財政投融資改革で財務省が政策金融機関などに貸し付ける額は27兆円減った。

負債は5兆8千億円減の977兆8千億円。
政府にとって借金となる新規国債と政府短期証券の残高が合わせて31兆8千億円膨らんだ。
ただ郵便貯金などの預託金が大きく減ったため、差し引きで総額は減った。

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090724AT3S2401P24072009.html



pl.jpg
[この記事の続きを読む ]

【不動産】賃貸住宅の更新料「違法」と初認定

2009年07月24日 05:35

【不動産】賃貸住宅更新料「違法」と初認定…京都地裁[09/07/23]

1 :依頼@台風0号φ ★:2009/07/23(木) 22:59:47 ID:???
 賃貸住宅の契約更新の際に更新料を要求するのは消費者契約法違反だとして、京都府長岡京市の
男性が家主に更新料など46万円の返還を求めた訴訟で、京都地裁は23日、請求全額の支払いを命じた。

 更新料を同法違反とした司法判断は初めて。


▽ソース読売新聞 (2009/07/23 15:47)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090723-OYT1T00700.htm?from=main1



hanketsu.jpg
[この記事の続きを読む ]

【保険】日本生命:保険契約者減少続く、1000万人を割り込む公算…国内の保険市場の縮小を象徴

2009年07月24日 00:55

【保険】日本生命:保険契約者減少続く、1000万人を割り込む公算…国内の保険市場の縮小を象徴 [09/07/23]

1 :明鏡止水φ ★:2009/07/23(木) 07:45:50 ID:???

 生命保険最大手の「日本生命」の今年度の契約者が、今の形で集計を始めた
昭和57年度以降では初めて1000万人を割り込む公算が大きくなり、少子高齢化に伴う
国内の保険市場の縮小を象徴的に示すことになりそうです。

 関係者によりますと、生命保険最大手の日本生命のことし3月末の時点の契約者は1001万人で、
前の年の同じ時期よりおよそ24万人減少しました。

 日本生命では、平成6年度以降14年連続して契約者が減少しており、雇用や所得をめぐる
環境が悪化する中、今年度中に1000万人の大台を割り込む公算が大きくなっています。

 契約者数が1000万人を下回れば、今の形で契約者の集計を始めた昭和57年度以降では
初めてとなり、少子高齢化や消費者の保険離れによる国内の保険市場の縮小を象徴的に
示すことになりそうです。

 こうした現状に日本生命をはじめ大手保険各社は、新規契約の獲得を目指して大量の
営業職員を動員するこれまでの販売方法を見直し、すでに契約している人への訪問を
増やすなどして解約の防止にも力を入れ始めています。

 しかし、契約者の減少を食い止める有効な対策を見いだせているとは言えず、
各社にとって、欧米の資産運用会社との提携や保険市場の拡大が見込まれる中国や
東南アジア各国への進出など海外業務をどう強化していくかが今後の課題となりそうです。


▽News Source NHK ONLINE 2009年7月23日 5時54分
http://www3.nhk.or.jp/news/k10014437341000.html
[この記事の続きを読む ]

【金融】ロシア:BRICs脱落の危機? 投資失速、もろい金融…エネルギー部門への過度の依存

2009年07月23日 07:56

【金融】ロシア:BRICs脱落の危機? 投資失速、もろい金融…エネルギー部門への過度の依存 [09/07/22]

1 :明鏡止水φ ★:2009/07/22(水) 07:22:30 ID:???

 ロシア経済が昨秋の金融危機の後遺症から抜け出せずに苦しんでいる。
金融部門のもろさが露呈し、エネルギー部門への過度の依存も経済の足を引っ張って
いるためだ。急速な経済成長を遂げる新興国の代名詞となったBRICs(ブリックス)からも
脱落しかねない状態だ。

 モスクワ中心部から西に約10キロ。アパートが立ち並ぶ住宅地を入った奥に、
塀に囲まれた工事現場があった。建設途中のビルは10階まで鉄骨が組まれていたが、
2基のクレーンは止まったまま。「事業主からの金が止まった。明日にもここから
引き揚げるよ」。工事の請負会社の男性は、作業員用の休憩場所を片付けながら言った。

 このビルの建設が始まったのは、ロシア経済が石油景気で潤っていた昨年夏。
地上32階、地下5階建てで、総床面積は約10万㎡。ホテルとオフィスが入る予定だった。
だが、昨秋の金融危機以降、投資会社の資金繰りが悪化。4月以降は支払いが滞り、
6月終わりに工事の凍結と作業員の解雇が決まった。

 ロシアでは、こうした高層ビルや大規模施設が金融危機で凍結されたきり、
先行きが見えない状況が続いている。欧州一の高層ビルとなるはずだった「ロシアタワー」の
ほか、巨大海洋水族館やテレビ局放送センターなどだ。いずれも、投資先に資金の拠出を
拒否されるなどして、資金繰りに行き詰まった。

 BRICsと呼ばれるブラジル、ロシア、インド、中国の4カ国のうち、インドと中国は
昨秋の金融危機後も比較的高い成長率を維持している。ロシアはブラジルにも水をあけられ、
国際通貨基金(IMF)の見通しでは、世界が回復へ向かうとされる10年も成長率は1.5%と、
出遅れ感がいなめない。

 ロシアの傷が深いのは、国内の金融部門が脆弱(ぜいじゃく)で海外の資金に頼っていた
からだ。昨年8月のグルジア紛争まで、ロシアには外国投資家の資金が流入。
通貨ルーブルが対ドルで強くなる中、国内企業は金利の高い国内銀行でなく国外から
低利で外貨建て融資を得て成長してきた。

 だが、グルジア紛争による政治リスクから大量の資金流出が始まったところに、
世界的な金融危機が直撃。08年第4四半期には国内から計約1300億ドルが流出し、
通貨ルーブルは約4割下落、外貨建ての企業の負債はルーブルに換算すると大きく
膨れあがった。

 国内銀行の不良債権の増加も不安要因だ。ロシア中央銀行などは、今年末の銀行の
不良債権比率は10~20%に達するとみる。

TKY200907210350.jpg
[この記事の続きを読む ]



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。