■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【住宅】大和ハウス、サービス残業総額32億円(2年間・本社と関連会社15社) 「超過した部分を正直に申告しづらかった」

2011年04月23日 10:55

住宅大和ハウスサービス残業総額32億円(2年間・本社と関連会社15社) 「超過した部分を正直に申告しづらかった」[11/04/23]

1 :つくび ◆SHoUJoURV6 @筑美憧嬢φ ★:2011/04/23(土) 01:43:44.49 ID:???
 大和ハウス工業は22日、本社とグループ会社15社で、09年と10年の2年間に
総額約32億円の時間外賃金の未払いがあったと発表した。
今年1月に大阪府の天満労働基準監督署の是正勧告を受け、本社を含む32社を
調査したところ、従業員約2万5000人の約4割に当たる9387人のサービス残業
分かった。

 2年間で1人当たり月平均6.7時間分で、同約1万4000円の未払いをしていたと
認定し、4月分の給与で一括支給した。
また経営責任を明確にするため、大和ハウスの大野直竹社長を含む
役員154人の役員報酬を4月から3カ月間、最大8%削減する。

 昨年7月に労働基準監督署が本社を立ち入り調査したところ、従業員がパソコンで
事前に申告する残業予定時間と、実際の残業時間が食い違っていたことが判明した。
従業員の聞き取り調査で「上司から残業時間の目標が示されており、超過した部分を
正直に申告しづらかった」「営業成績が悪いので申告しづらかった」などの意見が出た。

 同社は再発防止策として、残業時間を正確に記録する労働管理システムを
強化するほか、管理職に対しては、従業員が残業時間を事前に申告するよう
指示の徹底で改善を図るとしている。



http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110423k0000m040141000c.html



[この記事の続きを読む ]
スポンサーサイト

【法曹】弁護士業界、原発事故の"賠償特需"に期待--「過払い金返還の次は原発が"常識"」

2011年04月22日 09:52

法曹弁護士業界原発事故の"賠償特需"に期待--「過払い金返還の次は原発が"常識"」 [04/21]

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2011/04/21(木) 17:33:17.65 ID:???
「仲間の間では、『次は原発』というのが常識になっている。具体的な作業を始めて
いる人もいるし、ウチもそろそろ準備しないと・・・」

こう漏らすのは、多重債務者の過払い金返還請求で名を売り、それなりの報酬も得た
弁護士である。

「次は原発」とは、事故を起こした福島第一原発の賠償請求を指す。

原発事故被害者は、原子力賠償請求法に基づいて賠償請求が認められる。その指針を
作るのは文部科学省の「原子力損害賠償紛争審査会」で、4月15日に初会合が開かれた
ばかり。今後、賠償指針を7月中に決め、それに従って被災者が東電に被害請求、
賠償交渉が行われて、合意に達すれば和解金が支払われ、合意不成立の場合は、
簡易裁判所の民事調停や裁判所の民事訴訟で決着をつけることになる。

唯一の先例が1999年、茨城県東海村で発生した臨界事故。避難対象は半径350メー
トルで屋内退避が半径10キロ圏。避難要請解除まで2日間で、今回とは比較ならない
規模だが、それでも賠償額は7000件で150億円。解決までに11年を要した。

[この記事の続きを読む ]

【法曹】「震災被災者の住宅ローンをすべて免除する"徳政令"を」

2011年04月07日 22:28

法曹】「震災被災者住宅ローンをすべて免除する"徳政令"を」--日弁連会長 [04/07]

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2011/04/07(木) 19:06:57.15 ID:???
日弁連の宇都宮健児会長は7日、盛岡市内で記者会見し、東日本大震災の
被災者から住宅ローンに関する相談が多く寄せられていることを踏まえ、
「支払い猶予や延期では生活再建に対応できない。従来のローンを
すべて免除する“平成の徳政令”のような立法が必要だ」との考えを示した。

宇都宮会長は「前代未聞の災害で、従来の災害対策立法の枠だけでは被災者の
救済も復興もできない」と強調。近く提言をまとめ超法規的な立法を政府に
要望する考えも明らかにした。

同時にローン返済が免除された場合、銀行などの債権者が資金を回収できなく
なることから、税法上の損金処理などの手当ても必要だとした。(共同)

◎日本弁護士連合会 http://www.nichibenren.or.jp/

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011040701000555.html



「借金棒引き」の経済学 ―現代の徳政令 (集英社新書)
北村 龍行
集英社
売り上げランキング: 413879

[この記事の続きを読む ]

【話題】日本企業の機密情報を、海外企業が狙ってる!? 社員のモラルダウンが生む「メガリーク」の脅威

2011年03月05日 10:56

【話題】日本企業機密情報を、海外企業が狙ってる!? 社員モラルダウンが生む「メガリーク」の脅威[11/03/04]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/03/04(金) 11:34:24.02 ID:???

大量の機密情報が一瞬で流出する新たな脅威「メガリーク」。
インターネットと情報機器の発達で、企業の内部からかつてない大規模な情報の流出が相次ぎ、
深刻な被害が広がっている。

誰が、何の目的で、情報を流出させるのか。
東京都内でインターネットビジネスを展開するベンチャー企業を訪ねた。
去年、46万人にのぼる会員の個人情報が一気に流出。信用を失い取引が次々に停止されるなど、
損害は2億円近くに上った。

http://diamond.jp/articles/-/11367

-続きます-




ウィキリークスの衝撃 世界を揺るがす機密漏洩の正体
菅原出
日経BP社
売り上げランキング: 1575


全貌ウィキリークス
全貌ウィキリークス
posted with amazlet at 11.03.05
マルセル・ローゼンバッハ ホルガー・シュタルク
早川書房
売り上げランキング: 1294

[この記事の続きを読む ]

【知財/まねきTV】テレビ番組のネット転送サービス,最高裁が違法判断 知財高裁へ差し戻し

2011年01月19日 19:01

知財まねきTVテレビ番組ネット転送サービス最高裁違法判断 知財高裁差し戻し[11/01/19]

1 :進ぬなまけものφ ★:2011/01/19(水) 07:50:44 ID:???
インターネット経由でテレビ番組を海外などに転送するサービスに対し、
NHKと在京の民放5社が著作権侵害を理由に差し止めや賠償を求めた訴訟の上告審判決で、
最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は18日、「公衆への送信に当たり違法」との初判断を示した。

著作権侵害に当たらないとした一、二審判決を破棄。
損害額などを算定させるため、審理を知的財産高裁に差し戻した。

問題となったのは、コンピューター関連企業の永野商店(東京)が手掛ける「まねきTV」。

同サービスは,ベースステーションが受信した番組をインターネット経由で
専用モニタまたは専用ソフトを入れたPCやPSPで視聴できるソニーの市販製品
「ロケーションフリー」のベースステーションをユーザーから有償で預かり、
アンテナ、インターネット、電源との接続や設置場所を提供するサービスで、永野商店(東京)が提供している。
利用者は海外からも日本にいるのと同様にテレビ番組を視聴できる。

テレビ局側は、多数のベースステーション、アンテナ、分配器、ルーターなどを組み合わせたシステムは、
全体として一つの自動公衆送信装置として評価され、テレビ局側の送信可能化権、公衆送信権を侵害しているとして
著作権侵害で2007年に提訴。

しかし、2008年6月の東京地裁判決、同年12月の知財高裁判決は、いずれも、
「ベースステーションは1対1の送信機能しか持たず、送信も各ユーザーの指示で行われ、
自動公衆送信装置にはあたらない」として、控訴を棄却し、TV局側が最高裁に上告していた。

判決理由で、永野商店が預かった機器をテレビアンテナやネットに接続したうえで管理していることを挙げ
「番組を送信できるようにしている」と認定。
同社と契約すれば誰でもサービスを受けられ、権利者の許諾を得ずに不特定の公衆に送信する行為に当たるとして、
著作権法が定める「公衆送信権」を侵害すると判断した。

永野商店側は「機器を預かっているだけで、番組を転送しているのはあくまで利用者。
1つの機器は1人の利用者にしか送信しておらず、不特定の人への送信に当たらない」と主張していた。

 ◆テレビ局側の話 主張が認められ、適切な判断が下された。

 ◆永野商店側の話 一般国民の著作物利用を制限する不当な判決で、今後のネット利用活動に大きな禍根を残す。

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E3EAE2E1828DE3EAE2E3E0E2E3E39180EAE2E2E2
http://news.braina.com/2011/0118/judge_20110118_001____.html





SONY ロケーションフリーベースステーション LF-PK20
ソニー (2006-10-20)
売り上げランキング: 29074

[この記事の続きを読む ]

【税制】意外な男女差 消費税引き上げに男性は賛成多数、女性は反対多数

2010年12月23日 10:12

税制意外男女差 消費税引き上げ男性賛成多数女性反対多数[10/12/22]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/12/22(水) 11:39:50 ID:???
先の参院選では民主党の菅直人首相が消費税の税率引き上げに言及し、それが有権者の批判を
浴びることとなった。参院選における民主党敗退の最大要因とまで言われたが、一方では増税は
やむを得ないという声もあり、賛否分かれるところであったのも事実だ。

では実際のところ消費税の引き上げについてはどれほどの賛/否があるのか。
最近の調査では男性の方が女性よりも賛成する傾向にあり、男性では賛成が過半数を超えることが
分かった。

これは毎日新聞が今月18日から19日にかけて行った世論調査により明らかになったもの。
調査は全国の有権者を対象に電話により実施され、男女1039人の回答を得た。

調査では菅内閣を支持するか、どの政党を支持するかといった質問項目に加え、
「消費税率の引き上げに賛成か反対か」を問う項目も設けられた。

その結果、全体では賛成が46%、反対が50%となり、反対が賛成をやや上回る結果となった。
しかしながら、これを男女別にみると、男性は56%が賛成と回答、41%が反対と回答しており、
賛成が15ポイント上回った。
一方、女性は賛成が39%、反対が57%となり、男性とは対照的に反対が過半数となった。

この結果について、消費動向に詳しい経済評論家は「男性は理屈で考えて『増税やむなし』と
考えているのに対し、日用品などの買い物で実際に消費税を払うことが多い女性は、
ひっ迫する家計を考えて反対するのでは」と分析している。

20日付の新聞各紙の報道によれば、日本経団連の米倉弘昌会長は「社会保障に目的を絞った上で、
早期に消費税率を10%まで引き上げるべき」とコメントしている。今後の菅内閣の対応に注目したい。
(TechinsightJapan編集部)


http://www.excite.co.jp/News/column_g/2010


[この記事の続きを読む ]

【行政】かえって休めない!…観光庁、休暇分散化を撤回 別の分散案を模索する見通し

2010年12月17日 05:21

行政】かえって休めない!…観光庁休暇分散化を撤回 別の分散案を模索する見通し[10/12/16]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/12/16(木) 14:45:29 ID:???
観光庁は16日、春と秋に全国5地域で時期をずらして2回の大型連休を定める
としていた「休暇分散化」案を撤回し、内容を見直す方針を固めた。

同日開いた第2回休暇改革国民会議で、
「全国に取引先のある企業は、分散化でかえって休めなくなる」などの反対意見が
相次いだ。
このため、昨年のシルバーウイークのような秋の大型連休をつくることを柱に、
制度を再検討する方向だ。

三村明夫座長(新日本製鉄会長)は会議後、記者団に対し、
「反対論も大きく、当初の原案通りに進めるのは難しい」として、5地域での
分散化に否定的な見方を示した。

来年3月の次回会議までに、観光庁が新しい案を提示する。
5地域での分散は撤回し、それより少ない地域か、別の分散案を模索する見通しだ。


http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101216-OYT1T00549.htm?from=top



[この記事の続きを読む ]

【税制】証券優遇税制、2年間の延長を決定

2010年12月15日 05:43

税制証券優遇税制2年間延長を決定 [10/12/14]

1 :本多工務店φ ★:2010/12/14(火) 22:48:07 ID:???
政府は14日、上場株式の売却益などにかかる所得税率を軽減する「証券優遇税制」について、
期限切れとなる2011年末以降、2年間延長することを決めた。

16日にも閣議決定する11年度税制改正大綱に盛り込む。

証券優遇税制を巡っては、当初、財務省は11年末で廃止する方針を示したが、
金融庁や国民新党、経済界が強く反発していた。
最終的に野田財務相と自見金融相が14日に会談し、13年末までの延長で合意した。

証券優遇税制は、上場株式や公募投資信託の配当金や分配金、売却益に対する所得税率を、本来の20%から10%に軽減する仕組み。
金融市場の活性化を目的に03年に時限措置として導入され、期限の延長が繰り返されてきた。


http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20101214-OYT1T01042.htm


[この記事の続きを読む ]

【税制】法人税率3%下げへ 政府税調、2千億円前後の「実質減税」で調整

2010年12月06日 11:32

税制法人税率3%下げへ 政府税調2千億円前後の「実質減税」で調整[10/12/05]

1 :汗かき恥かきφ ★:2010/12/05(日) 02:54:29 ID:???
法人税率3%下げへ 政府税調2千億円前後の「実質減税」で調整 


 政府は4日、平成23年度税制改正の焦点である法人税率の引き下げについて、3%程度とする方針を固めた。
3%の引き下げに必要な国税で1兆円前後の財源のうち、8千億円程度を企業の優遇税制である租税特別措置の
縮減などで捻出。差額の2千億円前後は、企業の負担軽減につながる「実質減税」とする方向で調整する。

 政府税制調査会では、すでに当初目指した5%の引き下げを財源不足から断念していた。
また、これまで税率引き下げ分を企業関連の増税による代替財源で穴埋めする「税収中立」を主張してきたが、
経済界や民主党内から異論が噴出していることに配慮。下げ幅は縮小するものの、一定の実質減税とすることで
決着を図りたい考えだ。

 経済産業省は、主要国で最高水準にある法人税負担の軽減のため、5%の引き下げを要望。
代替財源として、設備取得費を非課税にできる減価償却制度の見直しなどで6千億円を確保する案を提示した。

 一方、政府税調は5%の引き下げには1・4兆~2・1兆円の財源が必要と試算。経産省案に加え、石油化学製品の
原料であるナフサ(粗製ガソリン)の一部課税や研究開発減税の縮減などで財源を確保し、税収中立とする案を示した。

 これに対し、経済界は負担軽減につながらないと反発。民主党の税制改正プロジェクトチーム(PT)も週明けに出す提言で、
「(優遇税制の縮減による)行きすぎた課税ベースの拡大は経済成長を阻害する」とし実質減税を求める。

 こうした動きを受け、政府税調は最大1・7兆円の財源が捻出できるナフサの課税化などを断念。
その分、税率の下げ幅を縮小することにした。その上で、経産省と経済界に代替財源を6千億円から
8千億円程度まで積み増すよう求め、調整を進めている。

 実質減税の額は、積み増しがどの程度になるかに加え、3%の引き下げに必要な財源をいくらに見積もるかで
大きく変わる可能性があるが、所得税の控除見直しなど企業関連以外の増税で穴埋めすることを念頭に置いているもようだ。


http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/101205/fnc1012050141000-n1.htm


[この記事の続きを読む ]

【税制】「パソコン代」「自宅の家賃」「保育費用」、サラリーマンの「必要経費」をもっと認めるべき

2010年12月03日 01:02

税制】「パソコン代」「自宅の家賃」「保育費用」、サラリーマンの「必要経費」をもっと認めるべき--SAPIO(小学館) [12/02]

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/12/02(木) 15:52:16 ID:???
日本のサラリーマンは、源泉徴収制度のもと、ほとんど「必要経費」が認められず、
税金は「取られるまま」となっている。一方、諸外国では、日本で考えられない
ような様々な経費が認められ、ビジネスマンは節税に励んでいる。

立正大学法学部教授で、税理士でもある浦野広明氏は、「税制の主旨に立ち返って
考えると、日本のサラリーマンの経費はもっと認められるべきだ」と喝破する。

日本は、建前上、「申告納税制度」を採っていることになっています。しかし現実
には、日本の労働人口の多くを占めるサラリーマンにとっては、税金は「申告」と
いうより、「天引き」されるものという実感が強いと思います。

自営業者の方は、税金は自ら申告するため、普段から「何が経費になるか」を意識
しているものでしょう。

が、サラリーマンの皆さんは「天引き」となってしまうため、税務上の“自分の経費”
がいくらか、即答できる人は少ないと思います。

「給与所得者」つまりサラリーマンは、「給与所得控除」という形で経費が認め
られています。その額は、年収500万円の人で154万円、年収600万円の人で
174万円などとなっています。スーツやカバンや靴など、会社員であることの経費
はこれでまとめて「概算控除」してしまおう、という制度です。

しかし、これ以外の控除というと、年間10万円を超えた医療費や、住宅ローンに
対する控除などだけで、現状ではほとんど経費は認められていないと言っていい
でしょう。

日本のサラリーマンは、もっと多くの控除が認められるべきなのです。

実際に海外では、多くのビジネスマンが様々な控除を利用して税務申告しています。

例えば、アメリカでは、日本のサラリーマンではほとんど認められない「自宅の家賃
が経費になります。自宅の家賃であっても仕事に使っていれば経費にできる。家で
残業をしている人は、その部屋の分を申告したりするのです。

また、「自宅のパソコン代」「携帯電話代」なども、仕事で使用する割合が多ければ、
控除対象になります。日本のサラリーマンは、仕事で使う携帯電話代も自腹という
ケースが多いでしょう。

日本では仕事でお世話になった人にお中元やお歳暮などを贈りますが、経費には
なりません。ところが、アメリカではギフトは仕事の一部という考え方から、
「贈答品費」も相手1人あたり25ドルまで認められます。さらに、スポーツ観戦や
ナイトクラブなど「交際費」も、50%が控除できます。

他にも、共働き家庭などでは「ベビーシッター代」が経費として控除対象となる場合
があります。

似た制度では、フランスでの「保育ママ控除」が挙げられます。子供を資格を持つ
女性に預ける場合に、その代金が経費算入できるのです。

ドイツでは、自宅の修理や、庭仕事、清掃などにかかった費用に対する控除や、
失業中の就職活動費用(履歴書用写真や交通費、資料作成費など)も経費となります。

アメリカとドイツでは、「勤務関係教育費」「職業専門教育費」として、資格を取得
するために通う専門学校の授業料や教材費、交通費などが経費になる制度があります。

※続く


http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20101202-01/1.htm


[この記事の続きを読む ]



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。