■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【宇宙開発】宇宙ごみを漁網で一網打尽 広島の老舗「日東製網」とJAXA開発中

2011年01月26日 18:40

宇宙開発宇宙ごみ漁網一網打尽 広島老舗日東製網」とJAXA開発中[11/01/25]


1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/01/25(火) 15:28:13 ID:???
人工衛星の残骸など、地球の周りに増え続けて問題化している「宇宙ごみ」に、
長さ数キロの「網」をつけて大気圏に突入させ、燃やしてしまおうという試みが、
広島県の老舗漁網メーカーと、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の間で
進められている。

昨年創業100周年を迎えた「日東製網」(福山市)がJAXAと共同開発中の
宇宙ごみ除去システム」。

まず、金属で編んだ長さ数キロの「導電性テザー」と呼ばれる細長い網を「捕獲衛星」に積み、
ロケットで打ち上げる。軌道に乗った後、衛星のロボットアームを使って宇宙ごみに網を取りつけ、
アームの先端を切り離す。

網は地球のまわりを周回することによって電気を帯びる。
これが地球の磁場と影響し合って、徐々に高度を下げさせる力となり、大気圏にごみごと再突入して、
最終的に燃え尽きるという仕組み。ごみを移動させるのに、燃料が不要というメリットもある。

日東製網は創業15年後の1925(大正14)年、結び目なしに編み上げる丈夫な
無結節網(むけっせつあみ)の製造機を世界で初めて発明した。
ひもが交わる部分に結び目がある網よりも切れにくいうえ、漁船の上で折り畳んでも軽く、
かさばらないなど画期的な網だった。
この網で国内シェアの半分を占めるトップ企業に成長。現在も定置網漁や底引き網漁など
漁業に幅広く利用され、マグロ養殖用の網なども海外に輸出している。

こんな実績もあり、同社は6年ほど前、JAXAから「電流が流せる網を作ってほしい」との
依頼を受けて研究を始めた。
太い鉄製の針金から、曲げるとすぐに折れてしまう炭素繊維まで数十種類の素材を試した。
昨年夏、アルミワイヤとステンレス繊維を組みあわせたテザーの開発にこぎつけた。

髪の毛ほどの細さの繊維をより合わせた直径約1ミリの銀色のひも3本が、網状に編まれている。
両手で持ってみると、あやとりのひものように柔らかくたわむ。
宇宙空間を飛び交う小さなごみと衝突して1本が切れても、残り2本で耐え、網の機能が保てる
仕組みだ。

ロケットでの打ち上げ時期は未定だが、同社は2年後の完成を目標にしている。
開発を担当する同社技術部化学課の尾崎浩司さん(41)は
「ナイロンなどで編む漁網と違い、硬い金属製の網を編むのは難しい。ちぎれて使い物にならない
失敗作も作ったが、やっと実用可能なテザーができた」と、宇宙ごみの「一網打尽」に意欲を
みせている。


http://www.asahi.com/science/update/0125/OSK201101250056.html




眠れなくなる宇宙のはなし
佐藤勝彦
宝島社
売り上げランキング: 2405

[この記事の続きを読む ]
スポンサーサイト

【宇宙開発】日本版GPS、衛星7機態勢へ…精度10倍に

2011年01月06日 12:31

宇宙開発日本版GPS衛星7機態勢へ…精度10倍に[11/01/05]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/01/05(水) 08:55:55 ID:???
政府は4日、日本版GPS(全地球測位システム)を構築するため、
準天頂衛星「みちびき」の同型機と静止衛星を、2014年から2年程度の間に
集中的に6~7機打ち上げる方針を固めた。

アジア太平洋全域を対象に、現在のGPSより10倍高い精度で測位できる体制を
整える。
打ち上げなどにかかる計2000億円規模の費用には民間資金を活用する方針だ。

政府の宇宙開発戦略本部(本部長・菅首相)が、原案を固めており、8月をめどに
計画を決める。財政難の中、政府は民間の資金とノウハウを活用するPFI法の
改正案を次期通常国会に提出し、衛星製造をPFIの対象事業に加える方針だ。

日本独自のGPSを構築するのは、米国のGPSの本来の目的は軍事利用のため、
有事などの際に民間向けの電波の発信までも第三国に妨害され、
市民生活や経済活動が影響を受ける恐れがあるからだ。

日本は10年9月、独自開発した準天頂衛星の1号機「みちびき」を打ち上げた。
同型機も含め3機以上にすれば、1機は常に日本上空に位置することになる。
米国が運用するGPSと組み合わせれば、カーナビゲーションなどの精度は
現在の10倍高まり、誤差は1メートルまで小さくなる。


http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110104-OYT1T00905.htm?from=main4
“準天頂衛星「みちびき」の軌道”という絵は
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20110105-573144-1-L.jpg


[この記事の続きを読む ]

【宇宙/航空】GPS衛星「みちびき」打ち上げ成功 H2A打ち上げ=12機連続で成功

2010年09月13日 14:26

【宇宙/航空】GPS衛星「みちびき」打ち上げ成功 H2A打ち上げ=12機連続で成功[10/09/11]
20100912k0000m040063000p_size5.jpg


1 : ◆mhOcgzaeUY @ササニシキ先輩φ ★:2010/09/12(日) 12:54:28 ID:???

★みちびき:打ち上げ成功 H2Aロケットから分離

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は11日午後8時17分、準天頂衛星「みちびき」を
搭載したH2Aロケット18号機を、鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターから打ち上げた。みちびき
は約30分後、予定通り分離され、打ち上げは成功した。H2A打ち上げは05年2月の7号機以来12
機連続の成功となった。

みちびきは縦横約3メートル、長さ約6メートルの直方体で重さ約4トン。米のGPS(全地球測位
システム)を補完し、精度を向上させることを目的とする測位衛星。日本のほぼ真上(準天頂)を通る
軌道で周回するため、ビルの谷間や山間部などでGPSの電波が受信できない時間帯が大幅に減るほか、
測位誤差も現在の10メートル前後から数センチ~1メートルに縮小できる。しかし、1基が日本のほぼ
真上にいる時間は約8時間で、日本上空に常に衛星がある状態にするには、最低3基が必要となる。

施設整備や打ち上げを含めた総事業費は約735億円。今後、高度3.3万~3.9万キロの楕円(だえん)
軌道に到達する。

http://mainichi.jp/select/biz/news/20100912k0000m040058000c.html




[この記事の続きを読む ]

【話題】「宇宙基地に出張してくるから」--文科省がまとめた2030年の生活予測

2010年07月26日 08:33

1ライトスタッフ◎φ ★:2010/07/25(日) 14:49:08 ID:???


科学技術の進歩によって2030年の生活はどうなっているのだろうか。文部科学省科学
技術政策研究所が研究者らの聞き取りから「将来社会を支える科学技術の予測調査」
という報告書をまとめた。この調査を元に未来の生活を想像してみた。

■パスポート不要、目で本人確認

宇宙基地出張してくるから」――。東京都内に一軒家を構える、ある一家の
お父さんはこう言って出かけようとした。すると慌ててお母さんが後を追って
「お父さん、パスポートは持った?」と尋ねた。お父さんは「お母さん、何言って
いるんだ。パスポートは持たなくて良くなっただろう」とあきれた表情で答えた。

30年にはロケットの技術は大きく進歩して現在の飛行機のように気楽に宇宙旅行に
行ける。乗客を見分ける「個人認証技術」も進歩、目の光彩などの生体情報から
正確に本人かどうかを判断できる。指紋のように他人になりすますのは絶対に不可能。
出国手続きの時にカメラの目の前に立つだけで済み、パスポートはいらない。
出入国の時の長蛇の列も昔話。お父さんはロケットの打ち上げ1時間前というのに
余裕の表情だ。

■「車―車間通信」で渋滞知らず

交通手段も格段に発達している。家を出たお父さんは電気自動車に乗り込むとカー
ナビゲーションシステムの地図画面でロケットの打ち上げ場を探して選択する。
車を発進させるとハンドルを握っていないのにすいすいと道路を進み、交差点も
自動的に左折と右折して道のりをかえる。ハンドルを握るのは家の車庫に車を出し
入れする時だけ。全地球測位システム(GPS)機能などで車が自らの位置を正確に
把握し、目的地に案内をしてくれる。究極の“自動”車だ。

渋滞や事故の心配もない。自動車が前後の車などとの距離を測り一定間隔を保ちながら
同じ速度で移動する「車―車間通信」の技術が使われているからだ。自動車技術の未来
を予測したアイシン精機の加藤喜昭常務役員は「環境の観点からも役割は大きくなる」
と解説する。燃料となる電気も道路から電磁波で送られるため、車を停車して燃料を
補給する手間はかからない。渋滞の解消や運転が効率化すれば自動車が出す二酸化炭素
(CO2)の排出量の削減に貢献するからだ。

■自動翻訳、世界のTV番組楽しむ

お父さんが出かけた後、家にいる子供はテレビを見て大笑いしていた。

「わはは、面白いね」

「まだまだ突っ込みが甘いよ」。

家にある大きなテレビで米国のお笑い番組を見ている小学生の息子は、隣に座った
ロボットと会話している。テレビは世界各国の番組を楽しめる。米国の番組でも
自動翻訳システムによって日本語に変換。英語がわからない息子でも理解できる。

隣にいるロボットは「人工知能」の発達によって家族や友達のようにテレビの内容に
沿って相づちを打つ。頭脳は人間とほぼ同じレベル。出生率は今後も低いままで
一人っ子の家庭が増えるなら、相づちロボットの人気は高まりそうだ。

※続く

●科学者が予測した未来の生活
http://alp.jpn.org/up/src/normal1079.jpg

◎NISTEP 科学技術政策研究所--「科学技術が貢献する 将来へのシナリオ」
http://www.nistep.go.jp/achiev/ftx/jpn/rep141j/pdf/rep141jall.pdf

◎ソース 日経新聞
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C889DE3E3E7E6E1E5E0E2E0E1E2E5E0E2E3E29F88EBE2E2E2



e0065549_3293574.jpg

[この記事の続きを読む ]

【事業仕分け】民主党、はやぶさ後継機の予算を17億円→3000万円に大幅縮小、一方NEC はイオンエンジンを世界初の商業化

2010年06月15日 14:38

事業仕分け民主党はやぶさ後継機の予算を17億円→3000万円に大幅縮小、一方NECイオンエンジンを世界初の商業化[10/06/14]

1 :三毛@猫舌すφ ★:2010/06/14(月) 23:13:03 ID:???
 宇宙航空研究開発機構は後継機「はやぶさ2」の計画を進めている。
文部科学省は昨夏、今年度予算の概算要求に17億円を盛り込んだが、政権交代を受けた予算削減で3000万円に縮小。
製造に着手できなかった。

 はやぶさ2は、目標とする小惑星と地球の位置関係などから、2014~15年に打ち上げないと、次の機会は10年以上も先になる。
来年度には製造に着手しないと間に合わない。
川端文部科学相は11日、「(はやぶさの実績が)次につながるようにしたい」と述べた。

 ただ、財政状況は厳しい。宇宙開発の今年度予算は3390億円で前年度比2・6%減。
今後も大幅増は見込めない。はやぶさの快挙をどう生かすのか、注目される。

[この記事の続きを読む ]

【宇宙】探査機はやぶさ13日夜帰還 7年ぶりの地球へ

2010年06月14日 11:40

【宇宙】探査機はやぶさ13日夜帰還 7年ぶりの地球へ [10/06/12]

1 :JD@かしゆかさんφ ★:2010/06/13(日) 08:01:57 ID:???
2003年5月に打ち上げられて小惑星「イトカワ」への着陸を果たした宇宙航空研究開発機構の探査機「はやぶさ」が
13日深夜、大気圏に突入し、7年ぶりに地球に帰還する。

宇宙機構の12日の発表によると、はやぶさは大気圏突入の約3時間前の13日午後8時21分(日本時間同7時51分)、
イトカワの砂が入っている可能性のあるカプセルを分離。同11時21分(同10時51分)、本体とカプセルそれぞれが
高度200キロの薄い大気に突入する。

真空の宇宙空間から高速で突入し、大気と激しくぶつかる最後の難関。高熱を発するため、探査機本体は途中で
ばらばらになって燃え尽きる。耐熱加工したカプセルだけが落下を続け、高度約10キロでパラシュートを広げ
オーストラリア南部、ウーメラ近くの砂漠に落ちる見込み。

米航空宇宙局(NASA)は、将来の宇宙船や探査機の耐熱設計などに役立てるため、光りながら落ちるはやぶさの
カプセルを航空機から観測。インターネットでも中継する予定。

[この記事の続きを読む ]



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。