■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【通貨】世界初!コメ兌換通貨の凄味~「腐るおカネ化」で流通の加速を目指す

2010年05月14日 09:33

【通貨】世界初!コメ兌換通貨の凄味~「腐るおカネ化」で流通の加速を目指す [10/05/14]

1 :本多工務店φ ★:2010/05/14(金) 00:50:28 ID:???
愛知県豊田市でコメと交換できる地域通貨が誕生し、今年の5月1日から一部の地域で流通が始まった。
その名も“おむすび通貨”だ。

発行元は弁理士で代表を務める吉田大氏や、大学准教授の村田尚生氏などが中心となって立ち上げた「物々交換局」という共同事業組合。
吉田氏によれば、コメで価値が担保された地域通貨というのは世界で初めてだという。

通貨単位は“むすび”といい、1むすびは無農薬・有機栽培・天日乾燥の玄米0.5合(おにぎり1個分)と交換できる。
この通貨を幅広く流通させることで、荒廃した農山村の振興を図ろうというのが目的だ。

さらに、コメとの交換以外でも、飲食店や雑貨屋など20店舗以上ある協力店舗で代金を支払う際にも利用できる。
通常の通貨との交換レートが決まっていないため、販売者と消費者が商品やサービスの価値がいかほどなのか互いに決める形だ。

「価格の裏に隠れた本当のコストを、消費者が意識するきっかけになれば」と、吉田氏は話す。

だが、それだけではない。
じつはこのおむすび通貨、これまでの通貨の概念自体を覆すことにもチャレンジしている。
それは通貨の“腐るおカネ化”だ。
普通のおカネならば、時間が経てば金利分だけ価値が増えるところを、逆に減価させようというのだ。

現在は作付けした年内の間にコメと交換しなければならないが、ゆくゆくは交換可能期間を延ばす予定だという。
古米になれば価値が下がるので、それを価値の担保としているおむすび通貨も、自動的に減価するというわけだ。

そうすることで、価値が下がる前に早く使いたくなり、流通速度が上がる。
どこか一部の人に留まることなく、社会を循環していくと考えているのだ。

これは「普通のおカネは利息の支払いと金利の受け取りが起こり、貧しい人から富める人のところにおカネが流れて滞留し、富の偏在を招く」(吉田氏)ことに対する挑戦でもある。

おむすび通貨が資金決済法の適用にあたるかどうか検討している東海財務局は、
コメを担保にした通貨というのも、腐るおカネというのも「今まで見たことがない」(担当者)と語る。

物々交換局は今後、腐るおカネ化に加え、
「流通領域をさらに広げ、農家が収穫したコメの分だけ通過を自主発行できるようにしたい」と意気込む。
[この記事の続きを読む ]
スポンサーサイト

【地域経済】土佐電気鉄道と高知県交通、ICカード「ですか」を7日に発売

2009年01月07日 08:45

【地域経済】土佐電気鉄道と高知県交通、ICカード「ですか」を7日に発売[01/06]

1 :( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`) φ ★:2009/01/06(火) 18:58:41 ID:???
土電、県交両グループのバス、電車で利用できるICカード「ですか」が7日発売される。
運用は25日からで、初年度5万枚の販売を目指す。

 http://203.139.202.230/?&nwSrl=237518&nwIW=1&nwVt=knd
 http://www.tosaden.co.jp/new/news-168.html
 http://www.desuca.co.jp/



top_img-on.gif
[この記事の続きを読む ]

出光SSなどで利用できるプリペイド型ガソリン券「出光キャッシュプリカ(ギフト)」取り扱い開始

2008年10月01日 07:13

出光】プリペイド型ガソリン券「キャッシュプリカ(ギフト)」を販売開始
 出光の関連会社である出光クレジットは、全国のCash Precaマークのある出光サービスステーションで利用できるプリペイド型ガソリン券「出光キャッシュプリカ(ギフト)」の販売を10月1日から開始する。

 同カードは2008年4月から流通業、食品メーカーを中心にテスト販売を行っていたが、好評だったことを受け、今回、企業の販促ノベルティや一般のユーザーの贈答品として利用できるプリペイド型ガソリン券の販売を開始する。

 このカードでは、ガソリン、軽油、灯油、エンジンオイル、洗車など様々な商品・サービスが利用できる。



 カードデザインには、「スタンダードデザイン」、「名入れデザイン」、「オリジナルデザイン」の3種類を用意。カード券面にはユーザーオリジナルの商品やメッセージが記載可能で、ギフト額の利用後でもユーザーに繰り返し入金して利用できるため、カード券面に記載した商品やブランドの継続的な訴求が可能となる。

 ギフト金額は、200円、300円、500円、1000円、2000円、3000円、5000円、1万円、1万5000円、2万円、2万5000円の11種類より選択が可能。
[source by AUTO GALLWRY]
070704_ph001.jpg


誰でも気軽に購入することができる新プリペイドカードキャッシュプリカ」その場で発券されるとのこと。
使用中も従来のプリペイドカードの様にチャージも可能。
2輪車なんか乗っている人にはとっても便利ですよね。

本日から販売されるらしいですが、出光クレジットは今日から出光クレジットカードでオイル交換や灯油購入の際にキャッシュバックするキャンペーンや、ドコモポイントをプレゼントするキャンペーンなども開始するようです。
http://www.idemitsu.co.jp/ss/campaign/index.html

・出光クレジットのオススメの永久無料カード商品

住民の要請により、西鉄のニモカ(nimoca)を北九州で10月から導入!

2008年09月21日 00:07

西鉄のニモカ、北九州で10月から導入 住民要請受け前倒し
 西日本鉄道は19日、北九州地区で10月19日からICカード「nimoca(ニモカ)」のサービスを開始すると発表した。西鉄グループの路線バスの一部や、井筒屋などの商業施設で決済に利用できる。北九州地区では当初、2009年度からニモカを導入する予定だったが、地域住民などの要請を受けて計画を前倒ししてサービスを開始する。

 まず、グループの西鉄バス北九州(北九州市)が運行する小倉―黒崎・折尾など市内バス八路線と、西鉄高速バス(福岡市)の戸畑・小倉 ―北九州空港、小倉―福岡など高速バス4路線にニモカを導入する。
ニモカに付加する定期券サービスは北九州地区では09年度から利用開始する。

 商業施設では井筒屋の小倉、黒崎の2店舗とチャチャタウン小倉(北九州市小倉北区)内の約50の店舗での買い物にもニモカが利用できる。
nimoca.gif

ちょっと前のエントリーでJR北海道でもICカード「kitaca」が稼動したことをお伝えいたし、
JRに各々ICカードがあって煩雑化しているという話をしていましたが…
・ついにJR北海道でもICカード乗車券サービス開始!その名も「Kitaca」
(JR東日本「suica」,JR九州「sugoca」,JR西日本「icoca」,JR東海「toica」,JR北海道「kitaka」)

そういえばJR以外にもICカード発行している鉄道あったんですね。

今回の西鉄のニモカは福岡市、春日市・筑紫野市・朝倉市内ではすでに導入されてり
今回北九州市へと拡充する。

互換性はというと交通機関では西鉄の電車とバスしか使えないもの、商業施設では大丸、三越、岩田屋、コア、ソラリアなど福岡の主要デパートはもちろんのことJR系のICカードでも対応していない様な施設でも利用可能とお買い物の点では利便性は高い。
コンビニもローソンで利用可能。


ソース:日本経済新聞
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20080919c6c1902819.html
・プレスリリース(西日本鉄道HP)
http://www.nishitetsu.co.jp/release/2008/08_81.pdf
・nimocaホームページ
http://www.nimoca.jp/home/



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。