■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エネルギー】太陽電池の製造コストを100分の1まで下げることに成功 金沢工大教授が開発

2011年05月29日 13:04

1焙煎特派員φ ★:2011/05/29(日) 01:44:33.98 ID:???


金沢工大工学部の南内嗣(ただつぐ)、宮田俊弘の両教授は27日までに、
銅板と亜鉛 を組み合わせた新型太陽電池の基板を開発した。
従来のシリコン製に比べ100分の1の 費用で製造できるとしている。
福島第1原発事故を経て政府が「サンライズ計画」を発表し太陽熱エネルギーが関心を集める中、
両教授は「低コストの太陽電池をぜひ実用化させたい」と意気込んでいる。
新型太陽電池の基板は電熱器で焼いた銅板(多結晶亜酸化銅)に亜鉛膜を重ねて作った 。
太陽光が基板に当たると青と緑色の光を吸収して電気に変える仕組みで、光から電気への変換効率は3・8%。
1980年代に同じ手法で米国で製作された基板の変換効率1・ 8%の2倍程度に高まり、実用化のめどがついたとしている。

南、宮田両教授によると、従来のシリコン製太陽電池の基板は直径15センチの円盤状で製造に約8千円かかるの対し、
今回、開発した基板は数十円で作ることができる。製造 コストをおよそ100分の1まで下げることで、
一戸当たり約300万円かかるとされる太陽光発電施設の設置費も大幅に抑えることが可能になるという。

研究成果は23日、社団法人応用物理学会の審査を経て同学会報の電子版に掲載され、 世界に発信された。

南教授は宮田教授が金沢工大生のころ指導したという間柄。
師弟コンビは「新型太陽電池は希少金属(レアメタル)を一切使わず、
無毒の銅や亜鉛が素材で原料が豊富という点 でも有効と考える」と語った。

石川のニュース 【5月28日02時45分更新】
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20110528103.htm

写真:低コストの新型太陽電池の基板を手にする南教授(左)と宮田教授=金沢工大




[この記事の続きを読む ]
スポンサーサイト

【話題/IT】Ruby開発の新メンバーは14歳の中学生!

2011年04月15日 08:35

photo01.jpg

話題/ITRuby開発新メンバー14歳中学生! [04/14]

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2011/04/14(木) 21:07:16.02 ID:???
オープンソースのプログラミング言語「Ruby」の開発コミュニティで、いま注目
されている人がいる。福森匠大(Shota Fukumori、sora_h)さん、14歳だ。
国籍、性別、年齢などは無関係というオープンソースの世界だが、これほど年若い
参加者が「コミッタ」と呼ばれる開発のコアメンバーに迎え入れられることは珍しい。
Ruby開発に加わった時点では中学2年生。「最年少記録」を塗り替えた。

欧米を中心にビジネスの世界でも迎え入れられつつあり、先日、JIS規格化もされた
Ruby言語。そのRubyの生みの親で、現在も開発をリードしているまつもとゆきひろ
さんに島根県から動画チャットで加わってもらい、福森さんに話を聞いた。

■無料海外ドメインも使う「デジタルネイティブ世代」

記者への挨拶もそこそこに、最新のAndroid端末とMacBook AirをWiFiルータで
ネットに接続すると、福森さんは、ひっきりなしにオンラインのコミュニティに
挨拶して回った。ざっと見ただけでも、同時並行で3つ、4つ。Ruby関連の人々や
オンラインゲーム仲間に「メディアのインタビュー取材を受けていること」を告げて
回る。

その反応を拾い読みするために、しばらくすると、再び複数の画面をグルグルと
回転させる。福森さんは、100人強のボランティアで作る震災関連の情報サイト
「sinsai.info」にも開発者として参加していて、この画面も頻繁にチェックする。

「1日に何時間ぐらいPCに向かっているかって、そりゃ起きてる時間はずっとですよ」
と福森さんは笑う。ITを使いこなすデジタルネイティブ世代だ。

「でも、デジタルネイティブって、意味が分かりませんよね」。こう早口で語る
福森さんだが、その真意は、ITとは単なるツールの使いこなし以上の何かだという
ところにあるようだ。IT関連のスキルを測る資格試験「IC3」に最年少で合格し、
そのことから日本テレビの番組に出演したことまであるが、「そもそもオフィス
ソフトって持ってないんですよね」と冷ややか。

一方、海外ドメインを取って仲間同士でWebページを立ち上げたような話は、
楽しそうに語る。

「オンラインゲームの仲間でサイトを作ったんですよ。.tkドメインなんですけど、
これってトケラウ諸島のもので、無料で取得できるっていうのもあるんですけど、
TKってTeam Kill(戦闘仲間同士が誤って味方を撃ってしまうこと)の略でもあるん
ですよね。協調性がないうちのチームにぴったりなんですよ」

小さなWebサービスを作って立ち上げたり、Twitterと連携するボットプログラムを
作るのが今は楽しいという。iPhone向けの有料アプリも作ったことがある。
「何かプロダクトを作るというときは、RSS(ネットの情報)は1週間ぐらい見ない
ようにすることもあります。Twitterは見ますけどね(笑)」(※続く)

●福森匠大(sora_h)さん
http://www.atmarkit.co.jp/news/201104/14/photo01.jpg

●福森さんが仲間たちと作るWebサイト(http://pasra.tk/
http://www.atmarkit.co.jp/news/201104/14/webpage.jpg

http://www.atmarkit.co.jp/news/201104/14/sora.html



[この記事の続きを読む ]

【資源】ペダルをこぐだけ、日本メーカーが開発した魔法の「自転車浄水器」

2011年02月19日 11:41

madeinBG.jpg

資源ペダルをこぐだけ、日本メーカー開発した魔法の「自転車浄水器」[11/02/18]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/02/18(金) 16:13:16 ID:???
神奈川県川崎市の中小企業が、自転車をこぐことで水を浄化できる浄水装置を
バングラデシュで大量生産する準備を進めている。
災害被災地やインフラが整っていない地方の村での活躍が期待される。

日本ベーシック(Nippon Basic Co.)が開発した自転車搭載型緊急用浄水装置
「シクロクリーン(Cycloclean)」の使い方は、簡単だ。川や池、プールなど
水のあるところまで自転車をこいでいったら、ホースを垂らし、あとは
ペダルをこぐだけ。
自転車のチェーンが荷台のボックスに収納されているポンプを駆動し、
4つのフィルターで浄化しながら水をくみ上げる。
1分間に6リットルの飲料水を作り出すことが可能だという。

パンクしにくいタイヤを使っているので、どこでも安心して使える。

勝浦雄一(Yuichi Katsuura)代表取締役によると、日本国内では2005年に
1台55万円で発売、これまでに200台を販売した。
主に地方自治体が納品先だが、バングラデシュ、カンボジア、中国、
インドネシア、ミャンマー、フィリピンからも発注があるという。

特にバングラデシュでは需要が拡大していることから、
同社は前年バングラデシュの自転車メーカーと提携し、販売価格を抑えることも
視野に現地生産を開始した。今年4月にも年間100~200台の生産体制が整うという。

バングラデシュでは経済発展に伴い、リキシャ(人力車)の運転手が大量に
職を失うと予想されるなか、勝浦社長は、この自転車を使った水ビジネスが
雇用の創出にもつながると自負している。

ソース・画像は
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2785955/6832000





[この記事の続きを読む ]

【資源】「中国のウラン資源が3000年はもつようになるかもしれない」 中国、画期的な核燃料再処理技術を開発

2011年01月05日 14:49

資源】「中国ウラン資源3000年はもつようになるかもしれない」 中国画期的核燃料再処理技術開発--CCTV報道[11/01/04]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/01/04(火) 17:16:07 ID:???
国営中国中央テレビ局(CCTV)は3日、国有の中国核工業集団(China National Nuclear Corp)が、
原子力発電におけるウラン確保の問題を実質的に葬り去るかもしれない画期的核燃料再処理技術開発した
と報じた。

CCTVは
「今後50~70年しかもたないとされていた中国ウラン資源3000年はもつようになるかもしれない」
と報じた。環境汚染の抑制とエネルギー安全保障を達成するために、複数のエネルギー源を組み合わせる
「エネルギーミックス」を模索する中国にとって大きな前進となる。

英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)によると、中国は現在年間約750トンのウランを
生産しているが、原子力発電量を増やしていることから、年間の需要量は2020年には2万トンまで
増加すると見込まれている。


http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2781121/6626744
■China Daily http://www.chinadaily.com.cn/
 Nuclear fuel feat to solve uranium shortage
 http://www.chinadaily.com.cn/china/2011-01/04/content_11788510.htm


[この記事の続きを読む ]

【軍事】F2の後継戦闘機、国産を念頭に…防衛省、16年にも開発着手へ

2010年08月26日 05:35

軍事F2後継戦闘機国産を念頭に…防衛省、16年にも開発着手へ [08/25]
戦闘機


1 :きのこ記者φ ★:2010/08/25(水) 21:15:55 ID:???
防衛省は25日、現有のF2戦闘機の後継候補となる戦闘機の研究開発ビジョンをまとめた。

高度情報化や電磁干渉による誤作動の防止、ステルス性の高い敵機に対抗する能力など
重視する要素を7点に整理。2016年度からと見込む次々期の中期防衛力整備計画(中期防)
の期間中の開発の着手を想定し、開発経費は5000~8000億円と試算した。

ビジョンでは味方機同士でセンサーや武器を互いに活用し、味方機がロックオンした対象に
どの機からも攻撃できる技術を想定。統合火器管制や高出力レーザーなどを研究課題とした。
国内の素材や半導体の技術を元に、ステルス性向上や敵機を早期に発見するレーダーの実現を目指す。

F2の退役が20年後にも始まると予測し、国産を念頭に新たな戦闘機に必要な技術を育てる狙いだ。
民生技術への波及効果も見込む。将来的に国際共同開発する場合も、日本の強みとなる技術を確保する。
(以下はソースをごらんください)

http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819481E0E7E2E0E58DE0E7E2EAE0E2E3E28297EAE2E2E2


[この記事の続きを読む ]



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。