■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】『勤めないという生き方』 “なりたい職業1位は公務員”という現代は夢がない?

2011年05月31日 23:19

1やるっきゃ騎士φ ★:2011/05/31(火) 10:46:14.46 ID:???


「高校生のなりたい職業1位公務員」というニュースが昨年末に話題となりました。
現在の不景気を考えると仕方ない結果とも言えそうですが、
勤めないという生き方』(メディアファクトリー)の著者でライターの森健さんは
このニュースを聞いて「夢がない」と思ったとか。

「働く目的とは安定だけなのだろうか。あるいは、お金だけなのだろうか」(森さん)

同書にはこの問いに「NO」と答える人ばかり13人が登場します。
東大からワコールを経て、手染め職人になった人。
京大大学院からトヨタ自動車を経て、小さな島でビジネスをおこした人。
有名大学出のエリートが多く登場するため、特別な人たちだけに許される贅沢な職業観と
感じるかもしれませんが、彼らの根底にあるのは"仕事が好き"という単純な気持ちです。

生活のためと割り切って、好きでもない仕事をする。これもひとつの選択です。
ですが、"好き"を仕事にすることは、仕事を選ぶ上での基本中の基本ではなかったで
しょうか。
そもそも、新しい仕事をその当初から軌道に乗せた人などいません。
誰もが「なんとかなる」と思い、"好き"という気持ちだけを糧に成功をつかみとって
いるのです。

安定を求めがちな今の時代に、こうした「賭け」に出るのは勇気のいることかも
しれません。
しかし、不景気だからこそ、どんな企業でもいつ破綻するかわからない状態に置かれて
いることも事実。そのため、彼らの成功談から学ぶことは少なくないはずです。

ソースは
http://news.ameba.jp/20110531-93/


Amazon.comから、勤めないという生き方 [単行本(ソフトカバー)]\ 1,365

内容紹介
「会社で安定」「起業成功」だけが価値ではない。
多くの若い人が身の丈に合った、理想の働き方・生き方を「自立自営」に求めている。
自動車メーカーから小島での町おこしビジネスへ、一流会社から農家へ、
雑誌編集者からカフェオーナーへ。。
地域をベースに新しい仕事の形を作り、理想を求めてNPO立ち上げ、人との出会いから
職人の世界へ。さまざまなドラマを経て「勤めない」という生き方を選んだ
13人の姿から、新しい「働き方」のテキスト。
成功物語だけではなく、苦労や課題も赤裸々に語ることで、「働くことの意味と価値」を
見出していくノンフィクション。

内容(「BOOK」データベースより)
アルバイト→有機農家、自動車会社→島で町おこしビジネス、
東大卒で大手企業→手染め職人、雑誌編集者→カフェのオーナー。
会社に勤めなくても、みんな自分らしく生きている!会社をはなれて見つけた
自分らしい働き方。



[この記事の続きを読む ]
スポンサーサイト

【倒産】韓国の双竜自動車が破綻 世界景気低迷で販売急減

2009年01月10日 08:39

【倒産】韓国の双竜自動車が破綻 世界景気低迷で販売急減[09/01/09]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2009/01/09(金) 13:08:22 ID:???
韓国自動車5位で、上海汽車集団傘下の双竜自動車は9日、経営の自主再建を断念、
ソウル中央地裁に法定管理(日本の会社更生法に相当)を申請したと発表した。
世界景気の低迷で自動車販売が急減。深刻な資金繰り悪化に直面していた。

双竜自は極端な販売不振に陥り、給与の支払いが遅れるなどの事態に陥っていた。
双竜自の経営陣は上海汽車に経営支援を要請、労組には年末の操業停止や福祉削減を
柱とするリストラ案を求め自主再建の道を探ったが、単独での立て直しは困難と
判断した。


http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090109AT2M0901Z09012009.html




car_photo_217783_7.jpg
[この記事の続きを読む ]

【自動車】米国でヒュンダイの「グレンジャー」を買えばヒュンダイの「ベルナ」がオマケ

2008年12月10日 13:54

【自動車】米国でヒュンダイの「グレンジャー」を買えばヒュンダイの「ベルナ」がオマケ (中央日報)[08/12/09]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2008/12/09(火) 15:38:31 ID:???
#1.「アントラージュ」(現代「カーニバル」の米国輸出名)を購入すれば「ベルナ」を
無料で提供する。 (カナダ現代自動車ディーラー)

#2.「グレンジャーTG」を買えば「ベルナ」を、「オピラス」を買えば「プライド」を
つける。 (米国現代・起亜自動車ディーラー)

北米市場の小型車(排気量2000cc以下)市場で好調だった現代・起亜(ヒョンデ・キア)車
だが、先月は同市場でも低調だった。 小型車が売れ行きが悪化し、‘オマケ’販促も登場している。
現地ディーラーの中には、推奨消費者価格が3万ドル以上の大型車やミニバンを購入した場合、
小型車をつけるという「1+1」マーケティングを行っているところもある。

現代車と起亜車は先月の米国市場でそれぞれ1万9221台、1万5182台を販売、前年同月比
39.7%減、37.2%減となった。 これはGMが先月41%減ったのに次ぐ減少幅だ。

現代車は米国市場で「ベルナ」1983台、アバンテ3268台と小型車5251台を販売した。
これは前年同月比5.8%の減少。 起亜車「プライド」「セラト」の先月の販売台数は
計5692台と、同28.2%減となった。

現代・起亜車の中小型車の販売減少率は19%と、すべての車種を合わせた販売減少率
38.6%より小さかった。 その間利益を出してきた主力車種「ソナタ」(-54.5%)、
グレンジャーTG」(-79.9%)、「トゥーソン」(-70.5%)、
「サンタフェ」(-41.9%)の販売が前年同月比で急減したのに比べると、善戦したほうだ。
しかし小型車の販売が増えるという期待の中で10月から輸出量を増やしたことを考えると、
失望は大きい。

現代車の北米市場担当者は「ウォン安を受けて現地のインセンティブと割引販売幅を増やして
いるため、来年からは状況が次第に良くなるだろう」とし「米アラバマ工場でアバンテ級の
小型車を生産することを検討している」と伝えた。 起亜車は来年から新車「フォルテ」と
クロスオーバー車「ソウル」を米国市場で販売し、小型車の比重を高める計画だ。


http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=108408&servcode=300&sectcode=320




verna_1074505_3.jpg
[この記事の続きを読む ]

金融不安に米国民激怒「恥を知れ」「カネ返せ」「米国の富の半分を占める400人の資産を没収しろ」

2008年10月13日 15:55

ゲンダイ】金融不安に米国民激怒「恥を知れ」「カネ返せ」「米国の富の半分を占める400人の資産を没収しろ」 [10/12]

1 :不思議の国のありすφ ★:2008/10/12(日) 18:35:05 ID:???
「米国の富の半分を占める400人の資産を没収しろ」

●あのムーア監督も参戦
「ウォール街の金融業者はペテンだ」「政府の対策は金持ち救済だ」――。
金融安定化策による7000億ドル(約75兆円)の公的資金負担に対し、米国民の怒りが
最高潮に達している。

安定化策では米国民1人当たり2300ドル(約25万円)、1世帯当たり6000ドル(約65万円)の
税負担になるが、今回の安定化策によって“救済”される米大手企業500社のCEO(最高経営
責任者)の平均報酬は07年だけでも、1280万ドル(約13億7000万円)に上る。金融危機の
きっかけをつくったサブプライムローンなどの証券化商品を売りまくった米証券大手5社の
経営者も過去5年で、計30億ドル(約3210億円)の報酬を手にしているからだ。

「米議会下院に呼ばれたリーマンのファルドCEOは、公聴会が終わった後、“恥を知れ”
“カネを返せ”とヤジを飛ばされ、私財没収の声が強まっています。国民の怒りはファルド
CEO以外の金融トップにも広がるのは確実です」(在米ジャーナリスト)

だが、それだけでは済みそうにない。怒りのホコ先は米国の大富豪にも向かっている。
タイミングが悪いことに、米経済誌フォーブスが9月に「米国の資産家400人」を発表、
その資産総額が1兆5000億ドル(約161兆円)にも達するのだ。

「華氏911」や「シッコ」で知られた映画監督マイケル・ムーア氏は大激怒組の筆頭格。
「マイクの救済計画」と題したブログでは、〈たった400人が、1億 5000万人すべてを
合わせた全国の資産の半分以上を隠匿している〉〈救済経費は富裕者自ら負担だ〉
〈年収100万ドル(約1億700万円)以上の夫婦と年収50万ドル(約5350万円)以上の
独身者は5年間、10%の追加所得税を払え〉〈米国大企業の所得税を1950年代の水準に
戻せば、5000億ドル(約53兆5000億円)できる〉と具体的に怒りをブチまけている。
共鳴者がどんどん拡大しているという。

問題の大富豪400人のうち、主だったトップは表の通りだが、この人たち、しばらくは
大衆の前に姿を見せられないのでは……。

【米国長者番付400人(うち主な上位者)】
◇名前/年齢/職業/資産総額
◆ビル・ゲイツ/52/マイクロソフト会長/約6兆1000億円
◆ウォーレン・バフェット/78/投資家/約5兆3500億円
◆ローレンス・エリソン/64/オラクル最高経営責任者/約2兆8900億円
◆ロブソン・ウォルトン/64/ウォルマート会長/約2兆4900億円
◆マイケル・ブルームバーグ/66/ブルームバーグ創立者/約2兆1400億円
◆マイケル・デル/43/デル創業者/約1兆8500億円
◆セルゲイ・ブリン/35/グーグル共同創業者/約1兆7000億円
◆シェルドン・アデルソン/75/ラスベガス・サンズ会長/約1兆6000億円
◆ジャック・テイラー一族/86/レンタカー創業者/約1兆5000億円
◆ドナルド・ブレン/76/不動産会社アーバインカンパニー所有者/約1兆2800億円
(フォーブス調べ・1ドル=107円)

(日刊ゲンダイ2008/10/12 10:00)
http://netallica.yahoo.co.jp/news/51341



1127478101_5571.jpg
[この記事の続きを読む ]



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。