FC2ブログ

■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

【都市力】『世界の都市力比較』、東京が"大幅ランクダウン"--1位は米NY

2011年05月05日 18:43

1ライトスタッフ◎φ ★:2011/05/05(木) 14:56:36.76 ID:???


「昨今の景気低迷からいち早く脱出し、世界で最も魅力ある都市は、ニューヨーク」

「4年前に世界第2位の東京は、14位に転落」

明暗を分けるニュースが発表されたのは3日。世界四大会計事務所の一つプライス
ウォーターハウスクーパースが、米Partnership for New York Cityと共同で発表した
年次レポート「Cities of Opportunity - 世界都市力比較」の中身だ。世界の産業
・金融・文化の中心となる主要26都市について、都市を活性化する主要素(都市力
を、 毎年収集したデータをもとに10のカテゴリーに分けて分析し、ランキングを
公表している。

1位のニューヨークは、ランキングが始まった2007年から連続首位の座をキープ。
学校など公共施設でのブロードバンドアクセスの便などに代表される「テクノロジー
・レディネス(準備性)」、エンターテイメント、スポーツ、旅行、ファッション、
食ビジネスの充実度を示す「ライフスタイル関連資産」カテゴリーでいずれもトップを
占めた。

今回のランキングでは、ニューヨークとともに従来「主要都市」とされてきたロンドン、
パリ、東京がいずれもトップ5圏外に転落。代わりにトロント(2位)、サンフラン
シスコ(3位)、ストックホルム(4位)、シドニー(5位)など、経済バランスと
多様性に富んだ都市が次々と浮上してきた。

2007年には、「テクノロジー知能指数・技術革新」カテゴリーで1位、総合2位に
輝いていた東京だが、翌2008年には7位、(2009年は発表なし)2010年
には8位まで落ち、今年はさらに大幅な転落となり、アジア圏内でも、5位のシドニー、
シンガポール(9位)、香港(10位)に続いて4番目の座に落ちてしまっている。

Partnership for New York City広報のマイケル・スコット氏によると、東京のランク
ダウンの原因は、「情報やコミュニケーション・テクノロジーの活用能力、ビジネスや
法制度の透明性がふるわなかったことや、昨年まで大学や医学部の多さなどで3位に
入っていた『知的資本』のカテゴリー分析の方法を、知的財産の管理や企業家(起業家)
に適した環境の重視にシフトしたことが理由」、と分析している。

今回東京は、分析方法が改良された「テクノロジー・レディネス」カテゴリーで、
総合16位のソウルを下回って9位になっている。

その他、「健康・安全・治安」においては、他都市の水準が追いついてきたため、
昨年のストックホルムに次ぐ2位から10位に転落。「サステナビリティ(持続可能性)、
「ビジネスのしやすさ」、「生活・産業のコスト」、「人口構成・居住適正」、
世界のマーケットへの影響力や投資の誘致, 成長の促進」といったカテゴリーの
低迷が足を引っ張っている形だ。

前出のスコット氏は、「東京が(世界市場への影響力・投資の誘致・成長の促進)
カテゴリーで、(リーマンショック以前に比べ)急速に転落した理由は、インフレや
マーケットキャピタリゼーションが劇的に低下したから」と説明している。

◎元記事
http://www.pwc.com/us/en/cities-of-opportunity/index.jhtml?WT.ac=vt-cities

http://wstreetnews.com/2011/05/04/%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e9%83%bd%e5%b8%82%e5%8a%9b%e6%af%94%e8%bc%83%e3%80%80%ef%bc%91%e4%bd%8dny%e3%80%80%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e5%a4%a7%e5%b9%85%e3%81%ab%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af%e8%90%bd%e3%81%a1/


[この記事の続きを読む ]
スポンサーサイト



【都市計画】首都・東京の代替機能を果たす「副首都」、新規立法も含め検討へ

2011年05月02日 14:07

1本多工務店φ ★:2011/05/01(日) 23:33:19.61 ID:???


首都東京が大災害で危機に陥った場合に、代替機能を果たす「副首都」の建設に関し、
菅直人首相は1日の参院予算委員会で、
「大地震があっても影響されない地域で、首都の中枢機能が代替できることについて、しっかりと考えておかなければならない」と述べ、
新規立法も含めて政府内で検討を進める考えを示した。
民主党の川上義博氏の質問に答えた。

首相は「東日本大震災の教訓を踏まえて、首都中枢機能の継続性の確保に向けた、さらなる対策を考えるべきだ」と指摘。
「震災の復旧、復興は国家的な責任でやらなければいけない事業だ。
 同時に大震災はさらに起きる可能性も高く、それも並行的に考えていかなければならない」と必要性を強調した。

東京をバックアップする「副首都」構想は、
超党派議員でつくる「危機管理都市(NEMIC)推進議員連盟」(会長・石井一民主党副代表)が実現を目指し活動を展開してきたが、
首相が前向きな姿勢を示したことで、具体化への機運はさらに高まりそうだ。

議連は、NEMICの最有力候補地として、大阪府の橋下徹知事が廃止を主張している大阪(伊丹)空港の跡地(大阪府、兵庫県)をリストアップ。
第3次以降の平成23年度補正予算案にNEMIC整備のための調査費計上を目指している。

議連会長の石井氏は
「東日本大震災の教訓として、NEMIC整備が重要な政治課題であるとの認識が首相から示された。
 政府と議連が一体となって、具体化に向けた作業を進めていきたい」と述べた。

ソース:MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110501/plc11050121540014-n1.htm



[この記事の続きを読む ]

【外食】東京に女性職人のすし店開業で業界に波紋 女性がすしを握るべきでない理由とは?

2011年03月05日 19:00

外食東京女性職人すし店開業で業界に波紋 女性がすしを握るべきでない理由とは? [11/03/04]

1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2011/03/05(土) 14:41:59.00 ID:???
 【東京東京・秋葉原の裏町に日本食のあるパイオニアが存在する。若くて美人の女性職
人を揃えた国内初のすし店だ。

 猥雑な店舗が軒を連ねる界隈に位置する「なでしこ寿司」で唯一、滑りけがあるものと
いえば魚くらいだろう。すし職人の千津井由貴さん(24)は「魚が好きだ」と話す。千津井
さんは「すし店で6年間働いていたが、すしを握れるのは男性だけだった」とし、「繁盛し
ている日でさえも、ヘルプに入ることさえできなかった。それがこの世界のしきたりだ」と
語る。

 相撲や歌舞伎と同様、すしの世界も長らく男性に独占されてきた。しかし、それに終止符
が打たれた。昨年末にオープンした、なでしこ寿司の17人掛けのカウンターの後に控えるの
は若い女性だ。店の名物は、漫画のパンダ、およびカエルの頭部のような形をした寿司だ。
客の90%を男性が占める。

 しかし、すし職人の座を独占してきた日本人男性にとって、これは冒とく的行為と映る。

 ミシュランから1つ星を得た東京すし店なかむら」のオーナー、中村将宜氏(41)
は「適切なすしの作り方ではないと思う。模倣を試みているだけだ」と話す。同氏によると
、市場での新鮮な魚の選別、内臓の除去と身の下ろし、コメの握り、顧客と会話しながらの
すし作りのリズムなど、適切な技術の習得には10年を要する。

 なでしこ寿司では2カ月ですしの作り方を習得する。内蔵を取り去ったり、身を下ろした
りする汚れ仕事に女性たちは関わらない。裏方には2人の男性が控える。

 「なでしこ寿司」のオーナー、錦織和也氏は、日本の働く女性の新たなモデルを作りたか
った、と話す。しかし、雇うのは18~25歳の女性だけだ。同氏は「フレッシュでかわいい」
」がわれわれのスローガンだと説明し、「30歳でここで働くことを望むなら、裏方だ」と
述べた。

 大方のすし職人は、女性がすしを握るべきではないとの主張の根拠として、女性の手の
温度が男性より高いことを挙げる。東京のモダン懐石料理店のオーナーは、「新鮮な魚を
扱う際、手の温度が高いのは良くない」と話す。同店では2人の女性シェフが働く。

 錦織氏はこれを「馬鹿げている」とし、「女性は通常、男性より体温が低い。さらに、
化粧が魚を不潔にする、と指摘する向きもある。しかし、男性職人が風邪を引いていたら
どうなのだ。何か違うのか」と述べた。

 実際、東京・青山でミシュランの1つ星レストランを経営するある男性は、手の温度はま
ったく無関係だ、と話す。18歳から寿司を握り続けているこの44歳の男性は、すし職人は
タフな仕事で、深夜まで長時間働く必要がある、と語った。

 錦織氏は、なでしこ寿司にミシュランの星を獲得する質が備わっていないことを認め、
「高い期待を持たずに来店するのが最善だ」と話す。若者と外国人に受ける店を目指すという。

 一方、すし業界の年季の入った職人でさえ、物事は変わる必要がある、と認めている。
東京・新宿の料理スクールで講義を行う中村氏は、過去20年で女性の生徒数が5倍になった
と指摘。「今日の日本では若い女性の方が男性よりも野心がある」と話す。



ソース:ウォール・ストリート・ジャーナル 日本版
http://jp.wsj.com/Life-Style/node_191929



すし屋の常識・非常識 (朝日新書)
重金 敦之
朝日新聞出版
売り上げランキング: 24068

[この記事の続きを読む ]

【調査】円高影響、「生活費の高い都市ランキング」で東京が1位に

2010年12月04日 11:47

調査円高影響、「生活費の高い都市ランキング」で東京が1位に[10/12/03]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/12/03(金) 15:57:47 ID:???
国際人材調査会社「ECAインターナショナル(ECA International)」が2日発表した
「国外居住者にとって最も生活費の高い都市ランキング」で、この1年の円高の影響で
日本の都市の生活費が上がっている現状が克明に示された。

外国人にとって世界一生活費が高かったのは、東京
3~5位に名古屋、横浜、神戸がランクインした。

2位はアンゴラの首都ルアンダ(Luanda)で、内戦でインフラが破壊され、
外国人は輸入物資に頼らざるを得ないことが高い生活費の要因だという。

この他トップ10に入ったのは
オスロ(Oslo、ノルウェー)、
チューリヒ(Zurich、スイス)、
ジュネーブ(Geneva、同)、
スタバンゲル(Stavanger、ノルウェー)、
ベルン(Bern、スイス)だった。

アジアに限定したランキングでは、東京、名古屋、横浜、神戸の4都市がトップ4を占め、
ソウル(Seoul、韓国)、香港(Hong Kong、中国)、上海(Shanghai、同)、
シンガポール、北京(Beijing、中国)、釜山(Busan、韓国)が続いた。

過去1年の生活費の上昇率はアジアが平均4.6%と、欧州の2.9%、北米の2.7%を大きく
上回った。

ソースは
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2777910/6542872
■ECA International http://www.eca-international.com/home
 Hong Kong: cost of living continues to rise in Asia’s world city
 http://www.eca-international.com/news/press_releases/7276/
Top 50 most expensive cities worldwideの20位までコピペ。
1 Tokyo
2 Luanda
3 Nagoya
4 Yokohama
5 Kobe
6 Oslo
7 Zurich
8 Geneva
9 Stavanger
10 Bern
11 Basel
12 Copenhagen
13 Kinshasa
14 Russia
15 Helsinki
16 Caracas
17 Libreville
18 Tel Aviv
19 Rio de Janeiro
20 Abuja





[この記事の続きを読む ]

【地域経済】下水管1600km耐用超す 年間約690億円投じるも、東京23区内交換追いつかず

2009年04月08日 01:03

地域経済】下水管1600km耐用超す 年間約690億円投じるも、東京23区内交換追いつかず[09/04/07]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2009/04/07(火) 15:57:34 ID:???
東京23区内の地下に敷設されている下水管のうち、国土交通省が定めた標準的な耐用年数の50年を
超えながら交換・改修が行われていない管は、約10分の1に当たる約1600キロ・メートルに
上っていることがわかった。

都の試算によると、今後10年間で、新たに約2100キロが耐用年数を迎えるという。
下水管の老朽化が進んで損傷すると、トイレや風呂が長期間使えなくなるほか、道路陥没を引き起こす
危険性もあるが、下水管の老朽化のスピードに交換・改修工事が追いついていないのが実情で、都も
頭を悩ませている。

下水道局によると、23区の下水管の総延長は現在、約1万5700キロ。
このうち、1958年以前に敷設され、耐用年数が過ぎた下水管は約1600キロに上る。

一方、今後10年間に耐用年数を迎えることになる、59~68年に敷設された下水管は2075キロ。
58年以前に敷設された分も合わせた計約3700キロは、東京―マニラ間以上の距離で、総延長の
23%に当たるが、これらすべてを改修するには、1兆4800億円もの巨額の費用が必要という。

都は古い下水管の改修に、年間約690億円を投じている。50年を過ぎた管であっても、適切に
改修工事が行われていれば、交換しなくても問題はないため、都では専用の機械を使って、
道路を掘り返さずに管を改修するなどしてコストダウンを図っている。

しかし、平均で年間200キロ以上の下水管が耐用年数を迎えるのに対し、交換・改修は平均で
年間90キロ分しか進んでいないのが実情。
都内では、東京五輪(64年)の前後頃から下水道整備が急速に進み、今後、次々と耐用年数を
迎えるため、都下水道局の担当者は「すでに老朽化した分も改修できていないのに、古いのが
どんどん増えていく」と悲鳴を上げる。

下水管の交換・改修が遅れると、その上を走る道路に影響が出る恐れもある。

23区内で、下水管の損傷が原因で起きた道路陥没は、軽微な陥没も含め、統計が残っている
93~2007年度の15年間に計1万9000件余に上る。毎年約1300件の道路陥没が
起きている計算だ。

国交省下水道事業課では「計画的に交換・改修していかないと、市民生活に重大な支障を与える事態に
なりかねない」と話している。


http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090407-OYT1T00670.htm?from=main4




[この記事の続きを読む ]

【調査】金融の中心都市、ロンドン1位-東京は8段階下げ15位

2009年03月08日 03:42

【調査】金融の中心都市、ロンドン1位-東京は8段階下げ15位[09/03/07]

1 :依頼@台風0号φ ★:2009/03/07(土) 23:50:33 ID:???
 5日発表された調査結果によると、ロンドンは世界の金融センターとしての優位を保ち、
ニューヨークを抑えて1位を維持した。東京は15位と8段階順位を落とし、主要都市の中で
後退が目立った。

 調査はロンドン当局の委託でコンサルタントのZ/エン・グループが実施した。2位の
ニューヨークに続く、3~8位はシンガポール、香港、チューリヒ、ジュネーブ、シカゴ、
フランクフルトの順。ドバイは23位で横ばい。ムンバイの49位も変わらずだった。

 半年前の調査と比べ上位6都市に変動はなかったものの、それぞれの得点は低下した。
世界的な景気悪化と金融サービス業界への信頼低下が反映されたとロンドン当局者は指摘した。

 ロンドン金融街の政策会長、スチュアート・フレーザー氏は発表資料で、「調査結果には
すべての金融センターに対する厳しい信頼低下が表れた」とし、「金融サービスの現状に
ついて否定的な見方が強まった」とコメントした。

 調査は銀行、資産運用、保険業界の1455人を対象に実施。規制、税制、市場へのアクセス、
人材、インフラなどの項目についての得点に基づき62都市をランク付けした。



http://www.business-i.jp/news/bb-page/news/200903070093a.nwc



[この記事の続きを読む ]



アクセスランキング ブログパーツ