FC2ブログ

■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

【災害復興/土木】日本の漁民は職住近接をやめ、高台の安全住居から港に通勤すべし

2011年03月29日 13:31

災害復興/土木日本の漁民職住近接をやめ、高台の安全住居から通勤すべし [11/03/23]

1 :備餡子φ ★:2011/03/29(火) 02:33:03.05 ID:???
「最強国家ニッポン」を造り上げる設計図を提唱してきた大前研一氏が、いまこそ「前を向いて新しい国を造ろう」と力強いメッセージを
送る。


まず、東北をいかに再建するか。これは、敢えて厳しい話からさせてもらう。今回の教訓を一言でいうならば、「日本は強い」という
安易な自信を捨てることだ。三陸の多くの町は、チリ地震の津波で反省し、対策を取り、これで大丈夫だと思ってきた。

しかし、実は自然の脅威の前に無力だとわかってしまった。ならば、これを「元通りに復旧する」のではいけない。特に、経済的にも
困窮するであろう被災者、民間に任せて知らん顔をするようでは、戦後復興で闇市が乱立し、今も東京に消防車さえ入れない街並みが
たくさん残ってしまった失敗の二の舞になる。

これは国が責任を持ってやる仕事だ。

陸地と海の間に高い壁を築くという考えは捨て、低い土地には緑地、公園、運動場などを造り、その内側に高台を築いて、人はそこに
住むという考え方に転換するべきだろう。近くに丘陵があれば住居はそちらに新たに造り出す。

崩壊したも、そのまま再建してはいけない。日本には2950もの漁があるが、これは多すぎる。だから機能も防災も不十分になって
しまうのだ。漁民には申し訳ないが、いくつかの漁を廃止し、そのかわり再建するは津波防止の開閉式の水門を含めてピカピカの
高機能なものにする。

現在、日本中の漁民は職住近接通勤はなし、魚市場も町ごとにある。都市のサラリーマン同様、少しの通勤は我慢してもらうかわりに
高台に設けた安全な住居と最高の設備を持った魚市場と船着き場で働く環境を作る。

悲しむべきことに、町ごと壊滅してしまった今だからこそ、ゼロから造り直すことができる。恐らく多くの被災者は再び津波が来るかも
しれない危険なところに住みたくないと考えているはずで、今ならば賛同してくれる可能性が高い。


http://www.news-postseven.com/archives/20110323_15686.html


[この記事の続きを読む ]
スポンサーサイト



【建設土木】大阪ですべての土木・建設工事が全面ストップの危機--生コン業者がストライキに突入

2010年07月12日 04:07

1ライトスタッフ◎φ ★:2010/07/11(日) 13:11:36 ID:???


大阪府内で「すべての土木・建設工事がストップする」という異常事態が間近に
迫っている。府内で営業する生コン業者・輸送業者が全面ストライキに突入している
からだ。

すでに製造を担う生コン製造業者約90社が、7月5日までに無期限の出荷停止を宣言。
工場の操業をストップさせた。これは、大阪府内の全生コン業者の7割に相当する数字だ。

さらに12日からは、生コンをミキサー車で工事現場に搬送する主要圧送業者の
ほぼ全社にあたる約60社までもが全面ストライキに入ると宣言した。
このまま事態の打開が図られなければ、事実上、大阪府内の現場ではほとんどの
工事が止まることになる。

そもそもの理由は、生コン業界の窮状にある。生コン製造業者は、メーカーから
セメントを買い、水や骨材などと混ぜ合わせて生コンを製造。それを商社などを通して
ゼネコンに販売する。そのほとんどが中小零細企業で、地域ごとに組織された
共同組合を通じて仕事の受注および生コンの販売を行う。各地の共同組合は、
組合員への仕事の分担およびゼネコンへの販売価格の交渉を担っている。

ところが、最近生コン業者は「原価割れで生コンを出荷することを余儀なくされてきた」
(連帯ユニオン関西地区生コン支部・高英男副執行委員長)という。例えば、大阪
生コン共同組合の場合、組合員の生コン原料の購入価格は1立方メートルあたり
1万4800円。これは、14年前と比較すると500 円上がっている。ところが、
販売価格は「ひどい時には1万円を切る価格で取引されている。このままでは大阪府内で
生コン会社が大量に倒産する。存続をかけて最後の戦いに踏み切らざるをえなかった」(同)
という。

生コン産労・全港湾・連帯ユニオンなどの各関連労働組合は、ゼネコンとの価格交渉を
行う生コン共同組合に対し、生コン業者が営業を存続できる1万 8000円の納入価格を
実現するよう要求。交渉が進展するまで無期限ストを行うと通告した。 

労働組合の通告を受け、現在、生コン商社、生コン協同組合、ゼネコン間での交渉が
続いている。

国内の建設投資が冷え込むなか、建設資材費の圧縮要求は年々強まっている。その末端に
位置する生コン業界がついに翻した“反旗”ともいえる。「大阪で大規模工事を抱える
大手ゼネコンの影響は免れない」(ゼネコン業界幹部)。市場縮小の痛みを下請けに回し
続けたツケがついに回ってきた。

◎ソース http://diamond.jp/articles/-/8715





[この記事の続きを読む ]



アクセスランキング ブログパーツ