FC2ブログ

■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

【不動産】路線価4年ぶりマイナス 5.5%減、全都道府県で下落

2009年07月03日 00:06

不動産路線価4年ぶりマイナス 5.5%減、全都道府県で下落[09/07/01]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2009/07/01(水) 13:47:07 ID:???
国税庁は1日、相続税や贈与税の算定基準となる09年分の路線価を公表した。
全国約37万地点の標準宅地の平均路線価は1平方メートルあたり13万7千円で、
前年比5.5%減。
4年ぶりのマイナスで、昨年の不動産バブル崩壊を投影してすべての都道府県で
下落した。
前年2ケタの急伸を見せた東京、宮城、愛知はマイナス6~7%と逆に大きく
下落しており、投機マネーの「逃げ足」の早さをうかがわせている。

都道府県別では、宮城県は前年の伸びは12.5%だったが今年は6.8%の下落。
東京都は17.4%の伸びが7.4%のマイナスに転じ、10.8%の成長を見せた
愛知県も6.3%の減少だった。北海道や福岡県も同様に反動の大きさを示している。

今回の路線価は、投機マネーの影響が色濃く反映している。不動産投資信託
(Jリート)などを通じて、市場に流入した資金が、昨秋のリーマン・ショック後の
金融危機で一気に縮小。金融機関も不動産融資を控えるようになり、不動産会社の
倒産が相次いだ。景気の悪化も影響し、不動産の流通が滞って地価の下落に
つながった格好だ。

全国の最高値は24年連続で東京・銀座5丁目の鳩居堂前で、1平方メートルあたり
3120万円だった。銀座4丁目の三越前、和光前も同額で3年連続1位。
はがき1枚分の土地を購入するには、46万2千円が必要という計算になる。

[この記事の続きを読む ]
スポンサーサイト






アクセスランキング ブログパーツ