FC2ブログ

■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

【コラム】東北、九州から猛烈な勢いで若者たちがいなくなっている 長年の企業誘致にもかかわらず

2011年02月13日 10:52

コラム東北九州から猛烈な勢いで若者たちがいなくなっている 長年企業誘致にもかかわらず [11/02/08]

1 :@@@ハリケーン@@@φ ★:2011/02/13(日) 01:05:04 ID:???
 東北経済産業局の幹部から先日、高校新卒者の就職先を示す資料を見せられ、がくぜんと
した。東北九州から猛烈な勢いで若者たちがいなくなっているではないか。

▼もう少し正確に言うなら東北各県の中でも宮城県は出入りが均衡、九州も福岡県は県外
からの就職が県外への就職を上回る。富山、石川、福井県など北陸地方も比較的地元就職率
が高いのが目を引く。

若者たちの「入超」がズバ抜けているのが東京都、神奈川県などの首都圏だ。愛知県、
大阪府、広島県も移入が流出を上回るが、一人東京だけが圧倒的な力で若い頭脳とエネルギ
ーを吸い付けている構図だ。

東北経産局幹部は「だからこそ、東北企業誘致が重要。自動車産業のさらなる振興を」
と力説するが、何か変だ。既に長年にわたって県や市町村が競って工業団地などを造り、
企業誘致には力を入れてきたからだ。

▼この数十年間、地方は、東京一極集中の是正も叫び続けてきた。にもかかわらず、ますま
若者たちが東京へ吸引されてゆく。このまま少子高齢化が進めば地方は持たないだろう。

<以下略>


http://www.iwate-np.co.jp/fudokei/2011fudokei/m02/fudo110208.htm



地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか? (ちくま新書)
久繁 哲之介
筑摩書房
売り上げランキング: 2776

[この記事の続きを読む ]
スポンサーサイト



【通信】ブロードバンド普及率なぜ低い九州 鹿児島35%、全国は60%

2010年07月15日 22:51

1やるっきゃ騎士φ ★:2010/07/15(木) 10:11:38 ID:???


今年3月末現在の九州での高速大容量通信ブロードバンド)の世帯普及率
48.8%と全国平均(60.6%)を大きく下回っていることが、
総務省九州総合通信局のまとめで明らかになった。
中でも鹿児島県は全国の都道府県で最も低い35.1%だった。
通信局では「九州普及率が低い理由は分からない」と首をかしげている。

光ファイバーやケーブルテレビなどブロードバンド契約数は、
九州7県で約260万件。うち光ファイバーが約137万件で最も割合が高かった。

県別の世帯普及率は、
福岡55.3%
▽大分47%
▽熊本44.1%
▽佐賀43.3%
▽長崎41.9%
▽宮崎40.5%
鹿児島35.1%。
最も高い福岡県でも全国平均を下回っている。

ブロードバンドをめぐっては、本年度中に全国でインフラ整備を完了する計画を
国が立てており、九州でも県や市町村が光ファイバー網の設置などを進めている。
通信局によると、インフラ整備率は90%台で本年度末には100%に達する
という。

通信局は「インフラはほぼ整備された。あとはブロードバンドの有益性を
伝えていき、普及率を引き上げたい」としている。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/economy/it/100715/its1007150922003-n1.htm
■総務省九州総合通信局 http://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/
 2010年7月13日 九州におけるブロードバンド・アクセスの普及状況<平成22年3月末現在>
 http://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/100713-1-0.html


[この記事の続きを読む ]



アクセスランキング ブログパーツ