FC2ブログ

■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

【都市力】『世界の都市力比較』、東京が"大幅ランクダウン"--1位は米NY

2011年05月05日 18:43

1ライトスタッフ◎φ ★:2011/05/05(木) 14:56:36.76 ID:???


「昨今の景気低迷からいち早く脱出し、世界で最も魅力ある都市は、ニューヨーク」

「4年前に世界第2位の東京は、14位に転落」

明暗を分けるニュースが発表されたのは3日。世界四大会計事務所の一つプライス
ウォーターハウスクーパースが、米Partnership for New York Cityと共同で発表した
年次レポート「Cities of Opportunity - 世界都市力比較」の中身だ。世界の産業
・金融・文化の中心となる主要26都市について、都市を活性化する主要素(都市力
を、 毎年収集したデータをもとに10のカテゴリーに分けて分析し、ランキングを
公表している。

1位のニューヨークは、ランキングが始まった2007年から連続首位の座をキープ。
学校など公共施設でのブロードバンドアクセスの便などに代表される「テクノロジー
・レディネス(準備性)」、エンターテイメント、スポーツ、旅行、ファッション、
食ビジネスの充実度を示す「ライフスタイル関連資産」カテゴリーでいずれもトップを
占めた。

今回のランキングでは、ニューヨークとともに従来「主要都市」とされてきたロンドン、
パリ、東京がいずれもトップ5圏外に転落。代わりにトロント(2位)、サンフラン
シスコ(3位)、ストックホルム(4位)、シドニー(5位)など、経済バランスと
多様性に富んだ都市が次々と浮上してきた。

2007年には、「テクノロジー知能指数・技術革新」カテゴリーで1位、総合2位に
輝いていた東京だが、翌2008年には7位、(2009年は発表なし)2010年
には8位まで落ち、今年はさらに大幅な転落となり、アジア圏内でも、5位のシドニー、
シンガポール(9位)、香港(10位)に続いて4番目の座に落ちてしまっている。

Partnership for New York City広報のマイケル・スコット氏によると、東京のランク
ダウンの原因は、「情報やコミュニケーション・テクノロジーの活用能力、ビジネスや
法制度の透明性がふるわなかったことや、昨年まで大学や医学部の多さなどで3位に
入っていた『知的資本』のカテゴリー分析の方法を、知的財産の管理や企業家(起業家)
に適した環境の重視にシフトしたことが理由」、と分析している。

今回東京は、分析方法が改良された「テクノロジー・レディネス」カテゴリーで、
総合16位のソウルを下回って9位になっている。

その他、「健康・安全・治安」においては、他都市の水準が追いついてきたため、
昨年のストックホルムに次ぐ2位から10位に転落。「サステナビリティ(持続可能性)、
「ビジネスのしやすさ」、「生活・産業のコスト」、「人口構成・居住適正」、
世界のマーケットへの影響力や投資の誘致, 成長の促進」といったカテゴリーの
低迷が足を引っ張っている形だ。

前出のスコット氏は、「東京が(世界市場への影響力・投資の誘致・成長の促進)
カテゴリーで、(リーマンショック以前に比べ)急速に転落した理由は、インフレや
マーケットキャピタリゼーションが劇的に低下したから」と説明している。

◎元記事
http://www.pwc.com/us/en/cities-of-opportunity/index.jhtml?WT.ac=vt-cities

http://wstreetnews.com/2011/05/04/%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e9%83%bd%e5%b8%82%e5%8a%9b%e6%af%94%e8%bc%83%e3%80%80%ef%bc%91%e4%bd%8dny%e3%80%80%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e5%a4%a7%e5%b9%85%e3%81%ab%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af%e8%90%bd%e3%81%a1/


[この記事の続きを読む ]
スポンサーサイト



【企業】“世界で最も持続可能な100社”日本企業が最多

2011年02月04日 13:12

企業】“世界で最も持続可能100社日本企業最多

1 :うんこなうρ ★:2011/02/04(金) 02:36:28 ID:???
カナダのコーポレートナイツ社が先月末発表した
“Global 100 Most Sustainable Corporations in the World”
(Global 100)には、日本企業が数社リストされている。100社のうち
日本が最も多い19社、次いで13社のアメリカ、そしてイギリス、カナダと続く。

Global 100は2005年から毎年実施されているもので、世界経済フォーラム(ダボス会議)
にあわせて発表。環境、社会、ガバナンスなどに対しる取り組みが評価される。

日本企業の19社は日東電工、イオン、T&Dホールディングス、ソニー、商船三井、
三菱重工、東京ガス、大和ハウス工業、日本郵船、ヤマハ、NTTドコモ、コニカミノルタ、
リコー、東京エレクトロン、大正製薬、NEC、パナソニック、日産自動車、トヨタ自動車。

http://topics.jp.msn.com/digital/general/article.aspx?articleid=503029




[この記事の続きを読む ]

【世界】 ヒュンダイグループ、初のトヨタ超え … 2010年 欧州新車販売

2011年01月18日 17:08

世界ヒュンダイグループ、初のトヨタ超え2010年 欧州新車販売

1 : ぽてぽんφ ★:2011/01/18(火) 14:29:59 ID:???0

韓国のヒュンダイグループ(ヒュンダイとその傘下のキアモーターズ)の2010年欧州新車セールスが、
トヨタグループ(トヨタとレクサス)の販売台数を初めて上回った。
これは14日、ACEA(欧州自動車工業会)の集計で明らかになったもの。それによると、
2010年の欧州新車販売台数は、ヒュンダイが35万8284台、キアが26万2627台で、合計62万0911台。
これに対して、トヨタは58万2457台、レクサスは1万7857台の合計60万0314台で、
ヒュンダイグループがトヨタグループを約2万台、上回ったのだ。
トヨタグループは一連のリコール問題の影響で、2010年の欧州新車販売が前年比16.3%マイナスと急減速。
一方、ヒュンダイとキアは価格競争力に加えて、品質面での評価も引き上げ、それぞれ前年比4.7%増、4.5%増と伸びた。
ヒュンダイとキアは、2010年の米国市場においても、それぞれ前年比23.7%増、18.7%増の大幅増を達成。
合計で89万4496台を売り上げ、日産の90万8570台に接近した。トヨタの176万台やホンダの123万台との差は大きいが、
ヒュンダイグループの次なる目標は、米国市場での日産、ホンダ超えだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110118-00000008-rps-bus_all





完全にヤバイ!韓国経済
三橋 貴明 渡邉 哲也
彩図社
売り上げランキング: 18760

[この記事の続きを読む ]

【経済】世界の食料価格が高騰 異常気象、中国などの需要拡大で過去最高に

2011年01月11日 11:48

経済世界食料価格高騰 異常気象中国などの需要拡大過去最高

1 :偽FOX ★:2011/01/10(月) 21:07:56 ID:???0
経済世界食料価格高騰 異常気象中国などの需要拡大過去最高

世界食料価格高騰 異常気象、新興国の需要拡大過去最高

 【ロンドン=木村正人】世界食料価格が再び高騰している。国連食糧農業機関
(FAO)の主要食料価格指数が昨年12月、世界各地で暴動を引き起こした2007
~08年の食料危機時を上回った。異常気象による不作や新興国の需要増で砂糖や
油脂、穀物の価格が上昇し、米ドル安も影響した。今年、食料危機が再発する恐れもあ
り、先進国の中で食料自給率が低い日本は対策を迫られそうだ。

 FAOは1990年から穀物▽肉類▽乳製品▽砂糖▽油脂について月ごとの価格変化
を調べ、これら5項目を総合した主要食料価格指数を発表している。2002~04年
平均を100とした昨年12月の指数は前月比8・7ポイント増の214・7で、
6カ月連続上昇。それまでの最高だった08年6月の213・5を上回った。

 砂糖と油脂の指数は08年12月から2年間で、それぞれ166・7から
398・4、126・4から263と2倍以上に高騰。穀物指数は昨年6月から
半年で、151・2から237・6と57%も急騰していた。

 昨年、小麦輸出国のロシアとウクライナは猛暑と干ばつで農業被害を受け、小麦など
の輸出を制限した。米国の通貨安政策が米ドル換算の食料価格を押し上げる一方、経済
成長で中流階級が増えた新興国の中国やインドで砂糖などの需要が拡大。

http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/110110/fnc1101102029001-n1.htm



[この記事の続きを読む ]

【コンテンツ】『初音ミク』人気、世界に急拡大--英紙「地球上で最大のポップスター」

2010年10月28日 11:24

1ライトスタッフ◎φ ★:2010/10/27(水) 23:02:50 ID:???

JCast_79326.jpg


歌うバーチャルアイドル「初音ミク」が海外の新聞記事で「地球上で最大のポップ
スター」と大々的に報じられなど、知名度が世界規模になってきた。開発・販売した
クリプトン・フューチャー・メディアもそれを認め、ヨーロッパ、アメリカだけでなく、
ロシア、南米にも人気が拡大しているという。今後は現地の要望に応え、コンサートの
開催なども検討する。

初音ミク」はクリプトン社がヤマハの音声合成システム「VOCALOID2」を元に
開発したバーチャルアイドル。まるで人間のように自作の曲を歌わせることができる
と評判になり、2007年8月の発売と同時に爆発的にヒットした。投稿動画サイト
「ニコニコ動画」や「ユーチューブ」にはおびただしい数の動画がアップされ、
800万回以上閲覧された動画もある。

CDやゲームも発売され大ヒット。2010年3月にはホログラムを使ったコンサートが
「Zepp Tokyo」で行われチケットは瞬時に完売。その模様を収めたBD、DVDが発売
されている。


http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20101027/JCast_79326.html


[この記事の続きを読む ]

【話題/暮らし】写真で見てみよう!世界各国の1週間分の食料と金額

2010年03月08日 08:35

【話題/暮らし】写真で見てみよう!世界各国の1週間分の食料と金額--米TIME誌 [03/07]

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/03/07(日) 20:46:50 ID:???
世界15ヶ国の16家族の1週間分の食料、食費を比較した米タイム紙の写真記事が、
各国の特色や国民性があらわれていて面白いと一部のネットユーザーの間で話題に
なっている。15ヶ国のうち今回は記者が独断と偏見で選んだ写真から見える
各国の国民性や習慣を解説していこうと思う。

【1】イギリス、コリングバーン・ダッチス。


1週間分の食費$253,15。お菓子類がほとんど。ドッグフードとキャットフードも
ちゃっかり入っているのが面白い。噂によく聞く食に無頓着な国民性は本当なのかも!?

【2】エクアドル、ティンゴ。アイメ家。


1週間分の食費$31、55。中米エクアドル。穀物が多いのが目立つ。欧米諸国に比べて
全体的な量は少ないがバナナが非常に多い。バナナがいかに栄養豊富かがわかる。

【3】中国、北京。ドン家。


1週間分の食費$155、06。どちらかと言えば富裕層だろうが、食卓の豪華さ、
西洋化から中国経済の急速な発展が見てとれる。

【4】エジプト、カイロ。アフメド家。


1週間分の食費$68,53。まるでアラビアンナイトの世界から飛び出してきたような
家族。家族が多い。

【5】チャド、難民キャンプ。アボウバカル家。


1週間分の食費$1,23。値段の桁の違いもさることながら、他国との量の違いが
写真に顕著にあらわれている。6人家族で取る水分がこれだけとは信じられない現実。
日本がどれだけ恵まれているかがわかる。

【6】メキシコ、クエルナバカ。カサレス家。


1週間分の食費$189,09。野菜、果物の占める割合が非常に多い。後ろに並ぶコーラの
ペットボトルの量が半端じゃない。メキシコ在住の日本人によるとメキシコ人は炭酸
飲料が大好きで2Lのペットボトルに入った炭酸飲料が3本は冷蔵庫に常備してあるのが
普通らしい。内装が色鮮やか!

【7】アメリカ、ノースキャロライナ。レビス家。


1週間分の食費$341,98。ファストフード、スナック菓子、ジャンクフードの山。
色からして化学的な色で如何にも体に悪そう。並べ方も大雑把に見える。

※続く
[この記事の続きを読む ]



アクセスランキング ブログパーツ