FC2ブログ

■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

いつでも無利息期間30日でお馴染み「ノーローン」の金利が大幅引き下げ![PR]

2008年09月22日 22:35

noloan.jpg
新生銀行「シンキ」 ニュースリリース
適用金利引き下げのお知らせ

新生銀行グループの消費者金融シンキの消費者向け主力商品「ノーローン」が平成18年4月以降、適用金利を利息制限法内の年率15.0~18.0%としていたものを、好評につき更に下限金利を引き下げ年率9.5~18.0%とすることを発表した。

しかも、健全な資金ニーズに迅速に応えるととも生活を応援することを目指しているとし、生活に欠かすことの出来ない「教育資金」、「入院・医療費」に対する資金ニーズに対しては年率9.5%を適用するとしている。
また、「ノーローン」と共にシンキの主力商品として知られる事業者専用商品である「オーナーズセレクトカード」についても、下限金利を更に引き下げこれまでの年率 15..0%から13.0%とした
「オーナーズ セレクト カード」は、中小企業オーナー及び個人事業主の資金ニーズに対し、最大300万円まで応え、このたびの下限金利の引き下げにより、オーナーズライフをさらに強力にサポートする。
(改定内容)
  現在 改定後
ノーローン 15.0%~18.0% 9.5%~18.0%
オーナーズ セレクト カード 15.0% 13.0%
(上記金利は新規ご契約のお客様が対象です)

シンキノーローンは、個人向けキャッシング商品の中でもいつでも無利息期間が30日ついている本当に数少ない商品の一つ。
しかも、今月9月30日までとしていた契約した方に毎日誰かに1万円の商品券をプレゼントする「わくわくキャンペーン」も11月28日まで延長することを発表している。

・キャッシング・カードローン情報サイト「あなたの味方」
スポンサーサイト



利益10年分で買収した「レイク」で業績不振を打破か?新生銀行

2008年07月30日 22:41

新生銀行レイク買収 業績不振に「背水の陣」

新生銀行は、米ゼネラル・エレクトリック(GE)傘下の消費者金融大手、レイクを5800億円で買収する。新生銀グループの消費者金融事業の融資残高は約8160億円と、プロミスなど上位4社に次ぐ規模に拡大する。新生銀の業績不振が続く中、ばん回を狙う考えだが、消費者金融業界への逆風は強く、巨額買収は「背水の陣」とも言えそうだ。


[J cast source]

新生銀行は傘下に消費者金融シンキ、信販大手のアプラスを持っているが昨今の改正賃金業法の成立や金融業界全体の不振から共に業績は低迷している。
しかし、今回当期利益のほぼ10年分の利益にあたる買収額で「レイク」の買収に成功し、個人向け金融事業の強化をはかる狙いだ。
レイクを買収したことにより、新生銀グループの消費者金融事業の融資残高は約8160億円と、プロミスなど上位4社に次ぐ規模に拡大したが、貸金業法の改正に伴い、レイクが過去に顧客から受け取った利息の過払い分を返還する費用などで、新生銀の負担が最大2060億円に達する可能性もあることから信用格付け機関の米スタンダード・アンド・プアーズは「新生銀の信用力に悪影響を及ぼす」と新生銀を格下げする方向で検討に入っているという。

こういった中、インターネットなどでは新生銀行に対して厳しい意見も飛び出しているようだ。


1:AHF 2008/7/30 19:57

こりゃ、また破綻するね。前身の旧長銀に約8兆円の税金を注入したくせに、しかもその半分以上が回収不能というお粗末ぶり。大半の国民はこのことを知らないよね。
2:anonymous 2008/7/31 01:17

サラ金つまむ連中に、経費と貸し倒れリスクとが法定利息内に収まるような客なんているのか?
優良顧客ほど長期で借りないでさっさと返すだろうし、長期にわたって借り続ける客はグレーゾン禁止で将来的に過払い返還リスクが減ったとしても、これからさらに悪化する景気低迷で民事再生の元本カット・破産の免責が増えるのは、火を見るよりも明らか。
サラ金買収で収益改善なんて、、、、ないだろ
3:anonymous 2008/7/31 01:22

外資が目論んだ利息制限法撤廃が失敗に終わったどころか、
グレーゾン廃止など貸金業法が強化された時点で、
サラ金というビジネスモデルは終わった。

5:おなか 2008/8/ 1 15:23

>>3
消費者金融がおわった時点で日本経済も
おわるよ。
マクロ均衡を保っていたのは明らかに
消費者金融だからね。
マクロバランスが崩れるなら財政赤字が更に拡大するしなかないから




アクセスランキング ブログパーツ