FC2ブログ

■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

【経済政策】クルーグマン氏:「公共投資が最大の刺激策」「財政支出は減税策よりも2~3倍の効果」…デフレ「根本的に泥沼に」

2009年02月13日 19:50

【経済政策】クルーグマン氏:「公共投資が最大の刺激策」「財政支出は減税策よりも2~3倍の効果」…デフレ「根本的に泥沼に」 [09/02/13]

1 :明鏡止水φ ★:2009/02/13(金) 07:58:20 ID:???
 【2月13日 AFP】2008年のノーベル経済学賞(Nobel Economics Prize)受賞者のポール・
クルーグマン(Paul Krugman)しは11日、「コントロール不可能」な現在の経済危機から
米国が脱出するには、ロナルド・レーガン(Ronald Reagan)政権が掲げた「小さな政府」の
基本政策から離れ、公共投資を促進することが最も効果的な刺激策になると述べた。

 労働関係の経済研究所などが共催したワシントンD.C.(Washington D.C.)でのシンポジウムで、
クルーグマン氏は、現在の不況はある意味では、(レーガン政権下の)1982年の世界経済危機ほど
深刻ではないと言えるが、種類が違うと指摘。「現在の危機はコントロール不可能で、
回復に向かう自発的なメカニズムがあるとはまったく考えられない。今後も大きく低迷すると
思われ、その状態が定着することが深く懸念される」と述べた。

 またクルーグマン氏はデフレへとつながる危険性もあり、そうすればさらに支出や投資に
歯止めがかかり、経済は「根本的に泥沼にはまり込む」恐れがあると警告した。

[この記事の続きを読む ]
スポンサーサイト






アクセスランキング ブログパーツ