■動画・画像・ゲーム
■ニュースまとめブログ
■オススメブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エネルギー】太陽電池の製造コストを100分の1まで下げることに成功 金沢工大教授が開発

2011年05月29日 13:04

1焙煎特派員φ ★:2011/05/29(日) 01:44:33.98 ID:???


金沢工大工学部の南内嗣(ただつぐ)、宮田俊弘の両教授は27日までに、
銅板と亜鉛 を組み合わせた新型太陽電池の基板を開発した。
従来のシリコン製に比べ100分の1の 費用で製造できるとしている。
福島第1原発事故を経て政府が「サンライズ計画」を発表し太陽熱エネルギーが関心を集める中、
両教授は「低コストの太陽電池をぜひ実用化させたい」と意気込んでいる。
新型太陽電池の基板は電熱器で焼いた銅板(多結晶亜酸化銅)に亜鉛膜を重ねて作った 。
太陽光が基板に当たると青と緑色の光を吸収して電気に変える仕組みで、光から電気への変換効率は3・8%。
1980年代に同じ手法で米国で製作された基板の変換効率1・ 8%の2倍程度に高まり、実用化のめどがついたとしている。

南、宮田両教授によると、従来のシリコン製太陽電池の基板は直径15センチの円盤状で製造に約8千円かかるの対し、
今回、開発した基板は数十円で作ることができる。製造 コストをおよそ100分の1まで下げることで、
一戸当たり約300万円かかるとされる太陽光発電施設の設置費も大幅に抑えることが可能になるという。

研究成果は23日、社団法人応用物理学会の審査を経て同学会報の電子版に掲載され、 世界に発信された。

南教授は宮田教授が金沢工大生のころ指導したという間柄。
師弟コンビは「新型太陽電池は希少金属(レアメタル)を一切使わず、
無毒の銅や亜鉛が素材で原料が豊富という点 でも有効と考える」と語った。

石川のニュース 【5月28日02時45分更新】
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20110528103.htm

写真:低コストの新型太陽電池の基板を手にする南教授(左)と宮田教授=金沢工大




[この記事の続きを読む ]
スポンサーサイト

【エネルギー】原子力発電 首相は再稼働を命じよ 電力不足は経済の活力を奪う

2011年05月13日 12:56

1やるっきゃ騎士φ ★:2011/05/13(金) 09:02:19.68 ID:???


ソースは
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110513/plc11051303210005-n1.htm

[1/2]
いま日本は、エネルギー政策の根幹が揺らぎかねない国家レベルの危機に陥っている。
東京電力福島第1原子力発電所の事故に加え、菅直人首相の唐突すぎる要請によって
中部電力浜岡原子力発電所が運転停止を余儀なくされ、原発がある地元の動揺が収まらないためだ。
不安感を背景に、運転上の安全を確保する定期検査が終わっても再稼働への地元の同意が得られず、
停止したままの原発が増える状況になりかねない。

◆何のための安全確認か
先進国の生活水準を維持するにはエネルギーがいる。
その安定供給に果たす原子力発電の位置付けと安全性について、国による国民への十分な説明が
必要だ。菅政権が漫然と手をこまねいていれば、大規模停電が心配されるだけでなく、国民は
慢性的な電力不足を強いられかねない。国際的な産業競争力の喪失にもつながる。

浜岡原発の停止要請を、菅首相は「政治主導」と表現した。
であるなら、定期検査を終了した原発の速やかな再稼働についても国の責任で推進することを決断し、
実現させるべきだ。

原発は13カ月運転すると、必ず部品交換や整備などのため原子炉を止め約3カ月間、
定期検査を行う。検査終了後に運転を再開しなければ、来夏までに国内すべての原発が止まることに
なる。
すでにその兆候は見えている。関西電力や九州電力などの一部の号機が、本来なら可能なはずの
運転再開に至っていないのだ。

福島事故を踏まえて、各電力会社は津波などへの緊急安全対策を国から求められたが、
それが遅れの主因ではない。「地元の同意」が得にくいためである。

事故などで停止した原発は、経済産業省の原子力安全・保安院が安全性の回復を検査するが、
保安院のお墨付きだけでは、電力会社は運転再開に進めない。発電所が立地する地元市町村と県の
同意が求められるのだ。

だが、原子炉起動に地元の同意を必要とする法律はない。
電力会社と地元の間で結ばれている「安全協定」は、一種の紳士協定なのだ。
国は自民党政権時代から、この安全協定に基づく地元の関与を容認してきた。

しかし、現在は日本のエネルギーの供給に「黄信号」がともっている。
首相や海江田万里経済産業相は自ら各原発の地元に足を運び、原子力による電力の必要性についても
説明に意を尽くさなければならない。
何しろ、大津波によって国内54基の原発中、15基の原発が壊れたり止まったりしている。
東電柏崎刈羽原発の3基も新潟県中越沖地震以来、停止している。浜岡原発の3基も止まる。
これに加え、地元の同意が得られずに再稼働が遅れ続けるとどうなるか。菅首相らは事態を
深刻に受け止めるべきだ。

-続きます-



[この記事の続きを読む ]

【発言/エネルギー】「原発推進は決して間違いではない」 今回の事故に謝罪をするつもりは「ないです」 与謝野経財相

2011年04月15日 23:45

発言/エネルギー】「原発推進は決して間違いではない」 今回の事故に謝罪をするつもりは「ないです」 与謝野経財相[11/04/15]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/04/15(金) 11:33:17.73 ID:???
与謝野馨経済財政相は15日の閣議後の記者会見で、
「今後も日本経済にとって、電力供給にとって、原子力発電は大事だ。
(原発を)推進してきたことは、決して間違いではない」と述べ、
東京電力福島第一原発事故を受けても「原子力は必要なエネルギー源」
との認識を示した。

与謝野氏は日本原子力発電出身で、通産相などとして原発を推進してきた。
原発の安全性について
「言い訳がましいことは言いたくないが、最良の知見、最善の知識、
最良の技術でベストなものをその当時は作ったと確信をしていた」と説明。
「原発を推進してきた立場として今回の事故に謝罪をするつもりはないか」
という記者の質問に対し、「ないです」と述べた。

ソースは
http://www.asahi.com/politics/update/0415/TKY201104150106.html




[この記事の続きを読む ]

【エネルギー】福島第1原発の事故賠償補償料が約150億円しかない…差額、国民負担に

2011年04月13日 11:15

エネルギー福島第1原発事故賠償補償料が約150億円しかない…差額、国民負担に[11/04/13]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/04/13(水) 08:49:27.57 ID:???
原発事故の損害賠償制度を定めた原子力損害賠償法(原賠法)に基づき、電力会社が
毎年国に納めた補償料が、1962年の制度開始から2010年度まで累計で
約150億円しかないことが12日、分かった。
東京電力福島第1原発事故で、国は最低でも1200億円を支払う必要があるが、
これまで受け取った補償料では足りず、不足分は国民負担で賄うしかない。
現行制度では大規模事故への備えが十分ではないため、政府は賠償措置額の増額や
補償料率の引き上げなど制度を見直す方向で検討する。

原賠法では、原子力施設ごとに、事故時に国が支払う上限額が「賠償措置額」として
決められている。
同法が初めて適用された99年の東海村臨界事故では、約154億円の賠償金のうち、
核燃料加工会社の賠償措置額10億円が国から支払われた。
発電所の賠償措置額は1カ所当たり1200億円で、今回の事故で福島第1原発と
同第2原発が賠償の対象になれば、国の負担は最大2400億円に膨らむ。

原発の賠償措置額は当初は50億円だったが、法改正で段階的に引き上げられ、
09年の改正(10年1月施行)では、東海村事故を受けて600億円から
1200億円に倍増した。
ただ、措置額を引き上げると、保険料に相当する電力会社の補償料負担も
重くなるため、09年改正では補償料率を「賠償措置額の1万分の5」から
「1万分の3」に引き下げ、電力会社の負担を2割増に抑えた。

福島第1・第2、柏崎刈羽の3発電所を運転する東電の納付額は現在、
年間1億数千万円、他の電力会社からの分も含めると、年間の補償料総額は
8億~9億円とみられる。補償料は別会計で積み立てられる保険のような
仕組みではなく、政府の一般会計に入れられているため、支払いも一般会計から
出すことになる。

これまで補償料率は「今回のような大規模の原発災害を想定せずに設定していた」
(文部科学省幹部)。
今回の事故で「原発のリスクに比べ、電力会社の負担が低すぎる」との意見が
強まっており、賠償措置額や補償料率など、制度の抜本的見直しは不可避だ。
ただし、電力会社の負担増は電気料金に跳ね返るため、政府は消費者の負担との
兼ね合いもにらみながら議論を進める。

【ことば】原子力損害賠償法
原子力事故時の損害賠償の枠組みを定めており、電力会社は国が支払う賠償措置額の
一定割合を「補償料」として国に納める。
補償料率は損失の発生見込みなどを基に算定し、09年の改正では、民間保険で
保険料率が低下傾向にあることを反映して料率を引き下げた。
事故で賠償が必要になる可能性は極めて低いとの見方から、補償料は国の一般会計に
入れられて使われている。

ソースは
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110413k0000m040150000c.html





[この記事の続きを読む ]

【エネルギー】福島第1原発「水棺」冷却を検討 格納容器に水満たす 世界初

2011年04月08日 12:30

2011040899090648.jpg

エネルギー福島第1原発水棺冷却を検討 格納容器に水満たす 世界初[11/04/08]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/04/08(金) 10:11:11.03 ID:???
福島第1原子力発電所の事故で、政府と東京電力の事故対策統合本部が、
核燃料棒が入った圧力容器とその外側の格納容器の内部すべてを水で満たすことで、
原子炉を継続的に冷却する「水棺(すいかん)」を検討していることが分かった。
水棺は原発事故の処理方法として研究されているが、実際に行われれば世界で初めて
となる。

政府と東電の関係者によると、対策本部は水を循環させて海水との熱交換で水を冷やす
「残留熱除去系」の復旧を目指しているが、難航している。
仮に復旧しても、海水を大量に注入したことで冷却機能が落ちている恐れもあり、
水棺による冷却案が浮上した。

水棺では、圧力容器と格納容器をともに燃料棒の高さ付近まで水で満たし、
高い熱を持つ燃料棒を冷やす。燃料棒が破損して放射性物質が漏れるのを抑える狙いもある。
熱で蒸発する水は外部から注入。
燃料棒が冷めて取り出せるようになるまで、少なくとも数年は続けるとみられる。

同本部は、現在1~3号機で進めている格納容器への窒素の注入が終わった後で、
1号機から作業に入ることを検討している。

格納容器は厚いコンクリートで囲われており、水を満たしても一般に強度の問題はないが、
地震などで損傷していないことが条件。
2号機は格納容器の圧力抑制室に損傷の疑いがあり、汚染水が外部に漏れ続ける恐れが
あるため、事前チェックが必要となる。

水棺は、米国でも重大事故時に取り得る手段として研究されている。
福島第1原発の事故でも、米原子力規制委員会(NRC)が水棺に言及し
「水の重さと格納容器の耐震性に留意するべきだ」と助言している。

ソースは
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011040890085650.html
「水棺」のイメージ
http://www.chunichi.co.jp/s/article/images/2011040899090648.jpg



[この記事の続きを読む ]

【エネルギー】世界的な「原子力ルネサンス」 日本の原発トラブルで軌道修正も

2011年03月14日 17:25

エネルギー世界的な「原子力ルネサンス」 日本原発トラブル軌道修正も [11/03/14]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/03/14(月) 08:07:48.30 ID:???
3月13日(ブルームバーグ):東北地方太平洋沖地震で被災した原子力発電所のトラブルへの対処に
日本が苦戦するなか、世界的な原子力普及の動きに対してより厳しい監視と懐疑の目が向けられる
可能性がある。

米原子力規制委員会(NRC)の元メンバー、ピーター・ブラッドフォード氏は
「いわゆる原子力ルネサンスにとって大きな打撃であることは間違いない」と指摘。
その一つは「原発の爆発をテレビで目の当たりにしたことだ」と述べた。

東京電力福島第一原子力発電所の1号機で12日に発生した爆発事故では作業員4人が負傷した。

ロンドンに本部を置く世界原子力協会(WNA)のウェブサイトによると、全世界で442基の
原子炉があり、世界の電力の約15%を供給している。
さらに155基を建設する計画があり、その大半はアジア。このうち65基が現在建設中という。

WNAによれば、中国では現在、13基の原子炉が稼働しており、さらに27基を建設して数を3倍に
増やす計画。
2011-15年の第12次5カ年計画のエネルギー計画をまとめようとしている中国の国家発展改革委員会
(発改委)の解振華副主任は13日、日本原発トラブルの影響を考慮する可能性があると述べた。

インド原子力発電公社(NPCIL)も日本の事故を受け、既存および計画中の原発の安全性を
見直す必要があるとし、拡大計画を再検討する方針を示した。

ソースは
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=a7Zz_FvBCfoQ

など。



[この記事の続きを読む ]

【エネルギー】世界のスピードについていけない日本の再生可能エネルギー

2010年08月08日 14:59

エネルギー世界のスピードについていけない日本再生可能エネルギー [10/08/05]

1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2010/08/08(日) 12:38:46 ID:???
 7月15日、パリに事務局を置く"21世紀再生可能エネルギー政策ネットワーク(REN21)"から、
年次報告書である「再生可能エネルギー 世界の状況 2010年版」が公表された。

■世界金融危機のさなかでも拡大

 報告の対象となっている2009年は、世界金融危機のただなかにあって、原油価格も比較的
安定し、さらに世界の気候変動対策に関する政策的枠組みの進展があまり見られなかったにも
関わらず、累積容量ベースで、系統連系型太陽光発電は前年比53%増、風力発電は同32%増、
太陽熱利用は同21%増、地熱発電は同4%増を達成したことが明らかになった。年間のエタノ
ール燃料の生産量も対前年比10%の伸びを示し、バイオディーゼル燃料も同9%伸びた。

 米国でも欧州でも、2年連続で、従来型の発電源(石炭、石油、ガス、原子力)の容量拡大よ
り、再生可能エネルギー起源(ここでは大規模水力を含む、以下同じ)の容量拡大の方が大きく
なった。とりわけ、欧州では2009年の新規発電能力の6割を再生可能エネルギー起源のものが
占める状況なっている。

 一方、中国は、再生可能エネルギー起源の発電容量が2009年で37 GW (1G=10億)増強され
、累積容量で226 GW になったと見られる。この37 GW の増強という数字は、世界のどの国よ
りも大きな数字である。このうち風力発電は13.8 GWであり、これは世界の風力発電装置市場
から見れば実に三分の一の規模だ。2004年には世界のわずか2%の規模であったことと比べる
と爆発的な拡大スピードだといえる。

 太陽光発電の容量拡大ではドイツが首位であり、2009年は世界の太陽光発電装置市場の半分
以上を占めた。一方、バイオマス発電の容量拡大ではスウェーデンが首位を継続した。特筆
すべきは、スウェーデンでは2009年に石油よりバイオマスの方が発電用燃料として大きくなっ
たことである。

 報告書では、国別の分析もなされていて興味深い。2009年の再生可能エネルギー全体の容量
拡大が最も進んだのはドイツだが、内訳別には風力発電で中国、系統連系型太陽光発電でドイ
ツ、太陽熱利用で中国が首位となる。一方、2009年末の累積容量でみると、再生可能エネル
ギー起源の発電容量で首位は中国となり、内訳別には風力発電で米国、バイオマス発電でも
米国、地熱発電でも米国、系統連系型太陽光発電でドイツの名前が並ぶ。

 ひるがえって、日本はどうか。日本の名前が出てくるのは系統連系型太陽光発電の容量拡大
と累積容量がともに世界3位、太陽熱利用の累積容量で世界4位だという記述部分に過ぎない。

 系統連系型太陽光発電では、容量拡大と累積容量ともにドイツがトップであるから差は拡大
していく一方である。太陽熱利用も容量拡大は緩慢で、世界の中で順位を下げていくのは必至
だろう。結論として、日本の再生可能エネルギー導入は世界のスピードから見れば、遅々とし
て進んでいないということになる。

ソース:ECO JAPAN
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/column/20100803/104454/


[この記事の続きを読む ]



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。